The Clara Song ピアノとリュートの365日

ピアノを弾いていないと枯れてしまう!

全体表示

[ リスト ]


ユジャ・ワンのリサイタルに行ってきました。
来ることは知っていたのですが、よく弾く曲がそれほど私の好みではないので
どうしようかなとしばらく考えていました。

スクリャービンやってくれるかな〜
たぶん私の好きなエチュードとかじゃないだろうな〜
でも、あの超絶技巧を一度生で聴きたいと思って行くことにしました!

サントリーホールは久しぶり。1年に1回?
このところ浜離宮朝日ホールに縁があります。
10月に行く予定のコンサートもここだから、既に3回、計4回行くことになる(笑)!


プログラムですが…チケットを注文する時点で
「演奏者の希望により曲目が変更される場合があります」と。
実際、そのあとメールで「曲目が変更された」と。
ここでクライスレリアーナが上がっていたと思うのだけれど・・・?

すると、当日

イメージ 1

やっぱりスクリャービンのソナタね、それとショパンの即興曲?
これはまたずいぶん路線が違う、なんて思っているそばから会場アナウンスがあって
「クライスレリアーナ」だと!
驚くことは何もありません。

どこまでも自由奔放な方です。

結局、前半のプログラムはこの通り。

イメージ 2

クライスレリアーナを生で聴くのは初めてです。
好きだし、一応自分でもやった(一部演奏不能w)けど
できないながら一体どうやったら曲としてちゃんと終われるんだろうと思ったものでした。

それにしても多彩な音。YouTubeで聴いてはいたけれど生はやはり違います。
クライスレリアーナの第4曲だったか、この音はどこから聞こえるんだろうと思った瞬間がありました。
ピアノの音でないような異次元の音がしました。

前半で際立っていたのは、その次のカプースチンでした。
シューマンから一変して、洗練された雰囲気のジャズ風変奏曲。
カプースチンはもともとジャズピアニストだったんですね。
これはよかったです。音が冴えきっていましたね。


シューマンのあとにカプースチン、そしてショパンなんて???
ユジャ・ワンでなければあり得ないかも!

後半は予告通りの「ハンマークラヴィーア」。これも初・生。
グラナドスはどっかに行ってしまいました。

ここで本編終了なのですが、ここからがむしろユジャ・ワンでした!

何回か出たり入ったりを繰り返したのちにアンコール曲を披露してくれるのが
よくあるパターンですが、ユジャ・ワンはそうではない。
出てきてさっと弾いてくれるんです。

3曲アンコールで弾いて、もうないだろうと思ったら、またすぐ弾く。

5曲やって、さすがに終わりよね、と思いきや疲労の様子もなく超絶技巧の嵐。
これだけの技術力の持ち主はなかなか見つからないでしょう。

6曲。もう9時半。
しかし、まだ続くアンコール。
これだけ弾いて乱れもない指はいったいどうなっちゃってるんでしょう??
本編のプログラムなんて朝飯前みたいなものだったんでしょうか。

全部でアンコール曲が8曲!こんなコンサート初めてです。

イメージ 3

全て終了したのは9時40分ごろだったでしょうか。
このあとサイン会があったというから、ものすごい体力ですね。

曲によっては、タブレットに入っている楽譜を見ながら弾いていました。
速い曲の間で手がピュッと出てきてスクロール。
ページめくりをミスったらどうするのかしら。まあ、余計なお世話ですよね。
紙の楽譜をめくるよりはよほど速いのは確か。
譜面台に立てずに横に置いても見えるんだ・・・。

シューベルトがきれいでした。抒情的な曲もよかったです。
でも、プロコフィエフのソナタ第7番のトッカータやヴォロドス/サイのトルコ行進曲のほうが
ユジャ・ワンの本領発揮かな。


楽譜付き動画。↑これの倍以上パワフルで、有無を言わせない演奏でした。

やはりユジャ・ワンはすごかった。
私は超絶技巧に圧倒されて、「すごかった」が先に立っていたというのが正直なところ。
本編のようなアンコールラッシュの曲は
ラフマニノフを除いて聴いたことがないということもあるかも。
こんなふうに自由自在に音が操れる感覚っていったいどういうものなのでしょう。
凡人には知る由もない。

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

クララさんこんばんは。
先日はコンサート情報ありがとうございました。

いやいや、格好も演奏もぶっとんでますが、演目やアンコールまでとは・・・

シューマンからのカプースチンからのバラ1って頭の中の転換が出来ませんって。

まぁテクニックは間違いない人ですから、どんな難曲でも弾きこなせてはしまうのでしょう。でも、コンサートの流れを作る選曲や曲順は、演奏者の意図を表わす目次のようなもの。
この公演の中に彼女のどんな心模様が表現されていたのか?

