楽譜de散歩〜CARSメンバーだより

CARSメンバーの日ごろの雑感をリレー形式で紹介します

CARSメンバーだより

すべて表示

楽譜の価値

昨年11月、グスタフ・マーラーが書いた交響曲2番「復活」の自筆譜が競売にかけられ、楽譜としては史上最高額、455万ポンド(6億円超)で落札されたというニュースがありました。232ページにも及ぶ譜面には消去や書き換えの跡が残っていて、作曲の過程が伝わってくるものであるようです。 マーラーといえば、19世紀後半から20世紀初頭に主にウィーンで活躍した指揮者であり、作曲家です。交響曲の大家と言われ、ベートーベン以降の時代には珍しく10曲もの交響曲を残しました。でも、初級者のクラシック音楽ファンである私にとっては、マーラーの交響曲は、少しとっつきにくい面があります。 混沌スレスレの長大な楽曲を大編成のオーケストラと声楽の組み合わせで演奏するものが多く、通勤時間や日常のちょっとした暇な時間にBGMとして楽すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

 著作権侵害で損害金を請求された、あるいは逮捕されたという報道がされることがあります。「著作権侵害」という言葉を知っていても、著作物を無断で利用すれば必ず著作権侵害となるのか、著作権侵害をしてしまうとどうなるのか疑問に思われている方もいらっ ...すべて表示すべて表示

 著作権が消滅していることを「Public Domain」(PD)といいます。「Public Domain」を正確に訳せば、「消滅」というよりも「公有」ということになります。  著作者の権利の保護はもちろん大切ですが、文化の発展のために ...すべて表示すべて表示

オンデマンド楽譜

2017/1/27(金) 午前 9:50

 現在、世の中に流通している書籍、楽譜などの印刷物のうち、結構な割合が既にオンデマンド印刷 [on-demand publishing, POD(print on demand)] により作製されています。通常 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事