野の花・山の花

三重県(&周辺)で見られる花の図鑑 です。

全体表示

[ リスト ]

アキノタムラソウ

シソ科 アキギリ属

和名:アキノタムラソウ 【秋の田村草】           

学名:Salvia japonica Thunb.
花期:7〜11月    
草丈:20〜80僂梁診草
生育地:山野の疎林や道ばた
分布:本、四、九、沖

参考:花のフィールド図鑑・秋 P.61
   平凡社「日本の野生植物」掘PL.66 P.81
イメージ 1

自然公園の雑木林の縁で、アキノタムラソウを見つけました。 (↑ これは草丈20cmぐらい)
まれにこのような単葉をつけることもあるようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イメージ 2

茎は四角で葉は対生し、長い柄があり、3出葉または1〜2回羽状複葉です。(↑ 草丈50cm以上)
小葉は広卵形か狭卵形で、縁に鋸歯があります。葉の形には変異が多いようです。

イメージ 3

茎は上部で枝分かれし、先端に青紫色の唇形花を何段かに輪生します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イメージ 4

花冠は長さ1〜1.3僂△蝓⊂綽阿呂笋篦称し、下唇は3裂します。

イメージ 5


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イメージ 6

雄しべははじめ上唇弁に沿って外に飛び出しますが、やがて下に垂れ下がります。

イメージ 7

イメージ 8

↑ 花序を下から撮ったものです。 ( 雄しべは垂れ下がるというよりクルンと曲がる )

イメージ 9

葉先がかなり尖っているものとあまり尖っていないものがあります。   (↑ ピンボケでした)
これらはすべてアキノタムラソウの変異の内と考えてもいいようです。
葉の形などに変異が多く、花、萼、茎など全体に白い毛が多いです。

シロバナアキノタムラソウ  http://blogs.yahoo.co.jp/chamomile_thyme_3/65008149.html

アキノタムラソウの他、ハルノタムラソウ、ナツノタムラソウ、
ウスギナツノタムラソウ、ミヤマタムラソウなどがあります。

撮影場所:三重県北部・自然公園
撮影日:2006.9.14 / 9.30 / 2007.6.16 / 7.16

「9月に見た草の花」書庫の記事一覧

閉じる トラックバック

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。
Yahoo! Choctle

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

検索 検索
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 今日全体
訪問者69348647
ブログリンク060
コメント0173
トラックバック00

  • Yahoo!ブログiPhoneアプリダウンロード
  • Yahoo!ブログAndroidアプリダウンロード
毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事