楽譜de散歩〜CARSメンバーだより

CARSメンバーの日ごろの雑感をリレー形式で紹介します

末吉保雄(日本現代音楽協会)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

コピーあれこれ


最近のことです。要するに、以前「“研究用”としてコピーしてもらった楽譜(市販の楽譜からのコピー)」を“演奏会での演奏”に用いる例をめぐって考えることが有りました。


 曲がPDでなければ・・・、演奏会が有料なら・・・、まずは、JASRACに申請して「演奏会での利用」に際して発生する“演奏の著作権料”を支払ってください。この点の理解は、まあだいぶ行渡ってきました。


 だが、さて「使用する楽譜」については、どうでしょうか?“研究”に用いたときの書き込みも有り、自分が見慣れた楽譜を使って演奏する…自分だって当然そうしたいところですが・・・何か留意しておくことが有るでしょうか?


それが私の曲だったら?ええと・・・市販の楽譜が出ているので、まあそれを使ってほしいな・・・と思いますね(心のなかで)。でも、「すぐに買ってください」とは言いにくいですね(相手によっては)。そこで、・・・自分が購入した楽譜をその人に進呈します(むしろ、早くから“進呈”しておきます)。つまり、自作の“売り上げ”を自分が上げているわけですが、楽譜がタダで使われたわけではありませんね。


そうはしても、実際には、やはり“研究用”のコピーを使って演奏されるでしょう。“使い慣れた楽譜”で演奏する方が、なにかと“安心”ですから。でも、演奏会で演奏するなら、著作権者の許諾が必要なんですね。


問題は、「正当にコピーされた楽譜」の『転用』は、現実に多く行われていますが、「『転用』は正当でない」ということでしょう。


譜メクリを容易にするために、コピーして用いる・・・当人が市販の楽譜を購入していて、その補助として用いる・・・これは許容されると理解して良いでしょうか?


あるいは、購入した市販の楽譜がキレイなので、ここに書き込みをしたくない。そこでコピーして、これに沢山書き込みをする(・・・時と場合によっては、ほんとうに沢山の書き込みが必要になります。 年寄りの私など、眼鏡の着脱まで注意書きします・・・そんなことはキレイな楽譜に書き込めませんから)。でも、この場合、コピー譜を使って弾くことは許されるでしょうか?


イヤイヤ・・・、どちらも演奏会のためなら・・・許諾が必要なんですね・・・法律上は。


ともかく、『演奏会で用いる楽譜は、まず自分で購入する』、そのことの優先性に留意しましょう。


さて、しかしもし、研究用のコピー譜が、市販されていない楽譜(たとえば手稿譜だったり、作曲者のPCから送信されたデータ)だったらどうでしょうか?以前にもたびたび書いたこと、つまり「近年、作曲家は、五線譜に手書きして作曲することが少ない」ことを思い出してください。


正解は、「“演奏会での演奏”に用いる楽譜の『転用』の、この場合の正しい処理の仕方を、JASRACに問い合わせること」でしょう。

 


自慢とは違いますが、長い勉強ののちですから、私は、膨大なコピー譜を所蔵しています。「こんな昔に、こんな珍しい曲を、こんなにも良く勉強している」と自慢できる例も有ります。このあいだも、つい後輩にその一つを貸したところ、感激して“ぜひ弾いてみたい”とのことでした。嬉しかったのですが、ふと、「公開して良かった楽譜だったかな?」と心配になりました。しばらくして、「そうか、その曲は時効か。もうPDになっているものな・・・」と安心しました。でも、そうでもない場合も無数にあります。油断も隙もありません。


 


2016.11.25 


末吉保雄 (作曲家・日本現代音楽協会理事・CARS代表幹事


CARS(楽譜コピー問題協議会)のホームページ http://www.cars-music-copyright.jp/


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

小森先生を悼む

小森昭宏氏が逝去されました。高名な方で、曲もお顔も早くから存じ上げていましたが、“げんこつやまのたぬきさん”の作曲者と知ったのは、たくさん子供たちと歌ってきた後になってからでした。
 
