こぶ〜がふらふら

いつもご訪問ありがとうございますm(_ _)m

全体表示

[ リスト ]




先日、とある方のブログを読んでいて、改めて気付かされた事があります。

飛行機に搭乗した時、預け荷物に持込制限品が入っていると言われ、カウンタに呼び戻されたという話でした。

飛行機には持ち込み制限品があるというのは何となくは理解していますが、具体的な品目や基準となると知らない事のほうが多いものです。



例えば加熱式のお弁当、機内への持込みも預け荷物にすることも出来ないようです。
イメージ 2

加熱式弁当の加熱ユニットには、条件が揃うと高温を発生する生石灰(酸化カルシウム)が含まれていて、航空輸送制限品に該当するようです。



また、那覇空港には「不発弾の機内持込、お預かりは出来ません」と表示されています。
イメージ 24





「アテンション・プリーズ。本題には、お早く願いまーす。」

イメージ 1

あ、はい。了解です “かあちゃん”




飛行機への持込制限品について、詳しくはこちらを見ていただくとして、

日本航空 「特にお問い合わせの多い危険物の代表例」




今回は、この部分をちょっとだけ調べてみました。

        品目                     条件               数量 持込 預け
イメージ 3
*1 個別に保護とは、購入時の小売容器に収納するか、あるいは端末を絶縁することをいいます。


なお、モバイルバッテリーなどは、上記の表左に「他の電子機器に電力を供給する目的のもの…」とあるように、「充電器という機器」ではなく、全て予備電池としての扱いとなるようです。
なので容量に関係なく預け入れは出来ず、機内持ち込みのみが可能です。



最近は携帯電話やノートPC、デジカメ等々、電気仕掛けの道具を持ち歩くので気になるところです。


はじめに、上の表の一、二段目にありますが、リチウム電池には、使いきりの「リチウム電池(一次電池)」と、充電して繰り返し使える「リチウムイオン電池(二次電池)」の二種類があります。
ここでは双方を区別するため、使いきりを「リチウム一次電池」充電式を「リチウムイオン電池」とします。



で、「リチウム含有量」が問われるのは、使い切りの「リチウム一次電池」のほうです。

まずは、機内持込みも、預けも出来ない「リチウム含有量が2gを超える」電池とはどんなもの?



まわりを見回して、リチウム一次電池を探してみます。

まず思い浮かぶのが、「コイン電池・ボタン電池」と呼ばれる小さなタイプ。
イメージ 4
(写真はアルカリボタン電池だろ〜という突っ込みは、無しでお願いします(^^ゞ


時計や電卓、リモコンや小型の計測器(体温計とか)、LEDライトなど様々なところで使われています。 デジカメやPCなどにも、メモリバックアップ用に内蔵されています。

リチウムコイン電池の値はこの位でした。
イメージ 5
「マクセル コイン型CR電池 製品安全データシート」より

1個あたり、0.009gから0.18g 機器に内蔵されたものは、持込、預けともに問題が無さそうです。
予備のコイン・ボタン電池も、包装されていれば機内持ち込みが出来るようです。




もう少し大きな、円筒形リチウム一次電池もありました。

最近では少なくなりましたが、カメラやワイヤレス機器などに使われています。
イメージ 6

イメージ 7

「東芝 円筒形二酸化マンガンリチウム電池 製品情報データシート」より

フィルムカメラで最も一般的な、CR123Aのリチウム含有量は0.6g、2本をまとめたタイプでも1.2g

リチウム一次電池を使用するカメラ等も、機器に装填されたものは持込み、預けともに可能なようです。 こちらも予備の電池は包装されていれば機内持ち込みが可能なようです。




ちなみに、今回見た中でリチウム含有量が一番多いのは、CR23500SE という製品でした

イメージ 8

イメージ 9

「FDK 二酸化マンガンリチウム一次電池 安全データシート」より

これは何の電池なのだろうと思いましたが、どうやら直径50cm以上の大型掛時計に使われているようです。 なので、大型掛時計を持って飛行機に乗る際には注意が必要です。






