ここから本文です
哲学日記
泥沼から脱出するまで一気につき進め。休息は泥沼を抜けてからとるものだ。

書庫全体表示

「今日を生きよう」
グラス・ルーツ



今日を生きよう [日本語訳付き  グラス・ルーツ]


「明日を生きよう」
ラズベリーズ


歌詞見ると、別に言ってないけど、邦題は「明日を生きよう」にされてた。
その方が大衆に好まれて売れると判断したからだとおもう。商売人の判断は正しい。

そういえば「明日があるさ」って何度もヒットしてる曲もあったな。



 ブッダの教えを学び、ヴィパッサナー実践をやると「今日を生きよう」が正しくて
「明日を生きよう」「明日があるさ」なんてとんでもない考え違いだと分かる。


しかしこの真実は、広く一般に知られることがない。大衆が常に嫌うからだ。

その証拠に上のグラス・ルーツ「今日を生きよう」も肝心の内容が間違っていて、動物的刹那主義に堕している。これだと「明日があるさ」のほうがいくらかましだ。



 「今日を生きよう」正確には「今ここを生きる」というべきだが、これはいわゆる刹那主義と何の関係もない。



 刹那主義は、元の意味と正反対に曲説され「本能の奴隷である獣の生を選んで生きる」という最悪の内容に入れ替えられている。


この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事