ここから本文です
ヨンフォアで行く北海道⁉
旧車に乗るのって、けっこうしんどいっすよ…

大文字山




今日の日本列島は高気圧に覆われ、全国的にほぼ快晴の予報。



本来であればバイクでGO!となるところなのだが、お天気がいい分やはり朝のうちの気温はとても低いし、そもそも先週に冬支度を終えているのでなんとなくいまさら感も漂う。



それでも自分ひとりならまだ出動もありなのかもしれないが、今日も例によって下の息子とセットなので、一桁前半の気温の中をバイクで走るなどという苦行を強いるのはさすがにかわいそうだし、そもそもそんな経験をさせたら二度と一緒にバイクで出掛けてくれなくなる可能性もある。



そこで本日は当ブログでは初の試みである、バイクに乗らないお出かけレポート(笑)



まずは京都市営地下鉄の蹴上駅で降りて、ねじりまんぽと呼ばれてるいるレンガ造りのトンネルをくぐる。



イメージ 2



くぐったらすぐに右に折れて、インクラインの横を通って



イメージ 3



1500年以上の歴史があるという日向大神宮に出る。



イメージ 4



正面の石段を登り、左に折れたら登山道のスタート。



イメージ 5



とても歩きやすい人気のコースなので、多くの人とすれ違ったり追い抜かれたりする。



イメージ 6



そして三角点に到着。



イメージ 7



そこから少し下って大文字の火床に出る。



イメージ 9



三角点からも見えるが、やはりここからの景色が最高だ。



イメージ 8



お湯を沸かして昼食を食ったら後は下山するだけ。



イメージ 10



下りた先には超観光名所の銀閣寺(東山慈照寺)があり、その参道は多くの観光客で賑わっている。



真っ直ぐ西に向かい、白川通まで出て振り返ると先程までいた山が見える。



イメージ 1



いや〜久しぶりなので疲れた疲れた!



これから銭湯に行って汗を流してくるとします。




この記事に

冬支度




10月は結構あっちこっち出掛けていたが、気が付けば11月は一度も乗らないまま終わってしまった。



でもその間にも物欲だけは満たすべく、トルクレンチや



イメージ 2



スタッドボルトリムーバーなんかを買ってみたりはしていた。



イメージ 3



まあ私の場合、自分でする整備なんてたかが知れているので、自己満足と言うか宝の持ち腐れなのだが(笑)



さて、さすがに12月に入ると急に冷え込んで来たのだが、今日はまあまあ天気がいいので年内ラストランのつもりで少しだけ走って来た。



イメージ 1



久しぶりなので最初のうちはノリノリだったが、しばらく走っていると当たり前だが寒い。



陽が傾く前には撤収しないと死んでしまいそうなので、GSに行ってガソリンを満タンにする。



さらに自宅に近づいて来たら燃料コックをOFFにして、キャブ内のガソリンを使い切る。



そう、冬籠りの準備という訳だ。



あとはバッテリーチャージャーを繋いで、フル充電になるまで放置。



体の芯まで冷え切ってしまった人間の方は、これから熱燗で回復させる事にしよう。



この記事に

丹後半島一周





ここ最近、平日は快晴で休日はイマイチという非常にストレスの溜まるお天気ローテーションだったが、今日は久しぶりに快晴の休日である。



イメージ 1



実は珍しく家族4人が揃って休みなのだが、単独行動の許可を得て出発することにした。



今日は京都府北部に向かう予定なので、まずは京都縦貫道が開通してからは全然走っていない国道9号線を久しぶりに走る。



別に上を使っても良いのだが、天気もいいしせっかくなのでのんびり下を走って見ようというわけである。



イメージ 2



とりあえず亀岡との境にある老ノ坂を越え、亀岡、八木、園部を通過して、



イメージ 9



さらに観音峠を越えて丹波に入る。



今日は日吉ダムの辺りで「エンジョイライダースミーティング」というイベントがあるので、園部までは非常にたくさんのバイクに遭遇した。



丹波の街中を越えたら国道9号線から国道27号線に入って、綾部安国寺ICで縦貫道に上がる。



イメージ 3



現時点では縦貫道終点の与謝天橋立ICでおりて、



イメージ 4



国道312号線〜国道482号線と走る。



イメージ 5



途中、劇的ビフォーアフターに何度か登場したことがある「だいまるしょうゆ」の前を通ったりして、



イメージ 6



難読地名で有名な間人で国道178号線に合流。



イメージ 7



少し走ると今なお反対運動が根強いアメリカ軍のXバンドレーダー基地がある。



イメージ 8


イメージ 10



そして本日の目的地である、京都府最北端の丹後半島経ヶ岬展望台に到着。



なんかハヤブサの巣があるとかで、超望遠レンズ付カメラを構えた人達がたくさんいた。



トイレを済ませたら出発し、結構シビれるワインディングを走り抜け、舟屋で有名な伊根に。



イメージ 11


イメージ 12



さらに天橋立の両端に立ち寄り、



イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15



帰りは宮津天橋立ICから京都市内まで一直線。



イメージ 16



高速を降りてLINEを確認したら、嫁から「大根買ってきて」やて。



バイクやねんけど…(泣)





