WordPressのサイトに移動します。



この記事に

開く コメント(0)

練習とクラブスペック

昨日到着したRMX216の5.5gのウエイトを」付けて練習に行ってきました。

今日はなんか背中が痛い・・・こんな日はだいたいダメなので、普通ならお休みするところですが、頑張って出かけました。

やっぱりスムーズにクラブが振れません。。。

やっと体が温まって、ドライバー。

5.5gのウエイトだけだとちょっと軽く感じていました。
その分思ったように硬く感じます。ついつい力んでしまいますが、球筋はまあまあです。しかし、飛距離はちょっと物足りない感じかな?奥のネットまで行きません。

8.5gに替えてみると、しなりが感じられるようになり、そこそこいい感じです。
先日のちびパパさんラウンドの時のような当りが出始めました。
練習球なので、高さが出ないのと掴まりが悪いのですが、それはそれでOKです。

カチャカチャしながらロフトをいじってみましたが、今日のところはNORMALポジションが一番しっくりきました。

再び5.5gに戻し、鉛を1.5gほど足してみました。この設定で軽いフェードが多く出るようになり、練習球では最も安心できる感じになりました。風が変わって左からの横風になっていたこともあるかもしれません。

ウエートを替えると、バランスが変わるし、シャフトの硬さも変わるようです。それと、カタログでは標準の13gでは重心距離が32mm、8.5gで33mm、5.5gで34mmと変化するようで、さすがに32mmは短くてヘッドが返りやすくなるので、34mmでもかなり短いほうですが、これくらいがいいのかなぁ、と、思っています。

あまり球数は打たずに、ゴルフ5へ。

クラブのスペックを計ってもらいました。
長さは46.25インチ。シャフト長で合わせたので、たぶんYAMAHAの計測なら46インチだと思います。
ウエイト   総重量  ヘッド重量 バランス 振動数
8.5g    301.6g   188.1g    D1.7     256cpm
5.5g+1.6g 300.1g   186.5g    D0.6     258cpm

Diamana Wは50g台でもかなりハードなスペックのようです。
5.5gを類推するとこんな感じかなと思います。
5.5g    298.5g   184.9g    C9.5   260cpm  

46.25インチで260cpmなら45インチ換算するとアバウトですが270cpm弱というところでしょうか。S〜SXくらいでしょうか。純正のシャフトならXの硬めの感じです。

YAMAHAのフィッティングで『大きく撓らせるタイプのスイングなので、硬め、S〜SXくらいがいいと思います。』とアドバイスをもらっていたので、これはなんかピッタリの硬さなのかもしれません。
でも、手元しなりなシャフトなので、そんなに硬さは感じませんがね。

8.5gで打ち込んでみようかな・・・

この記事に

開く コメント(14)

5.5g

RMX216ドライバーのウエイトが届きました。
8.5gを装着して、今の長さ(多分46インチちょっと)だと、スイングバランスがD4くらいになるので、手元に鉛を貼って気持ちだけバランスを軽くしていました。

今日到着したのはさらに3g軽い5.5g。

早速装着して簡易計算してみると、クラブ重量が298.5g、バランスD0になりました。

これで、もうちょっとヘッドスピード上がるかな?それと、もう少し硬くなることも期待しています。

明日早速試打してきます。

この記事に

開く コメント(0)

RMX216 ドライバー

分解して計ってみました。

まずはヘッド。ウエイトを外して素のままでの計量です。
イメージ 1
179.3g。技術の進歩はすごいですね。ちょっと前までは200gを切るのはほとんどなかったように思います。今では180gを切り、さらに内部の設計はある程度自由にできるようになっています。
スリーブが8.6g。これもヘッド重量と考えて加算しても、ヘッド重量は190gを切ります。

