Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

*麦の穂をゆらす風*

イメージ 1

  ***STORY***  2006年 イギリス=アイルランド=ドイツ=イタリア=スペイン
1920年のアイルランド南部の町・コーク。医者を志す青年デミアンはロンドンでの勤務がきまり、アイルランドを離れようとしていた。そんな時、仲間がイギリスから送り込まれていた武装警察ブラック・アンド・タンズの暴行を受け、命を落としてしまう。事件をきっかけに医師になる志を捨てたデミアンは、やがてアイルランド独立を目指す戦いに、仲間とともに身を投じていく。そんな彼らのゲリラ戦に苦しめられたイギリスは停戦を申し入れ、戦いは終結するのだが、両国間に結ばれた講和条約の内容の是非をめぐって、アイルランドは内戦に突入してゆくのだった。            gooより      


いつの時代のどんな戦いも嫌なものですが、戦場で武装した兵士同士だとまだしも、それが一般の人をも巻き込むものだと辛さは倍増します。
このストーリーの大半は小さな町で、人々がごく普通に暮らす村が舞台。毎日の暮らしの中にずっしりと重たく”戦い”が忍び込んでいきます。しかも彼らは固有のスポーツをすることもゲール語を話すことも禁じられていて終始見張られているのです。どんなに辛い生活でしょう。映画の中で人々が”普通に生活したい”と搾り出すようにつぶやくセリフが忘れられません。

そんな中、自分の名前を英語でちゃんと答えなかった・・との理由でいとも簡単に殺されてしまるところから始まります。武器を持たない一般人を壁に向かって並ばせて尋問や拷問をする様子。自分の息子が目の前で殺されて嘆く母親。なんともやりきれません。

あまりにもひどい状況下で、主人公デミアンは立ち向かっていくのですが、彼は医者を志した人。人の命を救うために解剖学を学んだはずなのにいとも容易く他人の命を奪っていく姿はショックです。でもそれと共に戦いの間負傷した味方の兵士たちの治療をしていきますが。。

こういう戦争で常に使われるのが”密告”です。必ず村にひとりやふたり、そういう人物がいて、情報をもらしてしまう。。ちょっとしたお金のためや自分が有利に立ちたいがためにやったことが自国を苦しめ、仲間を殺すことになり、それまでの信頼関係を根こそぎ壊していってしまうのです。

中盤。停戦となり、開放され、自由を取り戻した人々がパブで歌い、踊りを楽しむ光景があるのですが、それは結局ほんのひとときのことでした。
締結された英愛条約とアイルランド自由国の建国を巡っての新たな戦いが始まってしまうのです。このアイルランド自由国は今のアイルランド共和国の前身。反対者たちはアイルランド自由国がイギリス領内の自治国に留まっていること、そして北アイルランド6州が自由国に含まれていない事に反発していました。この内戦による犠牲者はアイルランド独立戦争のを上回り、今なお北アイルランド問題の根となっています。
そして主人公デミアンは。。。



『プルートで朝食を』の女装青年キトゥン役など一躍有名になったキリアン・マーフィー。彼はこの戦闘の地であるコークの生まれだそう。戦闘への闘志と裏切った仲間への想い。そして恋人に寄せる気持ちなども余すことなく演じていて見事でした。


監督: ケン・ローチ
出演: キリアン・マーフィー/ボードリック・ディレーニー/リーアム・カニンガム/オーラ・フィッツジェラルド/メアリー・オリオーダン

この記事に

閉じる コメント(57)

顔アイコン

chokoboさん。そうですね。内戦などでみんなの意見が多数派に傾く
ことってコワイですよね。

2008/5/13(火) 午後 3:35 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

やっくんさん。ほんとそうですね。今現在独立しようとして苦しんでいる国は人のことを忘れてはいけませんね。
この映画はそんなことも教えてくれました。

2008/5/13(火) 午後 3:37 car*ou*he*ak 返信する

キリアンくんに脱帽でした
しかし辛かった・・
観るべき作品なのですね
TBさせてくださぃ(≧∇≦)

2008/5/16(金) 午前 11:16 翔syow 返信する

顔アイコン

《戦争の残酷さ》を《戦争の常識と矛盾》という側面から捕らえ、丁寧に描かれた秀作だと思いました。改めて戦いの中で正当化される《暴力》と当たり前の心を踏みにじられていく《悲しみ》をが戦争の姿なのだと感じました。TB させて下さいね。 削除

