バイク屋のツーリングは少し贅沢に・・・。

日本に生まれて良かった!と思う今日この頃。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全99ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 今回は本当に純粋なお仕事で走ります

 水曜の夕方に出発させてもらい 山梨で1台引き上げて茨城まで向かいます
イメージ 1
 トライクス制作の足回りを大幅カスタムしました サクマの技術で全く新しい構造に成ります
茨城のサクマエンジニアリングさんのテストコースです 黄色いF6Bで造ったトライク!!良いねぇ〜
イメージ 2
 在庫の青のトライクも全て造り直します 当然費用は掛かりますが信用には代えられません
イメージ 3
 これが前のキットです 技術的な話に成るととんでもない長く成るので書ききれませんが 僕らの感覚では
どうしても好きに成れず全て作り直します 何だか勿体ないですがしょうが有りません
イメージ 4
 これが完全オリジナルの足回りに成ります 走破性は勿論安心感も全く違います お金には代えられない
安全と信用が僕らの仕事には有ります ここで黄色のトライクを積んで帰ります 見に来て下さい
イメージ 5
 帰りの上里SAで食事中に・・富山の黒部と福井の敦賀から電話が有り「今日中に回ってやる!」と・・
イメージ 6
 敦賀の仕事を終え 片山津に着いたのが11:30・・帰宅は1:30でした

 トータル1500キロは楽に超えた様な気がします オドメーターも9万キロ突破!頑張りまーす!

この記事に

開く コメント(0)

 今週は地場を這いずり回ってたので旅紀行は無いですが 我ながら今更驚いてます

 何を驚いてるかと言うと 在庫のカテゴリーの広さに自分で今更ビックリしてます
イメージ 1
 先ずはこれ「走る宝石」と言われるMVアグスタのリバーレです3気筒800cc125馬力最高速も
この形で245キロ迄引っ張ります サスのストロークも多めで乗り心地最高で○!
イメージ 2
次は日本の名車?に成って終ったCBX400F、それも況燭離侫襯痢璽泪襪賠採錣癖が並んでます
イメージ 3
 これはCL300。305ccで通称CL77と言います スクランブラーの先駆け的存在です
250ccのCL72は結構現存しますが 305ccのCL77は滅多に出てこない希少車ですよ
イメージ 4
 同じホンダで現代の陳車?とは言いませんが殆ど見る事が無いCBF190Rです 当店に有ります
イメージ 5
 今現在の量産車SSのカテゴリーでほぼ頂点に君臨するマシーンYZF1000R1です 乗って見たいね
イメージ 6
 国内在庫が殆ど無いバルカン1700バッケーロの新車です デザインは他には見当たらない厳ついものです
イメージ 7
 綺麗に仕上がったKH400 そのまま乗りだせる位のグッドコンディション 煙を吐いて走りましょう
イメージ 8
 何故か根深い?人気が有るOFF車KLX250です 爆売もしないが根落ちもしない不思議なバイクです
イメージ 9
 ご存知2ストの貴公子RZニーゴーのフルレストア車 勿論EGは350cc乗せ換えで走りも官能的です
イメージ 10
 RC30や45の心臓を継承するV4エンジンを積んだVFR800クロスの無限バージョンです
このバイクも不思議なバイクでマイナーなままですが最高のパフォーマンスで僕の中では本物のお買い得車種!
イメージ 11
 初代「ダブワン」と呼ばれた右チェンジのW1も並んでます これは冒険家の風間深志さんの愛車でした
イメージ 12
 逆にみんなの心をくすぐる「ファイナルモデル」の名称は密の味?長く愛されそうな車種ですね〜
イメージ 13
 Z2と並んで迷宮入り?したバイクの一台Z750FXです 殆ど手が入ったフルカスタムで恰好良い!
イメージ 14
 バイクの歴史で考えると中頃の時代の車種でここまで人気が出たバイクが有ったでしょうか、
オーソドックスな空冷4気筒の普通のバイクですが・・ここに有るRSはメチャ綺麗な1オーナー車です

 とまあ 少しだけ珍しいと言うか中々目に出来なバイクの一部ですが きゃぷてんんは欲しいバイクが有れば
何も考えないで仕入れをし 結構後で後悔する事が多々有るお店です が、営業方針は基本変えず頑張ります

この記事に

開く コメント(0)

 毎年何とか集合してる「幻のバイク屋会」とでも言いましょうか・・・業界の幽霊達です(苦笑)

 今年も集まりました 北陸の元?バイク屋さんやその系統のドン達です(片山津温泉)にて
イメージ 1
 毎年集まっては居ますが 年々少なく成ってる様に感じますなぁー 今年は総勢10名だったです
イメージ 2
 写真に写って無い方々は早々にお布団に、現役店と懐かしくも最高の名店だった店を並べて見ましょう
「クローゼット」「シブヤ」「ウエーブ」「セイブオート」「YSPトヤマヒガシ」「きゃぷてん」
「ワザワ」「Mrグリーン」「クビキサイクル」「カワサキ」「ダイイチジドウシャ」「その他一杯」
イメージ 3
 4tで来てます 片山津から真っすぐ名古屋に向かいお仕事です 神田SA登りで待ち合わせで目に付いた
「台湾まぜそば」の文字・・腹は減ってないけど頂きます 写真は無く美味ですが見た目と食いにくさは??
イメージ 4
 今日も伊吹山が綺麗に見えてます 最近山や海等の景色がやけに頭に残ります 歳のせいかなぁー
イメージ 5
 その日に帰り 金沢の「湯楽楽」でお風呂に入り お食事と晩酌をそて帰ります
イメージ 6
 木曜日は朝ゆっくり起きて 富山でトライクのリコールと修理の2件納車済ませ 後2件の買い取りをします

