ここから本文です
カピバラ動物園
カピバラ露天風呂終了してもカピバラは見所いっぱい!動物園&水族館へGO!

書庫全体表示

記事検索
検索

全368ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

少し報告が遅くなってしまったげと、11/22のお話。久々に、埼玉県こども動物自然公園のカピバラに少しだけ会いに行きました。秋の行楽シーズン!ぽかぽか陽気という事もあり、土曜日だけどファミリーで園内はいっぱい。駐車場が大きいので有名な園ではありますが、ギリギリ停められました。

入場ゲートからカピバラ放飼場まで、距離があるのですが・・・何時も黙々と脇目も振らず歩いて目的地のカピバラまで、一直線!なのですがちょうど中間地点の遊歩道でお客様からこんな声が聞こえた「自然に囲まれて・・・気持ちいい♪」もちろんジェスチャーは、両手を上に、背筋を後ろに反らすポーズ。

確かに、立ち止まって周りを見てみると、高い木々に囲まれて、多くの草花が植えられている。何年も通い続けていたけれど、森の様な環境だったんだ、、、改めて感じました。そして、あまりに通いすぎて、動物以外の物に目が行っていない事に、反省でした。

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/429924/12/69163512/img_1_m?1477730834

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/429924/12/69163512/img_2_m?1477730834

さて、カピバラは・・・完全日中に到着したこともあり、お昼寝中。それでも放飼場内には8頭の大きなカピバラ達が、ごろん・ごろん状態。こんなにカピバラって、動かなかったけ?と思う程に寝っぱなし。

日差しが気持ちいいことに加え、観察小屋の一段高くなったスペースは常に床暖房になっているのでそりゃ、カピバラ達も気持ち良かろう。

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/429924/12/69163512/img_3_m?1477730834
↑奥、彦馬。↓マロン室内
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/429924/12/69163512/img_4_m?1477730834

毛が長く、少し今日は毛が黄色く見えるのは、何なんだろう・・・。お風呂イベントの時期も近くなってきましたが、現在は特にイベントが無い為か、お客様が立ち止まる人も少なく空いている感じも受けます。

大きな放飼場の他にも、隣接した場所に「彦馬」が、飼育小屋前のパドックには「マロン」が生活して現在10頭の大世帯の埼玉カピバラ達でした。

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/429924/12/69163512/img_0_m?1477730834

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/429924/12/69163512/img_5_m?1477730834

う・・・お風呂が待ち遠しい。

そして今シーズンは、何回足湯体験をすることでしょうか(笑)



埼玉県こども動物自然公園 http://www.parks.or.jp/sczoo/







http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/63/69153063/img_7_m?1477093898


先週末!カピバラだけの卓上カレンダーを主婦と生活社より発売致しました。とろける様に可愛い&ほっこり癒される各地のカピバラ達の写真満載です。

全国大型書店・文具店、各ネット通販にて発売しております。上記特設サイトでは、この他にも壁掛けカレンダー・カピバラ写真集も通販しております♪

この記事に

イメージ 1

敷地面積は大きくないですが、動物園の他に子供用遊園地と大きなプール(冬場は釣り堀)・遊具公園が複合した施設。一周立ち止まらないと15分程度でまわる大きさ。正直、動物を飼育する檻はコンクリートと鉄でひと時代前の感じを受けますが動物達はライオンや象・キリン・カバなど大型獣なども飼育されています。

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/90/69160390/img_1_m?1477529509

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/90/69160390/img_3_m?1477529509

又、以前テレビで見た至る所の壁に、近隣のお店の広告が手書きペイントされている作品もありました。最初はライオンの檻の奥の壁に飲食店の広告があったのは驚きましたがお聞きしたところ、動物に異常がないかテストした上で描いたものだそうで見慣れない光景が逆に新鮮で面白く、一つの経営上の素晴らしいアイデアだと思いました。ちなみに、その広告は描かれた獣舎の動物達の餌代となるそうです。

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/90/69160390/img_4_m?1477529509

ただ、この動物園、なんか落ち着く動物園、居心地が良いというのか、ゆったりとした感じを受けます。レトロ感がある、緑が多い、手書きの看板&ポスターが多いなど理由は多々あると思いますが動物がいない場所でも、ふと立ち止まって周りの風景を眺めたくなる感じなのです。

