cecilcut_bluesのお出かけダイアリ−♪

宝探し、グルメ、温泉、あらゆる楽しみのために日本列島縦横無尽♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全197ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

3月11日(土) 晴れ

先月の江の島に続き、3月はもちろん明治村!
例年だと平日参加なので、のんびりと昼過ぎに重役出勤して3時間〜4時間やってダメならまた次の休みに、みたいな感じで気軽に参加してたんですが、今年からは修羅場の土日参加!
村内には人が溢れ、噂では発見報告所だけでなく手がかりや宝箱の場所には行列ができるほどの人だかり!
さらには駐車場も満車になるほどの来場者!

とても昼過ぎになんて呑気に構えてる状況じゃないっ!

ついでに先日の江の島でも感じましたが、宝探しブランクがあるため、ただでさえショボイ推理力がさらに落ちているので例年より時間がかかるはず。

となると朝イチが理想・・・でも朝イチは入場の列、シナリオ購入の列に巻き込まれるため、そのちょっと後がベストかと思い、9時半開村なので10時着を狙ってお出かけ!

駐車場は第一駐車場がほぼ埋まりかけてる状況でしたが、第二駐車場には楽勝で停めれたので読み通り♪
そして入場後のシナリオ購入者の列は許容範囲♪
イメージ 1


問題は3月の明治村はけっこう寒いこと!
いつもの作戦本部(帝国ホテル内)は、どのみち宝探し参加者でいっぱいだったので無理なんですが、寒くて長時間滞在に耐えられない冷え込み!!
となれば屋外のベンチしかない!
が、やはり考えることは皆様同じ。
あちらこちらのベンチがことごとく占拠されて、かろうじて空いていたのが帝国ホテル前のトイレの横の喫煙ベンチ。
やむなく漂う煙の中、推理開始!
10分ぐらいは頑張って考えてたんですが、やはり吸わない人間にとって、ここぞとばかりに吸っている方々の煙はキツく、さらにここは日陰だったので寒い寒い。。。

というワケで耐えきれずに移動!
穴場の日向のベンチ発見♪
どこかをはっきり書いてしまうと次回埋まってるとイヤなので、そこから見える景色だけパシャリ♪
イメージ 2

一個しかないベンチなので意外と目立たず空いている穴場♪
ちなみにバス停のベンチではございません。
どこのベンチかわかった方もコメントに書く場合は、ないしょコメントでお願いします。

それではまず各シナリオの構成とファーストインプレッションを。
まずは【挑戦状W】
構成はおなじみの4to1。
さすがにお子ちゃま用だけあって、4ヶ所とも特定は容易♪

続いて【挑戦状壱】
こちらも4(to1)to1。
to1の前の(to1)は集めた4つのキーワードを使って謎解きの作業があるだけで、実際に訪問して見つけ出すのは手がかり4つと最終の1個だけ。
こちらもそれほど難しくはありませんが、【謎二】だけ何となくこの辺だろうと2ヶ所に絞られますが、あとは現地に行って「あぁこれか」とわかるパターン。
明治村の施設を全て詳細に記憶されてる方なら訪問前特定も可能な問題。
だいたいはわかるものの曖昧な記憶の僕は2ヶ所絞りが限界でした。

だんだん難しくなってくる【挑戦状弐】
難しくなる要素は、明治村おなじみの『道具』を使うシナリオだから。
ここで使用する道具は『面子』
どんなものでどう使うかは参加してのお楽しみ♪
構成は3(to1)(to1)to1。
一個目の(to1)は要らない気がするのですが、一応順番に解くとそうなります。
苦手な『道具』に翻弄されながらも【其の弐】【其の参】は何とか解けて、解けなかったのが【其の壱】
こちらは同行してもらってたノン・ハンターの友人に助けてもらって解読。
やっぱり『道具シナリオ』は難しい!

そしてスタメン最難関の【挑戦状参】
当然こちらも『道具』ありで『道具』は『数札』、シナリオは『双六』。
これはまだ完全解読できてないので構成もわかってるトコまでで4(7)(to1)(to1)(to1)to1to1かな?と。
最初の4(7)は、実際に解いて行くのは4ヶ所ですが、そこでするアクションのための謎解きも事前にしなければならなくて最初の【一振り目】はアクションの謎解きがなくズバリ指示されていますが【二振り目】から【四振り目】までの3つにアクションの謎があるためこういった表記にいたしました。
これ、たぶん本当は【一振り目】を解いて現地に行ってから次の【二振り目】に進んで・・・とやっていくのが出題者サイドの意図だと思われるんですが、机上の謎解き段階で【二振り目】の地も【三振り目】の地も【四振り目】の地も特定できるのは、よくある話。
唯一わからなかったのが【三振り目】のイラストの一番右の絵(笑)
タカラッシュさんの絵、時々何を描いているのかわからない時があるんですよ。
これは同行した友人に「○○○じゃない?」と教えてもらって解決。

そんな感じで最初の謎解きでやはり時間がかかり、探索開始したのが12時前。
例の如くマップに回る場所をマーキングして5丁目から順に4シナリオ同時進行で効率よく回っていきます!

