春夏秋は冬を待つ季節

煙突掃除/薪ストーブ設置コンサル&工事/各種リフォーム工事承ります

全体表示

[ リスト ]

薪ストーブライフの最新号が発売された。ここにアース・リーのコンセプトハウスの紹介記事が掲載されている。
 
 
イメージ 1
薪ストーブライフ15号の表紙
 
イメージ 2
見開き2ページを使った迫力のある写真
 
イメージ 3
残りの2ページで詳細の説明記事
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

一度もここにはお邪魔したことは有りませんが冬は寒い山梨で薪ストーブが欠かせませんね。
綺麗で快適な空気を吸いに特に冬に訪ると最高に
良いのでしょう。

ここでの薪ストーブは蓄熱型ではなくて、いわゆる
開放型ですか?
暖かさにはあまり変わりは無いんですか?
これ一台で主暖房として賄っているのならあまり
変わらないということですよね? 削除

2012/7/4(水) 午後 8:15 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

■うさぎさま:

メインのリビングに設置している薪ストーブは、思いっきり開放型です。まさに室内での豪快な焚き火です。

メインの暖かさは、地階の2台の薪ストーブによるものです。

3台の薪ストーブをガンガンとフル稼働させて全館暖房しています。

2012/7/4(水) 午後 8:25 かわはら 返信する

顔アイコン

開放型の輻射熱は直接当ると音と良い暖かさと言い
抜群ですが、部屋全体への効率では蓄熱型が優るのでしょうか?

同じ煙突性能で同じ量の薪を焚けば熱量は同じようにも思うのですが蓄熱型の方が暖かいのだとするとその差は鋳物の厚さ、つまりはストーブの持つ全体重量による蓄熱量でしょうか?

それとも空気調整が出来ない為に燃費が悪く結局
熱が煙と共に煙突から消える熱量がコントロール出来ない分、機能上限界点が低いんでしょうか?

※ 帝国ホテルの上高地では見た目を重視して いる暖炉形式ですがここは冬はクローズ。
厳寒地方では蓄熱型が多いんですが経験で
そうしているのでしょうか? 削除

2012/7/4(水) 午後 9:50 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

■うさぎさま:

開放型の場合は空気調整できないので燃費に関しては今ひとつです。ガンガン燃える感じです。そして本体に蓄熱もしにくいので、鋳物性よりも暖房能力という観点からは明らかに劣ります。

しかし、そのマイナス点以上の、ダイナミズム、焚き火の生の炎の迫力、そして直接伝わる熱ということで精神的に補ってくれます。

アースの家のように鋳物型とダブル設置できれば完璧だと思います。

2012/7/4(水) 午後 10:51 かわはら 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事