クローズZEROも良いけれど…クローズは断然原作派!

クローズの実写も良いとは思う。思うけれど、やっぱ原作派な筆者によるクローズ原作ファンサイト。

狂屋

蛭田 雅史(ひるた まさし)
狂屋の四代目総長。銭屋一家・増子の力をバックに五国休戦協定を破り、街の暴走族の頂点に立とうとしたが、ドスケンの粛清によって後ろ盾をなくし、最後は傷だらけの好誠とのタイマンで完膚なきまでに叩きのめされた。『続・外伝』にのみ登場。
 
柿村(かきむら)
四代目狂屋の副総長で、蛭田の相棒。鮫島にラリアット一撃で倒された。『続・外伝』にのみ登場。


お部屋探しで一人で悩まないで・・・ 近隣物件多数用意してあります、是非お気軽にお声掛けください!不動産 札幌イイ部屋さがそっ!!!!

この記事に

銭屋一家

関西に拠点を置く一大チームで、萬侍帝国の最大の対抗勢力と言われている。
 
ドスケン/小川 研次(おがわ けんじ)
八代目銭屋一家副総長兼第一支部支部長。『続・外伝』にのみ登場。ドスケンというあだ名は小学生の頃、借金取りから母親を守るためランドセルにドスを入れていたことからつけられた。下の者からの信頼がとても厚い。中学2年の時『クローズ』の舞台の街に半年間住んでいたことがあり、その時に鮫島と喧嘩になって村田が仲裁に入り、その縁で村田・鮫島の兄弟分となった。
続編『WORST』にも、武装戦線関係者として度々名前が出てくる。
 
増子 拓朗(ますこ たくろう)
銭屋一家第九支部支部長。『続・外伝』にのみ登場。関東の萬侍帝国の兵力に対抗すべく、銭屋本部の許可無しに、代が替わった直後の狂屋を力で傘下に入れようと企てる。しかし村田に呼び出されたドスケンによって粛清された。

医学的には毛密度が生来の50%以下に低下した場合が、他人から見ても目立つ場合が薄毛隠しのケースが多くなるとされているらしい。
日本のTV等で使用しているCAないしキャビンアテンダント 学校は和製英語として生まれたそうです。日本語では、旅客機の客室乗務員です。




この記事に

萬侍帝国

東京都町田市を本部に、北は北海道から南は九州まで全国22の支部を持つ、日本最大のチーム。頂点には、九頭神兄弟率いる九頭虎會と九頭竜會が鎮座している。
 
九頭神 竜男(くずがみ たつお))
九頭竜會リーダー。萬侍帝国初代総長・九頭神虎男の弟で、その圧倒的な強さから日本不良界最強の男と呼ばれている。
次期総長の座に就くことが確実視されていたが、虎男は九頭虎會の伊能を二代目総長に指名、それを不服として東京から姿を消し、トシオと2人で春道のいる街にやってきた。新四天王を逆恨みする甲斐の仲間たちに金で雇われ、五代目武装戦線、キングジョー、ゼットンをたった一人で一方的に叩きのめした後、春道との壮絶な死闘の末に初めての敗北を喫する。その後は九頭竜會を解散して新たに『九頭神會』を結成し、再び萬侍帝国の一員として全国にその名を轟かせた。春道によると、今まで戦った相手の中でリンダマンに次いで強かったという。
春道の街に来る前に美藤竜也と戦って腕を折り、病院送りにしている。かつては荒みきった性格をしていたが、春道に敗北して人間性が変わった様子が見られた。
 
トシオ
萬侍内で反乱を起こし、孤立無援となった竜男にただ一人付いてきた舎弟。竜男のことを心から慕い、竜男に敗北を教える人間の出現を願っていた。九頭竜會解散後は竜男と共に九頭神會を立ち上げ、後に二代目として九頭神會を引き継いだ。劇中で戦うシーンはないが、相当な実力者であると言われている。続編『WORST』で、フルネームは甲上年男(こうがみ としお)と明かされている。
 
下地 幸太郎(しもじ こうたろう)
かつて萬侍と争って敗北した中京連合でその名を知られた『ゲジゲジ兄弟』の兄。竜男を追って春道の街を訪れ、弟の福太郎と共に竜男を襲い返り討ちに遭った。竜男が春道に敗北した後は、弟とともに九頭神會に加わった。一般人に対しては非常に礼儀正しい。
 
下地 福太郎(しもじ ふくたろう)
ゲジゲジ兄弟の弟。萬侍との抗争で竜男に頭を割られ、それ以来悪夢にうなされるようになった。兄と共に竜男を狙って返り討ちに遭い、その後九頭神會に加わった。
 
中西長次(なかにし ちょうじ)
萬侍帝国江戸川會リーダー。竜男の兄弟分で、トシオの相談に乗っていた。
 
伊能 秀次郎(いのう ひでじろう)
萬侍帝国九頭虎會・萬侍帝国二代目総長。虎男により総長に選ばれた。

独自のUIにより、欲しい案件情報にいち早く辿りつけます!IT 案件 の見積もりや集客力UPのことならSticky!