CARSでご一緒するようになって、色々なお話しを伺い、多くを教えて頂きました。N響のティンパニストだったお父上の面影と重なることも有って、そのお父上の戦前・戦中・戦後のご様子を話していただいたことも有りました。
CARSの会議では、「中田喜直さんが、不当なコピー譜をふりかざして『これは偽札!』と力説した」などのエピソードを引用して「作る者の気迫」を説いておられました。
6月の会議で、いつものようにお目にかかれるとばかり思っていましたので、突然の訃報を受けとめかねています。先ずは、長く、違法コピー排除運動の陣頭に立ってくださったことに感謝を申しあげ、ご冥福をお祈りする次第です。
 
故小森氏の、長年の「著作権擁護」の活動はCARSにとどまりません。そのご功績については、いずれJASRACを中心に共に活動された方々から語られることでしょう。
ここで私が申すべきは、その運動を、次代にしっかりと引き継ぐことの重要性です。
より若い世代に確実に「渡す」ことがなければ、いまの世相のなかで「著作権」への意識は急速に希薄化してゆくことでしょう。若い著作者たちの多くも、例外ではありません。
もしかすると、『売れている人』はそうでないのかも知れません。『売り上げ』を減らすような行為には、敏感に反応し、これを咎めることにも異を唱えないでしょう。
一方、多くの『売れない人』は、『売り上げ』を当てにするより、まずは、少しでも作品が認められ使ってもらうことを切望します。「違法コピー」でさえ、自作に関心を持ってもらうためならと、大目に見てしまう例は少なくありません。
この乖離から、気になることは、「著作権」への意識が、著作者側で二分してしまう傾向です。
尊重されるべき著作者の権利は、収入の多寡によりません。収入の毀損される度合いによって尊重度が変動する…そうなりがちなことは理解するとしても、著作者のもつ権利が尊重されるべきだという「前提」は、そのことと無関係です。1円にもならないものを作ろうとも、著作者、著作物は尊重されねばなりません。
著作者自身がその前提に立たなければ、「著作者でない人たち」は、これを、隙有らばと蚕食してゆきます。すでに「権利は尊重されるべきだが…手続きの厄介さが利用の拡大を妨げ…価額が高くなる。もっと安く…手っ取り早く…」「そもそも、そんなに儲けなくとも…」とも「著作者たちの“権利擁護”の主張が、世の中の“進歩、拡大”の足を引っ張っている」とも…そんな“論”が蔓延っています。
創りだすことより、誰かが創りだしたものを利用する、それも安く利用する…その多勢が、創作への“敬意”を忘れさせます。“百の創意”は“ひとつの収益源”をさえ保証しません。しかし、創られたときに1円にも成らなかったものが今では“至宝”…そんな例も、いくらも有ります。「著作権」は、将来に創作の意味を繁げてゆく思想です。
小森先生からのバトンを、今度は“次に”どう渡すか…それを考えています。

2016.06.22 
末吉保雄 (作曲家・日本現代音楽協会理事・CARS幹事
CARS(楽譜コピー問題協議会)のホームページ http://www.cars-music-copyright.jp/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

番外

私は、日本音楽著作権協会(JASRAC)の準会員です。
考えるところが有って、作品を信託したのは、創作を始めて30年以上過ぎてからでした。考えたことと言うのは、協会が、信託楽曲の利用を原則可とするからでした。ある時まで、その可否は自分で決めたかったのでした。でも、いろいろ考えて、学んで、信託にふみきって今日に至っています。
それで、年間さした数ではありませんが、国内外での利用の把握されたものについて、使用料の支払を受けるだけでなく、このCARSをはじめ、所属する日本現代音楽協会への有形無形の支援を得て、協会にはたいそう感謝している次第です。
JASRACの、組織として、また協会職員個々の職務の成果は、国内外に広範かつ膨大なもので、その結果、日本の音楽著作者たちは今国際的に見て恥ずかしくない著作権環境に在って、それは誇るべきことと思います。情報、技術…その蓄積は社会資産です。
ここに至るまでのご苦労の甚大だったことを思い、私は敬意を惜しみません。不当なカラオケ店にたびたび足を運んだり、時に怖い思いもして…。自作が、カラオケで利用されることなどは皆無の一会員ですが、それらの集積こそが、この環境を守っていてくれていると考えます。
それなのにどうしたことか、JASRACはこのところ、新聞、雑誌などから叩かれることの少なくなく、日本の社会の誇らしい存在と認識されていないかのように思えます。
世の中の、なるべく勝手に安く利用できることは善、そのための差し支えを排除することは進歩…そんな気風に曝されているからでもあるのでしょう。最近の新聞記事も、JASRACの「著作権使用料の取り立て機関」としての機能だけを論じていました。
突きつけられている矛、そのことへの感想をここで述べるつもりは有りません。ただ、残念に思う一つを言おうと思います。それは、著作者個々からの、著作権の大切さを訴える声をあまり聞かないことです。
JASRACの作成するパンフレット類には書いて有るから、安心しているわけでしょうか?むろん著作者は様々で、個々の、重要度の認識もまちまちです。そのような個々が、ばらばらに物を言って、かえって世間から足並みを乱したと思われたら逆効果だから、JASRACにおまかせしていよう…ということも有るのでしょうか?
著作権は、今更言うまでも無いことですが、著作者の権利です。ただ、著作者自身が経験する、様々に個別的な日常に、著作権法の条文と整合させながらそれを主張することは、きわめて厄介で、難事です。それがまた、著作者個々が「うっかり物を言ったら…」と口を噤ませもします。
でも、今の風潮に在って、このまま黙って「JASRACにお任せ」で良いものでしょうか?と考えてきて、はたと、どこでどのように発言の機会が有るか?と思いました。
「協会会報201512月号」によれば、会員・信託者合計数は17,319、正会員は1,414。1割にも満たない人に発言の機会が保証される。
著作者側の組織にも、内在する課題は多い、ということでしょうか?
 