隅田川新大橋前で何やら珍しいイベントをやっていました。
イメージ 3

『JAF』ってあの『JAF』!?
なんじゃらホイ?と覗きこんでみると・・・
イメージ 4

たぶん追突した時のシートベルトの衝撃体験みたいな乗りものでした。
なぜに明治村でこのイベント???

新デザインの村営バスが走ってました。
イメージ 5

旧式も走ってましたので今なら両タイプ見れます!
バスマニアの方(いないか、そんな方)はお早めに♪

無声堂のあたりで何やら人が集まって何かしていると思って立ち寄ってみると・・・
イメージ 6

【リアル人生ゲーム】の参加者がイベント説明を受けているトコだったようで、そんなイベントやってたんですね。
どんなイベントなんだろう??

そしてこの時期の明治村には、そう、これが楽しみなのです♪
イメージ 7

桜ソフト〜〜〜♪♪
う〜〜ん、今年も美味♪♪♪

れれれ? 自動電話の位置、ちょいと変わってません??
イメージ 8


僕は『珍しい!』と思ったんですが、土日はこれが当たり前なのかな?
入鹿池にボートの大群!!
イメージ 9


今年もいました、カレーパンを食らって丸々と太ったかわいいネコ1号♪
イメージ 10

やった、カメラ目線ゲット♪
イメージ 11

あまりにかわいいのでもう一枚♪
イメージ 12

同じくカレーパンおねだりしていて丸々のネコ2号♪
イメージ 13

おねだりの成果が得られず、ただギャラリー達に「かわい〜」と写真を撮られるだけな状況にふてくされてる2匹。
イメージ 14


そんな感じで村内を約2往復して得られた成果は・・・

【挑戦状W】は無事に解決。
ただ最後の一ヶ所がちょっぴり「どこだ?」と現地で迷いました。
シナリオをよく読んでなかった自分が悪いんですが、探険隊時代の思いこみで手こずりました。
シナリオはよく読みましょう!

【挑戦状壱】はいちばんキレイに解けました♪
まぁこれが解けなければ終わってますね(笑)

そして苦労した【挑戦状弐】
最初の手がかり3つは難なく見つけ出せたんですが、その先が難航!
公式サイトのヒントを見ながら最初の(to1)を解読。
が、これって必要!?
その先の(to1)も何とか苦労しながら「これか〜」と答えを推測しながら解読(う〜ん、邪道)。
で、最後のto1を特定して発見♪
イマイチしっくり来ないので途中の解法が間違ってるんだろうな〜と思います。

そして途中で終わってしまった【挑戦状参】
第一段階の【一振り目】から【四振り目】までは全て発見♪
問題はその先。
【我輩からの伝言一】が公式ヒントを見て考え方は合ってると思うんですが求める『順番』が・・・
一応こうかな?と思う順番を求めて・・・
【我輩からの伝言二】は【一】が合っていれば完璧なんですが、そこで間違っているとその先が崩れるので合っているかどうか???
【我輩からの伝言三】も解法は完璧で出てきたキーワードも完璧♪
が、そのキーワードから導き出される言葉がちんぷんかんぷん???
【一】【二】で導き出してるのがやはり違ってるせいなのか・・・?
当然【我輩からの伝言四】は埋まり切ってないので進めることができず、ここで行き詰まりました。。。

そんな感じで今年の明治村は3勝1敗でスタート。
未解決の【挑戦状参】は次のコースと同時にやるか、その前に時間を作って行くかも・・・

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

先日、江の島でsasaさんにお話を伺ってからビックリして、2ヶ月ぶりぐらいに開いたタカラッシュ!さんのサイト。

ビックリしたのはこちらのお知らせ。

2017.2.9


タカラッシュ!事業変革に伴う一部サービス改訂・終了のお知らせ


日頃より、宝探しサイト タカラッシュ!をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

弊社では、2016年より15周年を記念して“タカラッシュ!イノベーション”をテーマに、以下のご案内のもと、様々なモデルに取り組むべく、チャレンジをスタートしてまいりました。

<タカラッシュ!イノベーション>
http://www.takarush.jp/innovation/

そのチャレンジの中で、初年度様々な実証実験や皆さまへのヒアリング、効果検証をしていく中で当初、弊社として想定しておりました【仮説】とは異なる方向性が必要であると判断いたしました。
そのため、誠に勝手ではございますが、新たなサービスの方向性転換に向けて、2017年3月31日をもって、“宝物コレクション”を除くマイページサービスを終了させていただくことといたしました。以下詳細の改訂・終了の項目となります。


<終了する会員サービス>
・マイページトップ
・ハンターランキング(ハンターポイント)
・コインを使う
・今探せる宝物
・過去イベントの解答
・仲間検索
・今週の謎解き問題
・世にも不思議な宝箱
・リアル宝探し日記 トレジャーログ
・タカラッシュカードの配布

<継続・改訂する会員サービス>
・宝物コレクション
※4月以降はカードの配布はなく、イベント設置物等に宝物IDが記載されていきます。
・メールマガジン
・ハンターズミッション

