春夏秋は冬を待つ季節

煙突掃除/薪ストーブ設置コンサル&工事/各種リフォーム工事承ります

全体表示

[ リスト ]

新築中の家に煙突工事

今回はちょっと珍しいパターン。普段は施主さんから直接依頼を受けることが多い。
 
しかし、今回は施主さんからの依頼ではなく、建築事務所からの直接の依頼と契約だ。
 
しかも、そこの事務所で現在取り掛かっている二棟同時まとめての契約だ。どちらも煙突を屋根から抜いて、ドブレ700SLをコーナー設置で煙突背面出しでL字に折り曲げて立ち上げるという理想的なパターンで施工する予定だ。
 
新築の場合には、瓦屋さんが屋根を葺いているタイミングで同時施工する。煙突や雨仕舞いのパーツを取り付けて、瓦との取り合い部分の納まりは瓦屋さんにお願いした。新しいこと、やったことのないことをやりたがらない瓦屋さんの場合はこちらで全部やってしまうけど、ちょっと説明すればたいていの場合、プロの瓦屋さんだと上手に仕上げてくれる。
 
イメージ 1
煙突開口部分
 
イメージ 2
フラッシング、鉛シートを取り付けて、あとは瓦屋さんに任せる
 
イメージ 3
室内側の煙突開口部分
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

信頼のうえでしか成り立たない2棟同時契約は少ないですが
東京ではあまり見かけない瓦を見るとエリアは関東北部で2棟同時ですか!

またこの写真ですと薪ストーブの場所は何階(1階、2階)ですか?
いずれにしても700SLの大きいパワーですと抜き天(抜き天井)
になさる予定でしょうか?

それとも天井にして他の部屋を含めた暖房にするのかに拠りますが700SLですと暖房予定の平米数はどれ位の御予定ですか?
山荘では110平米が厳冬期でも一階が24℃、二階は26℃になって来るので薪ストーブの威力は凄いものですよねー 削除

2012/4/7(土) 午前 9:50 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

瓦屋さんのくせに
ヤネいじるのヤーネーって人いるんですかねえ (;一_一) 削除

2012/4/7(土) 午前 11:47 [ PPKKS ] 返信する

顔アイコン

カワハラさんの写真に写る凜家との屋根高からは正確な距離未定です

が多分一階だとは思いました。

ここでもアンテナの種類&角度まで見てる人が居るのはなかなか

ですだー。

そこらへんはとも角、首都圏平地エリアだと冬でもさほど寒くないの

良く乾燥して薪と薪ストーブで囲んで暖まる家を目指して下さい!

頑張って完成させて下さい! 削除

2012/4/7(土) 午後 3:34 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

毎度PPKKSさんのジョークは毎度深く、最高のセンスです。

大工さんも、瓦屋さんも、屋根(野地板処理とか)センスと腕

つまり高い技術は要るようで短期間はさておき本当に長年経過する

と仕事の違いが出ますから!

東京で3回家を建てて山荘入れると4回目で分かって来ました。汗

まあそういう、屋根のヤーネー派も多分いると思いますよ? (笑)

”うさぎ”はニンジンとかが好きですが人間も出たり入ったりするの

は卑怯で不味くて喰えねーからどうも嫌、ヤーネーですね。

ヤーネー!? 削除

2012/4/7(土) 午後 9:16 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

■うさぎさま:

信頼してもらえたことにこたえて、より良い仕事をしていきたいです。

実はこの家は平屋なのです。700SLはF400と概ね同じくらいの暖房能力と見積もって問題ないと思います。

2012/4/8(日) 午後 8:12 かわはら 返信する

顔アイコン

■PPKKSさま:

屋根には天窓がついていたりするケースも最近は多いので、基本さえきっちりしていれば、それと同じように処理すれば良いのですけど、煙突というだけで毛嫌いされてしまうこともあるんですよね・・・。

まあ、そういう場合は無理に屋根屋さんに押し付けるよりも、薪ストーブ店側でやってしまった方が無難です。新築でなく既存住宅へ後付けの場合には、薪ストーブ店で全てやっていますからねぇ。

2012/4/8(日) 午後 8:15 かわはら 返信する

質問なんですが、屋根抜き部分の穴のスペースは50cm2でしょうか?
メガネ石が入る場合は、45cm2。
メガネ石が入らない場合は、50cm2。
という認識でいるんですが。

2012/4/8(日) 午後 11:13 [ かなパパ ] 返信する

顔アイコン

■かなパパさま:

屋根抜き部分にメガネ石を入れるなんて聞いたことがありません。

どうしても入れたい場合はサイズを合わせた角穴にすれば良いでしょうけど、その部分にメガネ石を入れることにあまり意味があるとは思えません。

2012/4/9(月) 午前 8:02 かわはら 返信する

屋根抜き部分にメガネ石を入れるつもりはありません。

ただ、建築基準法施行令に従うと屋根抜きでも15cmのクリアランスを確保して、外周200φの煙突の場合は50cm2という解釈になるのかなと思っていました。
そして、メガネ石がある場合は45cm2なのかなと(^_^;)

今のところ、うちの施工は50cm2確保する予定でいます。

2012/4/9(月) 午前 8:46 [ かなパパ ] 返信する

顔アイコン

■かなパパさま:

建築基準法のその数字は意味がありません。昔の法律なので、シングル煙突の場合での基準値です。ちなみにその基準値では全然ダメです。メガネ石を入れても火災となるでしょう。シングルの場合は最低でも50センチは離さないとリスクが高いです。つまり1200ミリ角でないと安心できません。それは現実的ではないので二重断熱煙突での施工ということになるわけです。

二重断熱煙突で施工した場合には450ミリ角で十分です。木部から50ミリも離れればまず大丈夫なので高性能の二重断熱煙突であれば理論的には300ミリ角でもギリギリOKだと思います。現実的には400ミリ角でも問題ないケースが多いです。

2012/4/9(月) 午前 8:58 かわはら 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事