マンガとアニメの感想録とか

仕事でストレスがたまりまくり・・・(*´Д`)=з

全体表示

[ リスト ]

屍鬼 (最終話)

屍鬼

第22話「蔡蒐話」

味方を全て失い、追い詰められる沙子。

一方、山入から上がった火はみるみる拡がり、村を全て覆うほどの火勢で全てを灰燼と化していた・・・


囮の辰巳

「ぐあああああ!!」

イメージ 1


村人の一斉攻撃に合ってさすがの辰巳も最後は谷に墜落。

沙子を逃がすための囮だから、派手に村人を惹き付けて数十人の一斉砲火をその身に浴び、車で引かれるわガードレールにぶつかるわと、もうこれ以上はないってくらいボロボロですな。

人狼になっても痛みは感じるはずだから、死なないとは言え、死ぬほど痛い思いを何度も繰り替えしているのに、一向にその使命感をブラさずに沙子を逃がす囮としての使命を全うする忠節心には流石に感じるものがあるな。

辰巳が沙子に仕える理由はホロビの象徴だからということだけど、沙子が生きる姿ではなく死にそうなほどの寂寞に包まれているような状況が彼にとっては象徴的のように見えるけどねえ。なぜ沙子を生かそうとするのか、辰巳の考えはイマイチ私には理解できんな。個人に対する忠節以外で、これほど献身的な尽くし方ができるものなのだろうか。
辰巳の性格や思考は作劇ではあまり見られなかったので、軽そうな印象しかないが、思考にひねたものを持っているのでしょうね。沙子と同じく異形になる前の彼は夏野のように聡明だったのだろうけど、沙子と同じく身を修める前に異形になってしまったような感じですね。沙子も辰巳も異形になって知識や経験など多くのモノを得ることが出来たけど、それは過剰な知識と経験であったのではないだろか。身を修めるというのは、多くのモノを得ることではなく、過不足をなくすことであるのだから。

生きていた田中姉弟

「・・・・」

イメージ 2


お、田中姉弟は生きていたようですね。やはり田中弟は屍鬼に襲われる前に夏野が助けていたか。アネキの方は半分気がふれていたようだけど、別の町に来て治療を受けてるってことは、夏野が弟と一緒にここに連れてきたんでしょうね。

徹以外の人間に対して全く興味を持たなかった彼が、ここまで気を遣ってやるのはやはり自分を慕い、自分の考えに同調してくれた仲間だからでしょうかね。
夏野は典型的な付き合い難い人間だけど、その心性の奥に手が届くまで深く付き合うとかえって永く付き合えるという人種ですなw

恵の最後

「今度こそ村を出るんだ。都会の華やかな暮らしを手に入れるんだ」

「誰だ!?」

(!!・・・大丈夫!夜目の効かない人間なんか怖くない・・・う!!)

イメージ 3

イメージ 4


仲間が次々に殺されていく中、一人逃走を続ける恵。恵の目指すは都会。人間など簡単に振り切れるとタカをくくり、都会に行って華やかな暮らしをしようと夢見ていましたが、村人たちもバカではなくちゃんと対策を執っていたのでいきなり大ピンチw

屍鬼になっても生前の時の夢や希望は薄れないのか、それとも恵みの憧憬が尋常じゃなかったのか。今までは辰巳という番犬がいたから唯々諾々と従っていただけだけど、これを好機と自分の野望で動き出すあたり、恵はやはり屍鬼の中でも浮いているようですねw
村の中でも浮き、それを自分だけが正常で他の連中が異常だと言って憚らなかった彼女ですが、どこの世界にいても浮いてしまう自分の存在を正面から見ることは最後までなかったようですねえ。
結局、彼女が憧れていたのは都会ではなく、自分の思考と趣味が合致する理想の世界であって、現実世界の何処にでもない世界なのかもしれません。

