Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

*悪人*

イメージ 1
長崎在住の清水祐一は、博多で働く石橋佳乃と待ち合わせをしていた。しかし、待ち合わせ場所で佳乃は他の男の車に乗って行ってしまった。佳乃を追いかけた祐一は、福岡県の三瀬峠で彼女を殺してしまう。その後、長崎でいつも通りの日常を送っていた祐一は、以前出会い系サイトでメールをやりとりしていた馬込光代という女性と会うことに。ホテルでお互いを求めあった後で、祐一は光代に佳乃を殺したことを告白するのだが…。  gooより
 
吉田修一のベストセラー小説を『フラガール』の李相日監督が映画化。
 
映画館でもし殺人犯が隣の席に座っていたら・・
きっと怖くて逃げ出したくなるでしょう。
殺人を犯した人は理由がどうであろうと100%悪い人のレッテルを貼られます。
でも本当に彼らは悪人か?
ということは今までにもたくさんの映画や本で語られてきましたが
これはそれを真っ向から描いたものでした。
 
冒頭、佳乃と待ち合わせをしていたのにその目の前で彼女は別の男性のクルマに乗って
去って行ってしまいます。
翌日、佳乃の死体が三瀬峠で見つかり・・
 
トシを重ねていくと人間性や知性がその人を測るメジャーとなってきますが
若いころってそうではありません。
まずはルックス。家柄とか親の財力。そして仕事。
佳乃に憧れられていた男性は湯布院の老舗旅館の息子でイケメンだったので
彼女の地位は彼にとって低いものでした。
その佳乃に憧れる祐一はまたその下。
そんな”格付けされた人間関係”のもつれから殺人事件は起こってしまいました。
 
一方、祐一は出会い系サイトで出会った光代とデートします。
金髪で若い祐一を見て光代は尻込みするのですが半ば強引に・・
最初このふたりってなんだか合わない気がしましたが似てるところがありました。
 
ふたりとも共通しているのは生まれた時から今まで住む場所が変わっていないこと。
光代は国道をちょっと入ったところの学校に行き、今は道沿いの紳士服店で働いています。
”国道を行ったり来たりしてるだけ”
それに対して祐一は
”行き止まりの海”の近くに住んでいました。
長崎の漁村で解体業を営む叔父の手伝いとしてるのですが、ずっとそこで暮らしています。
しかもご両親とではなく祖母、祖父とで、老いたふたりの面倒を見ながら黙々と働く生活。
叔父さんにメシ、風呂、そして寝るだけか・・と憐れむように言われてました。
 
そう・・ふたりはとても孤独。
淡々と日々の義務は果たし、生活しているものの、これといって楽しいこともありませんでした。
 
ところが殺人の告白をされてからお互いを求める気持ちが高まり、愛へと・・
普通殺人犯と逃走するなんてこと誰もしようとはしません。
でも彼女には”探していた彼を見つけた”という思いが強くこれはプライドに近いものでもありました。
そして逃亡生活は続き・・
 
 
この映画がすごいのはご両親はじめ周辺のみんなの気持ちが丁寧に描かれているところです。
特に祐一の祖母は石のような堅い気持ちで彼を信じていて
過激な取材にもメゲないし、詐欺師のような人たちに真っ向から向かっていきます。
彼女が首に巻いているスカーフがその意志の強さを表していました。
また被害者のお父さんも近いものがあり、娘を殺されたどこにも持って行き場のない気持ちの
表現が素晴らしかったです。
 
先週、映像監督の種田陽平さん  に関する新聞記事を読んだので美術のことも注意して、見ました。
なるほど。ラストの灯台のシーンは私の大好きなフランス映画『冒険者たち』の島のシーンを
イメージしながら作られたそうですが、岬の突端にある灯台は追いつめられたふたりの心情を
とてもよく表していました。
また殺された女子大生のご両親が訪れる理髪店のセットではカーテンやタイルなどを青に、
椅子だけを真っ赤にしたそうですが、それもやり過ぎることなく印象的でした。
 
監督・脚本:李相日
原作・脚本:吉田修一
美術監督:種田陽平
キャスト:
妻夫木聡 深津絵里 岡田将生 満島ひかり 樹木希林 柄本明
 

この記事に

閉じる コメント(56)

観ました
そして記事書きました
TBお願いします

関係ないけど
CartoucheさんB型なんすね
俺はO型で
気が合うハズです(笑)

2010/9/28(火) 午前 0:43 [ HK ] 返信する

顔アイコン

HKさん。この作品ってすっごく良く出来てるし、感動もしました。
みなさんの評価もかなりいいです。
でも私何か違和感感じていたのですが、HKさんの記事読んで
わかりました。
よく出来すぎなんですね。
はは。B型とO型ならではの感性の一致でした。

2010/9/28(火) 午後 3:17 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

主人公たちふたりの周りの人々の気持ちの描き込み方は丁寧でしたね。しかも中途半端に感情移入させないようにところどころ仕掛けをしてある工夫もみてとれました。種田陽平さんの美術セットの話はなるほどと思いました。TBおかえししておきますね。

2010/9/29(水) 午前 5:43 ヒッチさん 返信する

顔アイコン

ヒッチさん。主人公だけでなく被害者、加害者の家族の描き方が
丁寧で、彼らの感情がとてもよく伝わってきましたね。
種田さんのセット。注意して見ましたがなるほど〜。
さりげないけれど、たくさんの努力があって素敵な映画に
なっているのですね。

