Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
2003年。ハーバード大学2年生のマーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、高校時代から腕利きのハッカーだったが、人付き合いに関してはおくてで、今もガールフレンドのエリカ(ルーニー・マーラ)を怒らせ別れてきたところだ。寮の自室に戻り、やけでビールを飲みブログに彼女の悪口を書いていたが、やがてハーバード中の寮の名簿をハッキング、女子学生たちの写真を並べてランク付けするサイト作りに没頭していた。このサイト“フェイスマッシュ”はたった2時間で22,000アクセスに達し、マークの名前はハーバード中に知れ渡る。これが利用者全世界5億人以上のSNS“フェイスブック”の始まりであった……。                         gooより
 
フェイスブックの創業者、マーク・ザッカーバーグがフェイスブックを作りだす過程を描いた。
 
アメリカの新聞の担当者とうならせ、興行的にも1位を記録し続けた作品。
確かに見ごたえありました。
ただ日本の、一般の人がいきなり見るとどうかな・
コンピューター用語をある程度知ってないとわからない部分もあるし、全体に意外と地味です。
 
冒頭、街の全体の様子とか映し出されるのが普通ですが、いきなりマークとエリカの話から始まります。
それもかなりの早口で、ほぼ一方的に、たたみかけるように話すマイク。
特にボート部の話になるとそれは加速気味でエリカの言うことにつっかり始め、ついに
彼女を怒らせてしまいます。
これエリカちゃんのみならず、誰でもむっときますよね。
 
ふてくされて寮に帰るのですが、思い出されるのはエリカのことばかり。
確かに彼女は知的だし、かわいいのです。
その腹いせにブログに彼女の悪口を書き、そのうえ、女子学生の写真を2枚並べて
”どっちがイケてるか?”
シリーズを作ってしまいました。
 
もう〜この時点では何て人なのよ・・って思います。
でも話が進むうち、この冒頭のことは彼の深い深いコンプレックスからきていたことに気づき始めます。
マイクは優秀だからハーバードに入れましたが、仲間は由緒正しき家柄で、しかも頭が良くて
スポーツ万能。というまさに世界中の頂点のような人たちだったのです。
その見本のような人がボート部の双子のウィンクルボス兄弟でした。
 
しかし・・ファイナルクラブについてはなんとなくは知っていたものの、こんなに厳しいとは
思いませんでしたしい8つもあるとは・・差別社会そのものなのですね。
この頃になってくると生意気なマイクにちょっと同情したくなってきます。
 
それは後半になってくると、東海岸対西海岸とも言えるし、ハーバード対スタンフォードでもありました
300年以上の伝統を誇り、何よりも秩序を重んじるハーバードと東海岸。
でも新しいビジネスには厳しく、共同創業者&CFO、エドゥアルドがスポンサーを探しても
結局は見つかりませんでした。
ところが西海岸に飛んだマークはそこで自由な風を吸い始めます。
シリコンバレーがあってアップルもGoogleもYahoo!もみんなここが拠点です。
 
どんなに優秀でもファイナルクラブ、ポーセリアンに入ることはできません。
でも西海岸では成功しさえすれば、セレブになれるのです。
それを教えてくれたのは19歳で“ナップスター”を作ったショーン・パーカーでした。
 
ここのところアメリカの歴史の番組を見ているので、マークのフロンティア精神は開拓者から
続いてきたこともわかるし、東海岸と西海岸の人たちの考えの違いも明確になってきました。
 
ところで後半コンピューター用語に加え、ビジネス用語の知識もちょっと必要になってきます。
抑えておきたいのは、ベンチャー・キャピタルのこと。
これはベンチャー企業に投資を行う投資会社のことで、まだ上場してないけれど将来性が見込まれる
会社を上場させて利益を出す会社です。
マネーゲームのひとつではあるものの、やはりこういうシステムがないと新しい会社が育たないのですよね。
共同創業者&CFO、エドゥアルドが東海岸でいくらスポンサーを探しても結局は見つかりませんでしたが
フェイスブックもこれを受けたので資金調達ができました。
 