「やめて!わたし恵です!清水の!お願い助けて!」

イメージ 5

「きゃああああ!!なんで分かんないの!おかしいのはアンタたちよ!こんな村最初からなければよかったのよ!こんな村に生まれてこなけりゃよかった!」

イメージ 6

イメージ 7


うひ!これはグロイなあ(^ー^;A 小型のショベルカーのタイヤで腕を押さえ込み、その後で顔をぷしゃっとw それでも生きて手足をじたばたさせているのは人間というよりもう昆虫とかだよな(-"-;) 最終回だからか恵みだからか、この殺し方はエグイなあ(-"-;)

確かに排他的で進取の気鋭のない村は若者には生きるのは辛いだろうけどねえ。恵は都会にいけば自分は幸せになれると無邪気に考えているだけで展望がない上に、どうしたらよいか考える思考力も弱かったようですからねえ。馴染む努力も抜け出す努力もせず、漠然と夢だけを見て現在を否定することしかできなかった者の末路でも、ちょっと可哀想ですね( ´・ω・`)

夏野vs辰巳

「僕はやることがあるんだが?」

「それを邪魔しに来たんだ」

イメージ 8

「俺がいつ人に味方しているといった?俺はただ、アンタらが気にくわないだけだ!」

「・・・・」

「自分たちの都合で人を襲っておいて、起きあがれば勝手に仲間扱いをする」

イメージ 9


人に味方するのではなく、徹頭徹尾、屍鬼たちの存在をも生き方も在り方も全てを否定する夏野。自分の人生を変えられた怨みでもなければ、義憤でもない。屍鬼たちの存在を根底から否定する彼の意志の堅固さはどこから来たのかは分かりませんが、彼の怒りは屍鬼たちに殺されて死んだ者も屍鬼になった者も、その全ての者が襲われる前に感じた恐怖と怒りを具現化させたような存在ですね。理不尽に対する怒りというのは、その理由は分からずとも感銘できる怒りです。

沙子絶体絶命

「奴は任せろ!逃がさねえ!」

イメージ 10

「私は望んで敵になったワケじゃない!それなのに赦しを施してくれようともしない!」

イメージ 11


一方、静信が気を失って一人になってしまった沙子。村人の執拗な追撃からひたすら逃げていましたが、ついに静信と出会った教会で追い詰められます。

屍鬼の元凶とはいえ、見た目幼女を大勢の大人が殺そうと追い詰めていくのは何だかせつなくなりますねえ。

前も教会にすんなり入っていたので、やはり沙子だけは特別で神域でも普通に生活できるみたいですね。

神の前で運命を呪い、神を非難する沙子の様子を見ていると、かつて彼女が語った自分が吸血鬼になった前後の昔話のようにすんなりと運命を受け容れたワケではなかったようですね。静信に語った自分の生い立ちは、静信に対して自分は子供ではないとアピールするための強がりに過ぎなかったってことかね?
実際は自分の陥った運命をずっと呪っていたようです。
しかし、彼女がこの運命から逃れる術がこの100余年の間に一度もなかったのだろうか? 人が正しい生き方を本心から望む限り、天意というのは一瞬だが必ず閃く。その一瞬のために努力し、切磋し、琢磨するのが人としての正しい生き方なのだが、それを疑った者、その一瞬の閃きを掴めなかった者は運命論者として敗残の辛さに陥ると言うが、まさにその通りになってるなw

やはり、彼女は吸血鬼になるには余りに幼すぎたのでしょうね。沙子を吸血鬼にしたオリジナルの吸血鬼が沙子を選んだのは、彼にとっては永劫の時の中のほんの余興だったのでしょうねえ。

人狼たちの最後

「このくらいじゃ人狼は死なないんだ」

「不便だよな・・・・」

「!!・・・・ふう、君は死ぬのは怖くないのかい?」

「俺はもうとっくに死んでる」

イメージ 12


死体を棄てる深い洞窟の底に辰巳と共に落ちた夏野。元々、夏野はここに辰巳と共に落ちてダイナマイトで自爆するつもりだったようです。そして、辰巳も反攻することに諦めたのか、共に爆死したようです。