現在サービスをご利用中のお客様には、多大なご迷惑をおかけする事となり深くお詫び申し上げます。
マイページサービスは2012年1月にスタートし、「時間や場所に捉われず、Web上でいつでも宝探しを楽しめる環境を提供する」をモットーに運営してまいりました。
しかしながら昨今のIT市場の変化、さらには事業の将来性を鑑みながら慎重に検討を重ねた結果、リアル宝探しの本質的な価値である「発見の感動を体感できるフィールドをより増やしていくこと」に軸足を移すことにいたしました。

「もっとリアル宝探しをできる場所を増やしてほしい」 会員の皆様からいただいた多くのこの声にお応えするべく、ここにより経営資源の集中を図ることで、新たなビジョンの達成に向けた中長期的な取り組みを行ってまいります。

<タカラッシュ!のビジョン>
・通年でいつでも楽しめる常設イベント数を3年で50エリアまで大幅に拡大
・年間で200本以上の宝探しイベントを制作・開催、他に300本以上の団体イベントを実施

今まで以上に、謎のクオリティや賞品にこだわった“リアル宝探し”をたくさん、皆様にお届けできるよう尽力してまいります。
何卒ご理解の程お願い申し上げます。

なお、かねてよりご案内させていただいておりました、コイン交換サービス終了後の残存コイン数に応じた優遇処置ですが、宝物コレクション用の特別アイテムと交換させていただきます。
交換方法等詳細につきましては、改めてご案内させていただきますので今しばらくお待ちください。

重ねて、終了となるコンテンツをお楽しみいただいていた皆様には深くお詫び申し上げます。今後はビジョン実現を通して改めて皆様へより多くのワクワクを届けて参ります。

今後ともタカラッシュ!を、何卒宜しくお願い申し上げます。

リアル宝探し【タカラッシュ!】運営事務局

ここまでがタカラッシュ!さんの重要なお知らせより、そのまま引用。
今までもリニューアルとか変革とか繰り返してこられたので、またか・・・と思っていたのですが、なんか【赤い鳥】から【タカラッシュ!】に変わる時、もしくは【クインズカード】から【タカラッシュ!カード】に変わる時並みの衝撃がっ!!

しばらく見ない間にこんなことになっていようとはっ!!

マイページや仲間検索もなくなるんですね。
ハンターさん同士の交流のきっかけがなくなるのは残念。
かくいう僕も、かつては【赤い鳥】の【トレキューブ】や【トレウェブ】の発見者コメントに書かれているハンターネームやコメントを見てmegu-chanさんや86さん、てっぺい師匠などの凄腕ハンターさんを知り、さらにはて〜さんや和尚さん、とさん、sasaさん、彩ママさんといった中部圏のお仲間ハンターさんを見つけたので、まったくの現地バッタリで話しかけて仲良くなるケースはレア!
やはりweb、僕の場合は『当ブログを見て・・・』と言ったように間接的に知っていて、リアルで会って仲が深まるケースが多い♪
そんなきっかけのひとつがなくなるのは非常に残念。。。

半年前から職場が変わり、宝探しが疎遠になっていたので、そんな僕の宝探し離れがこんなことになってしまった要因のひとつなのかとちょっぴり責任を感じてしまいます。

が、タカラッシュ!さん、誤解のないように言っておきますが、僕の宝探し離れは決してタカラッシュ!さんが原因ではありませんからご安心を。
あくまで職場環境が変わってプライベートの時間をうまく作れない僕自身が原因ですので。
あとは昔からですが、カードのweb登録をサボってるのは、めんどくさがりの僕の性格が原因ですから。

でもこの変革で唯一期待しちゃうのが【リアル宝探しにもっと力を入れていく】こと。
かねてより僕はwebよりリアル派なので、この点だけは猛賛成♪

ただ【カードをなくして設置物にID記載】というのはどうなんだろう?
おそらくタカラッシュ!さんは一人で複数IDの重複登録をするズルをなくそう、という狙いだと思うんですが、そういうズルはなくなっても現地に行かなくてもIDを手に入れて登録するズルは防げない気がします。
結局、何をやってもイタチごっこ。
参加するハンターのモラルにかけるしかないのが本音ではないかと思います。

そう思って一切のズルをせずにどこまでいけるか挑んでみたのが昨年のタカラッシュアワード。
登録無精である程度カードが溜まっていたことや、ノーマルカードで持っていないカードを手に入れるためショップでカードセットを「Aセット3つ、Bセット3つ、・・・」といったように持っていないカードを含むセットをまとめ買いしてそれらのカードを一気に入力したというカラクリはありますが、重複登録やその他のズルは一切なしで挑み、ベスト10に入れば御の字と読んでいたら、結果4位だったということで、世の中捨てたもんじゃないな〜と思った昨年のアワード。

今年は反動で、全然宝探しをやってないのとカード貯金がほとんどない(紛失してない分も含め)ので、仮にアワードが今年もやったら今年は100位以下間違いないですけどね(笑)