「えー、脱線の可能性に備え、シートベルトをお締めください。」

イメージ 10

あ、はい。気をつけます “かあちゃん”




現在の電子機器は、充電式の「リチウムイオン電池」が主流となっています。

こちらも、機内持込みも預けも出来ないワット時定格量が160Wh」を超えるリチウムイオン電池を探してみます。



身近なところでは、

デジカメ用のバッテリ。 下のほうに「3.7V 1,100mAh 4Wh」とあります。
イメージ 11



携帯電話の裏蓋を開けてみました。 こちらには「3.7V 900mAh 3.4Wh」とあります。
イメージ 12



ノートPCのバッテリを外してみました。 「11.1V 4,400mAh 48Wh」とあります。
イメージ 13

電話やカメラと比べると、かなり大きくなりましたが、まだ余裕です。

他にも無いかな?



小型の電動ドライバがありました。 「7.2V 1.5Ah」 あれ? 「Wh」表示がありません…
イメージ 14

そんな時には  V×Ah=Wh  で、概算値が出ます。
なので、この電動ドライバは大体、10.8Whだと分かりました。

電動ドライバは、「工具」なので機内持込み自体が微妙。 本体は預け予備バッテリは機内に持ち込むのが無難でしょうか。


この電動ドライバは小型だけれど、普通の充電式工具のバッテリはもっと大きかったような…


探してみた中で最も大型だったのが、マキタの「36V 2.6Ah」タイプ。 93.6Whです。
イメージ 15
ちなみにこのバッテリ、30,000円位する高価なものです。



次に大きかったのが、「18V 5.0Ah」タイプ。 90Whです。
イメージ 16
このバッテリも、ひとつ16,000円くらいします。




他にも大きいものがあるのかな。


ありました。 業務用ビデオカメラ、こういうやつのバッテリ。
イメージ 22


14.8V 6.6Ah 97.7Wh です。
イメージ 17

この手のものは高価です。 これがひとつ45,000円くらいです。
ついでに上のビデオカメラは、本体だけで500万近くするようです。



ここまでで大体分かったこと。
機内持込みも預けも出来ないワット時定格量が160Wh」を超えるリチウムイオン電池というのはかなり大型なので、大抵のリチウムイオン電池内蔵の機器類は、本体は預けも持込みも可能、予備のバッテリは包装して機内持込みで大丈夫なようです。


リチウムイオン電池には、このような絶縁キャップが付属しています。
これを付けてビニール袋などに入れ、機内に持ち込みます。
イメージ 18


リチウム一次電池やリチウムイオン電池の輸送に制限があるのは、電極がショートして過電流が流れると高温を発生し、火災の原因となる可能性があるからのようです。
なので絶縁はきちんとしておきたいところです。

そういえば就航直後の787のバッテリトラブルも、確か内部のショートからでした。




ここまで書いてきて、大型のリチウムイオン電池を見つけました。

電動アシスト自転車用のリチウムイオン電池。 25.2V 13.2Ah なので、 332.6Whもあります。
イメージ 19

電動アシスト自転車を飛行機に載せる際には、十分な注意が必要です。



お、“かあちゃん”ケンカ売る気かい?




もうひとつ、発見がありました。
大容量のリチウム一次電池を内蔵する機器に、AED(除細動器)があります。
イメージ 20
イメージ 23


AED用バッテリのリチウム含有量は特別に8gまでと定められていますが、機種によってはその上限を超えるものがあるようです。
なのでAEDを飛行機に載せる際には、事前の確認が欠かせないようです。
イメージ 25








「ルールを守って、楽しい旅を!」
「それでは皆さま、ごきげんよう〜」
イメージ 21


おあとがよろしいようで。



追記('16/12)
ICAO(国際民間航空機関)が、'16/4/1からリチウムイオン電池の旅客機での輸送を禁止すると発表し、波紋を呼びましたが、この件はどうやら旅客機に貨物として搭載する事の禁止のようです。

