ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

♪もう泣かない女になってみせるわ〜

と…歌の冒頭からスゴむお歌により颯爽とデビューを飾ったのは、1980年に放映されたテレビドラマ「翔んだライバル」におけるりんごちゃん役で人気を博した辻沢杏子さん。彼女は元々、劇団ひまわりのご出身であり、一時は「明星」などティーン向け雑誌においてソレの広告塔なども務めてらしたと記憶する。

そんな彼女の歌手デビューは1984年4月21日。そう、それこそリンゴちゃん役で人気者となってから数年が経過、22歳にしてやっとこさのレコードデビューと相成ったのである。80年代…20歳を過ぎてのアイドルデビューは基本的にかなり遅い方となり、また周囲の同期歌手の殆どがティーンだったことなどもあったせいか、すでにご本人様にはお姉さん?はたまた杏子姐さん?とでも呼んだほうが相応しいような…そんな貫禄が漂う状態となっていたのでゴザイマス。そんな杏子姐さん(←このように呼ばせて頂きますわ)の記念すべきデビュー曲が♪もう泣かない女に〜と凄みを効かせたオンナを主人公に据えたという、表題の「サヨナラMr…」だったのである。

この曲は作詞を中山大三郎氏が(←シブイ!)、作曲をTAI氏が手がけたというチューンとなっており、アイドルポップスというよりは、夜の芳香が漂わんばかりの、アダルティーな歌謡曲といった風情がしこたまとなっていたもの。そもそも、この曲を手がけたTAI氏のご経歴もイマひとつ不透明というか、ちょっとばかりのナゾに包まれているのである、なぜなら同名義で他に残した作品が見当たらないからである。おそらくはどなたか有名作家のペンネーム?という線も考えられるか。

さて、そんなミステリアスな方により作られたこの楽曲のテーマは…

悲しみを置き去りに旅立つオンナ

である。すでにこのモチーフからして‘演歌ちっくな臭い’をも漂わせたりもするのだが、ソコはかつてのリンゴちゃん役でアイドル人気を博した杏子姐さんだもの。この曲の歌唱に関してはなんと‘フリフリの聖子風ドレス’での歌唱と相成り、この曲を視覚的に…より一層魅力的にして下さったのでゴザイマス。

♪ルート5を行けば 夜明けの風の中
 ひとつひとつ過ぎてゆく あなたの思い出
 あんなにも愛してた わがままも許した
 だけど今はお別れよ サヨナラMr…

このお歌の主人公様がなぜにこのオトコとの別れを決心されたのか…ソレに関してはこの曲の後半部分で暴かれていくのだが、この部分でちと気になるのが♪だけど今は〜というクダリだろうか。‘今’と唄っているくらいだから‘今’はひとまず別れを決めたけど、ゆくゆくは元の鞘に舞い戻るおつもりなのか、はたまた彼に対して腹黒い企みを胸の内に抱え復讐のその時を虎視眈々状態なのか…そこら辺のトコロは謎…である。

♪もう泣かない女に なってみせるわ
 夜明け前海沿いに 車を飛ばす
 そう あなたに芽生えた新しい恋
 過ちじゃすまないでしょ どう

あらぁ。要は彼ったら新しいオメコを獲得してしまったようでゴザイマス。で彼女としたら挙句の果てに…ナミダナミダの三行半をカマした図なのでしょうか。だけど2番の歌詞では…

♪心ふるえているわ 今でも大好きよ

と唄っており、未練がタップリの女々しさも見せる主人公様。その割には…

♪そうあなたは今頃 まどろみの中
 この私探すでしょう きっと

とぷちタカピーなところも覗かせたりで…しかも♪きっと〜…とかなりの高確率でタカをくくってるあたりもスゴイわね。彼が探さずに知らん顔だった場合は一体どういうリアクションを取るおつもりだったのでしょうか。(笑)

それにしても杏子姐さんの低音による♪過ちじゃすまないでしょ〜はなかなかの迫力がゴザイマス。姐さんのような美人にこのようにスゴまれるほど怖いものはないのですよねぇ。こうして歌中で二度もスゴんでるくらいだから、サヨナラMrと女々しく去っていきながらも、心のどこかには…