沙子や他の屍鬼たちが見苦しいほどに逃げ回っていたのに対し、この二人は死を前にして何とも逍遥としてますなあ。人間としての格というか魂の座が違うとしか言いようがないけど、滅私して屍鬼の殲滅を願う夏野の執念の勝利ですかね。

沙子の運命

「捕まえたぞ!!」

「いやあああああ!」

イメージ 13

「いい加減に覚悟しな」

「止めて!赦して!!」

「そりゃなんだろ、お嬢ちゃん。世の中には、やっていいことと悪いことがあるんだ!世の中には誰が決めたわけでもないルールってのものがあるんだ。そんなややこしいもんじゃねえ!」

イメージ 14


夏野や辰巳とは違い、最後まで見苦しく命乞いをする沙子。そんな沙子に、酒屋のおっさんは最低限のルールが守れない奴は死ぬしかないと冷たく言い放ちます。

「室井さん?」

「ここはもう焼け落ちてしまう。急ごう」

イメージ 15


沙子の最後という時に現れたのは室井!なんと、沙子を殺そうとしていた酒屋のおっさんを殺してしまいましたw

室井はずっと中立の立場で、悲しい運命をもった屍鬼たちに同情こそすれ人間に対して敵対はしていなかったのに、ここに来ていきなり殺人までしてしまったか。なんつーロリコン坊主だよw

沙子が気に入ってしまったんでしょうねえ。だから殺されるのが忍びなかったと。自分の感情の好悪で殺人をしてしまった彼は既に人間としての尊厳を放棄したのかと思ったら本当に放棄してたw

人狼

「やっと自分を捨て去る決心が付いたの。神に見放された者は生きているべきではないのよ」

「僕はこうなって初めて分かったよ。神はいつでも何も言わないものなんだよ。生きることと死ぬことは神とは関係ないんだ」

イメージ 16


人狼となった静信はこのまま死を望んでいた沙子を説得して村から脱出。こんどは静信が辰巳役となってどこかで同じことを繰り返すんでしょうねえ。
自分たちは人外の存在だから、神にも人間の定めたルールにも従わなくても良いと嘯く静信は、僧籍にいた者とは思えないですねえ。
沙子可愛さに殺人を犯した静信が何を言っても説得力ないけど、このままズルズルと永劫にこの生活を続けていくんでしょうねえ・・・

そして、沙子を連れて車で逃走してEND

最後はなんちゅーカタルシスw 屍鬼も人間もほとんどが灰燼に帰したな。その中で、逍遥と運命を受け容れる者、足掻いて生き残る者、無惨に死ぬ者と様々な人間模様が見られましたなw

最後はどこへともなく去ってゆくというのは、まだこれからも何かが起こる予兆を遺しており、「リング」の終わり方みたいで個人的には満足です。

でもまあ、2クールに渡って楽しめました。今期でも続きが一番気になった作品でしたからね。できれば3時間くらい連続の前後編くらいで見たかったですな。スタッフのみなさん、お疲れさまでした!

この記事に

閉じる コメント(12)

顔アイコン

すごい最終回でしたね。
恵の最後は本当にかわいそうになりました。
ただエンディングになんか数日後とか書いてあった次回予告のような
ものが流れていましたが特番でもやるんでしょうかね・・・・?

2011/1/1(土) 午後 3:46 [ 巻毛 ] 返信する

顔アイコン

夏野と辰巳は本当に死んだんでしょうかね(-"-;)

まあ状況からして死んでないとする方が不自然でしょうが、
死体を見せてないぶん、どちらか(とくに夏野)が生き残ったとして、
続編がスタートもありですな(v^ー°)

何しろ屍鬼の本体とも言うべき沙子が生き残ってしまいましたわ( ´・ω・`)

しかし、とにかくこの作品は屍鬼よりも尾崎の解剖シーンが
強く印象に残りましたわ(-"-;)こっちの方が断然エグイ。

これを見てかつて発禁となった幼児の人形解剖ビデオを
思い出しましたわ(・ε・`*)