これに装着するウエイトが4gから22gまであります。標準では13gですが、私はそのほかに10gと8.5gを持っています。
イメージ 2

シャフトは三菱レーヨンのDiamana W50 Sフレックスです。
イメージ 3
白マナ系でDiamanaDからahinaへと進化したモデルの最新版。手元が柔らかく先が硬い、ハードヒッター用と言われていますが、50g台ならそんなにハードなイメージはありません。
私の経験ではシャフトの硬さは大まかですが、
70gS>60gX>60gS>60gSR>50gS>60gR
みたいな並びになるように思います。

カット前は46インチで重量は56.6g。46インチ仕上がりを目指したので、1インチほどカットしました。カット後の重量は計りわすれました。。。

グリップはこれ。
イメージ 5
初めてNOW ONのNO1グリップにしてみました。重量は50.4gでした。

グリップ、スリーブの装着後は117.5gになりました。
イメージ 4

スリーブとグリップ装着後の長さ(スリーブ先端からグリップエンドまで)は114.8cmになりました。
SHOCKWAVE Blackは112.9cmで、純正のスリーブ付きのシャフトとほぼ同じです。純正ではヘッド装着後のクラブ長は45.25インチなので、今回のはきっちり46インチ仕上がりになっていると思います。
ただし、クラブ長の計り方はメーカーによって違います。60°法で計ってもメーカーのゲージによっては若干の違いがあります。YAMAHAはやや短めにでるようです。

55g(シャフト)+8.6g(スリーブ)+50.4g(グリップ)=114g。接着剤と両面テープなどが3.5gほどになります。両面テープは厚めのを使用しています。

これに8.5gのウエイトを装着すると、
179.3g(ヘッド)+117.5g(シャフト)+8.5g(ウエイト)=305.3g。
あ、上のグリップの写真でもわかるように、バランス調整のため手元に4gほど鉛を巻いています。
これでスイングウエイトはD4くらいです。
ウエイトをもう少し軽いものにしたいところです。

金曜日の夜に仕上がったので、コースでぶっつけの使用となりましたが、YPASで試打していたので、そんなに不安はありませんでした。コースの練習場では若干引っかかる感じはしました。
コースでもたまに引っ掛けが出ますが、トップから切り返しでのタイミングが取りやすく、インパクト付近でヘッドが暴れない気がします。
今回のラウンドでは無意識のスライス(といっても20ヤードほど)が1本とチーピン気味が1本でした。
肝心の飛距離は、というと、最大飛距離はあかしやコースの5番、30ヤードの打ち下ろしで、吹き流し(250ヤード)を20ヤードほどオーバーしGPS計測で272ヤードでした。同伴のちびパパさんのちょと変な当りと同じ地点まで行っていました。
ライラックの最終ホールでは平地で235ヤードを記録できました。

若干引っかかるのはシャフトの硬度のような気がしています。DiamanaWの50gはXフレックスもあるので、そっちにすればよかったかなぁ、などと考えていますが、SとXでは3gほど違うので(SとSRでは1g、SとRでは3g差)、かなりハードになるのかもしれません。

まずは軽いウェートにして、しなりを抑えてみることにします。

いままで毛嫌いをしていた手元調子のシャフトが、一気に大好きになりました。








この記事に

開く コメント(2)

今日は、ちびパパさんのお誘いに便乗させていただき、ダイナスティーゴルフクラブ北広島に行ってきました。
イメージ 2

ここは一昨年ダイナさんに連れて行っていただき、人生初のハーフ39を記録したところでもあります。

あの時は、前半グリーンが難しくアプローチは寄らない、パットは入らないで散々だったのですが、カートに搭載しているナビにグリーンの傾斜と芝目が表示されていることに気づいた後半では、バーディー2つで3オーバーで上がることができました。

今回は、ちびパパさんとそのご友人、私の3バッグで、あかしや〜らいらっくと回りました。らいらっくは初めてです。

で、どうだったのか?