企むオンナ

が芽生えているのでしょうか。このお歌からは単に悲しみに暮れるオンナだけではない、なにか別の臭いを密かに感じとる筆者なのでゴザイマス。

この曲はオリコン最高49位、2.3万枚…と、なんともまぁ!オリコンチャートの左側に滑り込む快調なヒットと相成り、新人歌手のデビュー曲としては合格印のヒットと相成ったのである。このヒットにより杏子姐さんは賞レースの前哨戦だったテレビ東京主催の「メガロポリス歌謡祭」での本線出場を手始めにして、その後に続く新人賞でもその存在を大いにアピールしていくことになったのである。下記が姐さんにおける戦歴なのだが…

「メガロポリス歌謡祭」優秀新人エメラルド賞
「日本歌謡大賞・新人まつり」当選
「日本テレビ音楽祭・新人賞」予選突破&本選出場
「KBC新人歌謡音楽祭」優秀新人賞
「ヤング歌謡大賞新人グランプリ」服部良一特別賞
「銀座音楽祭」審査員特別賞
「新宿音楽祭」銀賞
「横浜音楽祭」新人賞
「あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭」予選突破&本選出場

どうよ、コレ!他の新人歌手が夏から秋口へ向けて2曲目、3曲目と放つ中、杏子姐さんはデビュー曲の「サヨナラMr…」で1発勝負よ!これ1曲でこんなにゲットしてしまったのだから大したものでゴザイマスよね。それに杏子姐さんは審査員を務めたセンセイ方にはすこぶる評判がよろしかったようで…もしかしたらお色気点なるものも密かに加点されていたのでしょうか、謎。

ちなみにこのデビュー曲は日本テレビ「歌のトップテン」にて、チャート上昇中の話題曲として取り上げられ、同期の桜だった岡田有希子さんと一緒にご出演。その際は…それこそユッコに負けず劣らずのフリフリドレス&旧・聖子ちゃんカットを引っさげてのご登場だったのでゴザイマス。元々、お顔立ちがとっても美しい杏子姐さん…それはそれは聖子ちゃんカットがバッチリコンコンと似合っており、リンゴちゃん時代において姐さんに魅了されたオールドファンを大いに喜ばせてくれたものでゴザイマシタ。歌手デビューが遅かった分、「なりふり構わず目立たなきゃ!若い小娘には負けないわ!!」という鼻息の荒さもあったのでしょうか。さすがは…

東芝のファースト・レディー(←歌手デビュー時のキャッチフレーズ)

やることなすこと堂に入っていたようで。ちなみに現在の杏子姐さん…芸名を辻沢響江(←きょうこと読みます)へと改名され、女優さんとしての活動を継続中でゴザイマス。


☆作品データ
作詞:中山大三郎 作曲:TAI(1984年度作品・東芝EMI)

閉じるコメント(67)※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

  • ☆ヨーゼフさん:おっ!もうちょっとで番外編から脱出ですね^^。サードの「胸さわぎ」もなかなかの仕上がりでしたよ、ナマウタ体験があります。それは小林麻美さん「アパートの鍵」のカバーでゴザイマシタ。

    杏子姐さんのアルバムと言えば「杏子ストーリー」でしたよね。買うか買わないかちょっと微妙な位置にいる作品ですが、今後のCD化はまずないでしょうから1枚くらいはお手元に...という感じでしょうか^^。

    CHERRY★CREEK

    2008/7/9(水) 午後 10:18

  • 顔アイコン

    そもそもナゾなのは、「翔んだカップル」から3年余りも経って(その間さほどの露出があった記憶もなく)レコードデビューにこぎつけている点ですね。やはり彼女の場合アダルティー的な路線がベストと判断し、22歳まで待ったのかもしれませんね。これ相当のプッシュがあったでしょう。歌謡大賞は×でしたっけ?メガロは最後の最後でした。ちなみに翌年は「夢ください」(なかなかシブかったです)の奥田圭子さんでした。

