Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

*舞妓Haaaan!!!*

イメージ 1

   ***STORY***               2007年  日本
鬼塚公彦は東京の食品会社で働く平凡なサラリーマン。ただひとつ普通じゃないのは、修学旅行で京都を訪れて以来、熱狂的な舞妓ファンだということ。そんな公彦に転機が訪れる。念願の京都支社に転勤が決まったのだ!死に物狂いで仕事して、最高峰の壁「一見さんお断り」を強引に乗り越え、やっとの思いでお茶屋デビュー!だがそこでお茶屋常連の野球選手・内藤と出会った公彦は、内藤に異常な競争心を燃やし…?!      gooより


もう〜これ最高におもしろかったです!
私、テレビのバラエティーも、コメディ系映画もあまり見ないのでちょっと不安だったのですが、
冒頭、ネットでのふたりのやりとりがおもしろくて最初から
”どっ〜〜ぷり!!”。
(笑)(爆)までしか知らなかったら、(怒)、(恨)、(殺)・・・・
わ〜色々あるんですね。


基本的にどんなオカクなことでも”あるひとつの物事に一生懸命になれる”人って
幸せだし、素晴らしいと思います。
鬼塚クンの場合はそれが御茶屋遊び。
いいことですよ〜


でも”一見さんお断り〜”の壁に阻まれてお茶屋遊びができない鬼塚クンが考えたのは
ラーメンのヒット商品を作り出すのですけど、”あんさんのラーメン”は結構説得力ありましたね。
本当に売れるんじゃないかしら?
麺とスープは100円でメンマが10円、チャーシューが70円、野菜が50円・・。
何か楽しそうです。
どんな不純?な動機であれ、自分の欲のために仕事をがんばる・・
これも最高ですね!
こんな社員が増えてくれたら世の中明るくなりそうです。


まあその後はちょと現実ばなれした展開になっていくのですが、それもこれも許せます。

クドカンさんが現地に行かず、ネットと”るるぶ”だけで書かれただけあって
全体的にこれってヴァーチャルな京都・お茶屋・舞妓なのですね
スピーディでダイナミックでエンタメ度も抜群!!。
とってもナンセンスである一方で正しいお茶屋の遊び方や業界基礎知識のさわりもあったりして
なかなか勉強にもなりました。
みんなが日本の伝統文化を見直すいい機会にもなりそうです。





*舞妓さんは東京など関東地域でいう”半玉”又は”おしゃく”に相当します。
古くは『舞子』と書き、お座敷に上がり接客作法を学び、芸能など修業して一人前の
芸妓に成長していきます。
衣装はかならず肩上げのついた振袖の着物を着て、ぽっくりの下駄にだらりの帯、という派手な格好も
あるせいで、現在ではむしろ芸妓さんよりも舞妓のほうが上方花街の代表的存在であるようです。

*京都には現在、「祇園甲部」「先斗町(ぽんとちょう)」「上七軒(かみしちけん)」
「宮川町」「祇園東」の五つの花街があります。
映画の冒頭にどこの花街か?ともめるシーンがありましたね。
そしてラストに出てきた〜〜をどりはそれぞれの花街の舞妓・芸妓が総出演して日頃の芸の
研さんぶりを披露します。
京都の春を代表するイベントの一つで、「都をどり」とか「北野をどり」などあります。


*頭の花かんざしがあまりに素敵でずっと気になっていたのですが、これって1月から12月まで
毎月変わるそうです。例えば4月はサクラ・・などとなっているそう。


監督:水田伸生
脚本:宮藤官九郎
音楽:岩代太郎
出演:阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、小出早織、京野ことみ、酒井若菜、キムラ緑子、大倉孝二、生瀬勝久、山田孝之、須賀健太、Mr.オクレ、日村勇紀、北村一輝、植木等、木場勝己、真矢みき、吉行和子、伊東四朗

この記事に

閉じる コメント(38)

私もとっても楽しめましたねっ!!
チャットケンカだと思ってたけど、チャットバトルなんですね(爆)あはは…。
かんざしにいろいろあるなんて全然知りませんでしたよ!!柴咲コウさんはとても綺麗で素敵なかんざし似合ってましたね〜。

2007/7/1(日) 午前 2:17 まい 返信する

本当に知らないことがたくさんありました!お茶屋さんて名前では知っているものの知ってる人で行ったことがある人なんている訳もなく、こんなしきたりがあるんだな〜って思っちゃいました!クドカン面白いところに目をつけましたね!
TBお返しします!