そういえば【クチコミ】ってどうなるんでしょう?
『終了するサービス』にも『継続するサービス』にもはっきりと明記されてないのでわかりませんが、やっぱり無くなるのかな〜?
昔の【発見者コメント】を楽しみに見ていた僕にとっては形は違えど【クチコミ】って数少ない楽しみのひとつだったんですよね〜。
そうそう、皆様の【クチコミ】って結構マジメに書かれている方もいれば、一言感想みたいな方もいたりですが、僕の【クチコミ】って一部の方からご質問をいただいたこともあるように暗号なんですよ。
どんな意味か今まで明らかにはしてきませんでした。
なぜって?
それはハンターなら謎は教えてもらうものじゃなくて解き明かすものでしょ、ってな感じでワザと謎のままにしておいたんですが、そんな【クチコミ】も終わっちゃう可能性が高いんじゃ謎のままでモヤモヤのままの方が見えると申し訳ないので、最後に種明かし♪

僕の【クチコミ】はこんな感じでした。

S3K3B1Z2

いくつか見ていただくとわかりますが、アルファベットは変わらず(たまに順番が変わることはありますが、それは単純に僕の記入ミスです)、数字だけ1から5の数字が変わってました。
これは何を意味していたのでしょう?

一言でいうと、きちんと僕の宝探しの感想を書いてたんですよ、暗号で。

Sはシナリオの評価。シナリオのイニシャルの【S】。
これは難易度だけではなく、構成も含めて『よくできた謎かどうか』で判断(もちろん僕の独断評価ですが)して1(低い)〜5(高い)まで5段階評価してました。
なので明治村とか江の島とか名シナリオはS5やS4が付いてることが多く、行く前からちょちょいと解けてしまうような何の工夫もないシナリオはS1が付いてたワケです。

続いてKは現地での隠し方の評価。
『かくしかた』のイニシャルの【K】ですね。
もう行くだけで目に入る芸のない隠し方はK1、これまた明治村の後半シナリオに多い周りに溶け込む隠し方はK5とか付いてます。
今はなきトレキューブも仮にクチコミするとK4やK5が多い♪

3つめのBは場所のイニシャルの【B】
開催されている場所がどうなのか?
これは2つの意味を総合的に判断して評価してます。
ひとつめはその場所が観光的に魅力ある場所かどうか。
僕のブログでよくある『プラスワンスポット』が近くにあって、宝探し以外にも楽しめる場所だと評価が上がります。
『プラスワン』でなくても施設自体が宝探し以外でも楽しめるトコなら高評価になります。
僕の場合、レトロスポットとか温泉とかが評価が高くなります。
もうひとつの要素は行きやすさ。
これは距離プラス交通アクセス。
具体例を上げると毎年開催される福島のコードFは決して悪いイベントではないんですが、我が愛知県からは遠隔地のためB1〜B2が付きます。

最後のZが一番わかりにくかったと思いますが続篇希望かどうかの【Z】
面白くてぜひ来年もやってほしい、といった宝探しにはZ5とかZ4が付きます。
江の島とか明治村がそうですね♪
逆にもうやってほしくない、もう行きたくない、という宝探しにはZ1、Z2が付きます。
あえてどの宝探しかは書きません。
興味のある方は過去の僕の【クチコミ】を探してみてください。
(最近の宝探しは『行ってない』&『登録してない』のでご注意を!)

ん!? しまった!! 今週の記事は一枚も写真がないっ!!
久しぶりに、文字だけの『真っ黒ブログ』やっちまいました。。。
まっ、いいか(笑)

この記事に

開く コメント(5)

鎌倉ハーフ♪

2月25日(土) 晴れ

先週の江の島の記事の続きです。
江の島を出て激混みの道の写真を見て、察しのいい方なら気づかれたはず。

「れれれ? 国道134号を平塚方面ではなく鎌倉方面に走ってる? 逆じゃない?」
「しかも来週に続くって江の島終わったのに2日目あるんかい?」

そう、向かった先は鎌倉。
昨年、一昨年もお世話になった鎌倉駅前にあるホテルニューカマクラ!

せっかく江の島に行くんなら、ついでにここも行きたい、というのが一つ目の理由。
二つ目は江の島、毎年苦労してるから万が一、一日で解けなかった時の抑えの二日目に繋げるために宿泊しておいた方が無駄じゃない。

とはいえ、昨年までのように平日ではないので土曜宿泊はきっと倍率が高いはず!
そこで2週間前に電話予約。
その時に日付と1人という人数を聞いてスタッフの方の第一声が「あいにく・・・」
やっぱりか〜〜、と思いながらも昨年までの電話予約の時のことを思い出し、「大きい部屋でもいいんですけど・・・今まで2回お世話になっていて、その時も『小町』と『さくら』に泊まってるので」と切り出すと、
「そうでしたか、いつもお世話になっております。大部屋でしたらいくつかご用意できますが、ご希望のお部屋はございますか?」
やっぱり♪
ここは一人で格安で泊まるのを目的にしてる方が多いので、一人と聞く料金の安い狭い部屋を優先して案内するクセがあるから、僕みたいに一人で高くても広い部屋に泊まる人はほとんどいないから言わないとスルーされてしまうんだよな〜、よかったよかった、と安堵しながら希望の部屋をピックアップ。
「そうですね〜、『北紀行』か『雪の下』、『御成』か『西御門』でもいいですよ♪」と希望の部屋を伝えると
「今のところその4部屋は全て空いております」
(やった〜)「では『雪の下』でお願いします」
『雪の下』は『さくら』『小町』のミニチュア版のような部屋。
逆に一人だとあのぐらいの広さの方が落ち着くので一回泊まってみたかったお部屋♪