    [ 樹愛 ]

    2008/7/12(土) 午前 5:57

  • ☆KOSUKEさん:当時のヘアカタログなどによれば、84年になる前(82年頃)にもレコードデビューの話しなどが出ているので、その頃から話があったのかと推測されますね。その間、女優としてはドラマなどにも顔は出されておりましたね。歌謡大賞は×でした...あなたが選ぶまでは出ずっぱりだったのですが。

    CHERRY★CREEK

    2008/7/13(日) 午前 9:52

  • 顔アイコン

    なるほどね。歌を出すといっても簡単にはいかないもんですね。かと思えば秀美ちゃんや明菜ちゃんみたいにオーディションから半年足らずでデビューできるヒトもいる。改めて芸能界の運の大きさを感じさせられます。歌謡大賞はご教示ありがとうございます。だいたい新宿音楽祭の銀賞に入れば歌謡大賞はOKという認識があったんですが、この年の銀賞は5名でしたね。岡田・吉川・長山・荻野目・神野・渡辺・田中で思い出しました。彼女は翌年に小林麻美さんの「アパートの鍵」(これが京平センセイで、またいい歌なんですよ)をカバーしていたのがTVで見た最後です。全然売れませんでしたけど。

    [ 樹愛 ]

    2008/7/13(日) 午後 0:32

  • ☆KOSUKEさん:杏子さんの場合、ヘアカタログのインタビューなどでは「歌を出す予定」みたいな感じで、やる気マンマンに書かれてるのですが、84年にデビューしてそれを振り返るご本人はあまりノリ気じゃなかったみたいなコメントをされてるんですよね。ヘアカタのインタビューは脚色がされていたのかもしれませんね、おそらくは^^;。歌謡大賞は前半はイマイチ苦戦気味だった神野さんがのしてきたので、ソレにより杏子姐さんがハジキ出された結果になりましたね。セカンドだった「MISテイク」を秋頃に出しちゃっても良かったかもしれませんよね。

    「アパートの鍵」は「胸さわぎ」と改題されて発売されましたね。「Far Away」あたりが歌での最後になりますね、自分の場合。この頃になると妖艶な雰囲気になって...「サヨナラMr
    ...」での聖子ちゃんカットの姐さんはいなくなってましたね。(笑)

    CHERRY★CREEK

    2008/7/13(日) 午後 10:47

  • 顔アイコン

    その「MISテイク」自体知りません。で「胸さわぎ」でしたね、そのカバーは。これも小林麻美さんで私は覚えてるので、辻沢さんのヴォーカルは記憶にないです。「サヨナラMr...」は今でもワンコーラスソラで歌えるほど聴いたのに(笑)。で神野さんがのしてきた、っていうのは松村和子さんとは意味が違って、芸映のプッシュがすごかったってことでしょう。「なみだ川」も最高81位で2.8万枚でしたし。尤も翌年「男船」が31万枚の大ヒット、金の鳩賞を獲る資格もあったと思いますよ(笑)。

    [ 樹愛 ]

    2008/7/13(日) 午後 11:06

  • ☆KOSUKEさん:あら?杏子姐さんもいつのまにか番外編を脱出なさっておりましたわ。(笑)

    「胸さわぎ」は♪胸さわぎするわ〜たしです〜の歌詞からそのように改題したのでしょうね。アパートの鍵ってのもちょっと古くさいしで。神野さんは日テレ新人賞の時点でも本選に進む資格はあったように思いました。「なみだ川」ってとってもスキだったんですよ、なんだか川崎公明さんの「隅田川暮色」に相通ずるところがあって。金の鳩賞はあげるべきでしたよね。でもユッコが持ってっちゃった、さすがはサンミュ。(笑)