2011/1/1(土) 午後 5:15 [ fox*o*ela*ght*r ] 返信する

顔アイコン

全身銃で撃たれて川に落ちたのに普通に歩いて夏野とバトルしてた辰巳に驚きました。恵といい、生命力ほんと凄いですね…。
なのに前回ガクトに撃たれちゃった人狼はあれ1発で死んじゃったのか?(´Д`;)

後半、今まで出てこなかった人形幼女や奈緒さんの死体だけ描写されてましたが彼女らの最期も描いて欲しかったですねえ…。
正雄は予想通り姉に撲殺されたっぽいけどw

2011/1/1(土) 午後 5:22 [ 灯篭 ] 返信する

顔アイコン

巻毛さん>壮絶なラストでしたねえ。ここまで壮絶になるとは思ってもみませんでした(^ー^;A
エンディングはいつも次回予告だったので、単なるエピローグでしょうね。特番はやって欲しいけどなあw

2011/1/2(日) 午後 10:40 ちはや 返信する

顔アイコン

foxholelaughterさん>状況からして死んでると見るべきですが、ガンダムの最終回のシャアと同じく生きていてもおかしくはないでしょうね。ただ、生きていても辰巳だけでしょうけど。

最終的に沙子だけ生き残ったということでドラマは続けられますが、そうなると静信が出張ってきそうだから、どんな偽善的な生き方を見せてくれるかは楽しみではありますねえw

人形解剖ビデオとか気の小さい私には無理ぽいw

2011/1/2(日) 午後 10:46 ちはや 返信する

顔アイコン

灯篭さん>人狼も屍鬼と同じく心臓を貫かれるとダメなので、女中人狼は一発で心臓を撃ち抜かれたんでしょうね。辰巳は流石に心臓だけは避けていたんでしょうw

人形少女や奈緒さんや正雄の死が死体の1シーンだけってのは残念んでしたよねえ。せめてみんなが殺されている時にちらっとでも写してくれればよかたんですが・・・

2011/1/2(日) 午後 10:48 ちはや 返信する

顔アイコン

DVD/BDでは21.5話と22.5話が追加されるので、やられるシーンがなかった屍鬼の最期はそこでやるのでしょう。
あと、後日談もおそらくは。 削除

2011/1/3(月) 午前 7:40 [ youichi ] 返信する

顔アイコン

え、そうなんですか!? それなら最終巻だけ買おうかな(^ー^;A

2011/1/3(月) 午後 7:04 ちはや 返信する

顔アイコン

公式を見たら8巻に20.5話、9巻に21.5話でした。
間違えてしまったようです。すいません。

となると後日談も微妙ですね。
TVではないので多少最終話の尺を伸ばしたり、EDを変えて後日談に使うとかがあればいいのですが。

あと、8巻と9巻に1話ずつ追加する方法を採ったのは、絶望的にDVD/BDが売れないノイタミナ枠で何とか売ろうとした結果なのかなぁ。 削除

2011/1/4(火) 午前 5:09 [ youichi ] 返信する

顔アイコン

8巻と9巻ですか〜。でも見たいから憶えてたら買っちゃうだろうなあ(^ー^;A

まあ、こういう方法で売るってのは、今のアニメコンテンツでは仕方ないですかね。間違ってるとは思うけど、上が商品を作ることしか考えてないですからねえ・・

2011/1/4(火) 午前 8:29 ちはや 返信する

最終回にふさわしい話でした!辰巳がいきなり引かれて吹きました。
田中姉弟が生きててよかったです。清水殺害エグすぎました。
夏野と辰巳が心中とは予想外です。大川の親父もかわいそうです。
静信と沙子の逃走も予想外でした。ガクトもなぜか生きてました。
村はどうなるんでしょうね。中途半端だったけど面白かったです。
次回からは放浪息子が放送します。放浪息子も見ていく予定です。

2011/2/20(日) 午前 2:21 [ 土地 ] 返信する

顔アイコン

壮絶な最終回でしたね。DVDではオリジナル回が挿入されるようなので見る価値ありですよw

2011/2/20(日) 午後 11:54 ちはや 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(8)


.


みんなの更新記事