Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

     ***STORY***              2006年  アメリカ
空港のロビーで、青年の前に現れた謎の車椅子の男。男は、20年前の幸運のナンバーにまつわる残酷な物語を語り始める。一方、NYのアパートではスレヴンとリンジーが偶然の出会いを果たす。不運続きのスレヴンは、友人を頼ってNYに来たのだという。ところが友人は姿を消し、スレヴンは敵対するギャング、“ボス”と“ラビ”の争いに巻き込まれる。そしてその影には、あの空港の男−凄腕の暗殺者グッドキャットがいるのだった…。                     gooより          


ストーリーが込み入っていて伏線など張り巡らされていますが、さりとて追えないほどでもなく、展開が読めてしまうこともない・・
この映画の作り手にとっては思うツボの観客の私でした。

・・がのっけからヴァイオレンス色が強く、途中目をつぶってセリフだけようやくキャッチしたシーンも多いのですが、それでいて全体的にコミカルな部分もあり、追い詰められていくコワサに巻き込まれるというわけでもありません。

ラストにある”理由”がわかるのですが、この部分は感動的。
でも。。欲を言えば
ストーリーをパズルのように組み立てるおもしろさはあったものの、例えば『シャレード』や『ロック、ストック〜』のように、わかりやすく、それでいてつい”ああ、なるほど”と口に出てしまうようなカラクリは隠されていません。そんなオチも欲しかったです。

けっこう良かったのがなんとなく漂うオシャレ感。
トップクレジットは、会計簿のページなのですが、その文字が動いて、クレジットになります。後で思うとこれがひとつの重要な”鍵”でもありました。

そして中心的人物である「ラビ」と「ボス」。彼らのいる2つのビルを映すのに、思い切り広角で、ぐるっと回したように撮っているのですが、ちょっとアニメっぽくておもしろいです。
敵対するふたりのバカバカしさを皮肉っているようでもあります。
インテリアも70年代風の花柄いっぱいの壁紙の部屋や黄色と茶色、ゴールドのガラスブロックの仕切りのある部屋。。など工夫されていて、この映画の雰囲気作りに一役買ってました。

**ちょっとネタバレ**
それにしてもこの事件のきっかけは
*あるひとりの善良な男性が働いても運がなく、競馬の賭けに手を出して、墓穴をほってしまったこと
*そしてヤクザの怪しいお金がその弱者を破滅に追いやったことです。
これっていまの日本でもよく起こっていることなのですよね!。
サラ金業者と大手銀行がもう今やグルで、滞納したり、借金が膨らんでしまっている人を追い詰めています。もちろん甘い考えでお金を借りてしまう人が一番悪いのですが、自殺して生命保険で肩代わりにする人もいるようです。金融システムそのものが疑問です。
深読みですがそんなことまで考えてしまいました。





原題:LUCKY NUMBER SLEVIN
監督:ポール・マクギガン
出演:ジョシュ・ハートネット(スレヴン) /ブルース・ウィリス(グッドキャット)/ ルーシー・リュー(リンジー) /モーガン・フリーマン(ボス) /ベン・キングズレー(ラビ) /スタンリー・トゥッチ(ブリコウスキー)

この記事に

閉じる コメント(40)

顔アイコン

Choroさん。いい映画ってタイトルロールも丁寧に作られていて、冒頭から引き込まれることしばしばです。おもしろい作りでした。あ。やっぱりそうでした?後で考えると悔しいほど、先が読めませんでした。

2007/1/17(水) 午後 8:13 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

lanetowerさんもそうですか?みなさん”通”でもやられているみたいですね。でもそうして素直に楽しむことも大切だと思います。インテリアも良かったですよね?TBありがとうございます。

2007/1/17(水) 午後 8:15 car*ou*he*ak 返信する

アバター

はじめまして、コメントTBありがとうございました♪この映画はもろ自分好みの雰囲気、展開でした。とても面白かったです〜コミカルチックなところもあったし。TBお返ししますね。

