Keep on "Riding on".

放置状態ですが生きてます。

全体表示

[ リスト ]

もてぎライパ参戦記。

7月20日(月・祝)に開催されたRIDERS CLUB誌の走行会、
「ライディングパーティー」に参加してきました。

今回もドキュメント風味でいってみます。


19日 12:00。最終チェックのため首都高を流す。
2000年以来のライパ仲間、SP-2氏改め'08CBR氏に遭遇。
遂にライパだという気分になる。

20日 1:30。
就寝は22時過ぎだったがふと目を覚ましTVをつけてしまう。
ゴルフはクラブを握ったこともないが名前は知っている
トム・ワトソンの激闘に思わず見入ってしまう。
プレーオフ確定となった時点でとりあえず寝る。


イメージ 1

5:00 起床。やはり眠い。
天候はそれなりに晴れている様子。
今年のライパは天候に悩まされ続けているが今回は大丈夫だろうか?

イメージ 2

イメージ 3

5:30 出発。
3連休で相当な渋滞も覚悟していたのだが、さすがにこの時間帯ではそれほど混んでいない。
途中でキジ撃ちピットインなどしたにも関わらずほぼ予定通りの7:00過ぎに到着。
先についていた'08CBR氏と同じ31番ピットに陣取ってみる。

もてぎはトイレが遠いなぁと思っていたが、ピット10個おきぐらいに設置されているのに
今回はじめて気が付いた。自販機の裏で分かりづらい。
ちなみにこの自販機、一般価格+20円なのに簡単に品切れになる。
もう少し何とかならないものか。

イメージ 4

7:30。今回のゼッケンは赤の22番。
偶然ながら'08CBR氏と連番である。
ミラーを外してテーピングして各部チェックを終えるまで約10分。
さすがに回数が増えると要領はよくなるものだ。

ミーティング開始までのんびりしていると、関東各地のライパでご一緒させて頂いた
GSX-R氏、アグスタ氏、TRX氏などに遭遇して歓談。やはりライパ仲間はいいものだ。
皆さんいいオヤジ(失礼)なので、つい景気の話題になる。
いいという話は聞かない。

イメージ 5

8:00。ミーティングが始まる。
早目に部屋に入って壁際を確保したので背もたれがあって楽である。

今回は鎌田学氏、鈴木大五郎氏が先導ゲストとして参加されていた。
また、ホンダのお膝元とあってかCBRのABSの紹介と試乗車、
説明に開発チームの方がお二人来られていた。
リョーコ嬢は姿が見えない。誌面にも登場しなくなったし引退されたのだろうか?

イメージ 6

9:00。慣熟走行開始。
今回はピンク(サーキット初体験)&緑(マイペース)クラスがゼッケン發
2クラスに分けられて4クラス制。代わりに全員昼休みはなくなった。

写真の中央はzeroさん。ご友人と一緒に今回はビューエルで参加されている。
何となくツアラーな印象を持っていたのだが、サーキットにハマられたのだろうか?
同好の士が増えるのは大歓迎である。

イメージ 7

10:00。赤ゼッケンの慣熟走行。
昨日まではいまひとつスッキリしない天候だったのだが、ざまあみろ的晴天である。
それはそれで陽射しが辛い。ピット下の日陰から出られない。

慣熟のペースは比較的のんびり。特に問題なくついていける。
しかし年1回の3回目、慣熟1回につき4週となるとコースを思い出すので精一杯である。
2回目は10台程度のグループの後半に当たったのだが、調子の悪い方が居たようで
先導が見えなくなってしまった。不完全燃焼で本番に臨まなければ。

イメージ 8

11:40。2回目の慣熟が終わったところで昼食にする。
那須と同じような感じのケータリングのランチだ。
今回は手をつける前に写真を撮る余裕があった。

しかし汗だくになったせいか非常に薄味に感じた。

イメージ 9

12:40。フリー走行開始。ここで本日の問題が発覚。
久々の(昨秋の岡山以来か?)200kphオーバーに全く目が付いていけない。
視線が遅れるので全ての動作が遅れてしまいまともに走れない。
1コーナーの進入でリヤをホップさせてまっすぐ行きかけたり散々である。

