comchan900のブログ

いつもご訪問ありがとうございます!TOEIC900点突破を目標に2012年末から勉強を再開している、40代のサラリーマンです。
皆さま、こんにちは昨日、英語部として、最後の勉強会である20 英語部勉強会「夜まで生トーク!」、その後の懇親会(1次会、2次会)に参加しました。流水さん、司会の珠美さん、ブチブッチさん、みかん星人さん、Rabbitさん、OjiM監督、HBKさん、英語部の皆さま、懇親会にも参加くださいましたゲストの先生方、一般参加者の皆さま、本当にありがとうございました。いくら感謝しても足りません。あっという間に終電の時間となり、最後に全員の方とご挨拶できず失礼させていただきましたが、非常に楽しい時間を過ごすことができました。以前お会いした方との再会、初めてご挨拶させていただいた方もおられましたが、最後まで本当に盛り上がった勉強会となりました(朝までの方もおられたと思います。)。これで英語部が解散というのは非常に寂しくなりますが、この英語部で活動してきたことを思い出しながら、今後もTOEIC、英語学習を継続していきたいと思います。
思えば20138月の第13回英語部勉強会に、当時、勇気を持って参加し(非常に緊張しながら参加していたのをよく覚えています)、懇親会でとらひこさん、穂高さんとお話をし、その後、流水さんのご配慮もあり、英語部に入部させていただくことができて、3年半、英語部の方はもちろん、こうした英語部勉強会を通して、一般参加の方とも多くの交流を図ることができました。英語部がなければ、今の自分の英語学習や多くの素敵な方々との交流はあり得ませんし考えられません。自分の中での英語部勉強会、以下の記事が全てを物語っているように思います。

過去の記事はこちらからご覧くださいませ。

流水さんの懇親会でのスピーチも本当に感動いたしました。大変お忙しい中、このような素晴らしい英語部をこれまで大切に運営されてきたことに対して深くお礼申し上げます。本当にありがとうございました。
今回キャンセル待ちがでて、実際、知人の方でも参加できないとご連絡してきて下さった方がたくさんおられました。夜まで生トークの全てをお伝えすることはできませんが、自分なりのメモを元に、企画運営され、ご登壇されて様々な勉強法をご教示いただいた英語部の皆さまに感謝の意を表するとともに、参加できなかった方に少しでも参考になればと思い、以下簡単ですが、報告させていただきます。
 
リスニング編とリーディング編に分かれ、英語部を代表される皆さまがトピック毎に勉強法等をディスカッションいたしました。それぞれについて記載します。
≪リスニング編≫
1.音読の効用
監督:900を超えられない時に音読を取り入れた。英語の語順で理解するためによい。効果が出るまでには67ヵ月はかかる。
とらひこさん:NHKラジオ講座の杉田先生の教材を活用していた。L470まではいけるものの、その上にいくためには、TOEICの独特な表現も勉強する必要があると考え、TOEIC教材を活用した。
Kitakuriさん:オーバーラッピングでスコアを伸ばし、900超えを達成できた。
 
2.倍速のリスニングの効用
・ほとんどの方が倍速を学習に活用。
・監督:通常のソフトは1.2倍速まではよいものの、それ以上になると音が壊れることが多い。“聞々ハヤえもん”という無償アプリは、音声の波形が崩れないのでお勧め。SonyMP3も崩れない。
・まりこさん:L495を達成するためには、Part34対策として、先読み速読のリーディング力が必要。
 
3.MIC(意図問題)への対応
・最近の新形式の傾向では、口語表現が分かるだけでは対応できない問題になっている。
・先読みのみで正解を絞込むのは難しく、話の流れを理解して対応することが重要。
 
4.リスニング対策全般
・ジュリーさん:Part34のスコアアップのためには、自分で好きなものを音読、暗唱をして、場面を自分の体に染み込ませる努力をするとよい。暗唱により、場面が蓄積し、予測しやすくなる。
 