ただ気をつけなくてはいけないのがこの際発生する稀薄化で、増資によって創業者たちの
株式の保有率がが〜んと下がってしまうことがあります。
だからラストのエドゥアルドの怒りになってしまったのでした。
 
まあちょっとむずかしいとところはありますが、見終わって感じたのはマイクの更なる孤独と
創業者とか大きな会社のCEOの哀しみと苦悩です。
ビジネスの上では友人を裏切らなければならないこともあるし、会社はどんどんと
彼の手から離れていってしまいます。
多分フェイスブックを作ったのは、学生生活で実際阻害されたからネット上ではヒーローに
なってやるぞということと、みんなとつながりたいがため
そしてSNSをプログラミングを作り、参加人数が増える楽しさだったのでしょう。
それが思わぬところにきてしまって・・
 
最初はなんて生意気でヘンな人・・と思ったマークですがそんなに悪い人ではないのですよね。
ラストの彼の表情がとても印象的でした。
この作品どうしてアメリカで好評価なのか日本人にはわかりにくいですが、
東海岸が主導であることにギモンを感じてるアメリカ人にとって、彼はヒーローなのでしょう。
 
 
**デヴィッド・フィンチャー(1962年 - )**
マドンナ、ジョージ・マイケル、エアロスミス、ローリング・ストーンズなどの
ミュージックビデオや、数多くのCMを手掛けました。

『エイリアン3』 Alien³(1992年)
『セブン』 Se7en(1995年)
『ゲーム』 The Game(1997年)
『ファイト・クラブ』 Fight Club(1999年)
『パニック・ルーム』 Panic Room(2002年)
ゾディアック』 Zodiac(2007年)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 The Curious Case of Benjamin Button(2008年)
『ソーシャル・ネットワーク』 The Social Network(2010年)

 
監督 デヴィッド・フィンチャー 
脚本 アーロン・ソーキン 
原作 ベン・メズリック 
撮影監督 ジェフ・クローネンウェス 
美術監督 ドナルド・グラハム・バード 
音楽 トレント・レズナー
ジェシー・アイゼンバーグ (Mark Zuckerberg)
アンドリュー・ガーフィールド (Eduardo Saverin)
ジャスティン・ティンバーレイク (Sean Parker)
アーミー・ハマー (Cameron Winklevoss)
マックス・ミンゲラ (Divya Narendra)

 
 
 

この記事に

閉じる コメント(80)

マーク、私もそんなに悪い人とは思えなかったですね。
冒頭はすごくイヤなヤツでしたが。
資金調達について疑問が残ってましたが
>ベンチャー・キャピタル
なるほど!勉強になりました。ポチ☆
トラバさせてくださいね!

2011/2/1(火) 午後 11:44 iruka 返信する

顔アイコン

irukaさん。そうですね。悪い人ではなかったですが
人間関係をうまく結べない人でした。
ベンチャー・キャピタルはいい会社を応援できるけれど
一方でマネーゲームでもありますね。
むずかしいところです。

2011/2/2(水) 午前 9:58 car*ou*he*ak 返信する

ファーストシーンの、エリカとの会話で、友達にはなりたくない
タイプの人だと思いました。彼の人物を、数分で観客に理解できる
素晴らしいシーンでもありますけど。

2011/2/10(木) 午前 10:16 [ ティルク ] 返信する

顔アイコン

ティルクさん。そうですね。個人的にはお友達になりたくなりです(笑)。でもそういう彼がイマドキでもあるのかもしれませんね。

2011/2/11(金) 午前 10:31 car*ou*he*ak 返信する

彼氏だとムリだけど、友達としてだったら早口の天才オタクは嫌いじゃないです〜
Facebook登録しようと思いましたが、周りで誰もやってなかった…YahooブログとTwitterで充分…^_^;
TBさせて頂きました↓

2011/2/12(土) 午前 10:56 沙粧 返信する

顔アイコン

ユメさん。あはは。。彼氏はムリですよね〜
そうですか早口の天才はいいのですね。
私は1週間ほど前にFB始めましたが、別に更新しなくてもいいので
ラクです。

2011/2/12(土) 午後 0:23 car*ou*he*ak 返信する

遅ればせながら観ました!cartoucheさんのレビュー、東海岸 VS 西海岸、なるほどと思いました。近い趣旨のレビュー書きましたので、TBさせてください。

2011/2/14(月) 午後 9:57 suzushim 返信する

顔アイコン

suzushinさん。そうそう、そうなんです。
これは現在のWASPが君臨する社会に立ち向かっていった若者の
物語とも言えますよね。
そこまで考えるととっても面白いです。