こうでした・・・
イメージ 1

あれあれ???のスコア・・・

やっぱりここは芝目が難しいですね。それと、コースを知っていないとどこに打っていいかわからないホールが随所にあります。

あかしや3番のロングでは7mほどの下り左からの順目のスライスをジャストタッチでパー奪取です。

6番のショートではオナーの私が、打感最高のナイスショットでピン右横2m、ご友人がピン左下8mに着けたところで、ちびパパさんのパーフェクトショット!ピン右から軽くドローしてピン右手前に着弾、ころころとピンに寄っていきます!!!お、お、おっ!!入る!!!

ざ、ざ〜んねん、ホールをかすめて、それでもピン奥1.2m。

さあ、3人でバーディー合戦の開始です。

ご友人、ショート・・・

私、左カップ一杯を狙うも、カップをなめて残念賞・・・

真打のちびパパさん。ありゃりゃのショート・・・1.2mをショート!人の良さが顔を出したようです。

前半は9番で大たたきして49回・・・

後半は疲れてきた6番7番でがけ下に落とし、ガックリ・・・

あと2ホール!と気合を入れて、8番。まずまずのティーショットから、残りピンまで155ヤード。6番アイアンでナイスショット。しかし、これがちょっと右に出た感じ。
右に打ち出すのが課題だったので、これはある意味ナイスショット!
右バンカーとグリーンの間のマウンドに当り、左にキック。これが順目に乗ってピンそばへ。20cmについてOKバーディー。

9番555ヤードのロングはドライバーで少し右に打ち出し軽くドローし、理想的なナイスショット。GPS計測で235ヤード。(ま、そんなもんしか飛びません。。。)
2打目は4Wでちょっと掴まえそこなったけど残り140ヤードまで運び、7番アイアンでナイスショット。1mほどショート、寄せられずにボギーでしたが、いいショットが続いたので、満足のできる終わり方でした。

ちびパパさんは、やっぱりすごいや!
軽く振っているようでも250ヤードは楽勝。
アイアンもキレキレで、グリーンをヒットします。時々大叩きするのは練習不足のせいでしょう。

ご友人は、今日は不調のようでした。。。しかし、ドライバーは飛びますね!
スライスしなくなると、ちびパパさんと同じくらい飛ぶと思います。

今日は、実は、ドラのシャフトが昨日到着したので、早速組み上げて試し打ちでした。
シャフトはこれ!
イメージ 3

Diamana W50Sです。
TourAD GP5-Sも候補でしたが、長くしたいのでもう少しハードなこれにしました。

スペックは46インチ、302g、D4です。ヘッドのウエイトは標準の13gから8.5gに変えてあります。ロフトは先日のYPASの測定で計ってもらったら、10.5°のヘッドでNORMALポジションでリアルロフト12度弱ということだったので、LOWポジションにしてあります。

長い分でしょうか、ヘッドが効きすぎているせいでしょうか、柔らかく感じ引っ掛けが出たりしますが、タイミングはとりやすく、もっと振っていっても大丈夫な感じがします。
50g台ならXでも良かったかもしれません。もうちょっとヘッドを軽くしてみようかな・・・

でも、まさか元調子、先硬のシャフトが合うなんて思ってもみませんでした。
やっぱりデータ計測って大事ですね。



この記事に

開く コメント(2)

行ってきました。

場所は苫小牧の植苗カントリークラブ。
イメージ 4

朝5時20分のお迎えなので、5時前に起床です。

今日はお天気はよかったですが、風が強く肌寒いコンディション。
なかなか暖かくなりませんねぇ・・・

到着して開会式までの間に練習場へ。
イメージ 1

ほとんど全員AQUAコンペの参加者です。41名の参加です。
そのうち14名が女性。

私はアウト3組目のスタートで、AQUAのおなじみで娘のMAOプ〜が仲良くしていただいているO田さんにY門さんとの組み合わせ。

和気あいあいのうちのスタートとなりました。
特別ルールとして、ダブルペリアの打ち止めなし、そして、各ホールともパーの3倍でプレー打ち止め。つまり最高でも72×3の216ストローク、ということになります。