2008/5/30(金) 午後 10:42 [ Maria ] 返信する

顔アイコン

SYOWさん。これはあまりにひどく、辛い映画ですが、やはり知って
おいた方がいですよね。
キリアンくんがすごかったです〜

2008/5/30(金) 午後 10:47 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

Mariaさま。暴力っていつのまにか正当化されていくところがなんといっても恐ろしいですよね。
普通の心が踏みにじられていくところが悲しかったです。

2008/5/30(金) 午後 10:50 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

あまりに酷な独立の戦いを観てきたので、条約が締結した瞬間はわが事のように嬉しかったのですが、その分後半ずしーんと凹みました。知るべき史実、観るべき映画ですね。
キリアンくんはコークの出身なのですか、演じているということを忘れてしまうぐらいデミアンそのものでした。
TBさせて下さい。

2008/6/6(金) 午後 11:04 M 返信する

顔アイコン

Mさん。途中でほっとしたらその後が・・すごかったですね。
コークはとりわけ美しい町らしいです。
ほんとデミアンそのものでしたね。

2008/6/7(土) 午前 0:28 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

そうですね〜。 一般の人をも巻き込んでしまうのは、観ていて重い気持ちになりましたねぇ。
身に沁みてくる作品でした。
TB、させてくださいませ。 m(__)m

2008/6/27(金) 午後 10:38 サムソン 返信する

顔アイコン

サムソンさん。兵士だけならまだしも一般市民もどんどん巻き込んで
しまうところが悲惨でしたね。
でもこういう作品で当時のことを知ることも大切です。

2008/6/27(金) 午後 10:47 car*ou*he*ak 返信する

辛かった〜〜〜。。。。重かった〜〜〜〜。。。。 でも観てよかったと思えるさくひんでした。TBさせて頂きます☆ 

2008/8/27(水) 午前 0:14 wakuwakuwakappchan 返信する

顔アイコン

わかさん。そうですよね。見ているとき救いがなくて辛くなります。
でも見終わったらああ・良かった〜って思えますね。

2008/8/27(水) 午前 0:35 car*ou*he*ak 返信する

イギリスも大好きだし、アイルランドにも憧れている私ですが、
こうゆう現実も知っておかなければいけませんよね。悲しいですが。

TBさせていただきました。

2009/3/30(月) 午後 11:25 [ ☆chikori☆ ] 返信する

イギリスという国は、富の保持に為にアイルランドを出汁にしてきたわけですよね。
日本も真似をしたのでしょう。
意見の食い違いから、内紛にまでとは・・・どこか落とし所がなかったものかと、思います。
共に戦った戦友と敵味方に分かれて戦うとは・・・。
歴史を知る上でも、とても観ておいて良かったと思いました。。

2009/6/15(月) 午後 10:01 sei 返信する

顔アイコン

chikoさん。今まであまり歴史のことは知らなかったのですが
最近映画からアイルランドやイギリスのことを知りました。
そうですね。やはり知っておかなければなりません・・

2009/6/15(月) 午後 10:47 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

seiさん。植民地ではないですが、場合によってはそれくらいのことをしてきたかもしれません。
しかし内紛は辛いですよね。
私もこれは見ておくべき作品だと思いました。

2009/6/15(月) 午後 10:49 car*ou*he*ak 返信する

人命を助けるために医者になった主人公が、人の命を、しかも同胞の命を奪わなければならない辛さ、
自分のやっていることが本当に正しいのかと苦しむ姿が印象的でした。
アイルランドという国は、本当に辛い歴史を歩んできたんですね。
悲しい歴史を物語る貴重な作品、観て良かったです。TBさせてくださいね。

2009/8/1(土) 午後 0:17 pu-ko 返信する

顔アイコン

PU-KOさん。そうですね。お医者さんとしての使命感に燃えていたのにその彼が・・
内戦状態になってしまったことも彼の苦悩もひしひしと伝わってきました。こういうことを映画にして、見せてくれると勉強になります。

2009/8/25(火) 午前 0:24 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

cartoucheさん、TBさせてくださいね。

2010/11/14(日) 午後 10:01 mossan 返信する

顔アイコン

もっさんさん。はい。ありがとうございます。

2011/3/9(水) 午後 9:48 car*ou*he*ak 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(54)


.


みんなの更新記事