ここから本文です

書庫☞当ブログのオフ会記録

すべて表示

またまた、こんなトコロからコムにちは。

前回の「ニッポン滞在記」、いかがでございましたでしょうか。

春の特別ふろくもついて、ちょっぴりおトク?
そこそこ楽しめる内容になっていたのならば幸いでゴザイマス。

さて、この度は続編として「ニッポン滞在記2-2」をお送りしようかと。
おいおいっ、いつまでやってんだヨ!なるおコエもゴザイマショウが、ひとまず続行〜。(笑)

今回はどんな「夢かもしれない」が飛び出すのか...とりあえず先を急ぎまショ。

【その道のプロ・2】 
王様!ずっとお会いしとうゴザイマシタ〜鈴木啓之さま&竹部吉晃さまの巻

今回ご報告いたしますのは...ワタクシメがかねてからずっ〜と憧れておりましたお方とのご面会について。

で、どなたに憧れとるの?

鈴木啓之さま

ジャジャーン、この方なのでありまする。

鈴木啓之さまのプロフィール:テレビ番組制作会社勤務、中古レコード店経営を経て、現在はライターならびにプロデューサー業。歌謡曲やテレビ、映画をメインに執筆。監修、解説を手がけたCDはおよそ300タイトルにのぼる。著書は「昭和歌謡レコード大全」(白夜書房)や「王様のレコード」(同文書院)などをはじめ、共著も多数。昨年秋に刊行、「レコードコレクターズ」におけるアイドル特集号での船山基紀氏インタビュー記事も記憶に新しい。現在はFMおだわら「ラジオ歌謡選抜」にパーソナリティーとしても出演中。

鈴木さまは、ワタクシメが知らない時代の「昭和」にたいへんお詳しい方であり、その肩書きは「昭和アーカイヴァー」!それこそセンセイとお呼びするに値され、ワタクシメが尊敬の念を抱いていること...まずはココをご理解いただければと。素敵なお仕事されていて、とにかく憧れておりまして^^。

鈴木さまと交流を持たせていただいてから...かれこれどれくらいの歳月が経過したのでしょうか。はて?2年ちょいくらいということにしておきまショ、どんぶり勘定で申し訳ないけんど。でもたしかそのくらいのハズ。(笑)

今回のご面会に至るまでには色々とオンライン上ではやりとりを。それこそ昭和のお事柄についてはもとより、スイーツのお話なぞもしたことがありましたかしらん。(注:鈴木さまはチョコレー党糖員)要はワタクシメが鈴木さまのジャマをしていた...というワケでゴザイマスね、早い話。(笑)

だけれども、オフラインでご対面〜となる機会はなかなか訪れず。というか、ワタクシメが日本から遠いトコに生息という、いかんせんすぐには解消できない非コンビニ理由がゴザイマスものね。今回のようなチャンスがやってくるまでには、やはりソレ相当の時間は必要だったということに。

しかし、この度はお話もトントン拍子!夢だったご面会も「あれよっ!」という間に実現してしまったのでありました^^。物事って...進むときは一気に進むものでゴザイマスよね。

さて、その鈴木さま...実はワタクシメのブログにお目をお通しくだすっているとのことでゴザイマシて。ヨロコビのあまり、ご迷惑を承知でこんなものを。

イメージ 1
例のごとく、お手製のコンパクト型ミニレコジャケ3種と名札を作成。このデザインと組み合わせは、後にも先にもヒトツだけ。肩書きのアーカイヴァーの「ヴ」を「バ」としてしまいましたこと、伏してお詫びいたしまする。

どうですか、コレ。このコンセプトがひとめで分かる方がいらしたら、アナタはかなりの鈴木啓之フリークと認定いたしまショ。

しかし、どう見ても難問のはず...ということでサッサと種あかしを。(笑)

待ち合わせ場所:表参道 (「表参道軟派ストリート」唄:水谷豊)
利用したカフェの所在地:原宿 (「原宿キッス」唄:田原俊彦)
ご対面のシーズン:春感の頃 (「春感ムスメ」唄:可愛かずみ)

これらに加えまして、鈴木さまがこちらのサイトで書かれている素敵なコラムからもヒントを拝借〜。詳しく究明されたい方は、それを最初からくまなく読むべし^^。

イメージ 2
鈴木さまのご著書「王様のレコード」。当記事で鈴木さまを「王様」としたことの所以がココに。画像左が旧版、右が新装版。旧版はなかなか手に入らず、欲しいと思い続け。テレパシーが通じたのか?鈴木さまからプレゼントされた時にゃビックリ仰天!旧版には泉麻人氏との対談など、新装版で割愛された読みモノがモリダクサン。旧版の装丁はPOPでグ〜。

また、当日は鈴木さまのお仕事仲間でもあり、番組のディレクター業や書籍等の監修によりエディターとしてご活躍されている竹部吉晃さまもご同席とキたもんだ、キンチョー。それこそ、花も恥らう男子会の様相を呈すことに...って意味がまったく分からんけどナ。(笑)

こちらでも夢ン中ふたたび?だって、雲の上の方々と直接にお話できるのだもの。「背中あわせのランデブー」どころじゃない....向かいあわせのランデブーでゴザイマスよ。かといって「ミニミニデート」したワケではないからして、単語の用法には以後気をつけること、ハイっ。とにかくチェリー、感激!まさにこの一言で感情表現テキカク...でゴザイマシタよ、ホント。

イメージ 3
竹部さまより頂いたポストカード類。歌謡選抜、歌謡曲リミテッド用の他、フチ子さん、ねこ書籍に関するものまで、まとめて4点セット。書籍はファミマ・ドット・コムより発売中。

