いないばぁ

“すごく好き”を見つけた海。

Top Page

すべて表示

ブログ開始。

期間限定ブログです。 本家の方でまとめ的なことしか書いてないので、リアルタイムに事件を楽しめるブログをスタートします。 本家とは趣向を変えます。というか、本家がナチュラルシステムから、化学的なシステムに移行してしまったので、ナチュラルシステム系は別の媒体で紹介という感じにしました。 今回は、一青窈の唄、”いないばぁ”の歌詞「“すごく好き”を見つけた海」というキーワードで、ミニ水槽、私の手元にひろがる海に生きる生体を紹介します。 このブログではこのミニ水槽の話題しかしません。また、1年でこのミニ水槽は閉鎖予定なので、ブログも1年が上限と見ています。 一番最初に入れた生体は他の水槽から移送した、シアノバクテリア(パープル)と茶苔と言われる珪藻ということを書いておけばこのブログの主旨がわかるかと思すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

一つ目の藻類

2009/2/22(日) 午後 6:07

アクア界きっての人気者珪藻diatomsです。その黄金色の藻は人々の心を掴んで止みません。水槽のガラス面は短い時間で覆い尽くし増殖力は水槽内で一、二を争うほど。 もちろん他の生体がこれを見逃すわけはなく、食物連鎖の一番最初に位置するのがこの植物プランクトンです。 稚魚を含め小型な生物の餌になるので、水槽内で小型の生物を飼育している場合は故意に増 ...すべて表示すべて表示

餌の選択を…

2009/2/2(月) 午前 7:32

生体を飼育するには餌には生き餌、冷凍餌、冷蔵餌、乾燥餌があります。一般的には冷凍餌と人工餌に分けて言われる場合が多いです。 多くの生体が自然界では他の生き物や他の生物の分泌物・死骸を食べます。 が、水槽内ではちょっと違います。人間が与える餌を食べるか、水槽内で自然にわいたものをたべるしかありません。 そのため人間の餌を受け付けず、餌付 ...すべて表示すべて表示

瞬間、光、重ねて

2009/1/11(日) 午後 10:40

照明と言えばLEDが流行です。日本では散光のものが好まれるためか、集光という名称でも、国外の照明と比べると30°以上の散光としか思えないものが多いです。集光ならば10°だろうと私は思っているのですが…。それはさておき、現在ではLEDとレンズ組み合わせることでメタハラ以上の照度を維持することも可能になりました。 この水槽でも初めからLEDの青を使用し ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事