2010/9/29(水) 午前 8:50 car*ou*he*ak 返信する

最初に予告を見たときからすごく泣けそうな映画だなぁーと思ってたのですが、予想どおりでした。
みなさんのコメント読んでると1本の作品なのに注目している点はそれぞれ。(私にとってはツマブキくんとフカツさんの叶わぬ恋の映画でしたが。)
それくらい見応えがあり、いろんな視点や作り手さんのいろいろな思いがこもった映画なんですね〜

2010/10/6(水) 午後 10:47 rucola 返信する

顔アイコン

ルッコラさん。そうですね。これはメインはふたりの恋ですが
被害者と加害者の親や他に出てくるもっと悪人とか
色々考えさせられる作品でした。

2010/10/6(水) 午後 11:33 car*ou*he*ak 返信する

アバター

新聞連載時に毎日あのえぐい上手い絵と共に毎日引き込まれて読んでいました。映画も行きたかったのですが母や観劇の事で忙しく逃してしまいました御紹介ありがとうございます。ポチ☆
六月に五年ぶりに海外に行きました。やっと記事が全部出来ました。フジタのパリ郊外のアトリエやランスの礼拝堂、メッスのシャガール、コクトーのステンド、ロダン美術館の薔薇、ライレローズ、バガテルなどです。

2010/11/20(土) 午前 11:07 hitomi 返信する

顔アイコン

これは見ごたえがあり、語りがいのある作品ですね。
見た後に人と自分の想いを話し合うのにふさわしい題材ですね。
TBさせてください!

2010/12/11(土) 午後 3:13 かず 返信する

顔アイコン

hitomiさん。新聞に掲載されていたのですね。
観劇もいいですね〜
ああ・フランス。いいな〜!フジタのアトリエにもいらしたのですね
ロダン美術館のバラの庭園は素晴らしいですよね。

2010/12/11(土) 午後 9:48 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

かずさん。そうですね。後の時代になっても残る作品でしょう。
一体誰が悪人かを考えさせてくれました。

2010/12/11(土) 午後 9:49 car*ou*he*ak 返信する

今頃、やっと観てきました〜^^;
「悪人」って?、語れる熟語です。。
が、本もあるのに、そちらは手つかずです(笑)
ブッキーにやられましたので(殴!)、ラブストーリーでしたが(^^ゞ
丁寧に作られて、見応えある作品でした!今頃でも、見て良かったです。
TBさせて下さいね〜♪

2010/12/19(日) 午後 9:45 ふぇい 返信する

顔アイコン

フェイさん。今頃でもいいと思います。
映画館で見られて良かったですね〜
これは好みではないのですが今年の邦画でトップクラスに
なることでしょう。

2010/12/20(月) 午後 10:54 car*ou*he*ak 返信する

日本アカデミー賞のおかげか、再上映されてたので行ってきました。
祐一と光代のことが軸となってますが、加害者や被害者、その周囲の人々・・・等色々な人を通して描いてあるのがすごい良かったですね。
妻夫木聡さん、深津絵里さん、柄本明さん、樹木希林さんらの演技も申し分なく、観にいってよかったです。
TBさせてください。

2011/2/24(木) 午後 11:13 daisygips 返信する

顔アイコン

デイジーさん。あ。受賞したおかげで再上映されていたのですね。
そうそう。ふたりのことだけでなく、周りの人たちのことも
とても丁寧に描かれていたのが良かったですね。
脇を固めたベテランさんたちの力も大きいです。

2011/2/24(木) 午後 11:29 car*ou*he*ak 返信する

遅ればせながら観てきました。
すばらしかったです。美術、種田さんだったんですね。
なるほど!色使いが良かったです。
青、赤、を意識して、洋服、灯台のシーン、どれも効果的でした。
内容はみなさん述べている通り、ほんとキメ細やかですばらしかった!TBさせてくださいね!

2011/2/28(月) 午前 8:08 iruka 返信する

顔アイコン

IRUKAさん。そうですね。これはとても丁寧にみんなの心の
中が描かれていて素晴らしかったです。
私は何よりもこの”美術”が気になりました。
種田さんのセンスってバツグンですね。

2011/2/28(月) 午後 9:07 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

そうそう、心理描写がほんと丁寧でしたよね。 また演出に味があるというか。
キャストの演技の質の高さも相まって、ほんと素晴らしい作品に仕上がっていましたね。
観てよかったです。 TB、させてくださいね。^^

2011/6/2(木) 午後 11:08 サムソン 返信する

ほとんどノーメイクの深津絵里に女優魂を見ました!
妻夫木くん、柄本明、樹木希林の演技も素晴らしかったです♪
また、何より吉田修一さんの原作自体に力がありましたね。

2011/11/23(水) 午後 10:44 やっくん 返信する

顔アイコン

サムソンさん。心理描写が巧みで彼らの気持ちが
ひしひしと伝わってきますよね。
素晴らしい作品でした。

2011/11/24(木) 午後 11:22 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

やっくんさん。あ・そうそう。ノーメイクのようでしたね。
そうですね。原作そのものに力がありました。

2011/11/24(木) 午後 11:23 car*ou*he*ak 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(46)


.


みんなの更新記事