sampo around the world









イメージ 1




α7RのEVFと比べて、フルサイズ5Dの光学ファインダーは気持ち良いですね♪
ファインダー越しの春らしい風景を覗きながら感激してました。


でもピント合わせはEVFの方が簡単で正確でした・・・フォーカシングスクリーンは標準のEe-Aから、開放F値が2.8よりも明るいレンズを使用した時、ピントの山をより鮮明につかむことができるEe-Sに交換しているので、開放でピント合わせして、少し絞っての繰り返しでした。F2.8からF4に絞ると、もう見えない(笑)


この2枚の写真くらいに被写体との距離が1〜3メートル以内ならいいけど、5〜6メートル離れてしまうと難しいです。



イメージ 2










by contax carl zeiss distagon 35mm F2.8 + canon eos 5d classic + adobe lightroom 5.7

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

sampo around the world









イメージ 1



先週の平井での試写 with α7Rに続いては・・・・河津桜 with 初代5D(約1200万画素センサー)です。






午前中にCFカードを入れ忘れたので(泣)、午後に撮り直してきました。

初代5Dはカードが入っていなくてもエラーメッセージでないし、いろんなメーカーの機種を使っていると、バッテリーが充電していなかったり、充電器を探したり(笑)面倒なことがいろいろあります。


撮り直しの時も、こんどはAPS−Cに付けていたときのフードをフルサイズに付けたので四隅がケラレたり。
もうボディととレンズのメーカーもゴチャゴチャだし大変です(笑)


再々度、撮り直しには行けないので。ケラレたまま掲載します、この写真は下隅がフードに反射して白くなっていたので、少しカットしました。



by contax carl zeiss distagon 35mm F2.8 + canon eos 5d classic + adobe lightroom 5.7

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

sampo around the world









イメージ 1



街中にあるものは何でも被写体に・・・・ポストや柵も背景がボケると立体感が出てきますね。


イメージ 2















by contax carl zeiss distagon 35mm F2.8 + sony α7R + adobe lightroom 5.7

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

sampo around the world









イメージ 1



旧中川の土手沿いには早咲きの桜でしょうか、満開でした。


イメージ 2





α7Rの高画素の高画素センサー・・・約3600万画素。原寸大で見るとブレてるのがよくわかりますね、EVFでピント位置は正確に狙えるし、ブレも確認し易いし、コレを使い込んでいけば撮影の腕が上達しそうです。








by contax carl zeiss distagon 35mm F2.8 + sony α7R + adobe lightroom 5.7

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

sampo around the world









イメージ 1



試写となると必ず撮っているのが自転車が並んでいる様子や艶のある車のボディ(笑)


イメージ 2





コンパクトなボディなのにフルサイズのα7R、ヤッパリ開放付近で撮りたくなります。
合わせたレンズは開放F値2.8なのに、いい感じのボケです。









by contax carl zeiss distagon 35mm F2.8 + sony α7R + adobe lightroom 5.7

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

sampo around the world









イメージ 1



国道沿いの民家の玄関先には眩しい光を浴びて花が並んでいます。


イメージ 2





せっかくの高画素のα7Rだけど、フルサイズセンサーなので絞り開放付近でボケ写真です。

フルサイズセンサーにEVFの組み合わせは、ボケ具合が撮りながら確認できちゃうのが凄いですね、夢のようです。








by contax carl zeiss distagon 35mm F2.8 + sony α7R + adobe lightroom 5.7

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

sampo around the world









イメージ 1




EVFとライブビューを使ってみて、デジタルカメラの進歩に感心し(笑)
それでは高画素のセンサーはどうなのかというところで、α7Rを試してみました。



1日だけ試せる機会がありましたので隣町を散歩しながら撮ってきました。




イメージ 2




駅前から旧中川の方まで歩くと日通の倉庫があり、眩しい光が壁を照らしていました。



by contax carl zeiss distagon 35mm F2.8 + sony α7R + adobe lightroom 5.7

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

『EVFとライブビュー』

sampo around the world














イメージ 1







この2台を入手しました、ソニーの方はEVF搭載で、キヤノンの方はKISS X2(の北米仕様のEOS REBEL XSi)でライブビュー搭載です。
ネットで調べたところ、X2の方は2008年の春モデルだそうです、ソニーの方はもう少しあとで2012年の秋のようです。


どちらもマウントアダプター経由で違うメーカーのものでAFの付いていないもので・・・マニュアルでのピント合わせに光学ファインダーと比べてどうなのかというところです。


X2は一眼レフなのでミラーアップしてライブビューです、KISSでは初のライブビューなので動きがぎこちない感じですが、5倍と10倍の拡大表示が選べて、正確なピント合わせが出来ますね。


5DもハニカムS5ProもフォビオンSD15も、10年くらい前の機種なので付いてなかったんです。以降の機種には必ず付いているのも納得です!


EVFはフジのX−E1で少し使ったことがありましたが、こちらもピント合わせは正確に出来ますね、撮れる絵と同じものが見えるので当たり前ですけど、進化してますね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

『亀戸天神』

sampo around the world









イメージ 1










イメージ 2










by ef 28-70mm f2.8L + canon EOS Digital Rebel XSi + adobe lightroom 5.7

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

『梅』Part.3

sampo around the world















イメージ 1














by ef 28-70mm f2.8L + canon EOS Digital Rebel XSi + adobe lightroom 5.7

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事