スコアはこんな感じ。
イメージ 2
OUTは短め、INはちょっと長め、ということで、最初のOUTで稼いでおきたいところでしたが、なかなかうまくいかず46回。
INは難しそうなので、ハーフ終わったところで『あぁ、今日も90切れないか・・・』と思っていたところ6番からの3連続パー(7番は1オンしている感じですが、実際は5cmほどショートです。)がきて、トータル89で回れました。

残念なのは、OUT6番のバーディーチャンスが3パットしたこと、IN8番であわや2オンから寄せきれずパーになったことですかね。

ドライバーはYAMAHA RMX216。今日はチーピンだけに気をつけました。
おかげで、チーピン1発だけ。あとは、右のクロスバンカーに1回入れたくらいで、安定していました。いまいち飛距離は物足りない感じです。

FWはほとんど合格点。アイアンはシャンクなし!しかし、ミスショットが目立ち、やっぱりアイアン下手だなぁ・・・とがっかりです。

アプローチはまあまあ、もうちょい寄せたいですね。バンカーはなんとなく様になってきました。IN10番はバンカーからの寄せワンです。

パットはいつもの調子。強く打ちすぎたのが2回ほどありました。

で、無事終了して、表彰式。
イメージ 5


ダブルペリアでも80台で回っていればそれなりの上位に入ることが多いようなので、なんとなく期待していました。
結局ハンデ15.6でネット73.4、6位という中途半端な順位でした。
賞品はこれ。
イメージ 3

順位賞もたくさんあり、それでも漏れた人にはジャンケンで賞品を分け合います。
Y門さんが運よくジャンケンでオデッセィのパターをゲット!6位よりもすばらしい賞品。

後でスコアをもらったのですが、すごい!
最多グロスが200回直前、最多ハンデが98.4!
この世の中にこんなハンデがあったのか!!!!!!

どうも、この頃ゴルフを始めたばかりの女性のようです。でも、表彰式の後は楽しそうに食事・歓談されていたので、これはまた素晴らしいことだと思いました。
きっと、これからメキメキ上達されることだと思います。
maoプ〜も頑張れ!秋には出れそうだよ!

それにしても、楽しかった!また次回も参加したくなる、そんなコンペでした。
幹事の皆さまお疲れさまでした。そして、ありがとうございました。






この記事に

開く コメント(8)

YPAS

昨日、いつものゴルフ5にyamahaのYPASが来ていました。

先日東京高輪のYAMAHAゴルフスタジオでフィッティングをしてもらいましたが、もっといろいろと打ち比べてみたくて予約していました。

結果は先日と同じくグラファイトデザインのGP5(S)が一番振りやすくてよかったのですが、いろいろと興味深いお話を聞くことができました。

まずは、今まで、飛距離優先で、先が走るシャフトを好んで使ってきたのですが、どうもミスの傾向(引っ掛けやチーピンっぽいフック)から、手元調子のシャフトが合うようです。

計測結果は、今回は次の人が待っていたので、写真撮る時間がなく、データだけ。
ヘッドスピードや飛距離は少なめに出るそうです。高輪では15ヤードほどプラスしてください、とのことでした。
ヘッドスピード:39.9m/s
ボール初速:55.8m/s
打ち出し角:13.8°
バックスピン:2140rpm
サイドスピン:283(スライス)
飛距離(ラン込):225.3yd
左右ぶれ:左1.2yd
インパクトフェース角:0.6°(オープン)
左右ヘッド軌跡:0.2°(アウトサイドイン)


手元が硬めのシャフトでは若干ですが、アウトサイドからヘッドが降りてくるようです。そして、先が走るシャフトでは、ヘッドが返りすぎて、結果引っ掛けフック・・・

GPなら、ほとんどストレートを中心にプラスマイナス0.5°くらいしか狂いません。
インパクトフェース角も同様にプラスマイナス0.5°。ほぼ真っすぐから200ヤード先で2ヤードくらいのブレしかでていません。