2007/1/17(水) 午後 11:56 LAGUNA 返信する

顔アイコン

これはおもしろかったですよね〜。思うツボのおひとりでした?全体的に追い詰められないで、こわすぎないところもマルでした。

2007/1/18(木) 午前 0:17 car*ou*he*ak 返信する

アバター

半分だまされ、半分は初めから何か疑ってかかる様な見方をしてたような気がします。ちょっと情のある殺し屋グッドキャットがいい感じ…。部屋の装飾とかポップでしたね^^)TBさせてくださいね。

2007/1/19(金) 午後 1:32 りーめい 返信する

絶対確実なギャンブルなんてないのに、何故、こういう事に手を出してしまうんでしょうねぇ。映画は、伏線が張り巡らされていて、ラストに向かってどんどん面白くなりましたね!(^^)

2007/1/23(火) 午前 9:54 kuu 返信する

顔アイコン

りーめいさん。ちゃんと最初から疑っていたのですね?ブルース・ウィリスの殺し屋の役も最高でしたね。インテリアもグッド。

2007/1/23(火) 午後 3:01 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

kuuさんほんとですよね。私もハナからそこらへんが気になってしまいました。でもおもしろかったですよね。

2007/1/23(火) 午後 3:02 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

お帰りなさいませ〜♪ ラスベガスでギャンブルにのめり込まずにちゃんと帰国なさって良かった良かった(笑) やっぱり借金してまでギャンブルしちゃいかんですよね。 コメディ色の濃いラブ・サスペンスでしたねぇ・・随分と豪華なキャストでそれだけでも楽しませてもらいました。 削除

2007/1/29(月) 午後 8:48 [ マダムS ] 返信する

顔アイコン

ハハ。危なかったです〜・・なんてことはありませんが、のめりこんじゃう気持ちもわからなくはありません。ちゃんと引き揚げてきました。ところでこの映画の始まりもギャンブル。やぱり危ないですね〜

2007/1/29(月) 午後 9:11 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

冒頭が重要なのに途中で忘れてしまってましたね(苦笑)。TB返します♪

2007/9/8(土) 午後 4:54 sha**owgra*e197* 返信する

顔アイコン

ぐれいぷさん。これってそうそう最初のこと忘れがちだけど
賭けがすべての始まりですからご注意を(笑)

2007/9/9(日) 午後 4:54 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

お手ごろな面白さですね。途中、ややだらけるシーンもありますが、最後まで頑張って見ると、結果はドンデン返しとなっていて面白いですね。冒頭のシーンに意味があることが伝わりました。

2007/9/9(日) 午後 5:53 chokobo 返信する

顔アイコン

chokoboさん。お手ごろな映画という言い方。的を得てますね。
おもしろいけれど、後々まで心には残らないし・・
でも普通に楽しむにはいいかな〜

2007/9/10(月) 午前 9:34 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

あ〜、今思えば、「ラビ」と「ボス」はコミカルなキャラだったのですかね〜。 さすがです。。 ^^;
TBさせてくださいませ。

2007/9/22(土) 午後 11:35 サムソン 返信する

顔アイコン

そうなんですよ〜これってかなりブラックなギャグ満載でしたね。
なんかもうちょっとですご〜くおもしろくなったはずなのに・・

2007/9/22(土) 午後 11:36 car*ou*he*ak 返信する

アバター

娯楽作でもこれくらいのものを作ってくれると嬉しくなります。
トラバさせていただきます〜♪

2008/2/18(月) 午後 11:15 セニャ 返信する

顔アイコン

セニャさん。そうそう。これは娯楽作だおえれど見ごたえあり。
こういう作品は嬉しいですよね。
TBありがとうございます。

2008/2/18(月) 午後 11:30 car*ou*he*ak 返信する

驚愕の展開・・!とはいきませんでしたが^^;
気楽に楽しめる娯楽映画、疲れてる時なんかに無性に観たくなります(笑)
これを観た時もたぶんそんな感じだったような・・・^^
TB,お返しさせて下さい☆

2009/11/13(金) 午前 0:02 A☆co 返信する

顔アイコン

AC☆Oさん。そうそう全体に深刻さがなくてそれがいいですよね。
そう言う意味でバランスのいい作品なんだと思います。

2009/11/13(金) 午後 11:53 car*ou*he*ak 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(30)


.


みんなの更新記事