ここから本文です

書庫ビコール

すべて表示

イメージ 1
それで
一月のフィリピン旅行の報告をしたかったのだが
更新を長くサボってしまい
何をしたのか忘れてしまった。

それと
スマホを紛失してしまい
画像も無くなってしまった。

覚えているのは
フィリピンの子供達が例の
「♪アイハバペーン」と踊りながら歌っていた事だった。

だから
今回の旅は
ピコ太郎先生の偉大さを再確認する旅であった。

ビコールの滞在先は
昨年のクリスマスに来た台風の影響で停電しており
復旧がいつになるのか分からない状況だった。

現在も復旧してるのかどうか
確認していないので分からない。

滞在先の近所は
道路沿いの鉄製の電柱が
田んぼの方に根本から折れ曲がって倒れ
電線が田んぼの中を這っているところや
電線が断線して道路脇に巻いてあるところなどあった。

それでも
子供が「ワイファーイ、ワイファーイ」とやかましいので
発電機を買ってからスマートのポケットWi-Fiを買った。

冒頭の画像が買った物と同じ画像で
ネット上から失敬した。

価格は約2千円で安価だが
4Gとの表示があってLTEでは無い。
3.5GのHSDPAとか言うヤツだ。

充電しながら使用していると
ジワジワバッテリーレベルが下がる。

また
最初はパスワードが掛かっていないので
PCなりスマホなり接続して
プラウザを起動し
URLを
192.168.1.1だったか定かでは無いが
機種によって異なるので
説明書に書いてある数字を正しく入力して
enterを押すと設定画面に行くので
適当なパスワードを設定しないといけない。

そして
リンク先は英文ですが
安く通信料を抑えたいなら
翻訳サイトを使ってでも良く読むといいと思います。

次に
テキストメッセージで2200に定額の申し込みをするのだが
例えばSURFMAXと数字の間にスペースを入れないといけない。
(スペースについての記述が他では見当たらないので最近は不要になったのかもしれませんが2017年1月時点ではスペースを入れて登録成功してます。)

通信速度は1Mbpsくらいで
やたら途切れる。

屋根の上に手作りアンテナを掲げて通信したが
かなりストレスが溜った。

次回は電気が復旧してるだろうから
発電の手間は省ける。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事