    CHERRY★CREEK

    2008/7/16(水) 午後 9:13

  • 顔アイコン

    この「胸さわぎ」は京平センセイなんですが、70年代で優雅ってチャイニーズ・アイドルはちょっと覚えてないかな?彼女の同名異曲の「胸さわぎ」も彼の作曲なんですが、また名曲だったんですよ。で金の鳩賞は難しいところですね。トータルのセールスでは神野さんが上でしたが、ユッコさんはベスト10入り常連+スタ誕枠ですからね(笑)。78の健太郎&郁恵みたいに、二人にあげてよかったのにと思います。荻野目ちゃんのブレイクがあと半年早ければ3人でも(笑)。でもメガロで号泣していたユッコさん、この金の鳩賞ではちっとも嬉しそうじゃなかったですね。「哀しい予感」を歌う彼女になんとなく「哀しい予感」がしました。

    [ 樹愛 ]

    2008/7/19(土) 午前 10:20

  • 顔アイコン

    CHERRY CREEK さん、こんにちは!
    高校の時、女優としての、彼女が好きでしたね。
    マッチのドラマの中で、チアガールとして、その他大勢の中にいた頃から、好きでした。あの当時、何度か、ドラマに、ノーブラで出演していたんですよね!
    それを、新聞のインタビューで、発表してから、注目を浴び始めたんですよね。

    [ ]

    2009/6/27(土) 午後 1:35

  • ☆tomokodaisukiさん:こんばんは。おおっ!辻沢姐さんのトコロにもコメントを...ありがとうございます^^。女優としての辻沢姐さん...翔んだシリーズでは人気を博してましたものね、リンゴちゃんとして。

    えっ!そんな大胆なこともされていたのですね。なんだかその後の姐さんそこにありき...といったノーブラだったのでしょうか、ナゾ。

    歌手としても遅いデビューながらなかなかの健闘で...新人賞レースには出ずっぱりでしたね、姐さん。

    CHERRY★CREEK

    2009/6/30(火) 午後 9:09

  • 顔アイコン

    ABCの後輩の宝ひとみさんもデビュー曲の歌詞は中山大三郎さんでした…北朝鮮の山の歌(笑)杏子さんは板橋出身のせいか、歌詞に、ルート5♪と出てきましたね。本名は協子で、協奏曲からお父様が命名。杏子さんは確か横笛をやってらしたはず。螢川の沢田玉恵さんの役名は辻沢英子でした。メガロのエメラルド賞発表ではテンパりまくりでクールな印象が一転しましたね。ご本人のみならず視聴者も共演者も「何で?」と思ってましたよねあの時(笑)

    [ ]

    2009/9/17(木) 午後 8:59

  • ☆gotohjunpeiさん:そうでしたね〜宝ひとみさん。ABCの女性新人は中山センセイが腰を上げて書かれていたのでしょうか、ナゾ。

    それはそうとこの曲を作曲したTAIさんって一体...。結構いいメロ書かれてますがその後はあまりクレジットを見かけませんでしたよね。

    メガロのエメラルドをはじめ、賞レースでは優遇されまくりだった杏子姐さんでしたよね。お色気点でも相当に加点されていたのかと疑いたくなるほどの優遇っぷりでしたもの。(笑)

    CHERRY★CREEK

    2009/9/21(月) 午後 3:33

  • 顔アイコン

    スカパーのレッツヤンつながりで、辻沢さんのこの曲も登場しておりました。個性の強い大人の女性でしたねぇ。久方振りに当時の映像を見ましたが、好みが分かれる典型的なタイプのアイドル(?)でした。

    でもやっぱり、この人も賞レースでは浮いていませんでした?年代が違うから?「アイドル歌手」っていう雰囲気は無かったですよね。

    この曲のほかには無かったんですか? 削除

    [ PIRO ]

    2010/1/7(木) 午後 11:36

  • ☆PIROさん:辻沢さんもご登場と相成りましたか、レッツヤン。デビュー当時はすでに21歳になられてましたからねぇ。その前の女優活動で知名度があったので、賞レースではかなりトクした方でしたよね。

    それでもデビューしてから1年間は「聖子ちゃんカット」でガムばってくださって...感謝!って思ったら、翌年に入ってすぐにバッサリとされちゃいましたね。レコードは数枚発売しており、表題曲の後は年明け第一弾として「MISテイク」ってのを出してます。ツッパリ歌謡でしたが、レコードには「杏子とテレフォンデート」みたいな半券が付いてたり...アイドルしてましたね。