カレイドスコープ?メリーゴーランド?

まさしく、凡人には知る由もないですね。

2016/9/11(日) 午後 6:05 [ nemo2 ] 返信する

顔アイコン

> nemo2さん

こんばんは。
勝手に送り付けてすみません。ご迷惑だったかしら。

何か意図があっての選曲なのだと思いますが、どんなつながりがあるのか
わかりませんね〜。なぜあそこでカプースチンなのか、しかも突然。
理由があるなら知りたいです。
あと1時間ぐらい余裕で弾けたのではないでしょうか??
何でも技巧的には簡単すぎて指が気持ち悪かったりして。
でも、超絶技巧が並んで、私としてはちょっと食べすぎの感ありでしたね。

2016/9/12(月) 午前 1:10 クララ 返信する

顔アイコン

おはようございます。珠玉の時間を過ごされたようですね。サントリーホール、前は通ったことがあるのですが・・・一度行ってみたいものです。ですがなかなか・・・・。

2016/9/12(月) 午前 6:58 [ 内野ピアノサービス(piano@440Hz) ] 返信する

顔アイコン

> 内野ピアノサービス(piano@440Hz)さん

こんにちは。いろいろな意味ですごいコンサートでした〜!
話題には事欠かない方ですね。ちょっと耳が疲れたかも。
会場はユジャ・ワンのファンで湧いていましたが、その割には空席もチラチラありました。サントリーホールにいらっしゃる機会があるといいですね。

ところで、カープ優勝おめでとうございます

2016/9/12(月) 午後 5:43 クララ 返信する

顔アイコン

ユジャ・ワン、豪腕ですよね〜。もう弾けて弾けて仕方がない感じ。数年前、プロコフィエフのソナタを聴いてのけぞった記憶があります。
バッターボックスに立ってたら、凄い回転の160キロ超の速球がズバズバとコーナーに投げ込まれて来る感じ。「おおぉ〜(絶句)」みたいな。

だけど音楽に対する美感が、何か自分とは距離がある感じ。もっとこう、サラッと胸に届いて欲しいっていうのか何なのか。タッチの背後から、人間が聞こえて来ないとでも言えばいいのかな?←実に傲慢な言い方になってしまったかも知れませんけれど、、、。他の演奏を聴いても、何かしっくり来ない。何なんだろう、これ?結局、よく解らないんですけどね。

で、ケンプが弾いたベートーヴェンの4番のコンチェルトなんか聞いてると、しみじみと「いいなぁ!」と。要するに、自分が年くってるだけっていう結論にもなりかねず。黙って番茶をすする私でした(苦笑)。

2016/9/12(月) 午後 11:00 [ 双子座のおっさん ] 返信する

顔アイコン

ふと、中村紘子さんを思い出しました。
こちらでのコンサートで、記憶が確かならば7曲のアンコール曲。
同じく会場を出たのが22時前だったように覚えています。
プログラムさえ違うものの、流石に、世界的に有名な方は違うな〜、と感じました♪

2016/9/12(月) 午後 11:01 [ ピアニッシモ ] 返信する

顔アイコン

> 双子座のおっさんさん

こんにちは。
彼女の腕前には唸りましたね〜。「私に弾けないものはない!」ですね。
得意な曲からして私の好みのコンサートにはならないだろうと思っていたから
端から斜に構えていた感もあります。指が勝手に動いてしょうがないみたいな今の演奏を聴いておくのもいいかなと思いました。

でも、やっぱり…おっさんさんに同感です。ユジャ・ワンを聴いたけど、曲は何だったけ?のような感じ。初めて神尾真由子を聴いたときと感覚的には似ています。「四季」だったんですが、鬼気迫る演奏にのまれるばかりで。
私も単に年とってるだけとも言えるかも(笑)。それでなくても最近は身も心もバロックだし、おまけにリュートなんて始めちゃって中世入ってるし(笑)。時代の隔たりが大きいです。

2016/9/13(火) 午後 5:23 クララ 返信する

顔アイコン

> ピアニッシモさん

こんにちは。
中村紘子さんも7曲アンコール?体力ありそうな方でしたよね。
一度某国の小学校の体育館で催しがあって、演奏を聴いたことがあります。
こんなところにまで来て、こんな悪条件でも弾いてくれるんだと思いました。
風貌からしてもすごい迫力でした。
まだまだ活躍できるお年だったのに…もっとピアノを弾きたかったでしょうね。

2016/9/13(火) 午後 5:29 クララ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事