コスタリカ共和村 ◆テラスマイル・サナトリウム◆

平和の風。転載自由、情報拡散、歓迎 http://twilog.org/costarica0012

コスタリカ大統領から平和の便り

すべて表示

◆エコビレッジ企業体「地球小屋」 構想 四国の山林を買い取ろう!樹木葬ビジネスで投資家へ返済 地球守りさんに四国の山林と農地を委ねたい。

「地球とからだに優しい暮らしを創っていこう」をテーマに、

1.四国の山林を所有してくださる平和勢力のコミュニティ(共同体、協同体)としての人間の鎖を創っていただきたい。
soil(土壌) soul(魂) society(社会共同体)
エコビレッジ コミュニティとしての人間の鎖「地球小屋」に力を貸してください。


四国の山林は、高レベル廃棄物処分場に買い取られる事態を防ぎ、平和産業側(平和を作っていける人)が所有する必要があります。
(日本国の計画書で、日本列島の中に、火山も活断層もないのは、四国の山林のみなので、ここにしか最終処分場は作れないからとの具体的な構想が進展中です。すでに、住民説明会が展開中ですので緊急事態です

①一つは、戦争産業側には決して売らないというお金を持つ「地球小屋」「地球守り」さん支援者に買い取ってもらい、所有権は、その方のまま、使用権を企業体「地球小屋」に委ねてもらう。 (地球小屋主体での森林開発

②もう一つの道は、一般社団法人もしくは、企業体「地球小屋」が四国の山林を所有できるように、投資家を募る。地球小屋主体での森林開発

③地球守りさんが、直接、四国の山林や耕作放棄地を購入する。地球小守り主体での森林開発


企業体「地球小屋」が、所有したり、使用権を取得した、山林、耕作放棄地は、地球守りの志のある人材に、使用権を委ね、5年間の試験期間を経て、間違いのない人格だということが証明されたら、地球守りさんの所有としていくプロジェクト

「地球守りさん」は、地域に根差した自伐型林業並びに、有機農業で生計を営みながら、樹木葬ビジネスの協力者として、預かった土地に、「樹木葬」の受け入れ態勢を構築する条件をのむこと。

地球小屋の「地球守りさん」は、四国への定住、新規自伐型林業家、新規就農が条件。年齢を問わない。志と志に伴う能力を問う。
単身、夫婦、子供連れ、いずれもok. 
特に、東北地方の田舎暮らし経験者で、新天地での村づくりに貢献できる人格者を求める。
都会暮らし感覚のエゴイストいいとこどり)は、お断り。村を破る人はブロックする


一、「地球小屋」は、企業家や投資家の協力を求める。新規就農者の農産品を市場に送り出すマーケットインと、プロダクトアウトの役割を担う企業体と連携し、地球守さんの生活基盤を支える。(地球小屋や地球守りさんや関係者が主体となって農業協同隊の構築に、向かう)

二、「地球小屋」は、新規就農者、新規自伐型林業家に教育を受ける機会を提供する学校や団体との協力体制を構築する。お金のない人には、所得補償つきの修業の機会を開く。

三、「地球小屋」は、「地球守り」の志のある人格者に対して、四国の大地とウエルカムで迎え入れてくださる住民との関係性を開く。

四、「地球小屋」は、投資家を募る。投資家へは、樹木葬ビジネスで得た収益   で、投資いただいた分を返済する。

五、「地球小屋」は、四国の山林や耕作放棄地、空き家の情報を集め、「地球守り」の志のある人格へ情報提供する。

六、「地球小屋」は、例えば、徳島市小神子に、「テラスマイル・サナトリウム」を建設する。
  自然循環療法での治療を提供できる拠点を、協力企業体を含めて、「地球小屋」として、ネットワークを構築する。

これは、あくまで構想であって、今現在は、四国の空き家や山林売買可能の情報や耕作放棄地の確保のみです。耕作放棄地を生かしていこうとしている志ある人材の情報も持っています。昨日、ふるさと市場交流会で、知り合った高知市の若者は、四国の山林のために、協力したいと言ってくれました。これまでの平和活動の実績の中で協力してくれた高知の平和勢力とはコラボできます。

四国の山林の価格の事例
①、四万十町で60町歩の森林を所有する鶏品評会の仲間によると、1町歩(3000坪)雑木林で20万円。40年杉が植わっていて40万円。
②、徳島県海陽町 1町歩(3000坪)50年杉で100万円。
③、高知県本山町 整備された、水の確保された農地を含んで、
1町歩(3000坪)500万円。即、農業経営とクラインガルテン建設可能