予定の18時から遅れること30分、18時半にホテルニューカマクラ到着♪
いつものように駐車場でチェックイン手続きかと思ったら、駐車場は車のカギを預けるだけで、土日祝はフロント稼働してるんですね♪
イメージ 1

こちらが今回お世話になる2階にある『雪の下』
イメージ 2

入ってみてちょっとだけ「失敗した〜」と思ったのは、ポットとコップの乗ったこじんまりとした机はあったものの椅子がないこと。
ノートパソコンを広げ座りながら作業をするのに椅子無で床に正座はちとキツイ・・・
が、そこはアイデア次第。
ベッドの隅を椅子代わりにしてノートパソコンを広げれば十分対応できる♪
イメージ 3


ちなみに『雪の下』は『さくら』『小町』とちょうど逆サイドにあるお部屋。
GoogleMapで図解すると、こんな感じ。
イメージ 4

来年以降に泊まりたいなと狙っているのが2階だと
開放感のある梁と高い天井が特徴的な『北紀行』
リフォーム王選手権2位を獲得した和室の『はいから通り』
あとは1階の二大豪華部屋の『西御門』(『小町』のほぼ真下)と『御成』(こちらは『さくら』のほぼ真下)

着いた時間が遅かったので、チェックイン済みの部屋が多く、空いてたのは『北紀行』と『天空』の2部屋のみ!
おっ、『天空』は昨年も一昨年も中を見れなかったのでチャンス!
こちらが『天空』・・・
イメージ 5

って、暗い。。。
フラッシュをたいてもこれが限界・・・
部屋の電気のスイッチを入れても点かないけど、もしかして・・・と
自室の部屋の電気を思い出し、カギに付いてるオレンジのバーを挿し込むと通電して電気が点くんですよ。
イメージ 6

それならば他の部屋のオレンジバーでもいけないだろうか?とチャレンジ!
点いた〜〜♪♪
というワケで改めてこちらが『天空』
イメージ 7

ホームページでは『和室』とされてますが和洋折衷な感じですね。
基本は和室ですが、窓から上部は洋室。
TV台が笑えます♪
昔実家でみかん箱の上にTVを置いていたのを思い出しました。

これであと本館で見たことないのは『梅』と離れにある『藤』と『南天』の3部屋!
いずれも低価格で人気の部屋のため、いつ行っても入室済みで中を撮影するチャンスに恵まれない・・・
それ以外のお部屋は全て訪問済みなので、興味のある方は昨年と一昨年の記事を御覧ください。
2015年の記事(小町_さくら_北紀行_はいから通り_雪の下_笹目_御成_風呂を紹介)
2015年の記事(新館の7号室_稲村_吉兆_唐傘を紹介)
2016年の記事(さくら_西御門_松を紹介)

ホテルニューカマクラは素泊まりなので、明日の朝食を用意しておかなければなりません。
買い出しを兼ねて、夜の鎌倉へ繰り出します!


鎌倉駅。
イメージ 8

さすがにこの時間はタクシーはいますが、人力車はいませんでした(笑)

小町通りは、この時間でもまだ半分ぐらいは店が開いていて人通りもけっこうあります。
イメージ 9

今夜泊まる『雪の下』の由来の地名発見♪
イメージ 10

明日の朝食はスーパー紀ノ国屋で購入してホテルに戻ると、先ほどまだ空いていた『北紀行』や『天空』も入室済で、これで本館は1階・2階含め全室満室!
2週間前に予約しておいてよかった〜♪

明日に備えて早めに眠りにつきますzzzz

2月26日(日) 晴れ

旅先ではなぜか朝早い時間に目覚める私。
その反動が午後ぐらいから出て、猛烈に眠くなるので、二度寝しようと試みますが眠れない。。。

1時間ぐらいゴロゴロしてましたが眠れないので、諦めて5時半に朝風呂へ。
本館のお風呂は共同風呂で1階に2室のみあります。
誰かが使っていたら空くまで待たなければなりません。
ラッキーなことに昨晩はすぐ入ることができ、今朝もまぁこんな早い時間ですから当然誰も入ってなくすんなり♪

部屋に戻って6時。
お部屋探訪しようにも全室満室で皆様寝てらっしゃるから廊下ぐらいしか見れない。
朝食をとり、ブログ一日目の下書きを書きあげて、なお7時半!!
昨日、車を駐車場に停めた時に出発の時間を聞かれ「遅いのでたぶん9時か10時ぐらいの予定です」なんて言っちゃったものだから、窓から自分の車の位置を確認すると玄関の真横に移動されていて、前をがっちり他の車で固められてるので、早期出発は無理そう・・・

仕方なく、TVを見たり、ブログ下書きを見直して校閲したり、「そろそろ空いたかなぁ〜」と車の位置を確認したり、チェックアウトして開放済みのお部屋はないかと館内探索♪

意味もなく2階の階段を上がった先(『小町』の前のトコ)の上げ下げ窓を開けてみたり、
イメージ 11

こちらは逆の階段、『雪の下』や『天空』のある側から1階の台所へ降りて行く階段のトコですが、踊り場にこんな将棋や囲碁をさすのに丁度いい感じの椅子と机あったっけ?
イメージ 12

と思って2015年2月にホテルニューカマクラを訪問した時にパシャパシャ撮りまくった写真の中に証拠写真発見♪
イメージ 13

やはり以前はありませんでした!
ちょこちょこといじられてるんですね、ニューカマクラ!