 
2015.12.25
末吉保雄 (作曲家・日本現代音楽協会理事・CARS幹事
CARS(楽譜コピー問題協議会)のホームページ http://www.cars-music-copyright.jp/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

楽譜とコピー(その5)

先日、CARSの総会、今年度最初の幹事会に出席してきました。総会の通例で、人事異動、事業報告、決算、事業計画、予算、etc.の提案、説明、承認と進んだのち、今後の取り組み方などを話し合いました。そのなかで「この頃はなにかというとすぐスマホで色々なものを撮るので、ますます、それがコピーかどうか意識することも無くそうしている」という提起が有りました。
「コピー機を使うのがコピーで、撮って、送るのは、それは別な事」。ウーン、そのような意識が広がっているかも知れない…私も、そのことを思っていました。
以前、私が初めて出会った「電子万引き」のショックを、このブログに書いたことがありました。棚から取り出した売り物の楽譜のページを「携帯」で撮って友人と話していて…はじめは「私が買うのはこれでいいの?」と、確認しているのかと思いましたが、そうではなく、何かのアルバムの中から1曲だけ写し帰ろうということでした。後日、その店は、売り場で、携帯などが使えない様にしてしまったと聞きました。
それから2年ほど過ぎて、その間のスマホなどの広がりときたら! 加えて、ユーチューブに、フェイスブック、etc. 「革命的」な変化としか言い様がありません。後世の歴史家が、この我々の時代の「電子情報革命」をどのように捉え、年代区分するか知りませんが、もはやこの情報氾濫の行きつく先は…と考えるだけで恐ろしいことです。
  ある「公開講座」の例も思い出しました。講師が、スクリーンに、次々に文字、数表、地図、風景や人物の写真を投影しながら話しを進めてゆきます。面白い。楽譜も出てきました。完成したばかりの(未発表の)楽譜の、ユニークな発想、手法を指摘しています。…そしてこの間、あちこちの席から、ときに立ち上がって「スマホ」がかざされました…。
帰りの道で思いました。あぁ、あの楽譜も、今頃はあちこちで、海の向こうでも何人かは見ているだろうな。
 
媒体を問わず、違法コピーは違法です。楽譜は「紙」に限りません。皮だろうと、電気信号だろうと、すぐ消えようが、消し難かろうが…。
こう言えば理解してくれる。そう思っていましたが、いやいや、そうばかりではありません。スマホを向けた小学生に、「ア、それはコピーだよ。してはいけないんだけど…」と言って、わかってもらえるだろうか? 電車の車内広告に掲載されているタレントの大写しの顔を撮っては友達に送る…それが日常という人たちに、「それはしても良い」「それはダメ!」と、どう説明したら容易に理解してもらえるでしょうか?
 
