全体表示

[ リスト ]

起死回生?のGXR

 デジタル機の中で、直感的な使い方にカスタマイズできるカメラとしては、同社のGRシリーズと共に、トップクラスやのに・・・・・・・・・・・・・・不人気。
まぁ、他人に人気があろうが無かろうが、本人が気に入ってりゃエエわけで

 2009年末、発売後 既に4年近くなるGXR。
サイクルの短い デジタル機では、ある意味仕方ないんやけど、コノGXRの拡張性は、長生きできる筈なんやけどね。
 GXR自体は、本体に液晶・スイッチ&ボタン類に バッテリーが組み込まれた、シャッターさえも無い”ボディ”
コイツに、CCDとシャッター付きのレンズユニットを組み合わせて、初めて使える訳ですわ。
一眼レフなら、極論で言えばレンズ無しの ”ピンホール”でも、写せん事も無い訳なんやけど、コイツはそう言う訳にはイカンのですわ。
一応ユニットは、ズームレンズのが3、ライカMマウントのと、50mm、28mmのユニットが出てますな。

 ペンタもリコーも、フォーサーズに協賛してたら、マイクロフォーサーズユニット出してくれれば、ワイド系〜中望遠にかけての単レンズ、パナやリコー製で充実するねんけどね〜。
 とにかく Mマウントユニットは、使いたい画角の規格に沿って作られたレンズが、一本も無いのが現状で、折角エエ機体やのに、ライカマウントレンズ遊びが主流ってのが、情けない。
それやったら、マイクロフォーサーズで そのCCDに合ったレンズの使えるユニットが・・・・・・・・・・・・パナかリコーで、ユニット作ってくれんかな?

 それから、一番廉価版のユニットP-10。
こいつは、基本はリコーの普及コンパクト機 CXシリーズなんで、新型が出る度に(一年ごとか?)新型を出さないと、陳腐化するのは当然の事で・・・・・・・・・・あ〜、CX6も生産中止ですか・・・・・・・・P-10事態は、たしかCX3やったと思うんですわ。
コンパクト機で、4〜5年前の性能ってのは、見劣りしますわなぁ(といっても、十分なんやけど、販売戦略的にって事で)

 そうそう、近々もう1〜2台、ボディ増やします
やっぱりGXR、コイツが使い易いんですわ♪
ちなみに、先日買った28mmユニット。
殆ど今のGRですもんな。
あんまりコンパクトさは 求めてないんでね。





この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事