Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
雄大な南アルプスの麓にある長野県大鹿村でシカ料理店を営む初老の男・風祭善(原田芳雄)は、300年以上の歴史を持つ村歌舞伎の花形役者。ひとたび舞台に立てば、見物の声援を一身にあびる存在である。だが実生活では女房に逃げられ、あわれ独り身をかこっていた。そんなある日、公演を5日後に控えた折も折、18年前に駆け落ちした妻・貴子(大楠道代)と幼なじみの治(岸部一徳)が帰ってくる。 gooより
南アルプスの懐に抱かれた山村・大鹿村で、300年以上受け継がれてきた村歌舞伎を背景に、
日本映画界が誇る名優たちが繰り広げる、人間味あふれる群像喜劇。
主演を務めた原田芳雄が、「自分の原点を確認するためにどうしてもやっておきたい」と切望した作品
 
原田芳雄さんの遺作となってしまいました。
映画の中ではすこぶるお元気そうなのに、舞台あいさつを拝見したときには絶句。
そしてきのう訃報が・・
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
 
 
大鹿村のシカ料理店にアルバイトがしたくてやってくる若者が訪ねるところから始まります。
そのお店はカッコいいような散らかってて普通の家みたいな・・
でもなんとも心地よさそうなところ。
このアルバイトくんもいわくアリなんですが、ここで働くことになります。
 
そこにバスから降り立ったのは、18年前に駆け落ちした奥さんとその相手でした。
そんな・・
帰ってくるなんてこと自体図々しいのに、脳の病気を患った奥さんを”返す”だなんて。
モノじゃないんですから。
 
ところがご主人の風祭善ったら最初はその相手である治とケンカしたものの
え?っていうほどあっさりとこの状況を受け容れます。
しかもすたすたと元の家に戻って彼の布団敷いてる貴子にぐっときちゃってるわ、
相手の治にきょうのところは泊まっていけなんて言うわ。
もう〜びっくり。
ふたりのしたことは許せないものの、未だ個別にふたりのことを愛しているのですね。
”治ちゃん”っていう言い方でそれがわかりました。
 
まあそんなことがあったので恒例の歌舞伎をとりやめようかとするのですが、
仲間たちはやるよう支援し・・
 
私、実は邦画にありがちな妙な人の善さってあまり好きではないのですが、
これは原田さんのことが重なって涙・・
また設定自体がかなりきわどいものなので、説得力がありました。
風祭善は決して弱さからこの事態を受け容れたのではありません。
大きな大きな包容力から赦したのですね。
なんて素晴らしいの!
 
 
 
ところで映画も良かったのですが、すご〜く気になったのが、この村歌舞伎
実際に行われてるものであることです。
<この地方では民俗芸能の宝庫と言われるほど、多くの祭りを伝え、歌舞伎・人形芝居などが
盛んな地域であり、各地に舞台も多く建てられ、三味線を弾き、浄瑠璃を語る人々も多かったと
いわれています。
境内にゴザを敷き、ご馳走を食べ、酒を酌み交わしながら芝居を楽しむ。
舞台と客席が一体となり、地芝居の何ともいえない魅力が生まれます。
芸能の原点である「心と心が触れ合う場」を生み出す大鹿歌舞伎の舞台には、熱く、
豊かな地芝居のいのちが脈々と息づいています。
 幕末から明治にかけて村内に点在する神社やお堂の境内13カ所に芝居専用の舞台が、
神社の前宮などの名で建てられたという記録があり、現在は7つの舞台が残っています。
 
ほ〜そうなんですか!
こういう文化って素晴らしいですね!!
きのうたまたまヴァイオリニストの葉加瀬太郎さんがアイルランドにフィドルというヴァイオリンの
原点みたいな楽器とその楽団を訪ねるという番組を見ました。
みなさん、農夫さんだったり技術者さんだったりと普通に職業があり、特に農閑期など
時間があるときフィドルやその他の楽器を練習して、それをパブでお披露目するというものでした。
それがスゴイことに世界的に有名でもあり、タラ・ケーリーバンドとして知られているのですが、
みなさんあくまでも普通のお仕事が主。
これは楽しみなんですね。
 
この村歌舞伎もそれと同じ。
みなさんいつもは他に職業がありますがこの時期だけお芝居に没頭します。
役者さんだけでなく、裏方も村の人が勤め、そして村人一同、いえ近県からも来るのでしょうか
観客ともども楽しむ
なんて素敵なんでしょう!!
ほとんどの方たちが高齢者ですが、みなさん生き生きとしていました。
これって今の高齢化社会である日本に大切なことかもしれませんね。
 
 
監督 阪本順治 
企画 阪本順治 
脚本 阪本順治
荒井晴彦 
主題曲/主題歌 忌野清志郎 

原田芳雄 (風祭善)
大楠道代 (風祭貴子)
岸部一徳 (能村治)
佐藤浩市 (越田一平)
松たか子 (織井美江)
瑛太 (柴山寛治)
石橋蓮司 (重田権三)
三國連太郎 (津田義一)
 
 

この記事に

閉じる コメント(35)

久しぶりに邦画の素晴らしさを観させてもらったと思わせてもらえた作品だったのに原田さんが亡くなったニュースを聞いた時はショックでした。どうにかこの作品はやり遂げることができただけでも本望だったことでしょう。トラバさせてくださいね。

2011/7/21(木) 午後 11:35 いっちー 返信する

なるほど。かなり良さそうな映画ですね。観てみたいです。日本で暮らしていたとき田舎暮らしをしていたので、この雰囲気は良く分かりますよ・・・(^^)