5.Part2の距離感のある問題への対応
・まりこさん:海外ドラマ等、通常会話ではストレートの回答の方が少ないので、海外ドラマを観ている方には比較的解きやすい。
 
≪リーディング編≫
1.語法対策
Rabbitさん:Part7を解いた後に、本文だけしっかり56回読む。速読45分→40分→30分→25分→15分で読めるようにしていく。Part5の語法問題は、Part7からいずれ生まれていくものと認識して勉強するとよい。
・あ〜るさん:旧型式の公式実戦は語法の宝庫。Part6Part7に解答に絡まないところに語法の気づきがある。
toshiさん:復習の時に同じ文法・語法事項をまとめる。「青イクフン」と「TOEIC®TEST 文法 必殺解答ルール292」を活用。
・圭さん、VOZEさん:答え合わせだけではなく、復習する。Part7のどれを出されても大丈夫なくらい復習することがキー。
 
2.Part6の文挿入問題
Rabbitさん:旧形式の公式実践を活用し、まず読んで、流れを掴み理解したと思ったら閉じて、パラグラフ毎の役割が言えるか確認している。
・あ〜るさん:文挿入問題は論理的これがこういう理由で入るということを日本語で納得することが必要。指示語にも注意。
・りゅうさん:TOEFLの勉強は、現在の新形式の問題と似ている点があり勉強に活用している。
 
3.Part7対策(特に早く読むために)
・魔法のように早く読めるような方法はない。
Rabbitさん:高速リスニングがリーディングに効く。倍速、1.75倍のスピードで聞けるようになると、1.75倍速で読めるようになる。英語の語順で意味を取れるようになる。主語、動詞の確定、接続詞を見つけられると速くなる。
・あ〜るさん:動詞が意味を決めるものであり、まず動詞を見つける演習は重要。
VOZEさん:読む量を増やし、読むトレーニングの習慣化。要約するつもりで読む。
・モコさん:article対策として特急シリーズ上級編を活用。
VOZEさん:文脈を理解のためにも読んで要約するといったアウトプットを意識して読むことは大切。
Melmoさん:ハリポタ(ペーパーバック)全巻読破により、読む体力は付いた。好きなものなら読み続けられる。
・おちゃさん:推測できないarticleが増えており語彙力を付けないといけないと感じる。
・モコさん:公式実戦をビジネスでagendaを作成するときに活用した。
Melmoさん:パリポタで全巻読んで、読む力が付いた。
 
4.チャット問題対策
Rabbitさん:登場人物を人数を特定し、誰かになって感情移入するとよい。

流水さん、珠美さん、英語部の皆さま、一般参加の皆さま、最高の勉強会、本当にありがとうございました!懇親会を大いに盛り上げてくださったDeanさん、りすこさん、HBKさんありがとうございました。英語部の活動は、今後も忘れることはありません。英語部は、解散となりましたが、流水さんの英語部の作り上げてきたTOEIC愛は、今後も大切にしていきたいですね。

今後ともよろしくお願いいたします。

この記事に

開く コメント(9)[NEW]

皆さま、こんにちはご無沙汰しています。なかなか更新できず申し訳ございません。
今日は、最後の英語部勉強会です。流水さん主催のこの勉強会、今回で20回になります。自分にとりましては、第13回の勉強会に初めて参加させていただき、今までTOEICの勉強を継続してこれたのは、この勉強会の参加が非常に大きかったのです。感謝の気持ちで一杯です。
今日は勉強会、懇親会と参加予定ですので、会場で皆さまとお会いできますことを楽しみにしています。会場までお気をつけてください。それでは、また。

この記事に

開く コメント(0)

皆さま、こんにちはついに公開テスト当日ですね。2017年はじめのTOEIC L&R公開テストです。
本日、公開テストを受験される皆様、頑張りましょう。会場までお気をつけてください。
(実は、どうしても片づけなければならない仕事があり、今会社からなのですが、これから会場に向かいます)

それでは、13時から、一緒に頑張りましょう。

この記事に

開く コメント(4)

皆さま、こんばんはまた久しぶりの更新になってしまいました。年末のブログ記事にも記載したかと思いますが、年初より、かなり多忙を極めており、今日に至っては昼休みもなく、ランチも取る時間がありませんでしたここ1ヵ月くらい、帰宅時間が深夜であることが多いこともあり、皆様のブログもツイッターもほとんど見ることができておりません。まことに申し訳ございません。

今日、ブログ記事を書いておりますのは、ブログをご覧くださっている方に、どうしても今日中には、お伝えしたいことがあったからなのです。Rabbitさんをはじめ、英語部の皆様からご案内いただいており、TOEICkerの方は、既にご存知の方も多いと思いますが、第20回英語部勉強会のご案内です。