さらに手元が柔らかく先の硬いディアマナW50(S)を打つと、1度前後インサイドから入り若干ドロー回転するようになります。こちらのほうが飛距離的にも出る可能性があるようです。
しかし、ディアマナWのほうが全体的に硬めというか、遊びがない感じで、毎回一生懸命振っていかないといけないような気がします。これはフィッターさんと同じ意見でした。

そのほか、KUROKAE XMも打ちました。これは今までのと変わりなく、掴まってしまって左に飛んでいきます。

ATTAS G7。高輪ではまずまずでした。昔打ったことのあるイリマと感じが似ていました。今回は切り返しで負荷をかけるとヘッドの位置がわからない、というか、タイミングがとりにくかったです。

ウエイトの調整や、ロフトの調整も変えながら試していましたが、結局GPが一番のようです。
セカンドチョイスはDiamanaW50(S)。自分的にはこれを46インチくらいの長めにすると、少し柔らかくなると思うので、いいのではないかな、と思ったりもしています。

即決はしませんでしたが、YPASのサービスカーが来ているときに発注すると、ヘッドの個体差まで指定できたり、長さやバランス調整も専属のクラフトマンがやってくれるのそうです。

実は私の216は、計測してもらうと若干ロフトが寝ているようです。10.5°表示ですが、リアルロフトは12°ほどあるそうです。また、若干フェースがかぶって見えますが、これは塗装の関係だそうです。いや、これが私にはちょうどいいのです。
ロフトをロー(-1°)にすると、ヘッドのかぶりが気にならなくなります。

シャフト、どうしようかなぁ・・・
軽いシャフトで、手元調子って、なかなか見当たらないんですよね・・・
GPは一本欲しいところですが、DiamanaWも・・・そのほか、何か別のやつを・・・

楽しみが増えました。

そうそう、明日は練習にいているアクアのコンペです。
コーチ達も出場するようなので、楽しみです。
朝5時前に起床です・・・

この記事に

開く コメント(0)

ついに娘のmaoプ〜がショートコースデビューです。
今日は午前中小雨の予報だったので、時間をずらしてお昼ころからにしました。

場所は雁来。
イメージ 1
雨は避けられましたが、強風が吹いています。デビュー戦にしては厳しいコンディションです。

まずは、練習グリーンでパットの練習。距離感が合っていないようですが、まぁ、最初なのでとにかく慣れるために自由に打ってもらいました。
アドレスもグリップも普通のショットと全く同じなので、パターの握り方とアドレス、ストロークについてちょっとアドバイスしました。

そしていざ本番。むちゃくちゃ空いていて9ホールの中に3〜4人くらいしか見当たりません。ラッキーです。
第1打は6番UTです。予想通り?のミスショット。右側のネット、しかも、ほぼ真横。
これは見なかったことにして、もう一回。またまたほぼ同じところへチョロ!
なかなか難しいようです。
3回目でやっと前に進みました。そこから?打でグリーン横まで。これがまた思いっきり引っ掛けた当りで、グリーン方向から30度くらい左でした。

やっとの思いでアプローチの距離。AWを持っています。『30ヤードくらい打てばよいよ〜』と声をかけましたが、バックスイングをみてビックリ!ほぼフルショットしてるやん・・・
こんな時に限りちゃんと当たってしまう・・・
グリーンオーバー!反対側まで走ってまたAW.こんどはちょこっとだけグリーンにひっかかりました。

グリーンに乗ってからのマークの方法、遠いほうから先に打つ、近い人はピンを抜いてあげる、クラブはできるだけ次のホールに近いほうに置いておく、などなどレクチャーしました。