しかも体が動かない。最近体重が増えたのもあってか動きが鈍い。
更に重たいものを無理やり動かすので体力が続かない。
人間の軽量化が急務である。

写真は黄色クラスの出待ちの人々。大盛況である。

イメージ 10

14:00。フリー走行2本目。少し落ち着くために先導走行の列に入る。
勢いが足りないためにブレーキングの後リヤに荷重が移せないのは判っていたので
フロントのプリロードと圧側減衰をそれぞれ半回転足しておいた。
しかしこれが完全に裏目。大アンダーで全く曲がらない。
写真は走行後のフロントフォーク。全然ストロークしていない。

ジタバタしつつも何とか遅れずに付いていくが、途中で先導の方がはるか彼方に消えていく。
自力で頑張れとのメッセージだと信じて残り半分を頑張ってみるが、先導モードから
戦闘モードにスイッチが切り替わらない。やっぱり走り込みが足りていない。

皆さんほとんどのコーナーを2速で抜けているようで、3速で走っている私は
立ち上がりで離されがちになる。やはり修練が必要だ。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

14:30。出展者ブースをうろついてみる。
ライパ的にも年間のメインイベントなのか、出展者も豪華だ。

BMWは例によって大量の試乗車を準備。S1000RRもちょっとだけお披露目したらしい。
KTMもRC8Rとレーサーのレプリカを展示。試乗もありだった。
ホンダはABSのカットモデル。ブレーキがバイワイヤというのが怖ろしい私も
年を取ったのだろう。
その他ミシュラン、カドヤetc豪華出展者である。

イメージ 15

15:20。フリー走行3本目。
フロントのセッティングは半分元に戻し、リヤの減衰を半回転かけてみる。
割といい感じで走れるようになったが3周目に赤旗中断。
3コーナーで2台が絡んでしまったようで、グラベルに入ってすぐのところに
止まっていたためらしい。

どうやら完全に絡んだわけではなく、お互い避けようとして真っ直ぐ行ったようだ。
どちらも自走可能なレベルのダメージなようで一安心。

イメージ 16

イメージ 17

16:40。フリー4本目。大体1回のフリー走行で出入りラップ含めて6周程度。
ようやくそれなりに走れるようになってきたが、燃料警告ランプが点灯。
すぐにガス欠になることもないとそのまま走り続ける。
街乗り〜高速巡航では20km/l前後の燃費なのだが、もてぎでは12km/l程度。
やはり負荷も高く高回転まで回すと燃費が悪い。

上の写真は調整後のフロントサス。まぁまぁのストローク。
下の写真はリヤタイヤ。キレイに磨耗している・・・が、フロントはボロボロ。
やはりずいぶんこじり回してしまっているようだ。

イメージ 18

17:00。終了挨拶&ジャンケン大会。
ジャンケンは今回もやはり全敗。
不況の影響か、ノベルティTシャツとかタオルもなかったので
今回は手ぶらで変えることになった。

それにしても、普段のだらけぶりが如実に現れたライパだった。
アベレージが上がってくると本当にごまかしが効かなくなる。

しばらくは体力向上&人間の軽量化&走り込みに努めたい。
そうそう、翌日は筋肉痛と日焼けに悩まされている。

「CBR1000RR(SC57)」書庫の記事一覧

閉じる コメント(2)

顔アイコン

う〜、耳が痛い言葉がふんだんにちりばめられている。

2009/7/22(水) 午後 10:49 ダメ人間

顔アイコン

ダメ人間様はガッチリ系でしょう???

私は正直ヤバイです。

ちょっと頑張ります。

2009/7/28(火) 午後 10:13 [ cozo9132 ]

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。
Yahoo! Choctle

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 今日全体
訪問者146032
ブログリンク010
コメント0477
トラックバック07

  • Yahoo!ブログiPhoneアプリダウンロード
  • Yahoo!ブログAndroidアプリダウンロード
毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事