当方が所属している師匠、清涼院流水さんの英語部勉強会が、2月25日(土)に開催されることになっておりますが、明日、1月20日(金)の正午から、一般募集が開始されます。詳しくは、以下にもございますが、流水さんのBBBサイトをご覧くださいませ。
公開の勉強会は、昨年2月以来になりますが、記載のとおり、今回の勉強会が最終回となることが決定しております。流水さんはじめ綿密にご計画いただいておりますので、素晴らしい回になると思います。ぜひ参加をご検討いただければと存じます。勉強会後には懇親会もございますので併せてご検討いただければと思います。

これは独り言ですが(笑)、明日の一般募集開始日は、当方の誕生日非常に嬉しい気持ちです。あっという間に締切になる可能性が高いと思います。ぜひ、締切にならない前に申し込みをいただければと思います!

皆様と勉強会、懇親会でお会いできますことを楽しみにしています。これまでにお会いしたことのある方はもちろん、お会いしたことのない方がおられましたら、懇親会でお声掛けいただければと思います(過去にもブログを通して知り合いになることができた方と、勉強会で初めてお会いしてお話できたことがあります)。

数日前に、1月の公開テストの受験票が届きました。2017年最初のテスト、受験される皆様、一緒に頑張りましょうね!英検や通訳案内士等の英語学習をされている皆様も一緒に頑張りましょう!
いつも訪問くださいまして、ありがとうございます。

この記事に

開く コメント(5)

皆さま、新年明けましておめでとうございます2017年が始まりましたね。今年も年始を実家で過ごし、元旦には初詣に行ってきました。ひいたおみくじは、大吉。元旦のおみくじで大吉をひいたのは、何年ぶりだったでしょうか。今年は、酉年、自分自身を研き、羽ばたくことができるようにしたいと思います。皆さまもそれぞれの年末年始を楽しく過ごされたことと思います。今年1年も皆さまにとりまして、よい年になりますよう、心よりお祈りしています。

年始に掲げる目標、今年2017年の目標は、英語学習では、大きく2つの目標設定をします。

①TOEIC L&Rテストの受験を通した学習の継続
諸事情により、受験頻度を毎回受験から、少し間隔を置いて年5回前後にする予定ですが(1月は受験します)、TOEIC L&Rテスト中心の学習を今年も継続します。TOEIC L&Rテストを定期的に受験するからこそ勉強を継続してこれたということが大きいので、受験頻度は下がりますが、今まで通り通勤電車中心の学習を継続します。学習方法に関しては、新形式への対策はもちろん、昨年末から学習方法を一部見直し、復習方法を変えてきているので(問題集を解いた後の復習に関して、以前より深掘りして復習していくようにしています)、この方法で、勉強を継続していきたいと思います。

②TOEIC L&Rテストで900以上を取ること
昨年達成できなかったTOEIC L&Rの目標を引き続き掲げたいと思います。
目標が達成できていないのは、足りない部分があるからで、そのことは、自分自身がよく分かっています。ここ最近は、受験後に、この問題はできたできないの仕分けもかなりできるようになりました。単純にスコアだけを追うのではなく、その目標達成のためにやらなければならないことを考えながら、勉強を継続していきたいと思います。TOEIC L&Rの新形式がより実践的な英語力を必要とするテストになっていることを踏まえ、ビジネスでも実践できるような英語学習の幅だしもしていきたいと思います。ビジネスで会議をしたりする中で、スピーキング力をもっと高めたいと思うようになっている現状に鑑みると、いずれ、TOEIC S&Wテストにも挑戦したいと思っています。

非常にシンプルな目標設定ですが、1年間漫然とするのではなく期間を意識した中期目標として、上記②の中には、2017年6月公開テストまでに900超えを達成することを設定したいと思います。

何度かブログでも紹介していますが、いつも大切に思う名言を最後に記載いたします。

Continuous effort – not strength or intelligence – is the key to unlocking our potential.
‐ Winston Churchill ‐
 
今年も皆様にとりましてより良い年でありますよう 心よりお祈り申し上げます。今年もよろしくお願いいたします!


P.S. 明日から仕事始めです。年初から相当忙しくなりそうですが、頑張ります。
 

この記事に

開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事