盲導犬パピー オレオ&フラン&フルーチェ

盲導犬候補の仔犬とパピーウォーカーの成長記録です。1頭目オレオは盲導犬として活躍中、2頭目フランは家庭犬、そして3頭目フルーチェ

フラン生後2〜6ヶ月

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

桜満開

イメージ 1

ここ数日の暖かさで 街路樹の桜はイッキに満開になりました。
昨日は車中より桜を満喫、好天に恵まれ絶景ポイントは渋滞が起こっていました。
あの淡い色と 花の短い期間が 日本人の心をそそるのでしょうか?


そうだ!フランもお花見に連れて行かなくちゃ・・・
ど〜せ 「花よりご飯」だろうけど 一緒に過ごした春の思い出を
一枚くらい写真に残しておかなくちゃね。
イメージ 2
      階段に座る姿がおちゃめ
イメージ 3
     フラン&パパ&さくら

そう思い、今朝 とても不安定な肌寒いお天気の中、去年ワッフルと見た、ビューポイントまで
お散歩に行きました。
今夜から明日の雨で 桜はかなり散ってしまうことでしょう。
ギリギリセーフのお花見です。
やっぱり・・・フランは「花より小枝」でしたけど。

同じ場所で 5月には つつじが満開になります。
これは 燃えるように鮮やかな色彩で これはこれで見事なんです。
その時には またゆっくりフランを連れてこようと思っています。

さて、フランの近況です・・・

よく寝 よく食べ、元気にしておりますが
換毛期に入ったのか 抜け毛が床や服にやたらと目立つようになりました。
そこで先日 ずっと欲しかった「シェッド バスター」を購入。
イメージ 4

噂通り よ〜く取れます。感激!
ラブは短毛なのに 抜け毛が多く、このところ(いや1年中か)
毛との格闘に泣きが入っているママです。

この記事に

開く コメント(4)

抜糸

イメージ 1

去勢手術から10日が経ち、本日抜糸が済みました。
邪魔だったエリザベスカラーよ さようなら〜。

タマタマが入っていた袋は かなり縮み、驚くばかりです。
傷跡は目立たず、まったく気になりません。

タイミングよく便が採れたので検便もお願いして、肛門絞りもしていただきました。
今回も肛門から出る出る・・・たっぷり搾り出していただきました。

フランは肛門腺が溜まりやすいのか、排便時に自然に出すのが下手なのか、
よくおしりスリスリをします。
先日はなんと!!コルクマット&ジュータンの上でスリスリしてしまい
とんでもない臭いが充満。気絶しそうでした。
家族は目を白黒させて、換気、水拭き、洗濯とおおわらわでしたよ〜。
本当に強烈な臭い!!!です。
肛門絞りはオレオの時には一度もする機会もなく、気にする事もなく過ごしたので、
こちらも肛門絞りは初心者。
おそるおそるパパが挑戦し始めています。

帰路はやっぱり最寄のインター辺りで車酔い。
今日もしっかり出てしまいました。
これはいつまで続くのか・・・

体重は23kg、もうすぐ生後7ヶ月になるフラ子です。

この記事に

開く コメント(8)

エリザベスカラー

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

帰宅翌日には、フランの傷口の絆創膏は自然にとれてしまい、
傷口が見えている状態になりました。
私が想像していた位置(初去勢のため、股間のどのあたりを切るのか知らなかったので、
私はもっと下の方を切るのだと思っていました。)より
上の位置にチョチョと縫ってある糸があります。
見た感じでは 腫れはなさそうです。


そして、その下の部分の袋は薄紫のシワシワのショボショボになっていて
・・・オソルおそる・・・触ってみました。んん・・・タマタマはありません。
やっぱり空っぽです。
このたるんだ袋は 徐々に目立たなくなっていくんでしょうね。