FMおだわら「ラジオ歌謡選抜」の公式サイトはこちら
歌謡曲発信サイト「歌謡曲リミテッド」の公式サイトはこちら
ファミマ・ドット・コムの出版物ページはこちら

あんなお話、こんなお話...すっかり舞いあがってしまい、余計なことまでおしゃべりしてしまったような気も...。まぁ、緊張してガチガチ...お地蔵さまのように黙りこんでしまうよりはマシだったのカモ?と自己正当化してみたり。

そして、かなりエキサイティングで、なおかつありがたいご提案も賜りました。が、しかし...そのありがたきお言葉をそのまま呑みこんでしまってよろしいものやら、ナゾ。なにせものすごく「ドリーム・オン・ドリーム」なことだし「夢かもしれない」でもあるし...とにかく「夢飛行」しながらも「ためらっちゃうワ」してしもうたワタクシメ。

この日はリミテッドなお時間ではゴザイマシタが、そのドキドキパニック度といったら...夢工場なみのソレ。(笑)やすやすとご説明できるものであるハズもなく...。

だけれども、ワタクシメの想いは終始一貫しており

「ずっとお会いしとうゴザイマシタ!」

コレに尽きるのは言うまでもなく...でありまして。

なにはともあれ...

↑にてご紹介しとりますが、鈴木さまがパーソナリティーを務められ(長井英治さんとのペアで)、竹部さまが構成を担当していらっしゃる番組は「ラジオ歌謡選抜」というタイトル。

ということは、この日はもしや…鈴木さまと竹部さまにご選抜していただけた名誉な日?かといって、ワタクシメ自身は歌謡曲ではなく人間…でゴザイマスよ。勘違いされる前に、ひとまずはココで言及(←そうだったの?というおコエもチラホラか、ナゾ)。

とにかくソレはとても光栄なことであり、ワタクシメなぞにはもったいのうゴザイマスよ。またこうして調子に乗ると…読者の皆様からお叱りのお言葉なぞも頂戴するハメになるからして、ヒキシメ。己における座右の銘「初心忘れるべからず」を胸に刻み、日々を粛々と過ごしていきたいと思うのでありまする。それこそ「酒とバラの日々」にならんよう、気をつけますワ。(笑)

2月20日金曜日「ニートな午後3時」…ここからの数時間は、鈴木さまの「ミュージックガーデン*」に「チェリーガーデン」(ワタクシメをこのように形容させてクダサイ)をご厚意でおネジこみいただいた…そんなひとときだったのかと。
*鈴木さま経営の中古レコショップ|かつての店舗は猿楽町→神保町

ワタクシメの「夢ください-知・的・優・遊-」に「夢をあげよう」とお応えくだすった、お二方のお優しいおココロ遣いに感謝させていただきたく。

鈴木さま、そして竹部さま...この度はご多忙の最中にご足労いただきまして、誠にありがとうございました。お会いできまして本当にウレシュ〜ゴザイマシタ!!

そして未だ夢うつつ…。

あれから1ヶ月もの時が流れてるというのにネ。「夢から醒めた天使」には当分なれそうにありませんワ。

ってか、アラフィフのおっさんが「天使」なんてキレイぶんじゃねぇ!ってな怒号もチラホラか、ナゾ。
「天使にスリルをおしえてあげて」...いいえ、そんなスリルはいりませぬ。(笑)

ほな、この辺りで退散いたしまする。

...と言いつつ、しつこく追伸を。(笑)

この日は引き続き横浜方面へ。

当ブログがキッカケで仲良くしてくだすってる○○くんとその彼女さんに会うために、知る人ぞ知る?BEZ RECORDへ馳せ参じましたヨ。
イメージ 4
2度目のBEZ...マスターとも再会と相成りましたが、お元気なご様子でなにより。この宵は当時のアイドル生写真コレクションが自慢という方もおみえになり、とてもディープで愉快な一夜に。マスターが作るおつまみ絶品!そして懐かしVTRもたくさん流してくださり...コチラでもおココロ遣いに感謝!

ってなワケで、あっちいったりこっちいったり...終電を危うく逃すところでゴザイマシタよ。(笑)

この日は'A級アイドルみたく(注:ダッシュがついてることに要注目!)ご多忙モードのてんてこ舞い?それこそ、当時アイドルちゃんたちのキモチがよ〜く理解できたワタクシメだったのでありまする。

これにて「ニッポン滞在記2-2」はお・し・ま・い。引き続き2-3でお会いいたしまショ。

それまで...ごきげんよう、さようなら。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • さてさて…やっとこさ20回目の大台を迎えたと思いきや、すっかりゴブサタになってしまいました『キャッチフレーズ辞典』。更新がノロくて誠に申し訳ゴザイマセぬ。 それはそうと、本書庫におきまして以前に取り上げました高橋美枝嬢の記 ...すべて表示すべて表示

  • 皆さま…新年おけましておめでとうございまする。 ってかもうマツノウチは終わっておりますが、まだこのご挨拶方式でもヨロシュ〜ゴザイマスか。 先を急ぎましょショ。さて、つい先日の大みそかに行われたNHK「紅白歌合戦」... ...すべて表示すべて表示

  • 毎年おさわがせいたします。 いつものごとく...またまたみなさまより先にイってしまったワタクシメ。(笑) ニッポンより時間が2時間早いトコに住んでるんだから、いた仕方がゴザイマセン。 さて...年が明けまし ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事