春夏秋は冬を待つ季節

煙突掃除/薪ストーブ設置コンサル&工事/各種リフォーム工事承ります

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

■火を入れてもらった

だいぶ暖かくなってきて、ネット上では「薪ストーブを掃除した」「もう今シーズンは終わり」などの書き込みもちらちら見られるようになっているので、今回訪問したお宅はどうかと思っていたら、まだ灰がしっかり残っていて、傍には薪が焚きつけからしっかりあってまだ焚ける状況だった。きれいに掃除されていたら「ちょっと焚いてみて」とは言いづらいが、この状況だと問題なさそう。一通り、炎が入っているとチェックできないポイントを見た後に、寒くもなく暑くもなくという普通の室温だったのでお願いしてみた。

普段はお仕事で留守にされていることも多いらしく、週末だけ焚くような使い方をしているらしい。つまり毎日火が入っているわけではないので「焚きつけ」にもかなり慣れている様子。オーナーさんはおもむろに、焚きつけを炉内中央に組んだ。それに火をつけるのかと思ったら・・・・その上に太い薪をボンと置いた。「おいおい。そんな太いのにいきなり焚きつけから火がつくわけないじゃん。マジですか?」と心の中で思いながら様子を見ていた。

そしてガスバーナーに火をつけて、焚きつけを燃やし始めた。30秒くらいで焚きつけが燃え始める。一度火がつくとものすごい勢いで炎が立ち上がる。扉を閉じるとわずかな焚きつけ材だけで太い薪にまで燃やせそうなほどのすごい勢いの炎だ。まるで火炎放射器のような圧倒的な炎のパワーに驚いてしまった。エンジンで言えばジェットエンジン、ターボチャージャー搭載という感じだ。そのうちしっかり太い薪にも炎が回っていき、そちらにも火が点きそうな勢いだった。さらに太い薪を追加すれば本格的に燃え上がることも想像がついたが、この日は暖房目的ではないのでこれ以上薪は追加ぜずに鎮火を待つこととなった。

私が使っている中国製の薪ストーブの焚きつけの場合は焚き火をするような感覚で慎重に炎を育てていく必要があって、いきなり太い薪は絶対につかない。今回のドブレと同じ焚きつけ方法をしたら焚きつけ材だけが燃え尽きて、太い薪はちょっとだけ表面が焦げて、燻ってから消えて煙を大量発生というパターンになるのは明らかだ。

その違い、秘密はどこにあるの謎も解消できた。続きは明日の構造編で・・・。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

多分、そのジェット噴射というか、アフターバーナーみたいなのがヒゲのマウンテン2bも一緒なんです。携帯動画ではうまく撮影できませんでしたが、マウンテン2bの場合は扉をしめた途端に焚き火ぐらいの炎がいきなりゴーッ!と言うぐらいの炎に変わってその辺の割り箸ぐらいの焚き付けではあっ!という間に完全燃焼して終わりです。ですから記事のドブレほどではありませんが、まずは焚き付けの松の枝か段ボールを少し、そして角材をゴロゴロ、そしてケヤキの中割りを2本いれておけば綺麗に燃焼してくれます。後は大割をすぐに3本ぐらいいれておけば完成!ドブレはどうしてそうなるんでしょう?マウンテン2bはどうもかなり密閉率がいいみたいで、壁出し完全シングル煙突でもそこしか排出場所がないので無理矢理吸い出されていく感じです、その時の力がものすごい流速を産んでいるようで炎がバーナーに変わります。これが原因かなと思っています。 削除

2008/5/19(月) 午前 11:46 [ ヒゲMac ] 返信する

顔アイコン

■ヒゲMacさま:

マウンテン2bの場合、噴射口みたいなところは目につくところにありますか?燃焼用の空気がどういう経路で炉内に入っていくかが判ると良いのですが、もしそこらへんの考察ができたらブログの記事にしてみていただけるとうれしいです。

2008/5/19(月) 午後 0:59 かわはら 返信する

顔アイコン

マウンテン2bは疑似の二次燃焼ですが、そんな所からは炎は吹き出さず、熱いエアーが吹き出ているのはわかります。(炎がそこへかかると噴出されていました)、マウンテン2bの場合はドアを閉めると焚き付けの薪や段ボールが一気に燃えさかりバーナーぐらいに勢いが出てくるのです。ですので特定の場所からの炎は何もでてはこないのです。
ただ・・中割りぐらいに炎が燃え移ってしまうとその勢いは全くありません、普通に燃焼が維持される状態です・・が・・・煙突ダンパーもエアーも9割閉めても一度250度になればグングン燃焼していきます。このへんの加減がピーキーな特性みたいで、そこを外すとガクっと温度が下がります。構造上未だに不思議なストーブなんですが、とりわけ変わった感じには見えない普通の中国製薪ストーブなんですけれどねぇ。(しかし組はとてもしっかりして全くズレや緩んだ場所などありませんでした) 削除

2008/5/19(月) 午後 5:14 [ ヒゲMac ] 返信する

顔アイコン

■ヒゲMacさま:

二次燃焼は薪ストーブの温度が十分に高くなっている時のものですね。今回のドブレの薪ストーブは、その領域まで温度を上げずに焚きつけのみでしたから、そこまでは観察できませんでした。

温度は250℃以上を保つのがポイントみたいですね。ピーキーな特性だと維持するのが大変ですが、その領域だと空気の調整をどうやってもそれなりに燃えますよね。

2008/5/19(月) 午後 6:52 かわはら 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事