トップ

すべて表示

ご訪問ありがとうございます

イメージ 1

京都に住んで京都で仕事をして
京都が大好きな中年のおじさんです。

時々お寺巡りや街をぶらぶらして写真を撮っています。
書庫の京都の歴史建造物や京都ぶらりで紹介していますので見てくださいね。

勤務先は市内のメガネ店です。
そこで毎日のように持ち込まれる壊れたメガネの数々をどうやって修理しているか
書庫のロー付けやその他修理で紹介しています。
メガネ店で仕事をされている人には参考になると思います。

それと先代ミニウサギのココナに続き、ホーランドロップイヤーを飼い始めました。
名前はつくしといいます。



他には
最近BMW1150RSからヤマハのマジェスティに乗り換えました。
そのツーリングレポートもお楽しみに!

基本京都ネタですが
時々コメントいただけると嬉しく思います。
※初コメントいただける時はゲストブックで自己紹介をお願いします。


2012年11月21日、80000HITS 突破しました。
2011年6月14日、星が一つ半になりました。
2009年6月10日にヤフースタートページのみんなのアンテナに当ブログが紹介されました。

ロー付けの書庫を細分化し、過去の記事も引き出しやすくしました。


もう一つのブログもよろしくお願いします。こちらは文章多めです。
http://yaplog.jp/cocona2000-7/

私の姪のブログも見てくださいね。
留学までしてデザインを学んだだけのことはあります。
http://usaginokuchiniha.carrots.jp/

メールアドレスは
coco.sakiya@gmail.com
です。ご質問などありましたらいつでもどうぞ。

facebookしてます。
本名で出していますので、分かる方、是非お立ち寄りください。



2012.11.21 更新

その他の最新記事

すべて表示

時々ではあるが、18Kフレームのロー付け修理をすることがある。パット足は銀ローとほぼ同じ太さで、ブリッジにもその残骸が残っている。熱し過ぎると、溶ける外れるの両パンチを食うことになる。 まずは治具を使って、あたかも接合されたようにセッティングする。実はこの作業が成否を分ける。ここでズレていたら、出来上がりもズレる。当たり前だが、この当た ...すべて表示すべて表示

待ちに待った工具が届いた。 こんなに待ちどおしかった品物は久しぶりだ。 早速お客様の前で使ってみた。 つかんだパットやパット足が軽い力でスーッと曲がる。滑らない。とにかくしっくりくる。 いいなぁ、いいなぁと思いながら、手でさすってみる。 つや消しのシャーリング加工が手に優しい。 使うのがもったいない ...すべて表示すべて表示

蝶番を境に折れてしまったメガネが持ち込まれました。 私も10年くらい前までは瞬間接着剤で引っ付けるくらいしか出来ませんでしたが きちんと修理するにはセルアセチ溶液を使います。 とりあえずセルアセチ溶液で接合します。 丸一日乾燥させたあとで、1.0mmのドリルで穴を開 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事