CARSが、これまでに作ってきたリーフレット、Q&A、チラシ、etc. 作ってから、だいぶ時が過ぎたようです。世の中は、どんどん変わって、CARSのメッセージを伝えたい人たちもまた、どんどん変わっています。伝えたい事柄は変わっていませんが、現象は変幻してゆきます。説明を、その仕方を工夫しなければなりません
しかし、そうは言っても、リーフレットの文言ひとつだって、何人もが、長いこと、あれこれ議論して決めてゆく仕事ですから、簡単でも、容易でもありません。
以前も、あまりの「無謀コピー」の氾濫を前にして、なにか波打ち際の砂上に、線を描いているような気になったこともあります。それでも、まあ、根気よくやってきましたが、世情は、CARSにも、なかなか厳しいものになっています。著作権を主張する人たちを、あたかも、“旺盛な購買意欲をもつ消費者の前で自分の権利を振りかざして立ちはだかる厄介者”と言わんばかりの論調さえ増えてきています。
著作者、創作者の立ち位置も、刻々変わっているということでしょう。考え、またなすべきことは増え続けてゆきます。
(続く)
 
2015.6.26
末吉保雄 (作曲家・日本現代音楽協会理事・CARS幹事
CARS(楽譜コピー問題協議会)のホームページ http://www.cars-music-copyright.jp/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

楽譜とコピー(その4)

先日、親しい友人から、あるフランスの作曲家の「原譜」を預かってきました。
歌曲の「ペン書きの自筆草稿」。19世紀末に書かれたと考えられます。浄書ではなく、余白に別案が記されていたり、譜尾の書き落としがいくつも有ったり…、この曲の「初稿」かも知れません。
黄ばんだ五線紙の、少し薄れかかった筆跡を見つめていると、110余年前、音符が書きすすめられてゆく、そのときの筆の速さまでもが実感できます。
以前私は、この作曲家の住まいを訪ねたことがあります。アップライトのスタインウエイが置かれた部屋が有って、その譜面台には、この作曲家の良く知られた曲の楽譜が開かれていました。それを弾いてきました。この「草稿」も、あのピアノから音になっていったのだろうか…。「実物」の力は不思議です。何かこう、「気配」が立ち上がって来ます。…サァ、汚したら大変!と、急いでコンビニに駆け込み、カラーコピーを撮ってきました。
 
このブログにも、以前、自筆楽譜からもたらされる貴重な「情報」を書きました。
「書」が、上手下手を超えて、筆者の存在を残しているように、楽譜の筆跡にも、筆者の「人」が現れます。まずは、音符を書く口々を、数年経験した手か、いや何十年も緻密に書き付けてきた人の筆か、それはすぐに判ります。今回は繰り返しませんが、旧友から手紙をもらえば、その筆勢から体調が知れるように、筆跡は、さまざまをもの語ります。
写譜屋さんの書く印刷譜が世の中に出回るように成った頃、それを見た人は、きっと、作り手の「筆跡」を失った譜を嘆いたことでしょう。筆跡から、切迫感、落ち着き、明暗…つまり曲想が知れたのに…そう、だから以前は書かなかったのに、強弱だの曲想だのを文字や記号で指示するようになったに違いありません。
(そう言えば、いまは亡き親友が、『娘にワープロで求婚状を寄越すような奴には、結婚は許さん!』と息巻いていたことを思い出しました。)
 
さて、今の、コピー術は、自筆譜を、筆跡や染みまでそのままにコピー出来ます。スキャンしておけば、如何様にも利用できます。念のため、マイクロフィルムにも撮っておきましょうか。現物を汚損させずに、人々が眺めるためには、それは欠かせません。
おかげで、シューベルトが病床で手を加えた譜も、モーツァルトの対位法の学習ノートも、学者の観察対象にも、私にさまざまな想像をめぐらせるきっかけにもなります。もっとも、紙質の調査など、現物に当たらなければならない場合は有って、いま、バッハの原譜の経年変化への憂慮が深まっています。むろん、オリジナルは、「宝」です。
 
ところで、私の憂慮は、別にもう一つ。いまや、作曲家が「筆跡」を残さなくなってしまったことです。「データ」は、ほんとに、紙より長持ちするのだろうか…だいたい、送られてきた「データ」は、ほんとに「その人」のものと特定できるだろうか?状況的に、信用できると判断するとしても、スリ変わったり、バケてしまったりは、無いだろうか?将来、図書館は、作曲者が用いたパソコンだの、Iパッドだのを保存するのだろうか?
 
2014.11.5
末吉保雄 (作曲家・日本現代音楽協会理事・CARS幹事
CARS(楽譜コピー問題協議会)のホームページ http://www.cars-music-copyright.jp/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事