ここから本文です
ブログ始めました!

ありがとうRomi先生

先月までRomi先生はラボにいて、いつでも「あー疲れた」とか「腹減った」と言ってくれていたのに。あさ来れば、必ず先に来ていて「先生遅いですね〜」と言ってくれたのに。私のことをいつも気にかけてくれていたのに。ラボメンバーのお世話を一手に引き受けていたのに。曲がったことが嫌いで規律を保っていたのに。
Romi先生は、もうラボにはいない。夢をかなえるために大きなステージに移っていった。
ありがとうRomi先生。本棚越しに声をかけても、もう、昼食には誘えないけれど、思い切ってメールしてみようかと思っても、「さみしい」だけではメールする理由には足りない。。。
でも、あえて言おう。先生なら成功すると。私はそう信じている。
そう、君はジェットコースターに乗ってしまったのだ。そして今にも激しい疾走を始めようとしている。

この記事に

いまこそ

そう、人生のうち、自分が試される時がようやく巡ってきたのだ
存分に活躍しよう
誰のためでもなく
自分のために

この記事に

それは何なのか?

どんな物の価値も、それぞれの人によって異なる。
自分がどうでも良いと思うことでも、他人から見たら、とても大事なことかもしれない。
それを理解しないと大変なことになる。
自分の感覚は、他人のものと異なることが多い。

この記事に

しなければならないことがあるのは幸せなことである。
もし、することが何もなかったら、退屈で苦しむことだろう。
そう、予定が詰まっていることは、必要とされている証拠なのだ。

この記事に

決めたこと

仕事にもっとcommitする。すべてのことは犠牲にしても。。。
結果にもっとfocusする。そこにいたる過程は様々であっても。。。
困難にもっとadjustする。自分で選んだ仕事なのだから。。。どんな職業を選んだとしても、楽な道はありえない。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事