抜糸までは、患部を舐めないように エリザベスカラーを装着しているのですが、
これがまた大きくて幅を取り、階段などは ガツンガツンぶつかって上がってくるので
危ない危ない。
前横に幅をとるため トイレサークルに入っても奥まで進めず ギリギリの手前で
用を足すことになってしまいます。
夜もケージで寝返りを打つ度にカラーが邪魔をして バコンバコンとすごい音です。
思っていた以上に エリザベスカラーの不便さを知りました。

この記事に

開く コメント(5)

去勢手術終了

去勢手術を終えたフランをお迎えに行きました。

今日は 訓練士学校の卒業式でもあり、協会内はいつもとは違う雰囲気が
漂っていました。
イメージ 1


そんな中 登場した「フラ子」・・・きれいなスーツ姿の職員の方々の間を興奮してフガフガ状態です。
皆さんの洋服を汚さないかとこちらはヒヤヒヤでした。

イメージ 2
はしゃぎ疲れたフラ子

昨日去勢手術だったので 患部には、まだ絆創膏を貼ってあります。
3日間の抗生剤と 思っていたよりビッグサイズのエリザベスカラーを受取り、
注意事項を確認して ・・・・さあフラ子ちゃんおうちに帰ろ〜ね。

イメージ 3

車に飛び乗ると・・・ヨダレ・・・ポタ・ポタ・ポタ・・・(驚)
あの〜・・まだ エンジンもかけてないっちゅうの!!!
それでも 安心したのか うとうとしながら今回も酔う事無く帰宅できました〜。

イメージ 4


家に着いて、エリザベスカラー装着。しっかしデカイ!!
フランはあちこちぶつかりながら、居心地の良い場所でお昼寝を始めました。
10日後の抜糸まで患部を舐めないように、エリザベスカラーは極力付けます。
夜は寝にくそうだけどしかたないね。



そうそう、オレオは、本日の卒業式に参列予定だったそうですが、
シーズン中でパンツ姿なのでお留守番隊になったそうです。残念だね〜。
聞くところ シーズンにも個体差があるそうですが、 オレオのシーズンは期間も長く
量も多いようです・・・・2006.10末(生後9ヶ月末)の初シーズンを思い出し・・・
うんうん、納得!!!です。

この記事に

開く コメント(3)

3泊4日のお泊まり

イメージ 1

イメージ 2

昼前 フランを協会に連れて行きました。

出発の時、車に乗るのをちょっと拒み、乗ってからも切ない目でじ〜と こちらを
見ていたフラン。
そして、私がナビ設定している間に フランの口は「クチュクチュ・・・」と・・・
オイオイ!まだ動いてないんですけど・・・大丈夫か〜・・・
なんとか40分もってください!と祈りながらの運転です。

フランは、丸くなったり、あごをシートに乗せたり、外を眺めたり・・・を繰り返して、
なななな・・・なんとか無事協会に到着しました。
・・・あ〜吐かなかった・・・とほっとしている私をよそに、フランったら
これからなにが起こるかも知らずに、大喜びでそそくさと犬舎に消えていきました。
もちろん 振り向くことなどまったくなく!です。


本日は眼底検査があり、一日あけて 去勢手術の予定になっているので3泊します。
フランが留守中なにをしようかな〜・・・といろいろ考えるはずだったのに 
すでに予定はおおむね埋まっていて・・・学校の懇談、あとはストレッチ体操、臨時のお仕事など。
時間を気にせず(フランを気にせず)春物のショッピングにでも行きたいな〜って
言っているうちにフランをお迎えに行く日になってるんでしょうね。(汗)


今朝シュウは「タマタマ取るけどがんばれよ!」とフランをムギュ〜として
揉み揉みしながら言ってました。
シュウもさみしいんだな・・と思っていると・・・
「あ、帰ってきたら お前オネェじゃん!!!!」と急に。これには爆笑でした。
私も上手にリフレッシュして 新星フランの帰りを待ちたいと思います。

この記事に

開く コメント(4)

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事