ここから本文です
てきとうな日々
場の量子論に無謀にも独学で(コツコツと)孤独に挑戦中。

書庫全体表示

MPUのアルゴリズムの概要として概ね全体像は次のようなアルゴリズムらしい所までを把握した。3D空間の領域Ω内の離散点群とその各点における法線ベクトルのセットが入力になる。
イメージ 1
 

そして3D空間内においてOctreeで区画を生成して細分化された各区画内でフィッティングする。つまり極力小規模な連立方程式に分解する。
イメージ 2
              イメージ 3
k 番目のセルにおけるローカル形状陰関数を生成(フィッティング)する。
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
MPU法の特徴の一つはそれぞれのセルにフィッティングする曲面の特徴形状を推定してそれぞれに適合するローカル形状陰関数を指定するところにあるようだ。
 
とりあえず大雑把な概要を把握(したつもり)。
次回までにもう少し理解を深めてみる。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事