ここから本文です
ブログ始めました!

本当に解る?

意味不明な論文はいけない。
自分にとって意味がある文章も、読者にとって意味があるかどうかは判らない。これらは、全く別問題である。
自分では判りやすいと思って書いたとしても、読者に理解してもらえなければ意味がない。
始めて読む読者に理解してもらえるように読者になった気持ちで読み直して、判りにくいところは書き直そう。
自分の書いた論文を、他の人に初めて読んでもらい、理解できるかどうか試してみよう。
(実践編)
昨日仕上げた論文を知り合いに読んでもらい、さっそく訊いてみた。
「本当に解る?」。

この記事に

その瞬間

その瞬間を想像するのだ。

論文がアクセプトされたことを知らせるメールを開く瞬間を。
論文が掲載された雑誌のウェブサイトを見る瞬間を。
印刷された論文が載っている号が本棚に置いてあるのを目にする瞬間を。
おめでとうと言われる瞬間を。

そして、書いてあげた論文に対して、ありがとうと言ってもらえる瞬間を。

その瞬間がいつ来るのか判らなくても、いったい、その瞬間がいつかは来るのかどうか保証が無くても、想像することはできるのだ。

この記事に

何かに似ている

それは、犠打で進塁させるのに似ている。➡そうしていつか得点する。
それは、モールサイドをサイドアタックするのに似ている。➡そうしていつかトライを獲る。
それは、一掴みづつ稲の苗を植えるのに似ている。➡そうしていつか稲穂を刈り取る。
それは、一問づつ課題の問題集を解いていくのに似ている。➡そうしていつか合格する。

一文字を打ち続けて
一行を書き上げて
一つの図表をつくり
結果を書き
方法を述べ
導入を書き
考察と結論を述べる

そうしていつか論文が完成する。

この記事に

感謝の気持ち

2012年以来、長い間取り組んでいた仕事が、今朝、ようやく一区切りつきました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
しばらく残務整理に追われそうですが、継続中の仕事を含めて進めて参ります。

お世話になった多くの方々、特に直接の上司の先生、一番手伝ってくれたY先生、その他本当に沢山の共同研究者の方々に、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

この記事に

何がしたい?

何だったら一人前にできるんだ?
何だったらやってみたいと思うんだ?
いったい、何だったら、貴重な時間とお金を使ってやる価値があると思っているんだ?
どうしたいのか言ってみろ!

世の中のためになる発見をしたいんです。
血液内科医の経験を生かして。
骨髄腫瘍のゲノム異常に関する知識を使って。
自分にはそれしかないから。
医学の発展が不十分であったために生きながらえなかった患者さんのために。

出来るものならやってみろ。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事