昭和・平成MINI偉人伝

人物に関する雑学を通していい人生観を・・・

全体表示

[ リスト ]

実は現皇太子妃候補だった?!〜山種美術館館長・山崎妙子さん〜

イメージ 1

'08年にJR恵比寿駅から徒歩10分、広尾の街に移設した山種美術館
『一人でも多くの方に日本画のよさを知っていただきたくて移設しました』
リスクを承知の上で新設移転したと語る、3代目館長の山崎妙子さん('11年現在50歳)は美しい

そりゃそうである。
現皇太子妃の候補にも挙がった人なのだ

父方は山種証券の創業者、母方の故・弘子さんは『味の素』創業一族出身。
美智子皇后のご学友でもあった。絵に描いたような申し分ないお嬢様である。
が、ただのお嬢様でもシロガネーゼとかそういう人じゃない。
他のバブル族が遊びまくってウカレポンチになっていた間、この人は
血の滲むような努力をした。

それが彼女の今日の美しさを作っている。

将来は画家になりたくて、物心つくと祖父の膝の上で床の間にかけられた
名作を見て育っていた。
祖父に『何が欲しい』と問われて『絵の具と画用紙』と答える程だったという。

実家の証券会社で働くつもりで大学では経済学部で国際金融論を学んだ。
しかし、絵への思いがどうしても捨てきれず美術館を継ぐことに

美術館を継ぐにあたって、父親であり2代目館長であった富治さんから
専門的に勉強をしていない人間に後をつがせるわけにはいかないと厳しく
いわれたからだそうだ
大学時代の友人は遊びちゃちゃくってる中、彼女は
芸大を受けなおして、命が縮まるんじゃないかと思うほど勉強していたらしい

彼女を襲った試練はそれだけではない。

テニスに夢中だった学生時代の彼女を襲った試練は失明の危機にさらされた交通事故だった。
その時にシスターや医師の献身的な努力で救われたので、
将来シスターや医者になりたいと言ったら両親に猛反対された
いきあたりばったりで自分の夢をきめるなと親は見抜いていたのだろうか。

幸い移転後の実績は順調である。
自身の研究テーマでもある速水御舟の展示会など、意欲的な企画も次々と実現。
来場者数は移転前の2倍になった。
経営的には問題はなかった美術館だったが、建物の老朽化もあり移転が必要と思ったらしい。

山種美術館は1966年、日本で最初の日本画専門美術館として開いた
『相場の神様』と言われた山種証券創業者、故・山崎種二さんが
重要文化財の竹内栖鳳、奥村土牛、速水御舟など1800点を集めた
質の高い美術館である

新築後、展示室は地下にもうけた
繊細な日本画を湿度、温度、直射日光から守るためでもある
照明にも独自のシステムを採用、作品ごとに個別に調整している

父、富治さん('11年現在85歳)から引き継いだ妙子さんがこだわったのは
『上質のおもてなし』
館内完全バリアフリー、ハイヒールの音が響かないような床材の使用、
女性誌とのタイアップと新規顧客への努力を惜しまない。

30の時に大たい骨けい部を骨折するケガをして一生歩けなくなるといわれたほどだった。
20年たった今も後遺症による痛みと戦う毎日だが、
それでも彼女は努力することと気品を保つことを忘れない。

誰もいなくなった美術館で絵を眺めている
『やっぱり絵がすきなんですよ』
それが彼女の今日を支えている。




 

この記事に

閉じる コメント(2) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

初めまして、こんばんは。
「山種美術館」に大好きな絵があるものの、まだ1度も訪れたことがなくて。来月こそは!と思っています。
素敵な御話を有難うございました★ぽち

2011/6/14(火) 午前 0:04 みいたん <<コメントに返信する

顔アイコン

こんばんは。コメントありがとうございます(^^)
山種美術館は改装後はまだ、一回しか行ってないのですが
趣あっていいです。こちらこそありがとうございます

2011/6/29(水) 午後 6:10 [ chokeemarbo ] <<コメントに返信する

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事