その雰囲気に誘われてか・・・お昼に近くなるにつれ、お客さんがワンサカ、ほとんどは子供連れ、中には若い女性同士のお客さんも。近隣に愛されている、憩いの場になっている動物園なんだと実感しました。

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/90/69160390/img_0_m?1477529509

カピバラの放飼場の形が面白い。少し引きで見ると、新幹線の形になっていて、窓からカピバラを観察するイメージ。もちろん他の動物達同様に、近所の商店の広告もちゃんとあります。

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/90/69160390/img_6_m?1477529509

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/90/69160390/img_5_m?1477529509

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/90/69160390/img_2_m?1477529509

カピバラは現在5頭飼育中、お父さんのカッピー・お母さんのラッピーに加えて今年5月19日に可愛い3つ子が誕生しました。この日は、お母さんの姿が見えなかったので、4頭を確認。放飼場の奥に飼育小屋が設置させているので、室内に入ってしまうと姿が見えなくなってしまうことも。

お父さんのカッピーは貫禄十分、体長約1.1mで大きな体格、子供達と若干の距離をとり日向ぼっこをしていました。子供達3頭は、体長約60cmと順調に成長し毛並みも良く仲良し兄弟、可愛い盛りです。

お客さん慣れしているのか、窓から覗き込むと近寄ってくることも。草食獣に関しては、園内で販売している餌をあげる事が出来るのですが仔カピバラ成長中につき、現在はカピバラに餌をあげる事は出来ません。

車だと先日ご紹介致しました八幡山公園まで15分と梯子するのに便利。

又、高速道路・東北自動車道、宇都宮インターより5分と他の栃木県の名所を巡りついでにもタイムロスが無く車移動だとアクセスがかなり良い動物園でもあります。

宇都宮動物園 http://www.utsunomiya-zoo.com/




http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/63/69153063/img_7_m?1477093898


先週末!カピバラだけの卓上カレンダーを主婦と生活社より発売致しました。とろける様に可愛い&ほっこり癒される各地のカピバラ達の写真満載です。

全国大型書店・文具店、各ネット通販にて発売しております。上記特設サイトでは、この他にも壁掛けカレンダー・カピバラ写真集も通販しております♪

この記事に

イメージ 1

10月18日(火曜日)

本当に久々に神奈川県のソレイユの丘のカピバラに会いに行きました。前回訪れたのは、なんと昨年の5月、カピバラ達も子供だった頃です。我が家から近いこともあり、何時も訪れる順位が「何時でも行けるから」という理由で後回しになっていたのですが・・・実は、スゴイ施設になっていたなんて、灯台下暗しとは、このこと。反省しつつ、今まで行かなかった事を後悔しつつの訪問になりました。

さて、全体の説明を簡単に。
ソレイユの丘は、三浦半島にある自然あふれる遊びと学びのテーマパーク、比較的ファミリー層や子供やさ遠足向きの施設です。チーズケーキやクッキーが作れる食の体験や、キャンドルや絵付けなどが出来るクラフト体験をはじめ、団体やファミリーでは屋外バーベキューや収穫体験も出来ます。遊び施設としては、ボートやゴーカート、子供用巨大ジャングルジムや遊具、人工的芝そり、そして子供が水浴びをする為の池的なものや、更衣室やシャワーも完備されています。

その広大な自然豊富な敷地の一角に、牧場を模し厩舎などもある「ふれあい動物村(動物エリア)」があります。現在飼育している動物達は、マーラ、ヤギ、羊、サウギ、馬、犬などそしてカピバラ。実はソレイユの丘には入場料金がないのですが、動物エリアは別途310円必要です。ただ再入場が可能ですので、途中に食事や他のエリアでくつろぐ事も出来ます(入り口で手にスタンプを押して貰う必要)。

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/87/69155387/img_1_m?1477225457

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/87/69155387/img_7_m?1477225457

カピバラ飼育開始直後は小さなフェンスに囲われた放飼場でしたが、久々に訪れて、新しいカピバラ放飼場を見て正直、ビックリ仰天!しました。放飼場が巨大!カピバラとふれあいが出来る場所として関東近郊では上位に入る広さ。フェンスで囲われてる放飼場に入る事が出来る方式。

