comchan900のブログ

いつもご訪問ありがとうございます!TOEIC900点突破を目標に2012年末から勉強を再開している、40代のサラリーマンです。
皆さま、こんにちは3連休、お仕事の方もおられると思いますが、いかがお過ごしでしょうか。春の甲子園も開幕しましたが、楽しみにしています。こちらは今日は、晴天、暖かいです。花粉症の方にとっては大変だと思いますが、このような日は外に出ても非常に気持ちよいですね。ここ数ヵ月、土曜日か日曜日のいずれかは必ず会社といった、休日出勤が続いていたのですが、今日、3連休の2日目は、久しぶりに自宅でゆっくり過ごしてしています。

さて、久しぶりの更新になってしまいましたが、近況報告です。報告ができておりませんでしたが、先週、TOEIC L&Rテストを受験してきました。2ヵ月ぶりの受験でしたが、自分なりに現在の自分の実力で全力で取り組んできました。課題のリーディングですが、残り3分で最後のTPに突入といった形となり、結果的に塗り絵ほぼ3問となりました。やはりリーディングの速読、精読には課題があると感じており、今回も最後のTPの3問は問題文までは読めたものの、探している間にタイムアップとなり、ほぼ塗り絵状態となってしまいました。Part5,6はタイムマネジメントはできたと思いますが、Part7が最後まで終わらないのは、特に読む量という観点でのトレーニング不足に尽きるような気がしています。
実は昨日、会社関連ですので、通常は受験できないのですが、旧形式最後となるIPテストを受験できる機会があり(もう旧形式のIPは受験できないと思いますので)、都内でIPテストを受験してきました。粗い読み方ながら、6分くらい時間が余り、Part7のDP中心に見直しができました。新形式を受験した直後に旧形式を受験できたので、比較できるのですが、リスニングにも明らかに難易度の差を感じました(特にPart2で感じました)。新形式、LもRも、自分にはまだまだたくさんやることが残されていると思います。

最近、海外との仕事が増えております。特に電話会議やメールなどで海外とやり取りする機会が多くなりました。自分宛てだけにメールが来て、すぐに返事をしないといけないこともあります。しかも米国だけでなく、欧州(フランス、ドイツ等)の方、最近は少し少なくなりましたが、時にアジアの方とも英語でコミュニケーションをとることが必要になってきています(過去には韓国に出張したこともありました)。今思うと、英語部に入部して以降の特にこの3,4年、TOEICを勉強してきて、本当によかったなと感じます。
TOEICの勉強を主軸に、まだまだ未熟ながらもビジネス英語を勉強するようになり、英語学習の幅だしをするようになってきたからこそ、海外へのメール等もそこそこですが打てるようになりました。5年前の自分だったら、あたふたして、メールもなかなか打てなかったことでしょう。
とはいえ、F2F会議と異なり、電話会議は、専門用語も然ることながら、聞き取りにくいことが多々あります。そして大きな課題ですが、自分の言いたいことがすぐに出ないことも多々あります。英語学習には終わりはありませんね。

4月からは、仕事、プライベートでも更に忙しくなり、TOEIC L&Rテストの受験頻度は、以前より少なくなりますが、これからもビジネスに通用する英語力を付けられるようにしていきたいと思います。

イメージ 1
先日、Akiさんの勉強会、"
ひまわりの約束"に参加し、帰り際にAkiさんが勉強されていた、故國弘正雄先生の本の話題になり(『ぜったい音読シリーズ』を勉強されていたとのことでした)、自分も國弘先生のこの本『國広流 英語の話し方』を持っていることをお話しました。本棚でしばらく眠ってしまっていた、この本を改めて読み返しています。

明日は、Tommyさんの新刊セミナーに参加させて頂く予定です。参加される皆さま、よろしくお願いいたします

それでは、皆さま、より3連休を!
英語学習、頑張りましょうね!