④、「地球小屋」の拠点としての作業小屋
徳島県が公園建設を予定している森林に隣接の小神子。小神子には、富士ゼロックスの保養所があり、水岩石の土壌。盆栽の土に最適。
  自給自足の水が確保されていて、太陽熱黒パイプ温水、水洗トイレ。鯉の池あり。500万円で購入し、配管工元社長が改良した家 今なら270万円。ここを抑えたい。


エコビレッジ コミュニティとしての人間の鎖「地球小屋」に力を貸してください。

イメージ 1

四国への移住を希望している地球守りの志を持つ人に対して、オーロビルのように流浪の民として流れ込んで来ても、ナリワイの仕事があり、労働ポイントを貯めることによって、食べていける仕組みを作りたい。四国への移住希望者に活路を開きたい。


私が、311直後からエコビレッジ運動を始めた目的です。平和学研究の成果を具体化したい。

ご協力いただける方は、ご連絡ください。
コスタリカ共和村 山下 由佳
0887−23−9012
costarica0012@gmail.com

◆平和の構築、最新情報はこちらでどうぞ!
◆テラスマイル・サナトリウム
先住民の教えでは、人間は、戦士と兵士に生き方が分かれるそう。その中でも、平和の構築に従事する<虹の戦士>がいる。彼らは、時と共に失われた価値観や知識を再び教え、英知(知恵)と超感覚の持ち方、そして団結と調和、愛だけが前に進む唯一の道であるということを行動で示す。地球を笑顔あふれる住処に、テラスマイルな生き方を提案します。自然循環の平和への道を世界の仲間に伝えてください。

耕作放棄地再生事業化に関しては、私にアイデアの構築があります。

まず、東洋町や海陽町などでは、高齢に伴い、お米農家さんが廃業して行っている実態があります。これらのお米農家さんは、機械や倉庫を所有しており、機械は、ヤンマーなど中古を買い取ってくれる業者に販売し、農地は、耕作放棄地となっていっているのが実態です。
機械と倉庫があれば、一人でも80反を管理することは可能です。
地域で廃業していく人の情報をゲットし、マッチングができることが望ましい。

これらの農地を、農薬を使わないで成功させる農法は、
「土といのちを守る会」の井上正雄農法が最適だとの結論に私は達しています。
井上正雄さんは、福岡正信さんの下でも修行した人で、
福岡農法の弱点も克服して、機械化で無農薬玄米を作っており、
彼の手法は、ヘアリーベッチというマメ科の緑肥栽培をすきこむ方法です。
彼の玄米には、パワーがあり、病気の人にも力を与えるものです。

また、彼の微生物資材は、emの弱点(土着菌との相性)を持たない海外の物を使っているようで、ハウス栽培でも土が循環していました。
この微生物資材を分けてもらった塾経営者からの情報です。

できれば、この井上正雄農法を有機農業映画祭に出店したいと考えていますが、映像つくりの協力者が必要です。

このように、高知には、有機農業家のいごっそうがたくさんおり、地域では少数派ですが、独立した歩みを続けており、この点が線になり、面になれば、
四国に革命を起こす原動力になるものだと信じています。

ところが、この優れた有機農業家が高知の慣行農法家たちに知られていないのが残念でなりません。

12月に開かれようとしている高知オーガニックフェスタが、それぞれの農法の違いを乗り越えて、まず、有機農業家が人間の鎖で結ばれ、情報交換しながら、協力し合える関係性を構築できるものになることを希望しています。

新規有機農業家の育成体制には、高知のいごっそうの連帯が必要不可欠です。


その他の最新記事

すべて表示

速報、拡散! ココナラに出品しました! - あなたの不調の所在を診断し、自然循環療法「コスミック・アーシング」による治療法の相談を受け付けます。 https://coconala.com/services/139600?ref= ...すべて表示すべて表示

自民党の改憲草案、置いていきますね。 怖くて震えますよ。 下手なホラーより怖いですよ。 http://editorium.jp/kenpo/const.html http://blogs.yahoo ...すべて表示すべて表示

new http://next.spotlight-media.jp/article/294936991399761678 何故、今、日本の子どもの六人に一人が貧困に苦しんでいるのですか? 格差を分析したところ、日本は先進41カ国 ...すべて表示すべて表示

ブログリンク

更新

チルチルとミチル

マザーテレサ

マザーテレサかく語れり。

未登録です


.


みんなの更新記事