原きよの「おいしい おしゃべり さじかげん」

お仕事などのお問合せは、harakiyo.voice@gmail.comまでお願いします。
3月は私の誕生月ですが、2011年の3.11からは、誕生月でないもうひとつの3月ができました。
6年経っても、まだまだ被害の爪痕が残る被災地区。
二つの関連展示に行ってきました。
一つはもう終わってしまいましたが、7名のアーティストによる7つの詩
あの日の映像、新聞記事の子供の顔、忘れることが出来ません。
そして、およそ半年後に訪れ、まだまだ津波の被害が生々しく感じられる風景を
見たときの気持。 展示を見たとき、いっきにその時のことが蘇り、あふれ出てきてしまいました・・・でも、7人のアーティストの作品は未来を見つめ、希望が見えました。
忙しいと思っていたけれど、行ってよかったです。

そして、26日まで同じ場所で行なわれている3,11映画祭
インタビュー映像の展示。
イメージ 3震災後、取材をした方は、何度も足を運んで、復興リーダーたちの話を収録しています。
今回で4回目のようです。
来年もきっと開かれるのだと思いますが、来年、少しでも復興に変化があると
いいな、と思います。

私は何も出来ないけれど、せめて忘れないこと、地元の人の気持を知ることで、出来る範囲のことをしよう・・・今年もそう
思いました。


この記事に

開く コメント(0)

イメージ 2
イメージ 3イメージ 1
いきなりダークな色の写真ばかりになりましたが、これは3月2日の千葉県船橋での太宰ツアーです。船橋の朗読教室も皆さんとともに、観光協会の海老原さんに案内していただきました。
太宰が船橋の海のことを「泥の海」と言っているのですが、納・・・本当に泥の海。でも、良い漁場だったそうです。
三鷹にも太宰ゆかりの場所に案内板がありますが、船橋へ来てびっくり!
もっともっと早くから、ゆかりの場所として、作品をモチーフにしたレリーフがいくつもいくつもありました。海老川にかかる九重橋です。
右上の写真は、著名な漫画家の方が描いた河童・・・・が大きな船に乗っている作品です。やはり海老川にかかる丸山橋にありました。黄桜の河童はもちろん、アトム河童まで!一見の価値ありです。漫画好きの方が見るとたまらない作品です。
イメージ 4イメージ 5





翌日3月3日は、お馴染み三鷹「モダンタイムス」での太宰治作品朗読ライブ。お決まりの宮川店長とのツーショットに、今回の特別ゲスト。
太宰が暮らした荻窪の下宿「碧雲荘」が移築されている湯布院「文学の森」の柚野館長。4月16日にオープンです!

そして、今年は本当に良くケーキをいただきました。誕生日というより誕生月間だったみたい・・・ありがたいことです。
イメージ 6イメージ 7イメージ 8





美味しいものもたくさん、頂きました!
イメージ 9イメージ 10イメージ 11




3月8日の異業種交流会(モダンタイムス)15日のお友だちとの夕食会(福松)
そしてお友だちとのランチ(ハーフウェイ) はあ、食べた食べた。
イメージ 15イメージ 16
イメージ 17




恵比寿のめぐたま食堂(左と中央)、三鷹の「あきゅらいず 森の食堂」(右)
3月は忙しいながらも、お友だちとの時間も大切に過ごしています。それがまたリフレッシュになり・・・お互いに良い気分転換です。
そして、18日は、NPO法人 リュバンのお勉強会講師としてお呼びいただき、
素敵なランチを!なのに写真を取り忘れ・・・・ 
イメージ 12イメージ 13イメージ 14




せめてデザートとパンを。デザートは桜の葉のムースです。春爛漫!浅蜊のチャウダーもカツオと帆立の岩のりソース仕立ても、お肉も美味しかったのに、すべて胃の中に入ってから写真を取り忘れたことに気づきました。パンに添えられたのはサーモンのパテ。これも美味。麹町のフレンチレストラン「る・ぴあの」でした。

さて、蓄えたエネルギーを消費せねば! 

この記事に

開く コメント(0)

ディープな和歌山

初和歌山にして初ライブ。 2月24,25と、とっておきの時間を過ごしてきました。
今回、ライブを行なったのは、和歌山市のじゃんじゃん横丁にある「天空」
昭和30年に建てられた建物は、写真で見るとなんとなくヨーロッパの雰囲気。
昼と夜の顔はがらりと変わります。 
右の写真は、珈琲もくれんの村上マスター なんと大分出身です!
     イメージ 2   イメージ 3
覗いてみたくなるお店ばかり。 そして屋上には・・・ライブハウス「天空」
イメージ 1 イメージ 4
横丁に入り込んでいくと・・・夜の顔。 屋上からも見下ろしてみた。
イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7
ライブ前のリハーサルです。 不揃いのソファも良い感じ!ライブ後のちょい打上は
じゃんじゃん横丁の「金魚」さんにて。陶器の太宰君ももちろん一緒です。
イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11
太宰治の「貨幣」は一人語りで
夏目漱石の夢十夜より「第一夜」は、松尾泰伸さんと。
曲が降りてきた、という松尾さん。映像がしっかりと見えました。きれいだった・・・
太宰の格言は、なんとも爽やかに響きました。素敵な音楽に太宰は照れたことでしょう。
そして、ソロの松尾さんの演奏は天へ天へと・・・・
アンコールでは新美南吉の「でんでんむしのかなしみ」「でんでんむし」を。
風が吹いてきてびっくりしました。空も見えました。

