ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示


 いつも読ませてもらっているNecoPCさんのブログに、ショーペンハウアーに関する記事が紹介されている。
http://blogs.yahoo.co.jp/nietzsche_rimbaud/42866934.html



その『松岡正剛 千夜千冊 思構篇1164夜』
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1164.html

「ショーペンハウアー 意志と表象としての世界(I・II・III)西尾幹二訳」に関する松岡正剛氏の文章で、一杯ひっかけて書いたんじゃないかと想像してしまうくらい調子良い書きっぷりで、最初から最後まですばらしい。
特に感激したところを一箇所だけ引用させていただく。(哲学に興味のない人には、なにを感激することがあるんだと思われるかもしれないが…)



ペシミストは世間を厭っているのではなく、こんなものは最悪だと突き離せているだけなのだ。いや、世間がくだらないというのではない。世界はそういうくだらない世間しかつくれないと見切ったのだ。
 ブッダの「一切皆苦主義」とは、このことだ。それゆえペシミストはブッダがまさにそうであるけれど、世界の再生や心の安寧は「苦しみ」を直視できないところからはおこらないと洞察したわけだった。
 ショーペンハウアーも、そうだった。しだいに本来のペシミズムの只中において世界を認識し、そこにありうるのは「解脱」の可能性でしかないだろうと見たのであった。

(引用終。赤字強調は私です)











 我が意を得たりと思い、うれしくなった。
こういうことがキッカケになって、ショーペンハウアーがもっと注目され、くだらない誤解もとけて、再評価されるようになったらいいな。

(もちろん赤字部分を体得レベルで理解する人は常に少数派だとわかってるが)


※「意志と表象としての世界」
アルトゥル・ショーペンハウアーの主著。
フリー百科事典ウィキペディア参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%A2%E3%83%BC

[ショーペンハウアー関連過去記事]
西洋哲学界のアウトサイダー・ショーペンハウアー
http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2N5cW5oOTU3LzU3NjYwMzU5Lmh0bWw-

ショーペンハウアーへのワケ分からん紋切型批評
http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2N5cW5oOTU3LzU3NjE5Mjg0Lmh0bWw-

ニーチェはショーペンハウアーを超えたか
http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2N5cW5oOTU3LzU3Mzk1NDk2Lmh0bWw-

言語はアートマンが神となる構造を持っている
http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2N5cW5oOTU3LzU3NTY4OTcwLmh0bWw-

弱い意欲しか持たない大多数の人々
http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2N5cW5oOTU3LzU3MTMxNzg2Lmh0bWw-

道徳教育は人を善人にするか
http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2N5cW5oOTU3LzU3MDE3MTAwLmh0bWw-

ショーペンハウアーの幸福論
http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2N5cW5oOTU3LzU2NjYxNTg3Lmh0bWw-

足ることを知る ショーペンハウアーの幸福論
http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2N5cW5oOTU3LzU2NjE4NTYxLmh0bWw-

雑念
http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2N5cW5oOTU3LzU1ODAxMzkzLmh0bWw-

人はなぜ名所に落書きするのか
http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2N5cW5oOTU3LzQzODc5MDI4Lmh0bWw-

生殖器を隠すごとくに
http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2N5cW5oOTU3LzMxNzAwMzM5Lmh0bWw-

ショーペンハウアー3
http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2N5cW5oOTU3LzQxMDg4MDY1Lmh0bWw-

その他多数。

http://philosophy.blogmura.com/buddhism/ ← にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

(過去記事増補編集再録)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事