などと時間を潰しているうちに皆様どんどんチェックアウトしていき、9時半にはもう車も出れるようになったので出発!

このまま帰るのも勿体なかったので半日だけ鎌倉観光してから帰ろうと、行先にしたのは2012年に訪問した鎌倉文学館。
2012年鎌倉文学館訪問の記事はコチラ
こちらは旧前田侯爵家別邸として建てられて、その後鎌倉市が譲り受けて鎌倉文学館として公開されているレトロな建物♪

門をくぐって入場券を購入した先に現れる招鶴洞♪
イメージ 14

ここをくぐり抜けると、そこは別世界、と思わせるような風格の佇まい♪

左にゆるく曲がるカーブを越えて鎌倉文学館がドド〜ンと見えてきます。
イメージ 15


文学館前の庭園で遠く見える海を眺めていると、森の方から聞き慣れない鳴き声が聞こえてきます。
鳴き声のする方へ歩いていくと、タタァ〜っと足早に去っていくネコが目に入り、そのネコから逃げて上ったのでしょうか? 木の上にモモンガかムササビのような動物を発見!
イメージ 16

鳴き声の主はこの子でした。

撮影はこの玄関まで。
イメージ 17

ここから先は撮影禁止となります。
撮影禁止の看板の他に、左手に新たに設置されてたのは『館内でポケモンGO禁止』

今回は珍しく中の展示物をじっくり見学。
あんまり文学には興味がないんですが、特別展示で文学の舞台となった鎌倉周辺の場所というのがあり(ちなみにこの鎌倉文学館も三島由紀夫の『春の雪』に登場する)その文学スポットで面白そうな場所を発見♪

当初はここから名古屋へ直行で戻って、その後新幹線で大阪へ帰るスケジュールでしたが、ちょっとその文学スポットへ寄り道♪

近くのコインパーキングへ移動後、そこからは徒歩で2つのスポットへ。
方向音痴の強い味方、スマホのナビを起動して目的地へ向かいます!
イメージ 18

まずはこちら、作家の里見の旧家の西御門サローネ。
イメージ 19

こちらは現役の住居のため、門の中に入ることはできません。

ここからちょっと距離はありますが、続いて向かったのは釈迦堂切通。
現在通行止めと案内はありましたが、眺めることができるトコまで行ければ十分と、とりあえず向かいます。
大雑把な観光マップに記された場所を目的地に徒歩ナビをセットしているため、道が合っていあるのか不安でしたが、近付いてくるときちんと道路案内も出てきました。
イメージ 20

が、残念ながら行けるのはここまで。
遠くから眺めることも叶わず。。。
イメージ 21

防火水槽の先にトラ柵がはられて完全通行止めです(涙)

その代わりにネコがいまして「残念だったな、まぁゆっくりしていけ」みたいな感じで日向ぼっこしてました♪
イメージ 22


とぼとぼと車のあるコインパーキングの辺りまで戻ってくる頃にはもうお昼時。
鎌倉雪ノ下茶屋というお店に入ってランチしてから帰ることにいたします。
イメージ 23

美味しそうなハンバーグをいただきました♪
イメージ 24


この後は予定通り、名古屋まで車で、その後新幹線で大阪へと無事に帰りました。

この記事に

開く コメント(0)

2月25日(土) 晴れ

思えば前回の宝探しが年末に訪れた岐阜県の美濃SPなので、今回が2017年一発目の宝探し!
お出かけ自体が減って、そのリハビリ的な意味で静岡、伊勢とプチお出かけをかまして満を持して神奈川県の江の島へ!

今回もガソリンがスッカスカだったため、豊明の激安スタンドに立ち寄ってから豊田南ICで高速へ。
伊勢湾岸はたいしたことなかったんですが、東名に入ってから混んでいて、渋滞で止まることはないもののノロノロと流れている状態が浜松辺りまで続きます。
土曜日の高速は、信号のない一般道といった感じ。。。
イメージ 1


いつもの深夜出発なら静岡に入る前にヘロヘロになってピットインするところですが、昨晩は4時間もきっちりと寝たため眠くならずに走り続けることができます♪

とはいえ、高速を降りる前にトイレ休憩だけは済ませておきたい。
でも土曜日のサービスエリアが停めるスペースに困るぐらい激混みだろうから、穴場のあまり利用しないパーキングエリアの方がよかろう、という読みのもと駒門PAへピットイン!
イメージ 2

その作戦は大成功♪
余裕で駐車することができ、トイレもすんなりと済ますことができ、そのまま高速へ戻ります。

ここまでは順調だったのですが、高速を降りてからの下道が激混み!!
二宮市で全然車が進まず足止め状態。。。
イメージ 3

海岸沿いのバイパスはヤバイかな、と思って入った国道1号も激混み・・・
イメージ 4

じりじりと進んでいき、ようやく藤沢市入り。
イメージ 5


sasaさんとは藤沢本町駅で待ち合わせをしてたのですが、待ちきれずに進行していて、このままでは僕が到着する頃には藤沢エリアが終わってそう・・・

これはいけない!と本来立ち寄るべき情報屋をすっ飛ばしてまずは【謎1】の地へ!
奇跡的に近い場所まで車で行くことができ、超早解きで【謎1】クリア!