この記事に

プチツーリング




なんか、休日の度に天気が微妙で腹立たしい。



しかし暑くも寒くもない、バイクに乗るには最高の季節なのだから、無理矢理にでも出動することにする。



今日は嫁が仕事、上の息子は学校に用事があるとかで、久しぶりに下の息子と2人きりの休日ということになり、北海道以来のタンデムツーリングだ。



まあ、ツーリングと言っても天気もイマイチだし、近場を軽く徘徊する程度なのだが(笑)



まずは京都の市街地の北西に位置する鷹峯からスタート。



イメージ 1



府道31号を北上し、



イメージ 2



京見峠を越えて府道107号に入る。



イメージ 3



道路沿いにはびっしりと北山杉が植林されていて、時々ポツポツと建物がある感じの山道を上ったり下りたりしながら、府道61号を経由して雲ヶ畑地区に出る。



イメージ 4



皇室と縁の深いこの地域も少子高齢化には抗えず、小中学校は既に廃校となったようだ。



そこから府道38号を経て市原辺りで少し休憩を取る。



イメージ 5



自然と温かい飲みもの選んでいる事に気付き、季節の移り変わりを感じる。



さらに府道40号を通って、国道367号に。



イメージ 6



大原〜八瀬を通過して宝ヶ池に到着。



イメージ 7


イメージ 8



あとはここで息子が飽きるまで遊ばせて、その間にブログの更新をして、適当な時間になったら帰宅することにします。




この記事に

ビワイチ




素晴らしい秋晴れのもと、紅葉も少しずつ色づき始めている。



イメージ 18



しかしながら、天気予報によると夕方には雨になるとの事。



こんな日に、モタモタしてなんかいられない!



さっさと身支度して出発だ!



イメージ 2



で、今日走るのは、超お手軽コースの琵琶湖一周。



一周するのだからスタート地点はどこでもいいのだが、湖岸道路の琵琶湖漕艇場から始めることにする。



何も考える必要のないバカみたいな一本道を、何も考えずに走る。



イメージ 3

琵琶湖博物館



イメージ 4

琵琶湖大橋



イメージ 5

長浜港



イメージ 6



木之本で国道8号線に出て、少し走ったら国道303号線に入る。



このまま走っても向こう側に行けるのだが、それでは味気ないので奥琵琶湖パークウェイ方面に寄り道をする。



イメージ 7



確か以前は有料の観光道路だったと思うが、今は無料の県道になっている。



一応、地元の走り屋風の兄ちゃん達もいたが、路面は悪いし、片側交互通行もあったりで、交通量は少ない。



イメージ 8



でも、頂上の展望台付近からの景色は最高である。



コースの大部分が一方通行になっているため、道なりに行こうとすると私の行きたいのとは逆の方へ向かってしまうのでやむを得ず来た道を引き返し、マキノ方面へと向かう。



奥琵琶湖パークウェイをフルコースで楽しみたいのであれば、湖西側からスタートする方がよいと思う。



イメージ 10



山を下りて湖岸に出ると竹生島が見える。



イメージ 9



春になると桜のトンネルになり大渋滞する海津大崎を通過し、



イメージ 11



国道に出てしまうとつまらないので、旧道へ。



イメージ 1



湖岸沿いを走って、一旦は国道161号線に合流し、湖面に鳥居が浮かぶ白髭神社に。



イメージ 12



早く帰りたいならこのままバイパスに上がり、湖西道路に行けばいいのだろうが、あくまでも旧道にこだわる(笑)
 


イメージ 13



それも、さすがに琵琶湖大橋あたりまで。



イメージ 14



この先は国道を走っても忍耐でしかないので、湖西道路に向かう。



イメージ 15



むしろ景色はこっちからの方がいいかも知れない。



そのまま走れば自動的に京都東インター付近に出るので楽勝で帰宅。



ただし、正確に言えば琵琶湖を完全には一周していないのだが(笑)



その後は自宅にバイクを置いて、昼間から開いている居酒屋で家族と待ち合わせ。



イメージ 16



イメージ 17



昼間から飲むお酒はとても美味しく、串カツのほかいろんな料理を堪能して、ツーリングと合わせてたいへんに充実した1日であった(笑)





この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事