名古屋千種ライオンズクラブ

ライオンズクラブ国際協会334−A地区9R2Z

全体表示

[ リスト ]

ゴルフ部会 1月例会

イメージ 1

イメージ 2

日時:平成29年1月18日(水)    
場所:春日井カントリークラブ
記事:L荒川 俊彦   天気:晴れ


今年の冬は「ちょっとヘン」。全国的な異常気象で例年なら少ない雪で済む場所でも大雪、ドカ雪に悩まされ生活にも影響を及ぼした。地元、春日井CCも例外ではなかった。滅多に雪でのクローズはないが、今冬は雪の影響を受けた。が、コンペの3日前には雪も解けてゴルフ場が再開。日ごろのおこないがいいとゴルフ日和になるわけだ。しかし、1月中旬は厳冬期の真っただ中には違いないわけで、この日の参加者は10人とちょっぴり寂しい顔ぶれとなった。が、好意的に解釈すれば競争相手が少なければ、優勝のチャンスの確率がよくなるワケよ。戦いの場となる東コースは広いフェアウエーの中に女性的なロケーションが特徴。
のびのびとプレーができるのがうれしい。しかし、侮ることなかれ。各ホールには個性的なアンジュレーションがあり、緊張感をもってプレーしないと大たたきが待っている。
1組目はL荒川、L森田、伊藤LL、宮澤LLの4人でスタート。無風だが空気が冷たい。第一打はそれぞれ無難にこなし笑顔がこぼれた。2組目は熟練トリオのL藤田、L嵯峨、安定感バツグンの正森LL。そして3組目は優勝にいちばん近い実力派トリオのL長田,L梶田、L宮澤。2打目を条件のいいフェアウエーから攻めるが、多少の起伏に戸惑いも。さらに、グリーンが難しいとくれば、果たして皆さんハーフはどんなスコアか。結果は午前中のハーフでスコア50を切ったのはL長田だけで、18ホールで100を切ったのもL長田一人だけ。とにかく“長田デー”の一日だった気がする。
もう、発表するまでもない。言わずもがなL長田の一人勝ち優勝。2位には堅実ゴルフが身上のL嵯峨。3位は不安定感が染みついたL荒川、というわけでゴルフ部会3役が入賞と相成りました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事