2011/7/22(金) 午前 9:42 NZ_RR 返信する

流石に丁寧な記事です。…自分のザックリ記事を反省中(^^ゞ(^^ゞ

村歌舞伎や佐渡の能とか、農民の娯楽としての歴史は古いですよね。
弾圧されても色んな名目で戦後もすぐに復活。それだけでもパワーを感じます。

ぁ、映画映画〜(笑)、もう最高に可笑しかったデス^^♪
原田さん、ご病気とは思えなくて、、何気ないしぐさも決まってましたv
あのファッションがあんなに似合うなんて…オトコって感じですよね
悔やまれますが…キッチリ舞台挨拶され、立派な幕引きと思います。

ザックリ記事ですがTBさせて下さいね〜<(_ _)>

2011/7/22(金) 午前 9:56 ふぇい 返信する

やつれた姿での舞台挨拶、其処まではと頑張っていらしたのだな、とヒシヒシと感じました。
骨太で存在感のある役者さんでした。また、お若かったですね。
ご冥福をお祈りします。

2011/7/22(金) 午後 3:38 アンダンテ 返信する

顔アイコン

marrさん。そうなのですか
私は70年代の原田さんのご活躍を存じ上げないので
わからないのですが、幅広かったのですね。
そして個性的な役者さんだったのですか
まだ71歳なのに残念です。

2011/7/23(土) 午後 7:46 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

いっちーさん。まさにそうですね。
この作品を遺作とし、みんなに惜しまれてお幸せです。
そうそう。邦画の在り方の原点ってここですよね。

2011/7/23(土) 午後 7:48 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

NZさん。え〜日本で田舎暮らしをされていたのですか
あくまでも自然が大切なのですね。
素敵です。

2011/7/23(土) 午後 7:49 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

フェイさん。ほんと立派な幕引き。
こんなカッコいい最後ってなかなかできないですよね。
残念ですが・・
いえいえフェイさんの記事は端的に書かれていていいと思います。
長ければいいってもんでもありません。

2011/7/23(土) 午後 7:51 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

アンダンテさん。あの舞台挨拶でのお姿はちょっと
痛々しかったです。
残念ですよね・・
でもこんな素敵な最後って羨ましいとみんな思いますね。

2011/7/23(土) 午後 7:52 car*ou*he*ak 返信する

アバター

まるでモノのように返すと言う岸部一徳も憎めないキャラを好演でしたが、
それをなんとなく許してしまう原田芳雄のキャラが、さすがです。
結果的に遺作になってしまったものの、名前の残る最後の作品にふさわしく、
渾身の主演作だと思いました★。

2011/7/25(月) 午前 0:27 ffa**77 返信する

顔アイコン

ふぁろうさん。ほんとモノ返すみたいでしたよね〜
でもあのキャラだと憎めないし、返された方も弱いのではなく
赦してる。こんな風に演じられる人は他にいませんね。

2011/7/25(月) 午前 9:52 car*ou*he*ak 返信する

映画観てきました!原田さんの遺作に相応しい作品だったと思います。村歌舞伎も「生きていて」素敵でした。
TBさせてくださいね。

2011/7/29(金) 午前 11:01 アンダンテ 返信する

顔アイコン

アンダンテさん。村歌舞伎っていいものですよね〜
そして原田さんの最後のお姿がほんとりりしくて、ユーモラスで・・
いい作品でした。

2011/7/29(金) 午後 2:44 car*ou*he*ak 返信する

とってもほっこりした素敵な作品でした。
こういう作品私は結構好きなんですよね〜
遺作って言うと悲しくなりがちですが笑いが沢山あって良かったです。TBお願いします。

2011/8/3(水) 午後 7:29 ひかり 返信する

顔アイコン

ひかりさん。邦画のひとつの持ち味はこういう作品ですよね。
そうそう。遺作ですが、コミカルで明るい。
いい作品でした。

2011/8/3(水) 午後 10:43 car*ou*he*ak 返信する

アバター

名優さんたちの演技が素晴らしかったですね。認知症は見るのが辛いです。
村芝居を題材にしたものは先にNHKドラマ「おシャシャのシャン!」や愛之助孝太郎の「Beauty うつくしいもの」を観ました。川本喜八郎館に行ったとき、地元の人形劇を観ることが出きました。
大鹿村近くの中村農園の青いケシ見学にはうれしかったです。
昨日からあいち国際女性映画祭が始まりました。TBさせてください。

2011/9/8(木) 午前 11:29 hitomi 返信する

顔アイコン

hitomiさん。あいち国際女性映画祭というのがあるのですね。
いいですね。ほんと名優さんたちの競演でもありましたし
立派な遺作でもありました。

2011/9/8(木) 午後 3:29 car*ou*he*ak 返信する

いまだに 原田さんが亡くなったというのが、信じられないような。
新たな代表作が 遺作になってしまうなんて・・哀悼。

2011/9/9(金) 午後 5:20 たんたん 返信する

今頃になってこの記事に気づきました。本当に素晴らしい映画でしたね。TBさせてください。

2011/11/5(土) 午後 7:02 suzushim 返信する

顔アイコン

原田芳雄、いつものように、ほんとかっこよかったです。男っぽく、頑固で、寛大でお茶目な役、この映画がラストフィルムでよかった。TBさせてくださいね。

2011/12/22(木) 午後 11:53 shi_rakansu 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(19)


.


みんなの更新記事