【謎2】の情報屋の近くにあるトレアージュ白旗ショッピングセンターでようやくsasaさんに追いつき合流♪
ここは大人しく情報屋へ行きます。
イメージ 6

ここは情報屋に寄って正解でした。
お出かけ前に予想していた場所と微妙に違う場所だったので、情報屋で得た情報ですんなりゲット♪

本来ならあと3番目の情報屋へ寄って、【謎1】【謎2】で得たキーワードと合わせて最終ポイントを導き出すんですが、そこはsasaさんも僕も『ヤマカン早解き族』なので、一気に最終ポイントへ!
ここへ行く道も、最終ポイントの駐車場も超激混み!!
そんなに人気なのか? エノシマトレジャー!?

捜索時間より移動時間&待ち時間の方がかかるという不思議な状況で【藤沢本町篇】終了♪

そのまま車で江の島へ!
これがまた混んでる混んでる!!
もうなんか移動疲れしそうです(悲)

江の島には14時半頃到着。
いつもの一番奥の駐車場も混んでいて、かなり縁の方まで車がいっぱい!!

柵に囲まれた安全地帯で2匹仲良く寄り添ってお昼寝しているネコ♪
イメージ 7

安全地帯内にいながらも、ちゃっかりと手を伸ばせばギリギリ届く位置にいて、女の子にナデナデしてもらってる計算高いネコ2匹です(笑)

このネコもなかなか!
イメージ 8

ここは本来、お食事処の並ぶお客様が座る場所なのに、そこの堂々と鎮座し、かつ「かわい〜〜♪」と通行人の気を引いてナデナデしてもらってるという、ふてぶてしさがここまで来ると憎めないヤツ♪

江の島のネコたち、成長してますね♪

本日の江の島、歩くのも困難な程の人の多さ!!
イメージ 9

にもかかわらず、ネコにかまってたり、ボンボン出現するポケモンを捕りまくってたりして全然進まない(笑)
イメージ 10


江の島、いろいろと新しいお店もできてますね。
はろうきてぃのショップが出来ていてビックリ!!
イメージ 11


先ほどの青銅の鳥居からここまで来るのに30分ぐらい(遅っ)
イメージ 12


その後もポケモン、宝探し、ポケモン、ポケモン、ポケモン、宝探し、ポケモン、ネコ、ポケモン・・・みたいな感じで進んでいき、なかなか進行しない。。。

さらには道いっぱいに広がり行く手を阻む4匹の刺客!!
イメージ 13

お犬様が苦手なため、追い抜こうにも道幅いっぱいで先行する人々はみな足元までじゃれつかれるという場面を見せつけられているため追い抜けない!
一定の距離をおき、ノロノロと後をついていくしかない。
しばらく我慢して歩いていると、お犬様ご一行が脇のお店に入っていかれた隙を見逃さずにササァ〜と先へ抜けていきます!

気配を感じてそちらへ向かうと、抱き合うように寄り添ってお昼寝中のネコ発見♪
イメージ 14

僕の【ネコ感知】のスペックは健在♪♪

何かを見ているネコを見ている僕(笑)
イメージ 15


そんな感じでのんびり宝探しをしていたら、いつのまにか16時!
速攻で発見報告所へ向かいます!
イメージ 16


なんとか時間内に報告を終えて、あとはしらす丼をいただくだけ!
江の島へ戻る橋から見えた、沈みかけた太陽の光が照らす美しい海♪
イメージ 17


たっぷりと歩いた後のしらす丼は格別♪
イメージ 18

しらす丼をいただいたところで電車で帰るsasaさんとはここでお別れ。
駐車場へ戻る道中でも、いるいる、かわいいネコたち♪

「ここ掘れにゃんにゃん」と頑張ってるネコ!
イメージ 19

真正面から視線を合わせてくるドッキリなネコ♪
イメージ 20

「ちぇっ、隠れてたのに見つかっちゃった・・・そっとしておいてくれよ」と言いたげなネコ。
イメージ 21


そうそう、駐車場の手前の女性会館があった場所、キレイに更地になっていて、謎の騒音チェックと振動チェックをしていたんですが、何ができるのでしょう??
イメージ 22


江の島を出ても道の混雑は続きます。。。
イメージ 23


この続きはまた来週。

この記事に

開く コメント(2)

2月11日(土) 晴れ時々曇りのち雪

先週の前篇の続きです。

朝と移動中の高速は天候が不安定で、時折曇ったり雪が降ったりしてましたが、いざ現着してみると猛烈に寒いものの天候には恵まれて賓日館、夫婦岩、安乗埼灯台と3連勝中♪

続いて4ヶ所目はもうひとつの灯台、大王埼灯台!

