春夏秋は冬を待つ季節

煙突掃除/薪ストーブ設置コンサル&工事/各種リフォーム工事承ります

全体表示

[ リスト ]

今まで二つの大きさの異なるロケットストーブを試作したので、次はこれらの二つで行ったテストの結果を踏まえて、改良すべきところは改良して実用性と耐久性を追求して、商品化できるようにある程度しっかりしたものを製作している。
 
とりあえずは燃焼筒部分が形になったので、公開しよう。図面の段階ではサイズが記載されていてもあまり実感が湧かないけど、こうして現実に形になると、その重さ、質感などの手応えで、とてもワクワクする。
 
このように全部のパーツが溶接ではなく、ネジとアングルを利用しての組み立て式となっている。
 
商品化した場合にも、一つの大きな重い塊とならずに、パーツごとにバラして運んで現場で組み立てて、一人でも持ち運びが可能となる画期的なものだ。キット販売する場合にも現実的に持ち運び可能なパーツごとにコンパクトに梱包できるだろう。
 
イメージ 1
一辺の長さが異なる二つの四角いダクトを組み合わせる
 
イメージ 2
大きい筒の中に小さい筒を入れ子にして、すき間に断熱材を詰め込む
 
イメージ 5
別途作成する「燃焼室部分」に接合するためのベース
 
イメージ 3
断熱材を充填した後に噴射ノズル兼カバーを取り付ける
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

製品化も見えてきましたね。
はやく他も拝見したいものです。

燃焼室よりも薪の投入部造作と接続される煙突部分がどう燃費効率化に繋がる構造か興味は尽きません。 削除

2012/8/3(金) 午前 8:18 [ うさぎ ] 返信する

顔アイコン

■うさぎさま:

一つづつ実験しながら進めていきますので、実際の製品にするには、もう少し時間が必要です。

2012/8/3(金) 午前 8:22 かわはら 返信する

顔アイコン

お邪魔します。
私もロケットストーブには興味があって、長野市の喫茶店で使われていると聞いて見に行ったこともあります。そのこオーナーさんによると、小まめに燃料をたしてやる必要があり、それを楽しいと思えるかどうか・・だそうです。
日々の実用に使うには、薪ストーブ並みに数時間は燃えていてほしいと思うのですが、投入部分で何か良い手はないものでしょうか。

2012/8/3(金) 午後 11:15 迷犬早太郎 返信する

顔アイコン

■迷犬早太郎さま:

そのことは実際にやってみると誰しも感じることだと思います。現在作成中のものは、この点にも改良を加えて設計しています。

2012/8/4(土) 午前 5:20 かわはら 返信する

顔アイコン

すんばらしい!! 室内用では、煙は大丈夫なのですか?
ビスは、万一何かこぼして熱で焼き付く事も考えられるので
六角穴付きボルトか六角穴付きボタンボルトはどうでしょう?

2012/11/9(金) 午前 9:15 [ uio*92 ] 返信する

顔アイコン

■uio*92さま:

ありがとうございます。現在作成中のものはプロトタイプなので、実際に商品化する場合には、それなりに耐久性も考えたいと思っています。

2012/11/9(金) 午後 2:27 かわはら 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事