なんとか2パットで7。スコアカードの付け方もレクチャーしました。

2番は川越えの98ヤード。川は越えられないだろうな、と思っていたら、なんと、得意の7番アイアンで見事クリアー!!グリーンには届きませんが立派立派!
イメージ 2

イメージ 3

まぁ、そんな感じで、9-ホール終了。
とにかくアプローチでのスイングが大きすぎる。それを指摘すると今度はインパクトで緩める。
これはちゃんと覚えないといけないですね。
それと、ここは、グリーンを外すとほぼラフ。沈んだライや浮いているライなどの状況を見極めることができないので、引っかかったりザックリいったり。。。
しかたないですね、最初は。
途中でバンカーにも入りましたが、『ソールしてはいけないよ。』というと、見事空振り!一回も練習していないので、これもしかたないですね。

あと、パターの距離感が悪い!ショート、ショート、オーバー、みたいな感じで、なかなか2パットに収まりませんでした。

記念すべき初スコアは『66』。。。

ちょっと休憩してもう一回り。
今度はUTはまだ難しい、と思ったのか、全て7番アイアンでティーショットをしていました。これは、なかなかクレバーですね。

2回目はちょっとだけ良くなって、『61』。。。

ドタバタ感満載のデビュー戦でしたが、楽しかったようです。

次回は来月もう一度ここにきて、そのあとはもう少し難しいマオイあたりに行ってみよう、ということで、家路につきました。

maoプ〜お疲れ様でした!課題がわかったと思うので、またしっかり練習しなされ!!








この記事に

開く コメント(8)

行ってきました。
イメージ 1

イメージ 2
今年は北海道プロゴルフ選手権が開催されるそうです。

ここは全てキャディさん付きの歩きラウンドのようです。
コースはもちろん初めて。素晴らしいコースだとの評判なので、とても楽しみでした。


『ゼクシオカップ』というオープンコンペへの参加です。

前日からレンタカーを借りて、当日朝6時出発。
ゆっくり走って、7時に到着。8時過ぎのスタートなので、余裕、余裕。
今日は絶好のゴルフ日和。練習場で軽く汗をかきました。
イメージ 3
フロントの正面に係りの人がいて受付をすまして、組合せ表と参加賞をいただきました。
参加賞はこれ。
イメージ 4
ゼクシオの新しいボールです。前のAeroSpinがいい感じだったので、これも試したいと思っていましたので、なんともラッキーです。

コンペはOUT・IN合わせて60名ほどで。私はINスタートでした。
イメージ 5

コースは距離がたっぷりあり、なかなかパーオンは難しい感じでしたが、ショートは短めなので、ロングホールと合わせて頑張りどころだな、と思っていました。

ここはAグリーンとBグリーンがあり、2グリーンなのですが、AとBでは距離が違ったり、間に林があったりでまったく違ったホールになるという、考えられたつくりになっています。
イメージ 6
ここはOUTの11番。街並みに向かって40mほど打ち下ろしていくホールですが、今日はBグリーンなので、正面ではなく右側の奥にあるのが狙うグリーンです。
ちなみに、ここはナイスショットで260ヤードほど飛びましたが、センターからドローがかかりフェアウエイ左までいってしまったので、2打目で若干林がかかってしまいました。強引に右バンカー越えを狙えばよかったのか、と。。。でも寄せがうまくいき、1パットのパーでした。
こんなふうな戦略性の高いホールが続きます。

で、スコアは・・・(上がIN、下がOUTです)
イメージ 7
IN4番の7がききました・・・ちょっと当りが悪くショートした球が斜面にはねられOB!
がんばらなければならないショートで7打です。。。

OUTに回って心機一転、半袖になりました。
1番は370ヤードほどですが、上りの右ドッグレッグ。
イメージ 8
(由仁コースのHPから拝借しました)
ここもA,Bで全然違うホールです。2打目180ヤードの上りを5Wでグリーン奥に乗りました。奥から速い、と聞いていたので、慎重にパットをしました。
うまくOKまで寄せられて初パーです。今日はパットがいい感じでした。