幅は10m、奥行きが約40mあるでしょうか!8の字を書くように外周に歩道がありその中の片方には、約8m×10m、深さ50cmの大きな池があり、逆側は芝生の丘になっています。中では100円で餌を購入できカピバラと、そして同居しているカンガルー3頭にも餌をあげる事が可能です。

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/87/69155387/img_5_m?1477225457

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/87/69155387/img_2_m?1477225457

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/87/69155387/img_6_m?1477225457

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/87/69155387/img_4_m?1477225457

カピバラは、4頭、全てオスで兄弟です。体長は1.2mのフルアダルトで、毛並みも良くおっとりとしています。とってもお客様にも慣れていて、少し触ると、ごろりんと横になるぐらいです。この日は、ぽかぽか陽気だった為、夕方からカピバラ達は池に入り水遊びを堪能しておりました。

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/87/69155387/img_0_m?1477225457

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/87/69155387/img_8_m?1477225457

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/87/69155387/img_3_m?1477225457

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/87/69155387/img_9_m?1477225457

ここだけの話・・・ふれあい好きのカピバラファンの皆様には絶対おススメだと思います。

おそらくカピバラの人間慣れの雰囲気からすると常連さんもいると思いますが、きっと教えたくないぐらい穴場なんだ思います。カピバラの生活環境も良いですが、長居しても大丈夫な雰囲気と広さ、そして何よりカピバラと放飼場を独占出来る時間が長いこと、特に他の動物にはバードショーをはじめ時間を区切って体験出来るイベントがありその時間は特に、カピバラ放飼場は、もぬけの空状態になりました。

この日も、平日でしたが、動物エリアには多くのお客様が入っていましたが、独占状態が何回もありました。逆にイベントが終わった直後の時間は、急激にカピバラエリアに人が雪崩れ込んできたりしましたが・・・イイです、ここ。








http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/63/69153063/img_7_m?1477093898


昨日!カピバラだけの卓上カレンダーを主婦と生活社より発売致しました。とろける様に可愛い&ほっこり癒される各地のカピバラ達の写真満載です。もちろん、日付も大きいのでカレンダーとしても実用的です。

全国大型書店・文具店、各ネット通販にて発売しております。是非!2017年は、カピバラを仕事・勉強机、キッチン、トイレなどに置いて楽しんでください♪

この記事に

イメージ 1

10/20(木曜日)

栃木県に新しく10月初旬よりカピバラの飼育展示を開始した公園があると聞きまして訪ねてみました。宇都宮の市街地のはずれにある(東武宇都宮駅より徒歩15分)、八幡山公園。八幡山公園と聞いて、何処かで?何かで聞いたことがあるなぁと思ったかもしれませんが関東では有名な桜の名所です、私もテレビで見た覚えがありました。

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/63/69153063/img_0_m?1477093898

そんな八幡山公園。

小高い山全体が自然豊かな公園になっており、その中には子供が大喜びの巨大遊具やゴーカートや吊橋などがあり町を一望出来る宇都宮タワーや、(宇都宮)競輪場もある大きな公園です。あまりにも大きな公園なので動物達がいる「動物舎」を探すのが大変ですが、公園の南側、八幡宮鳥居を目指して行くとわかり易いと思います。

動物園は山の斜面を利用した立地で、少しレトロ感のある昔ながらのケージが多いタイプ。タンチョウ、メンフクロウ、ミニブタ、ワオキツネ、うこっけい、モルモット、アヒル、ハクビシン、アライグマ、ポニーなどが展示されており、面白いのは1つのケージに、ミニブタとワオキツネ、モルモットとうこっけいなど、混合飼育しているものもある。

ちなみに入園料は動物舎も公園も無料、更に駐車場も無料。とても身近な動物園な様で、平日の午前中なのに地元の人が散歩がてら動物を観察したり幼稚園の遠足があったりと賑やかだったのが印象的でした。

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/63/69153063/img_1_m?1477093898

