ここから本文です
にゃんこ先生のプルメリア日記
今年は休眠しないみたいです。
本年もよろしくお願いします。

年末はみなさまご心配おかけしました。
病院受診後、突然入院を言い渡され、心の準備もできず。仕事ができなくなったらどうしようとあたふたしてました。
退院後は、戦列に復帰しつつ、老体にムチを打って運動不足を解消。ほぼ毎日10キロのロードワークをやってます。俺もまだまだ若いかも(爆)
体調は絶好調です。5種類くらい飲んでる薬がなくなればいいんですけどね。

さてさて
ご無沙汰してましたプルメリアの近況です。昨日から強い寒波が陣取ってまして、真昼なのに気温は3度。寒い。が、ご覧のとおり温室はもじゃもじゃ。
2週間に一度は葉かきしてます。

イメージ 1



今年は休眠しないね。
これが良いのか悪いのかは、春のシーズンに入ればわかるでしょう。
温室管理してたら、むしろ夏場よりよく花芽が出てます。
もしも休眠させてたら春以降にこれだけたくさんの花芽が出てたのだろうか?とも考えます。みなさんどう思いますか?それに、冬に短命の花を咲かせても成長は止まらないから次の開花は当然早くなりますしね。この実験は楽しみです。

開花中
Daisy Wilcox

イメージ 2


Samoan Fluff

イメージ 3


Paul Weissich 
これ良い品種。大当たり。

イメージ 4


Lei Rainbow

イメージ 5


Japanese Lantern

イメージ 6


Puu Kahea

イメージ 7


期待のMoir Pink

イメージ 8


Waimea
これ超お気に入り

イメージ 9


Katie Moragne

イメージ 10


Edie Moragne
やっと来ました

イメージ 11


Moragne#23

イメージ 12


それでは

この記事に

病床から更新。

思わぬ大病を患ってしまいまして
急遽入院するハメに。何せ初めての入院なもんで。
入院期間はそう長くはならないようなんですが、その間プルメリアは放置となります。大丈夫かな。
今頃ジムさんのPaul Weissichが咲いていることでしょう。
病気になると、こうやって生きていられることに感謝するという意味がよくわかりますね。長年市民の方の救護の仕事をやってきましたが、救護を受ける方のことをもっとわかるようになりそうです。また復活します。

イメージ 1



この記事に

植物育成LEDの効果

早いもので、もう師走ですね。
開花はまだまだ継続してます。これはもうLED効果としか思えない。

温室内すごいでしょ?

イメージ 1


イメージ 2

まさに5月の状態です。当分寝る気はなさそう。細根もしっかり回ってます。

これは去年の同じ時期

イメージ 3


イメージ 4

ヒーター着けてもほとんど休眠してました。

ただ、花芽が出たからといって組み上げた鉢をいい場所に動かすことは不可能なので、茂みの下で開花したやつは、長く咲かせることができなさそうなのが見て取れます。
どこまでプルメリアが咲き続けるのか楽しみ。



Maui Plumeria Garden
Tillie Hughes
なんか本家と違う感じ。
でも、これはMaui Plumeria Gardenのサンプル写真どおりに咲いてます。
ピンクとイエローとホワイトの微妙な色合いがすごくキレイです。
何か色っぽいでしょ?

イメージ 7


イメージ 5


イメージ 6



今年2回目の開花
ジムさんのKaleinani
カメラが届かないとこで咲いてます。
サンプル写真とは似ても似つかないんだよねぇ。JL Jeffersons Goldっていうプルメリアにそっくりなんですけど。

イメージ 8



これは初回開花

イメージ 9

あなたは誰?



次は、期待の南米プルメリア
Guadalupe Fernandez
矮性が効いてる感じで、この枝の雰囲気がすごくカッコいい。

イメージ 14


イメージ 10


ジムさんのPuu Kahea
もう一つの枝にも出てきてます。

イメージ 11


イメージ 12


ジムさんのPaul Weissich

イメージ 13



一年中プルメリアと過ごせるのもいいもんです。

この記事に

ノンストップ開花

明日から冬将軍がやってくるとのこと。
冬支度を途中までしかやってなかったので、今日は朝からホームセンターに行ってプチプチを買ってきました。使ってるプチプチは、中粒のもの。空気の量が多い分保温力は上がりそうです。
どうにかこうにかようやく冬支度も本日終わりました。

養生を終えてジックリ観察してたら、Dean Conklin、Penang Peach、開花中のDaisy Wilcoxにまた花芽が出てました。

管理方法は、ほぼ去年と同じ。
ただ少しだけ違うことがあります。
それは、温度が20度を切らないようにヒーターを設定した点と、植物育成LEDライトを設置した点です。

最初は半信半疑で使い始めましたが、結果的には効果ありと感じました。
使ってるから効果があるというバイアスがかからないように2月ほど見てましたが、ライトに強く照射されるところの方が明らかに動きがありました。

ということで、温室の中で水撒きが気にせずできるよう防水機能付のヤツを4つ設置。ヤフオクで揃えましたが、これまた大当たり。広角レンズで隈なく照射できます。

イメージ 2


イメージ 1


防水タイマーも取り付けて、深夜12時にはストリップ劇場も閉館となります。

葉の展開も進んでいて、徒長して伸びてる感じがないので、さらに検証して見たいと思います。



開花状況
Tomlinson Pink JL

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


Hurricane JL
花弁以外、別のお花ですねこりゃ

イメージ 9


イメージ 6


イメージ 7


Daisy Wilcox JL
去年に引き続きの開花なんですが
イマイチ花弁に特徴が出てない。
ホントこれDaisyかな??

イメージ 10


とある有名品種のseedling
これかなり気に入りました。
今年の夏、友人から頂いたものです。

イメージ 8





まもなくKaleinani JLとTillie Hughesが
咲きます。数日後、真冬の開花写真をお届けしますね。

この記事に

秋開花?継続中です。

前号でお返事遅くなった方々
大変すみませんでした。
更新してたことすっかり忘れてました。物忘れ外来に行って来ます。ホントに。
重ねてお詫び申し上げます。



先月全ての苗を温室に移しました。
全部の葉を強制落葉させましたが、もう温室の中は新葉でモサモサです。



今年は、どこまで休眠させずに管理できるか、ハワイの最低気温にヒーターをセットし水やりを続けながら管理する実験をしてみます。日光が入るように温室の上の方はプチプチレス、下の方は根が冷えないように厳重にプチプチを敷き詰めてます。昼間は天窓で室温管理して30度以上にならないように。



現在の状況です。

イメージ 4

Japanese Lantern

イメージ 1



イメージ 2

Irma Bryan

イメージ 3

Emerson Wills JL

イメージ 5

Hurricane JL
だいぶ薄いですね〜色が

イメージ 6

クルクル。
めちゃいい香り。
とがった花弁の特徴は出てますかね

イメージ 7

Tomlinson Pink JL

イメージ 8

Maui Beauty JL

イメージ 9

JL Metallica

イメージ 10

Daisy Wilcox JL

イメージ 14

Puu Kahea JL

イメージ 11

Grapette JL

イメージ 12

Paul Weissich JL

イメージ 13

JL Black Ruby

イメージ 15

Guadalupe Fernandez

イメージ 16




開花しそうなのには久々
プロミックを与えてみました。
これが奏功し花が元気になりましたね。



さあ、いつまで咲かせられるでしょうか
乞うご期待?

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事