この記事に

スネイク・ヘッズ

陣内 公平(じんない こうへい)
スネイクヘッズ副ヘッド。県南の五人組の一人だったが、春道達との戦いで成長したテル達との間にズレを感じ始め、八丁の誘いでスネイク・ヘッズに入る。その後八丁不在のスネイク・ヘッズを乗っ取り、県南の不良の頂点に立った。
P.A.Dとの激しい抗争の末、テルに諭され新たな一歩を踏み出そうと決意。しかしその矢先に園田の兇刃に倒れ、命を落とした。京介とは中学1年の時から付き合いのある親友同士だった。
 
真弓 鉄次(まゆみ てつじ)
スネイク・ヘッズ幹部の一人。左目の辺りに大きなアザがある。公平がスネイク・ヘッズの中で唯一認めた存在で、公平とのタイマンをきっかけに、兄弟分として地獄の果てまでついていくことを誓った。ゼットンの蹴りにも動じない、春道が感嘆するほどの頑丈さを誇る。喧嘩の実力も、春道がキーコに匹敵すると述べるほど高い。公平が死にスネイク・ヘッズが解散した後、ヤクザとなるべくひとり県南を去っていった。
 
江口 隼人(えぐち はやと)
スネイク・ヘッズ幹部の一人。公平のスネイク・ヘッズ乗っ取りに加担するふりをしながら、裏ではその動向を八丁にリークしていた。公平の誘導尋問に口を滑らせ、半殺しにされる。鼻にピアスをしている。
 
園田 正幸(そのだ まさゆき)
スネイク・ヘッズ幹部の一人。公平のスネイク・ヘッズ乗っ取りに際して最初に血祭りに上げられ、その事で公平を激しく恨み、P.A.Dとの抗争終結後、公平を刺殺した。
 
大島 智之(おおしま ともゆき)
スネイク・ヘッズ幹部の一人。好戦的で相手を挑発するような言動が目立つ。ボクシングをベースにしたファイトスタイルを使い、秀吉ら鈴蘭一年を一蹴するなど高い実力を誇ったが、龍信とのタイマンに敗れた。
 
志賀 幸夫(しが ゆきお)
スネイク・ヘッズ幹部の一人。寡黙でサングラスをかけている。美藤竜也とのタイマンでは警棒で奇襲を掛けるが最後は敗れた。
 
八丁(はっちょう)/八間 丁次(はちま ちょうじ)
十国組組長の一人息子。親の威光を笠に着てスネイク・ヘッズを作り上げた。『続・外伝』に登場し、本編には名前しか出てこない。P.A.D.との抗争が終結した後、園田をそそのかして公平殺害を指示したことが京介の怒りに触れ、部下共々京介に半殺しにされた。



日本武術の柔術や骨法等の流派に伝わる手技療法を中心とする整体、伝統中国医学の手技療法を中心とする整体など様々ですが、名古屋 整体はいかがでしょう?

この記事に

県南の五人組

テル/藤川 輝(ふじかわ てる)
県南の五人組の一人。髪型は坊主頭にし、両肩に大きな入れ墨を入れている。キーコ、パルコと共に県南最強と言われたチーム・RATSを壊滅させ、石井兄弟を追って三人で春道の街を訪れた。武装戦線の三島と国分、七森の生徒数人を一蹴するほどの実力を誇る。龍信とのタイマンに敗れた後、武装戦線にスカウトされるも断り、その代わりに龍信の兄弟分となった。普段はライブハウス経営を夢見てガソリンスタンドで働いている。キーコとは中学時代からの仲間である。
 
キーコ/木島 好一(きじま こういち)
県南の五人組の一人。テル、パルコと共に、石井兄弟を追って春道の街に現れた。顔中傷だらけで左耳が半分ちぎれており、常に背広を身に着けている。黒焚連合との抗争では三人で黒焚連合を追い詰めたが、春道との真正面からのタイマンに敗れ、最後は春道とささやかな友情を築いて街を後にした。テル、パルコと同じく高校には通っておらず、トラック野郎になることを夢見て貯金に励んでいる。春道によると、今まで戦った相手の中では龍信と美藤に次ぐ実力であるという。
テルとは中学時代からの仲間である。中学2年の時、テルと共に京介と公平に出会い、そのまま一緒に決闘に行ったことから五人組の付き合いが始まった。
 
パルコ/春山 孝一(はるやま こういち)
県南の五人組の一人。常にサングラスをかけている。髪型は時によって異なるが、共通してサイドとバックを剃り上げたやや奇抜なスタイルである。陽気な好漢だが喧嘩の実力はテル、キーコを凌ぎ、キレると見境がつかなくなる。黒焚連合との抗争では、不意打ちで千秋に倒されたがタイマンでリベンジ、パルコの実力を認めた高梨との間にささやかな友情を築いた。後のスネイク・ヘッズとの戦いでは半ば思いつきでパルコ・アンド・デンジャラーズを結成し、リーダーとして活躍する。
中学生の頃は3つの中学を支配し、髪を緑色に染めていたことから『緑の破壊屋』と恐れられていた。中学2年の夏に京介に4度タイマンを申し込んで4度敗れ、最後の一人として五人組に入った。キーコと同じくトラック野郎になることを夢見ている。
 
陣内 公平(じんない こうへい)
県南の五人組の一人。詳細はスネイク・ヘッズの節を参照。
 
木津 京介(きづ きょうすけ)
県南の五人組の一人。本編では少年刑務所に入っているなどしているため名前しか登場しないが『続・外伝』では主人公として活躍している。
明るく憎めない性格をしている。髪型は松田優作を意識したパーマヘア。五人組の中で最も喧嘩が強い。公平とは中学1年の頃から付き合いがある親友だった。少年刑務所時代の舎弟を使い、公平殺害を指示したのが八丁であることを突き止め、八丁を半殺しにして再び少年刑務所へ収監された。




この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事