25日は和歌山市立図書館での朗読会と朗読ワークショップ。私一番楽しんだのかも・・・皆様、ありがとうございました。
イメージ 12 イメージ 13
イメージ 14 ディープなディープな和歌山。
大好きになりました。

次回はもっとゆっくり滞在して、たっぷり楽しみます。
支えてくださった皆様、新しい出逢いに感謝します。
太宰君も一緒でしたよ。

イメージ 15イメージ 16

この記事に

開く コメント(0)

出逢いは財産

「出逢いが財産」と、先日、インタビューさせていただいた方がおっしゃいました。
まさに、いつも私も思っていることです。

自分ひとりで出来ることって本当に少ない。多くの方の助けがあって、今の自分があります。この一週間は、また改めて、そう感じる一週間でした。
美味しいものに出逢うのも嬉しい! 素敵な人と一緒だともっと嬉しい!
イメージ 1イメージ 2







お友達のお誕生のお祝いで、私もご一緒にご馳走になりました。
素敵なママにも出逢えて、美味しいお酒もいただきました。
イメージ 3「教育と教養がないとだめだ」=
「今日、行くところと、今日、用が無い人はだめだ。いそがしくなくちゃいけないんだ」とは、この日ご一緒した社長さんの言葉。
なるほど・・・三味線の師匠にも、いつも
「忙しくないと上達しない」と言われます。
仕事をして、充実した日々でないとお稽古事は上達しないんだ、と。家で稽古が出来なくても、習い続けられるのは、この言葉があるからです。感謝です。
イメージ 4「太宰人形焼」を予約して買いに、「星と風のカフェ」へ・・・ココアとキャラメルケーキでほっと一息。ここは、大好きなお店です。
新しいクッキーも雑貨もふえていました。
お土産にもよく利用します。「太宰人形焼」は月2回しか焼かないので、とても貴重!いつも喜ばれます。詳しくは私のブログを!http://blogs.yahoo.co.jp/cuchara_beri/39607738.html?__ysp=5aSq5a6w5Lq65b2i54S8
イメージ 5イメージ 6






そして、今日は、三鷹在住の児童文学作家「神沢利子さんのお誕生日会」
イメージ 710年ぶりぐらいに、神沢利子展の面々が集まりました。93歳とは思えない利子先生は、相変わらず可愛らしく、お祝いのお花とケーキに少女のように喜ばれ「生きていてよかった」とおっしゃいました。お土産には先生の絵がたっくさんのクリアファイル! 今日はいい日でした。 お誕生会のあとは、埼玉県久喜市へ、友人も出場する合唱コンテストを聞きに行きました。歌が好きな皆さんの気持が伝わってきて、嬉しくなりました。 ハリネズミのポストカードは、最近、お茶をした「cafeさらいち」で頂いたものです。おいしいものは心が温まりますね。
イメージ 8「cafeさらいち」のチャイと抹茶焼きどーなつ。美味しかったな〜。





イメージ 9そして、まやさんちの「いとちゃん」
いつも、まやさんが、「背中に貼るカイロ、おなかに貼るいとちゃん」と言っていますが、遊びに行くと、いつも膝の上にのってくれます。とても和むひとときです。
あなたに逢えてよかった・・・と私も思います。
あしたもまた新しい出逢いがまっています。うれし、たのし・・・・

この記事に

開く コメント(0)

2016年 ダイジェスト

またまた久しぶりの投稿になってしまいました・・・

昨年を思い出しながらのダイジェスト②です。
昨年は、ホール公演を実に沢山、企画し、よくやったな・・・と振り返れば思います。

まずは、5月15日に青森県五所川原市のオルテンシアホールで行なった太宰治「愛のものがたり」
共演者のピアニスト渡辺秋香さんは、五所川原市出身で、太宰の親戚にあたる津島克正さんとは幼馴染です。津島さんをはじめ、多くの同級生の皆さんや、これまで太宰を通して出逢った方々のご協力で、忘れられないコンサートになりました。
特別ゲストとして、リュートで参加してくださった鎌田紳爾先生とは念願かなってのコラボでした。
イメージ 1 イメージ 2
そして、その2ヵ月後は、初めての千葉県市川市でのコンサート。7月13日、激しく雨の降るなか、はじめてのお客様も沢山来てくださいました。
イメージ 4 イメージ 5イメージ 3 
そして、この間に二つの大きなイベントが・・・恒例の、太宰治生誕祭での朗読会です。今年は著名な研究者の方、また太宰が暮らした下宿「碧雲荘」の保存活動の会の代表の岩下様も来てくださり、朗読会の合間のお茶の席でも話はつきませんでした。朗読作品は「作家の手帖」と「雪の夜の話」でした。http://t-ate.com/archives/10631.html とってもきれいなチラシをいつもありがとうございます、白川さん。
イメージ 6 イメージ 7
そしてもう一つは、朗読の師、長谷由子主催の朗読会「風ものがたり」
浅田二郎作「ラブ・レター」を、大先輩の松さま、目黒さんと語りました。 
イメージ 8 イメージ 9
はじめてのチャイナドレスにも挑戦。 今年の6月も、「風ものがたり」には出演させていただけそうです・・・精進の舞台です!

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事