ここは確かそう、こういったお店のトンネルをくぐった先に灯台があるのですが・・・
イメージ 1

土曜日にもかかわらずお店は閉まってるところが半分くらい。。。
でも残り半分は店先でおばちゃまやおじちゃまが元気に呼び込みしてました。
焼いてるお魚や貝の香りに負けそうになりますが、まずは灯台へ!

大王埼灯台到着〜♪
イメージ 2

ここも中に入ることができるので入場料を払っていざ中へ・・・

と、入口に思わぬ番人発見!
イメージ 3

寒い中、日向を見つけて丸まっているネコがど〜〜んと門の前で待ち構えていました♪
これは久々に必殺ナデナデナ〜デのチャンス♪
と、近付いたところ残念ながらタタァ〜〜っと逃げられてしまいました(涙)

気を取り直して本題の灯台内部へGo!
イメージ 4

この入口の手前に入場券売場の受付があるんですが、そこには『ペット、動物立入禁止』と看板があったので、先ほどのネコは律義に門の前で日向ぼっこをしていたんですね。
賢いネコです♪

階段を上りきる手前に『頭上注意』の看板があります。
イメージ 5

写真の右上に赤くコーティングされてる部分がそうだろうと、背を低くしてくぐり抜けていざ外へ・・・
と、その外へ出る出入口も低くてガンっと頭をぶつけます!
むぅ〜、最初のトラップを回避して油断したところに待ち構える第二の罠!!
油断大敵です!

ここの灯台の上からも、おなじみサスペンス劇場の死体の岩場が御覧いただけます(笑)
イメージ 6

切り立った断崖の向こうに広がる海は、午前中の夫婦岩の二見浦に比べると穏やかな海。
イメージ 7

光る波がとてもキレイです♪

そしてぐるりと回って下を眺めるとこんなメッセージがっ
イメージ 8

確かに、皆様『110番』や『119番』はご存じの方がほとんどですが、『118番』は意外と知らない方多いですよね。
続いて視点を変えて最上部チェック!
イメージ 9

ここも日本語の『東西南北』ですね。
作った時期とか作者によって違うのかな?

灯台シリーズを終え、気付けばお昼時を過ぎ、おやつの時間の手前!
そろそろお昼を・・・と伊勢のおはらい町へ移動!!

お昼時を過ぎてるから大丈夫かな?と思ったら激混みで、まずは満車だらけの駐車場探しから!!
一周回って運よく空いてる駐車場を見つけ料金を気にせずイン!

場所はかなりいい場所に停めれたようで、道路を渡ってすぐおかげ横丁♪
イメージ 10

ちょっと進むと、うえぇ〜〜、人だらけで進むのもままならなくなります(涙)
イメージ 11

『お昼は伊勢うどん』と心に固く決めていたので、人混みを流れに乗って進み(というより流れ)ながら、おかげ横丁からおはらい町へ!
おはらい町に入っても混雑した人の流れは変わらず!
ちらっと見えた『名物 伊勢うどん』の文字に引き寄せられ、他を探しても変わらないだろうと、そこの『中井屋』さんに並びます。
イメージ 12

10分ちょっとの待ちで中に入ることができ、念願の伊勢うどんをいただきます♪
イメージ 13


店を出ると、そこは再び大混雑のおはらい町!!
流れに流され、そのまま伊勢神宮へ!
イメージ 14

伊勢神宮、ずいぶん久しぶりですが、熱田神宮以上に歩きますね!
まだかまだかと歩き続け、ようやく到着♪
イメージ 15

この階段の上からは撮影禁止なので、皆様ここで記念撮影!
こういう撮影スポットで、かなりの確率で「すいませ〜ん」と声をかけられる私。。。
そんなに写真撮るのがうまくないので、正直あんまり声をかけてほしくはないものの、頼まれて断るのも感じ悪いとついつい引き受けてしまう自分が嫌い。

僕の撮った写真を見て、その場では「ありがとうございます」と言いつつも、きっと後で「何でもっとうまく撮ってくれないんだろう。最悪〜。」とか言われてると思うと非常に申し訳ない。

そんなワケで、通常ならもっと別なお願いをするんですが、伊勢の神様には一風変わった3つのお願いをしてきました。
一つ目は『できるだけ撮影スポットで声をかけられませんように♪』
二つ目は『それでも万が一声をかけられた時は、その時だけでもうまく写真が撮れますように♪♪』
三つ目は『先ほどは大行列だった赤福ぜんざいが、行列が短くなって早くいただけますように♪』

その願いが通じたのか、赤福ぜんざいの行列は先ほどよりは少しマシになり、こんな感じ。
イメージ 16

待つこと約30分で、無事に赤福ぜんざいをいただくことができました〜♪♪
イメージ 17


この日は本当に天候に恵まれていて、現着してからの賓日館、夫婦岩、安乗埼灯台、大王埼灯台、伊勢と全て晴れていて負けなし♪

奇跡のような天候が伊勢・志摩全体を覆っていたイメージで、帰りの高速を走りだして崩れてくる天候。
パーキングで仮眠休憩を1時間半とった後、愛知県に入る頃にまた雪が降り出して、一日前の夜の再現のよう・・・

そんなワケで、行きと帰りの道中は雪に見舞われたものの、現地では見事に晴れていたという奇跡の一日でした♪

この記事に

開く コメント(6)

全197ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事