全体表示

[ リスト ]

最近はメインで、GXRにA12の28mmユニットと GRの組み合わせで 出歩いてます。
中でも ほぼ文句の無いGRですが、唯一”何で こんな事したん?”て点がありまして・・・・・・・・・。

 今までのGRシリーズ、色々評判になりましたが、あまり書かれない、素晴らしい点。
それは、各ファンクションボタンを”off”にして、誤作動がかなり少ないカメラ・・・・・・・一瞬を狙うスナップカメラとして、他社には代えがたい素晴らしい点だったのに、露出補正だけ完全に+−ボタンに割り当ててしまい、以前のように アジャストボタンから2アクションで操作できなくなってしまった事が、ホンマに腹が立つ!
この他機種(GXR等)では、ズームに振り当てられるボタン、稀に指があたってしまうんですわ。
コレは、是非元に戻して欲しいですな、リコーさん。
段々設計者の自己満足に 浸ってきてるんじゃ?
コレだけ何とかなれば、現時点では 僕にとって100点のカメラですのに。
もうチョット、”併用”するって事、考えろやな!・・・・・・・一台だけしか 使う事考えてないんか。
ボタンの配置換えるとか、此の辺が 設計者ってアホですな。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事