この記事に

開く コメント(2)

皆さま、こんばんは3月に入り、年度末ですので、皆さまお忙しいことと思います。明日は、2ヵ月ぶりのTOEIC L&R 公開テストですね。受験される皆さま、頑張りましょうね今回の受験会場は、都内で受験するか、地元で受験するか迷っていたのですが、結局都内で受験することにしました。その結果、受験も然ることながら、これまで一度も行ったことがない会場(拓殖大学です)となりましたここ最近も仕事でバタバタしていて、十分な学習時間が取れてはいませんが、2ヵ月ぶりの受験、楽しんできたいと思います。今日はしっかり睡眠をとって、明日に備えます。

Listeningは、先日1月のアビメを見る限り、Part1,2はかなりよくなっているものの、Part3,4で落としている問題が多そうです。先読みのペースを崩さずに、Lは自己ベスト更新を狙いたいと思います。Readingは、新形式になりかなり苦戦しています。こちらも前回のアビメを見る限り、やはり大きな課題は、Part7です。文章量に圧倒されるだけでなく、スピードと精度(正解率)が上手く噛み合っていないようです。塗り絵は回避したいですが、精度を高めないとスコアップには繋がりませんよね。この辺を意識して全力で頑張ってきたいと思います。

当方は、この3月の後ですが、4月は受験しませんが、5月は受験することとしています。

それでは、受験される皆さまが目標達成、自己ベスト更新されますことをお祈りしています!会場までお気をつけてくださいませ。

TOEIC以外の学習をされている皆さま、英語学習、お互い頑張りましょうね!それでは、また。


この記事に

開く コメント(0)

皆さま、こんにちは昨日、英語部として、最後の勉強会である20 英語部勉強会「夜まで生トーク!」、その後の懇親会(1次会、2次会)に参加しました。流水さん、司会の珠美さん、ブチブッチさん、みかん星人さん、Rabbitさん、OjiM監督、HBKさん、英語部の皆さま、懇親会にも参加くださいましたゲストの先生方、一般参加者の皆さま、本当にありがとうございました。いくら感謝しても足りません。あっという間に終電の時間となり、最後に全員の方とご挨拶できず失礼させていただきましたが、非常に楽しい時間を過ごすことができました。以前お会いした方との再会、初めてご挨拶させていただいた方もおられましたが、最後まで本当に盛り上がった勉強会となりました(朝までの方もおられたと思います。)。これで英語部が解散というのは非常に寂しくなりますが、この英語部で活動してきたことを思い出しながら、今後もTOEIC、英語学習を継続していきたいと思います。
思えば20138月の第13回英語部勉強会に、当時、勇気を持って参加し(非常に緊張しながら参加していたのをよく覚えています)、懇親会でとらひこさん、穂高さんとお話をし、その後、流水さんのご配慮もあり、英語部に入部させていただくことができて、3年半、英語部の方はもちろん、こうした英語部勉強会を通して、一般参加の方とも多くの交流を図ることができました。英語部がなければ、今の自分の英語学習や多くの素敵な方々との交流はあり得ませんし考えられません。自分の中での英語部勉強会、以下の記事が全てを物語っているように思います。

過去の記事はこちらからご覧くださいませ。

流水さんの懇親会でのスピーチも本当に感動いたしました。大変お忙しい中、このような素晴らしい英語部をこれまで大切に運営されてきたことに対して深くお礼申し上げます。本当にありがとうございました。
今回キャンセル待ちがでて、実際、知人の方でも参加できないとご連絡してきて下さった方がたくさんおられました。夜まで生トークの全てをお伝えすることはできませんが、自分なりのメモを元に、企画運営され、ご登壇されて様々な勉強法をご教示いただいた英語部の皆さまに感謝の意を表するとともに、参加できなかった方に少しでも参考になればと思い、以下簡単ですが、報告させていただきます。
 
リスニング編とリーディング編に分かれ、英語部を代表される皆さまがトピック毎に勉強法等をディスカッションいたしました。それぞれについて記載します。
≪リスニング編≫
1.音読の効用
監督:900を超えられない時に音読を取り入れた。英語の語順で理解するためによい。効果が出るまでには67ヵ月はかかる。
とらひこさん:NHKラジオ講座の杉田先生の教材を活用していた。L470まではいけるものの、その上にいくためには、TOEICの独特な表現も勉強する必要があると考え、TOEIC教材を活用した。
Kitakuriさん:オーバーラッピングでスコアを伸ばし、900超えを達成できた。
 
2.倍速のリスニングの効用
・ほとんどの方が倍速を学習に活用。
・監督:通常のソフトは1.2倍速まではよいものの、それ以上になると音が壊れることが多い。“聞々ハヤえもん”という無償アプリは、音声の波形が崩れないのでお勧め。SonyMP3も崩れない。
・まりこさん:L495を達成するためには、Part34対策として、先読み速読のリーディング力が必要。
 