2007/7/1(日) 午前 10:37 MINA 返信する

みましたよ。舞妓haaaan!!!。公開日にね。リピーターになりたいくらい好きです。舞妓はん

2007/7/1(日) 午後 1:55 [ ちほ ] 返信する

顔アイコン

まいさん。チャットバトルは真剣だけど、ユーモアがあって
とっても笑えました〜
かんざしに季節の意味があるなんて日本文化の深さゆえ。
柴咲コウさんとてもお似合いでしたね〜

2007/7/1(日) 午後 5:24 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

MINAさん。まったくそうです!!実際お茶屋さんを知っている人って
少ないですから、こうして見せてもらえたこと自体がすごいです。
日本の文化って知らないことだらけだわ。
しかもなんていったっておもしろい!!

2007/7/1(日) 午後 5:26 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

チホさん。ほんと私ももう一度見たい!!
夜の花街の風景のしっとりとしていて素敵でした。
歩いてみたくなります。

2007/7/1(日) 午後 5:28 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

やっと観てきました!面白かったですね〜♪
カルちゃんが絶賛されていたので「では!」と私も腰を上げたのですが(笑)、おっしゃるとおり本当にエンタメとして楽しめました。
阿部サダヲは昔から上手いバイプレイヤーだと思ってましたが、本当に多才で凄いですね!クドカンワールドには欠かせない人ですよね〜
TBさせてくださいね♪

2007/7/17(火) 午後 8:29 choro 返信する

顔アイコン

この映画は初日に観ました。展開が早くて飽きさせず、そして笑えました。記事TBさせてくださいね。

2007/7/21(土) 午後 7:46 mossan 返信する

顔アイコン

真矢みき、脚があがってましたね〜(笑)久し振りに劇場で大笑いしました!TBさせてくださいm(_ _)m

2007/7/27(金) 午後 7:29 [ - ] 返信する

顔アイコン

Choroさん。これは最初私も見ようかどうか迷ったのですが、
ただのおバカ映画ではなくて、素晴らしいエンタメでした。
頑張ればできる・・というメッセージもいいですよね。
私も阿部サダヲさんは初めてでしたが、いいわ〜

2007/7/28(土) 午前 6:36 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

mossanさん。ほんと展開が速くて、うまくて、息を飲む間も
ありませんでした。
最高のエンタメですね。

2007/7/28(土) 午前 6:37 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

yaskazさん。美しい真矢さんの踊り?も見られました。
これほど楽しい映画もなかなかありません。
TBありがとうございます。

2007/7/28(土) 午前 6:38 car*ou*he*ak 返信する

私も最初の書き込み?チャット?から大爆笑。観る予定の無かった映画だったのですが、周りの評判が良かったので観てみたら、もうクドカンワールド炸裂であっという間の上映時間でした。邦画もいいな、って最近思っています(^o^)TBさせてもらいますね♪

2007/8/27(月) 午前 9:33 [ - ] 返信する

顔アイコン

SHIMAさん。これには私、ホント参りました〜
クドカンワールドに馴染みもなかったのですが、いいんですね〜
ファンになりそうだわ。

2007/8/27(月) 午前 11:56 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

こんばんわ。TBありがとうございま〜〜す。
ホンと楽しい映画でした。やっぱ、クドカンだわって。あの、地味な外見にどれだけの才能が詰まっているのでしょうか?地味は失礼ですかね・・でも、ねっ。

2008/4/22(火) 午後 9:11 syarara♪ 返信する

顔アイコン

dimpleさん。わかります!確かに見た目は地味です!
ほんとどうして彼のこんなすごいおもしろいことが詰まっているのでしょうね。

2008/4/22(火) 午後 9:59 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

「キサラギ」とは正反対の作品でしたが、これもまた相当に面白い作品でした!
このおバカさ加減や、急に唄い踊り出すミュージカル仕立てだったり!さすがクドカンです♪
阿部サダオのハイテンションも良かったですが、植木等のシーンではシンミリでしたね〜

2008/8/31(日) 午後 11:35 やっくん 返信する

顔アイコン

楽しい映画でした。阿部サダヲの熱演と駒子役の小出早織の舞妓、とても良かったです^^昨年京都観光をしたのもありますが、プロの舞妓さんの接待を一度でいいから受けてみたいと思いました^^TBしていきますね

2009/6/20(土) 午後 6:17 ディンドン 返信する

顔アイコン

やっくんさん。そうですね。”キサラギ#とは反対。
でもこのバカバカしさがたまりません。
なんだかわからないけれどとても惹かれる作品です。

2009/6/20(土) 午後 6:40 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

dingdungさん。ほんとこういうのって楽しいですよね。
去年京都観光されたのですか。それならなおさらこの世界が
身近に感じられたことでしょう。
ほんと。女性でもホンモノの舞妓さんの芸を見てみたいです。

2009/6/20(土) 午後 6:42 car*ou*he*ak 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(27)


.


みんなの更新記事