エメラルドグリーンのプールに眠るぼう大な使用済み核燃料〜市議会の玄海原発視察

何重ものきびしいチェックを通り抜けて、 きのう、私たち一行は、3号機の原発建屋の中に入った。 エレベーターで上がったところに、 眼下を見下ろす窓があって、 そこからみんなで下をのぞいた。 深いエメラルドグリーンの大きなプールの中に、 1050体の使用済み核燃料が眠っていた。 それは不気味なほど静かで、おだやかだった。 1体が600キログラム。 1050体なら、630トン? 6年前、福島原発でまき散らされた放射性物質は、500グラムくらいでした。 吉田所長が直面した恐怖は、東日本壊滅だったと思います。 「福島の原発は…」と九電の人が言った。 「建屋の上の階にあったから、水をかけるのが困難だったが、 ここは下にあるすべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事