4番ショートホール。
イメージ 9
ここもAとBでは全く違うホールです。両グリーンの間に小川が流れています。

7番まで行ったところで、パー2つにダボ1つ。残りボギー、ボギーで45を切れます。
そんなところで、最難関の8番。ずっと上りのミドル。ここはきつかった・・・
疲れがどっとでてしまい、ダブルボギー。
続く最終ホールもぐったりしてダブルボギー。
実はこのダボ、ダボの上りが幸運を呼び込んだのですがね。

疲れ果てました。。。歩きラウンドはきついですぅ・・・

同伴の方は素晴らしい技術とパワーをお持ちで、お一人はものすごい飛距離、もうお一人はアイアンの名手。そして唯一のレディースはクラブ競技に出場されるくらいの腕前。
この日の私は対抗できるものはなかったのですが、難しいといわれるグリーンで、3パットなしの30Pはみなさんから称賛していただきました。それと、ショートアプローチとバンカーショットもよかったですね。
もう一つ、シャンクなし!自分としてはこれが一番よかったかも・・・

そして、表彰式。
まずは隠しホールの発表から。
あちゃ〜〜、7打打ったホールが入っていない!しかも2つのパーが入っている!
最悪のシチュエーションです。なんと運がない、というか、、、

しかしながら、真っ先に呼ばれました。ヒェ〜〜びっくり!
イメージ 10
飛び賞50位ゲット〜〜
金ピカのマーカーセットとグリーンフォークです。
後で結果表を見ると同じネットの人が4人いました。『同ネットの場合はカウントバック方式で順位を決定』というルールがあり、あがりのホールのスコアがいい人が上位になる(そこも同じならさらに前のホールのスコアで比較、の繰り返し)ので、ダボダボの上りで同ネット4人の中の最下位となり、それが丁度50位という結果でした。
最後にラッキーが待っていました。

てなことで、無事終了したのですが、一昨日は疲れ果て、昨日は体が痛くて記事アップできず、今日やっとアップできました。

きついですなぁ、歩くラウンドは。。。

次回は7日に娘のショートコースデビューの予定。
ただ、お天気が心配です。





















この記事に

開く コメント(6)

一夜漬け・・・

明日は、札幌ゴルフ倶楽部由仁コースでのオープンコンペです。

千葉でオープンコンペに出場しているので、そんなに緊張はないのですが、一度は行ってみたいコースなので、そちらのほうが楽しみでもあり、緊張でもあります。。。

グリーンが速いそうです。アクアのプロに情報を聞きだしています。
『7,8,9番と11番の左グリーンは奥からものすごく速いですよ。』φ(..)メモメモ

前回強風氷雨に中、新ドライバーYAMAHA RMX216の当りが今一納得いかず、交換用のウエイトを調達しました。
デフォルトが13gなので、10.5gと8gの2個を用意したのですが、S-TRIXX Shockwave Black5Sを組んでみると標準ウエイトでD3、10.5gでD0です。このあたりはロフトやライ角変更と一緒にアクアで試していましたが、今一球がばらけます。
今日はヒューマンでやはりいろいろ試しながらやっていると、思い切った8.5gがいい感じです。バランスはおそらくC9あたり・・・なので、これは初体験ですが、一番結果がよかったのに驚きました。

若干軽くは感じるのですが、打点が安定して、球筋も軽いドローになります。

今までのクラブセッティングから考えると、なんか変な感じなんです。
たぶん、たぶんですが、ヘッドを重くするとシャフトが柔らかくなりすぎるのではないかと思っています。
YAMAHAのフィッティングでもアドバイスもらったように、ヘッドスピードの割にシャフトを撓らせているスイングなので、5Sではやわらかいのでしょう。

やっぱりもう少し先のしっかりしたシャフトか、全体的に硬めのシャフトが合うのでは?
バシレウスαは先走りだけど、手元が硬いので、あっているのかもしれません。

明日はこのセッティングでいってみます。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事