帰りは黒部の「金太郎温泉」を頂き いつものコースで家路に付きます お疲れ様でした

この記事に

開く コメント(0)

 冬季営業最後の2連休は バイクを少し離れて・・と思いながら(ハイエースにバイク積んで・・)何て・・

 お客様からの情報で(皆さんはご存知かも知れませんが)伊豆の「河津桜」が満開と聞き「行って見よう」
イメージ 1
 火曜の夜出発 高山経由で安房に向かう平湯峠です 気持ち良いくらいのキリッとした温度です!
イメージ 2
 御殿場まで走りぬき 泊まったホテルからの1枚です 朝早く起きてれば赤富士が見れたかもですねぇ
イメージ 3
 箱根スカイライン経由で行きましょう ここは「三国峠」の眺望所です 誰も居ません
イメージ 4
 遠く左側に見えるのは・・方向的に「駿河湾」だと思います 左側だと「相模湾」でしょうが・・
イメージ 5
 先ずは「熱海梅園梅まつり」に寄って行きます どうですかぁこの晴天!明日は土砂降りの筈ですがぁ!
イメージ 6
 階下の時期が少し済んでしまったのか お花自体は多い事は無いですが、春を満喫するにはばっちりです
イメージ 7
 珍しい「京やきぐり」の圧力機械で目の前で焼いてます 栗より機械が気に成りましたよ 味も○です
イメージ 8
 園内のあちこちの出店で一杯食べて お腹も満足でゆっくり歩いて帰りましょう 結構温かいですよぉ
イメージ 9
 熱海に出ましたが「お宮と松」の銅像を見つける事が出来ませんでした 歩かないと辿りつかないかもです
イメージ 10
 河津に到着です ホテルに車と荷物を置いて歩いて来ました 夕方の明るいうちに着いてゆっくり歩きます
イメージ 11
 この看板はR135号を通る度に目にしますが ここでゆっくりしたのは初めてです 良い所ですよ
イメージ 12
 2月の中頃が満開で 3月のはじめ頃迄お祭り季節だそうです 沿道に出店が沢山出て賑やかです 夜桜迄
ゆっくりビールでも頂きながら花見を楽しみます 実は お酒を頂きながらの花見は初めてで 少し感動です
イメージ 13
 河津川に掛かる赤い「館橋」を渡り対岸に渡ると これまた一味違った桜の魅力が有りました
イメージ 14
 桜の奥に見えるのが館橋です 夕方と言う事も有り余計に赤い橋が際立ちます おばさんがその気に・・
イメージ 15
 明くる日はやはり朝から豪雨です 露天風呂が何と楽しい事か(笑)雨なのかシャワーなのか??でした
この画はR414号で天城峠に向かう途中の「河津七樽ループ橋」です この道は思い出が一杯有ります
イメージ 16
 朝方黒部のお店から「バイクを見に来て」とTELが入り 帰りも御殿場経由で帰ります
やっと雨が上がり ぎりぎり見せてくれた富士の裾野です「又すぐに来るさ」と帰路に付きます

この記事に

開く コメント(0)

 2月の真ん中に京都で大事な仕事が出来たので ついでに大阪まで一台納車にも行きましょう

 親睦が深い彦根のバイク屋「ハクイ」さんにも 無理やり用事を作って行って来ました
イメージ 1
 これが今回お邪魔しました大阪の業者様です こんな倉庫が5部屋以上有ったと思います
イメージ 2
 外はこんな風景ばかり丘の一角全てがバイクで埋め尽くされてます 良い意味でまじゲップが出た(笑)
イメージ 3
 水曜日は目一杯仕事して 木曜日は乗用車で出かけましょう 最高のお天気でバイクでも良かったかなぁ
イメージ 4
 能登の海を走るのは何百回目か分かりませんが 一生飽きる事は無いでしょう・・大好きです
イメージ 5
 今日の目的地九十九湾に有る「ライダース マリン ベース ピース」さん バイクハウスですよ
イメージ 6
 去年8月にオープンしたバイクハウス兼軽食喫茶?です オーナー大場さんの夢が一杯詰まったお店です
イメージ 7
 本格的なお店と宿泊施設が有り お酒も有るのでそのまま格安でお泊りも出来ます 一回泊りたいですねぇ
イメージ 8
 昔から本当に元気は大場さんですが 真剣に長年の夢が叶ったって元気一杯でした 頑張って下さい!!
イメージ 9
 最高の夕暮れに出会えました 今夜は定番のコース・和倉の総湯で入浴後「ステーキ赤蔵」さんで食事です
ここはステーキも間違いないですが「鳥なべ」が又絶品なんです 七尾田鶴浜バイパスの高田IC降りてすぐ
宜しければ一度行ってみて下さい 少し偏屈なマスターと綺麗な奥様が切り盛りされて ランチも良いですが
やはりお勧めはディナーです 二人で行くならコース料理とナベを一人前づつ頼めば充分!食いきれない位の
ボリュームが有り このチョイスだと凄くリーズナブルな事にも満足出来ると思います お勧め!

この記事に

開く コメント(0)

全99ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事