3.MIC(意図問題)への対応
・最近の新形式の傾向では、口語表現が分かるだけでは対応できない問題になっている。
・先読みのみで正解を絞込むのは難しく、話の流れを理解して対応することが重要。
 
4.リスニング対策全般
・ジュリーさん:Part34のスコアアップのためには、自分で好きなものを音読、暗唱をして、場面を自分の体に染み込ませる努力をするとよい。暗唱により、場面が蓄積し、予測しやすくなる。
 
5.Part2の距離感のある問題への対応
・まりこさん:海外ドラマ等、通常会話ではストレートの回答の方が少ないので、海外ドラマを観ている方には比較的解きやすい。
 
≪リーディング編≫
1.語法対策
Rabbitさん:Part7を解いた後に、本文だけしっかり56回読む。速読45分→40分→30分→25分→15分で読めるようにしていく。Part5の語法問題は、Part7からいずれ生まれていくものと認識して勉強するとよい。
・あ〜るさん:旧型式の公式実戦は語法の宝庫。Part6Part7に解答に絡まないところに語法の気づきがある。
toshiさん:復習の時に同じ文法・語法事項をまとめる。「青イクフン」と「TOEIC®TEST 文法 必殺解答ルール292」を活用。
・圭さん、VOZEさん:答え合わせだけではなく、復習する。Part7のどれを出されても大丈夫なくらい復習することがキー。
 
2.Part6の文挿入問題
Rabbitさん:旧形式の公式実践を活用し、まず読んで、流れを掴み理解したと思ったら閉じて、パラグラフ毎の役割が言えるか確認している。
・あ〜るさん:文挿入問題は論理的これがこういう理由で入るということを日本語で納得することが必要。指示語にも注意。
・りゅうさん:TOEFLの勉強は、現在の新形式の問題と似ている点があり勉強に活用している。
 
3.Part7対策(特に早く読むために)
・魔法のように早く読めるような方法はない。
Rabbitさん:高速リスニングがリーディングに効く。倍速、1.75倍のスピードで聞けるようになると、1.75倍速で読めるようになる。英語の語順で意味を取れるようになる。主語、動詞の確定、接続詞を見つけられると速くなる。
・あ〜るさん:動詞が意味を決めるものであり、まず動詞を見つける演習は重要。
VOZEさん:読む量を増やし、読むトレーニングの習慣化。要約するつもりで読む。
・モコさん:article対策として特急シリーズ上級編を活用。
VOZEさん:文脈を理解のためにも読んで要約するといったアウトプットを意識して読むことは大切。
Melmoさん:ハリポタ(ペーパーバック)全巻読破により、読む体力は付いた。好きなものなら読み続けられる。
・おちゃさん:推測できないarticleが増えており語彙力を付けないといけないと感じる。
・モコさん:公式実戦をビジネスでagendaを作成するときに活用した。

 
4.チャット問題対策
Rabbitさん:登場人物を人数を特定し、誰かになって感情移入するとよい。

流水さん、珠美さん、英語部の皆さま、一般参加の皆さま、最高の勉強会、本当にありがとうございました!懇親会を大いに盛り上げてくださったDeanさん、りすこさん、HBKさんありがとうございました。英語部の活動は、今後も忘れることはありません。英語部は、解散となりましたが、流水さんの英語部の作り上げてきたTOEIC愛は、今後も大切にしていきたいですね。

今後ともよろしくお願いいたします。

この記事に

開く コメント(20)

皆さま、こんにちはご無沙汰しています。なかなか更新できず申し訳ございません。
今日は、最後の英語部勉強会です。流水さん主催のこの勉強会、今回で20回になります。自分にとりましては、第13回の勉強会に初めて参加させていただき、今までTOEICの勉強を継続してこれたのは、この勉強会の参加が非常に大きかったのです。感謝の気持ちで一杯です。
今日は勉強会、懇親会と参加予定ですので、会場で皆さまとお会いできますことを楽しみにしています。会場までお気をつけてください。それでは、また。

この記事に

開く コメント(0)

皆さま、こんにちはついに公開テスト当日ですね。2017年はじめのTOEIC L&R公開テストです。
本日、公開テストを受験される皆様、頑張りましょう。会場までお気をつけてください。
(実は、どうしても片づけなければならない仕事があり、今会社からなのですが、これから会場に向かいます)

それでは、13時から、一緒に頑張りましょう。

この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事