2011/2/14(月) 午後 11:53 car*ou*he*ak 返信する

男尊女卑でコミュニケーション能力がないマーク。
でも、コンピュータでは、秀才でした。
どうしても、会社が大きくなると、権力争いはつきもの。
マークは、純粋にFacebookを拡大したいだけだったのに、それに伴い資金も必要。
理想通りには行かないものですね。。。
でも、弁護士の判断は良いと思いましたね。
彼らの影響がなかった訳ではないし、資金的に無理でもない。
遺恨を残さないほうがよかったでしょうから・・・・。

2011/2/18(金) 午前 1:53 sei 返信する

顔アイコン

seiさん。そうですね。男尊女卑的なところもありました。
・・があの彼女のことをずっと思っていたりもしますよね。
会社が大きくなるって大変なこと。
私も結局弁護士さんは正しかったと思います。

2011/2/18(金) 午前 8:50 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

そもそもフェイスブック自体に関心がなく、
この映画もあまり関心がありませんでしたが、
アカデミー賞で「英国王のスピーチ」と一騎打ちか?と騒がれていたので
両方をハシゴして見てきました。
映画としては「英国王のスピーチ」のほうがはるかに上だと思いましたが、
題材はともかくとして、饒舌で、時間軸も空間軸もスピーディーに移り変わる手法は
実に素晴らしいなあと思いました。
アカデミー賞はちょっと違うんじゃないの?とは思いますが、
賞うんぬんは別として、見てよかったと思います。

2011/3/5(土) 午前 0:01 鉄平ちゃん 返信する

顔アイコン

鉄平ちゃんさん。
日本人はFBに抵抗がある人が多いですね。
でも創始者の悩みとか孤独感が伝わってくるいい映画でした。
そうですね。スピーディーで新しい映画の手法でしたね。
これは見る価値ある映画でした。

2011/3/5(土) 午後 10:47 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

彼を一番捉えているシーンでしたね。
ショーレースをたくさん繰り広げていたけど、やっぱりタイムリーな自国の話題だからだっていう感がありますね。
TBさせてください!

2011/4/14(木) 午後 9:57 かず 返信する

顔アイコン

かずさん。そうですね。これはやはり旬な映画でした。
アカデミー残念でしたね。

2011/4/18(月) 午後 10:33 car*ou*he*ak 返信する

私のような凡人には理解しにくいストーリーでしたけど天才は天才なりの苦悩が描かれていて面白かったです。
TBさせてくださいね♪

2011/4/24(日) 午後 0:47 marr 返信する

顔アイコン

marrさん。そうですね。天才というのは私たちには
理解できないものです。
でも映画として面白かったですね。

2011/4/29(金) 午前 10:00 car*ou*he*ak 返信する

DVD鑑賞になってしまったのですが、未だアップ出来てません。
天才というかIQが高い人って、凄いのだけれど近くにいたら?!*みたいな・・・
アップ出来た暁には、再度お邪魔いたします!(ペコリ)

2011/6/10(金) 午後 7:22 アンダンテ 返信する

顔アイコン

アンダンテさん。これ記事にしにくいのってすごくわかります。
あはは・・そうですよね。
近くにいたら・・ですよね。

2011/6/10(金) 午後 8:33 car*ou*he*ak 返信する

結局、大したことは書けませんでしたがアップしました。コンピューターの事、アメリカ社会の事、図抜けて頭の良い人々の事、どれとも縁がないせいかな〜。
TBさせてくださいね。

2011/6/17(金) 午前 9:28 アンダンテ 返信する

顔アイコン

アンダンテさん。そうですね。アメリカ社会や
ビジネスのことがわからないと理解しにくいですよね。
地味な作品でした。

2011/6/18(土) 午後 6:08 car*ou*he*ak 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(63)


.


みんなの更新記事