さて、カピバラは・・・

来たばっかり看板も無かったので見逃しそうになりますが、動物舎の真ん中にベンチや自販機が置いてある休憩所があるのだが、その横にある水鳥のコーナーにおります。

結構大きなケージで、楕円型の幅・奥行き共に15mぐらいある放飼場。その敷地の3/1に池があり、陸地の大半は土で覆われ、木製の飼育小屋が4つ設置されている。おそらくだが、その内の一番大きな飼育小屋はカピバラ専用の様で、大きさは2畳程度で室内にはオガクズの様なものが敷かれていた。この小屋だけは扉が付いているのが特徴で、結構全体的に密閉性が良さそうだ。

放飼場の周りは高さ2.5m程の、ピッチ幅4cm高さ15cm程度の網フェンスで仕切られ、更に外側1mに低い柵が設置されている。網フェンスまでの距離が近い事や、ピッチが開いているのでスマホや望遠カメラを使った撮影も出来る環境だ。同居している水鳥達はこの日は6羽、カピバラとの距離を保ち、接近することはまず無い感じでした。

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/63/69153063/img_4_m?1477093898

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/63/69153063/img_5_m?1477093898

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/63/69153063/img_6_m?1477093898

さて、カピバラは体長1mとかなり大型なオス、毛並みが綺麗で穏やかな雰囲気と顔が大きいのが特徴的。網越しに口笛を吹いたり、カピバラ〜♪なんて呼ぶと、のそのそと近くに寄ってくる様子を見ると、かなり人間なれしている様に見える。ちなみに、未確認だが大洗水族館にいたリュウマではないか?というネット情報が濃厚だ。

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/63/69153063/img_3_m?1477093898

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/63/69153063/img_2_m?1477093898

それから・・・

この動物園、動物舎と呼ぶのだが、開園時間と閉園時間が特に決まっていない。公園は一部を除き24時間開いているのだが、夜でも動物舎を見る事が出来る。もちろん動物達は物陰や飼育小屋に入ってしまえば観察は出来ないが、気配ぐらいは楽しめるだろう。カピバラも同様で、寒くなったら収容するという話だが、現在は何時でも見られる状態なので是非、何処かの帰りなどに立ち寄って欲しい。


〒320-0027

宇都宮市塙田5-1-1

電話:028-624-0642

八幡山公園 http://hatimanyama.jp/






http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/63/69153063/img_7_m?1477093898


昨日!カピバラだけの卓上カレンダーを主婦と生活社より発売致しました。とろける様に可愛い&ほっこり癒される各地のカピバラ達の写真満載です。もちろん、日付も大きいのでカレンダーとしても実用的です。

全国大型書店・文具店、各ネット通販にて発売しております。是非!2017年は、カピバラを仕事・勉強机、キッチン、トイレなどに置いて楽しんでください♪

この記事に

イメージ 1

10/7(金)

昨年11月に生まれた仔カピバラ達も元気いっぱい、お父さん&お母さんも含めると7頭の大家族。5頭のカピバラの内、2頭はオス。そろそろ群れ離れの時期も迫っていますが、お父さんはまだ寛大。

仔カピバラのオスがお父さんにちょっかいを出す事もありますが、少し祓う仕草はするものの戦う様子はありません。放飼場の芝も緑の部分が残っていて 和やかな雰囲気です。

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/74/69132474/img_2_m?1475892665

アロハガーデンでは、一年中、カピバラをお風呂に入れています。お風呂に入っている効果か、国内でも上位に入る毛並みの良さ、綺麗なカピバラ達です。この日は風があるものの、半袖でも寒くない気温、館山は千葉県の中でも暖かい場所ですからね。

お湯と水を上手に調整してカピバラの好きな温度にしてあげます、この日も水温32度ぐらい、私達の温水プールぐらいの水温です。最初水温が低く足を入れるも即お風呂から出て来てしまいましたが、適温になると、不思議とぞろぞろと入っていきます。

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/74/69132474/img_1_m?1475892665

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a0-29/capybarahp/folder/1688775/74/69132474/img_0_m?1475892665

週末は、14時〜15時までの間、お客さんをカピバラ放飼場内に入ってもらい、ふれあいや餌あげイベントも実施中です。

そしてふれあい時間が終わった後にお風呂を開始、お腹いっぱいになったカピバラ達の気持ちよさそうな顔が見れます。カピバラ好きの方、週末は14時からがおススメです!



アロハガーデン館山 http://www.aloha-garden-t.com/




カピバラ大好きfacebookでも、多くのカピバラの写真や最新情報を公開しております

この記事に

全368ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事