がらくたカメラで遊ぼ

撮影よりも収集に熱中している大馬鹿もの

全体表示

[ リスト ]

KYOCERA TD

キョウセラ TD

1986年発売、35mmレンズシャッター式自動焦点AEカメラ

ヤシカが京セラに吸収合併された後、KYOCERA T シリーズでの最初のカメラです

オークションで格安で入手

イメージ 1


「SLIM T」「T AF-D」「T-Scope」に続き、T*シリーズ4台目の紹介になります

毎回同じことを書いてますが、唯一で最大の特徴は搭載されているレンズです


Carl Zeiss Tessar T* 35mmF3.5(3群4枚構成) オートレンズバリア付き

オートバリアの開閉のため「がしゃこん」と、かなり大きな音がしますが
私は、メカのかもし出すこの音が気に入ってます


レンズ以外は・・・  何の変哲もない普通のプラ・カメです


ボディは「T AF-D」と大差なく、スクエアで厚ぼったい感じがします


操作系は至ってシンプルな構成

軍艦部に、電源ボタン、セルフタイマーのスイッチ
ストロボの強制発光・停止ボタンがあるのが面白いです


フイルム感度は、DXコードによる自動設定になりました(ISO50〜ISO1600)


オークションで他のカメラ(フジDL-50)と二台あわせ700円でゲットしましたが
定価は、T*シリーズ中最高額でなんと52,700円 !

こんな値段で手に入れて申し訳ないと恐縮至極(笑)


電子制御プログラム式シャッターは1/8〜1/500秒
EV値では、6.6から17(ISO100)をカバーします

夕暮れマニアである私にとって、低速側が少し物足りないですが
ストロボ強制発光停止ボタンがあるので、それなりには遊べます
(でもこのボタン、シャッターと一緒に押していないといけないのが面倒)


ファインダーはアルバダ式ブライトフレームで、それなりに見やすいです

ファインダー内にはフォーカスフレーム、3点ゾーンフォーカスマーク、
近距離補正マークが表示されます


シリーズ共通の悩みですが、AFはかなり迷走します
これが当時の性能限界だったんでしょうね〜



電池は6Vリチウム電池(2CR5)を使用します
贅沢な電池ですが、そのおかげで50%ストロボで約1000コマ撮影可能です

電池蓋はネジで固定するタイプなので、抜き差しするのは面倒です



レンズの描写を楽しみに、試写してみます

イメージ 2

イメージ 3



「T-Scope」ほどの色のりはありませんが、なかなかの描写です


しかし、撮影後にトラブルが発生

フィルムの巻き戻しがうまくいきませ〜ん(悲)


おかげでコタツのなかで、手探りで巻き戻しをすることに…



こんな状態なので、再び使用することはあるのでしょうか?!

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

こんばんは。
私も持ってましたよ〜(笑。
やはりTDは、昼間なら問題ないですが AFがちょっと難点のように感じます。
レンズが良いだけに惜しいですね〜。
昔の目測機なんかにこのレンズが付いてると嬉しいのですが、ちょっと無理ですかね〜。

2008/3/30(日) 午後 0:10 adachinon 返信する

顔アイコン

フィルム代やDPE代の価格より安いカメラをゲット
するなんて、どの様なお店巡りをするのでしょうか。
フィルムカメラにポジを入れて撮影準備していても
デジタルカメラを使っている自分が悲しいです。

2008/3/30(日) 午後 3:08 ねぎぼうず 返信する

顔アイコン

近所のカメラ屋さんに新品がありました^^;
(無論当時の値段で)

使ってやってこそのカメラですから恐縮しなくてよいのでは?

しかし、巻き戻しが駄目ですか・・・かなりつらいですね^^;

2008/3/30(日) 午後 6:59 SEIZ 返信する

顔アイコン

しんパパさん、AFはホント当てになりませんね。
おかげで、フォーカスロックしてAFを確かめてからシャッターを切る癖がついてしまいました(笑)
レンズ取り出して、デジイチにでもつけてみたくなりますね〜

2008/3/30(日) 午後 7:05 ぴんぼけ 返信する

顔アイコン

ねぎぼうずさん、安く仕入れるために必要なのは「まめさ」かな。
中古は一点限りなので、こまめにお店を巡回し、
オークションでは連戦連敗でもめげることなくトライあるのみ・・・
精神衛生上、あまり進められることではありませんが(笑)

2008/3/30(日) 午後 7:09 ぴんぼけ 返信する

顔アイコン

ピエールさん、売れ残ったままなんでしょうか?
その筋のマニアからすると、喉から手が出る一品なんでしょうね〜
当時の値段を気にしていてもしょうがないのですが、この値段じゃカメラがあまりに不憫で(笑)
毎回コタツの中でまき戻しは辛いですが、それでも撮りたくなる魅力のあるカメラです。

2008/3/30(日) 午後 7:14 ぴんぼけ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事