なので今のところ、旅客手荷物としての扱いには変更は無いようです。


「旅客手荷物としての取り扱い基準は、従来通り変更はなく…」と記載されています。

ただ、今後リチウム電池の取り扱いが現行よりも厳しくなる可能性はありそうです。

以上、蛇足でした。


この記事に

閉じる コメント(12)

顔アイコン

自爆しますと今回私が預けてしまったのはスマホ用のモバイルバッテリー(DC3.7V/5200mAh(19.24Wh))です・・・(汗)

最近は機内持ち込み用荷物だけで移動する事が多かったので必然的にモバイルバッテリーも機内持ち込みになっていたのですが、今回は大きなスーツケース、ついうっかり入れてしまいました。。

あのお方の電池の恨みあな恐ろしやぁ〜(笑)

2015/10/7(水) 午後 10:23 大魔王 返信する

アバター

↑席、肉に続いてバッテリーもですか?(笑)
工事道具を飛行機に持ち込む時は要注意ですねー。気にした事が無かったです。

2015/10/7(水) 午後 11:46 ジョニー 返信する

アバター

帯広駅で購入した加熱式のお弁当の豚丼を、帯広空港の手荷物検査場で指摘されその場で紐を引かれ、区域内のベンチで美味しく食べました。

2015/10/8(木) 午前 5:42 りかおん 返信する

顔アイコン

大変参考になりました!ありがとうございました。

気を付けなければなりませんね!

2015/10/8(木) 午前 7:04 JGC修行僧 返信する

顔アイコン

さすが、こぶ〜さん記事のクオリティーが違いますね。(笑)

貴重な記事ですので、TBさせて下さいね。

2015/10/8(木) 午前 7:16 いちろう 返信する

顔アイコン

大魔王さん、こんにちは
自分もデジカメのスペアバッテリを持ち歩くので、預けてはいけないという事に改めて気がつきました。
実体験に基づく内容は説得力があるので、啓蒙の価値があったという事で…(笑)

2015/10/8(木) 午後 0:17 こぶ〜 返信する

顔アイコン

ジョニーさん、こんにちは
改めて考えさせられる出来事でした(^^ゞ
普段何気なく済ませてしまいますが、バッテリ付の工具なども気を付けたいものです

2015/10/8(木) 午後 0:37 こぶ〜 返信する

顔アイコン

りかおんさん、こんにちは
加熱式のお弁当は、そういう対処になるのですか。
酒は70度までみたいなので、越えるものはその場で一気飲みとか(笑)

2015/10/8(木) 午後 0:39 こぶ〜 返信する

顔アイコン

JGC修行僧さん、こんにちは
今回はきっかけとなったリチウム電池でしたが、リストを見るとスプレー缶なども難しいと知りました。
まあ、「ヘア○○」とかは持ち歩く事が無いので、大丈夫とは思っていますが(笑)

2015/10/8(木) 午後 0:42 こぶ〜 返信する

顔アイコン

いちろうさん、こんにちは TBありがとうございます
デジカメのスペアバッテリは機内で要るかもと思い、たまたま持ち込んでいただけでした(^^ゞ
今回あれこれバッテリを見ていて、表示が結構バラバラで気付きにくいと改めて感じました。

2015/10/8(木) 午後 0:46 こぶ〜 返信する

アバター

予備のリチウムイオン電池ってよく悩んでしまうのですが、通常使うタイプでは
心配なさそうですネ。

2015/10/8(木) 午後 6:15 [ チョコパン ] 返信する

顔アイコン

チョコパンさん、こんばんは
今回調べてみて、予備のリチウムイオン電池を安心して持ち込めます。
電動アシスト自転車のバッテリが一番大容量なのには、ちょっとびっくりしました(^^ゞ

2015/10/8(木) 午後 6:19 こぶ〜 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事