    賞レースでは浮いてましたが、かなりのお成績。きっとお色気で審査員をメロメロにしていたのではないでしょうか、ナゾ。(笑)

    CHERRY★CREEK

    2010/1/8(金) 午前 6:20

  • 顔アイコン

    私めも「翔んだライバル」見てました、それでのりんごちゃんのイメージで辻沢杏子チャンを見てたせいでか、この曲でデビューしたときは「え?」でした。
    さいわい「サヨナラMr....」は歌うてはるのん見ましたが、それ以降は。。。(杏子チャンごめんなさい)
    さて「ゲッカヨ」の今月の新人欄では右ページの真ん中で、右は「恋人講座」の福家美峰さん、左は「私の神様」の田中さとみさんでした。

    P.S. このエントリ中に大阪人である小生にとってめっちゃエグい誤植があります。
    サビの歌詞が書いてあるとこの下です。。。(@o@) 削除

    [ ポケット保持 ]

    2010/2/9(火) 午後 10:32

  • ☆ポケット保持さん:りんごちゃんですね〜若かりし日の杏子(響江)姐さん。改名されたんですよね〜ってか響江じゃ「きょうこ」って読めないんじゃ?(笑)

    「サヨナラMr...」では賞レースに出ずっぱりでしたものね〜しかもこの曲1発ポッキリで勝負したのがごリッパでゴザイマシタよね。ゲッカヨでは田中さとみさん&福家美峰さんとご一緒だったのですね〜「恋人講座」おナツカシュ〜ゴザイマス。

    P.S. えっ、えっ、えっ、どれ???もしかしてオ○コのこと???(笑)

    CHERRY★CREEK

    2010/2/10(水) 午前 5:41

  • 顔アイコン

    あらぁ、CHERRYさまったらぁ、確信犯でしょ(;^_^A)

    ホントはこの曲の意味するところは長嶋さんが引退する話(お粗末)
    「響江」で “きょうこ” ですか、パッと見じゃ「ひびえ」だよ(滝汗)
    さて「杏子」という名前、アイドルでは思いつきません、真っ先に出たのはバービー人・・・じゃない、BARBEE BOYSのヴォーカルです。ググって見たらバービーも解散してもう18年になるんですねぇ。
    ・・・あ、一人いた、のちの「ユカワミオ」や「テライユキ」、いまでは「初音ミク」の源流となってる方です、バーチャルな存在は伊達ではない(お粗末) 削除

    [ ポケット保持 ]

    2010/2/10(水) 午後 7:01

  • ☆ポケット保持さん:おはようございます^^。そんなことゴザイマセぬ。全く存じ上げませんでしたのよ、ウブウブ。(笑)

    響江で「きょうこ」って読めないですよね〜まさに「ひびえ」。杏子名義で浸透してるのだしそのままでもよかったような、姐さん^^;。

    杏子と言えばやっぱりあのお方ですよね〜なんとなくいつもお疲れモードのお顔されてたツインボーカルのお方。杏子って名前のアイドルはいないですね〜たしかに。杏美だったらいたけど...トトロ唄う前のあずみさん。「きょうみ」じゃなくて「あずみ」ですからん。(笑)

    CHERRY★CREEK

    2010/2/11(木) 午前 7:21

  • 顔アイコン

    ありゃりゃん、ポケット保持様からヤン金名物「聴きコンダラ」のようなネタが。杏子さんのFMサタデーホットリクエストに、ネタをパクって葉書おくろう(某国営放送では、当然ボツ、笑)。 削除

    [ ギムリン ]

    2010/2/13(土) 午前 11:17

  • ☆ギムリンさん:えっ、杏子ねえさんってラジオのパーソナリティーもされてるの???お脱ぎになるお仕事以外もされてたのね、ってちょっと失礼ですね、姐さんゴメン。(笑)

    CHERRY★CREEK

    2010/2/14(日) 午後 8:39

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

  • トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

Yahoo! Choctle
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)
本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事