40代のひとりゴト

すべてはなっちのために・・・

真野恵里菜

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全70ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

【真野恵里菜】月刊ヤングマガジンの表紙に登場!!!

イメージ 1

まのちゃんのセクシーショットに
超ドッキドキですねえ。


月刊ヤングマガジンの表紙に
まのちゃんが登場しています。

まのちゃんの横には、
「まのえり、キャバ嬢やります!」との
扇情的なキャッチコピーが・・・。



これは、
5/30から公開される映画
『新宿スワン』の役柄の話しです。


でも、
表紙のセクシーショットと相俟って、
超ドキドキしちゃいましたね・・・。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

【真野恵里菜】映画「リアル鬼ごっこ」の新たなシーン画像が公開!!!

イメージ 1

園子温が監督を務めた
映画『リアル鬼ごっこ』の迷(?)場面。


まのちゃんはマラソンウェア姿で、
困惑の表情を見せています。


まのちゃんは、
一体何を見てしまったのでしょうね・・・。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

【真野恵里菜】四つ葉のクローバー・・・

イメージ 1

撮影中に
巨大な四つ葉のクローバーを
見つけたというまのちゃん。


制服姿なので、
映画『みんな!エスパーだよ!』の
撮影なのかな?


まのちゃんに
幸せが訪れるといいですね・・・。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

【真野恵里菜】「TNGパトレイバー首都決戦」のディレクターズ・カット版が公開決定!!!

イメージ 1

イメージ 2

5/9にユナイテッド・シネマ豊洲で開催された
『TNGパトレイバー首都決戦』の舞台挨拶で、
ディレクターズ・カット版の公開決定が発表されました。

公開日は、10月10日。


なお、
ディレクターズ・カット版は、
未公開カットを含む27分を追加した作品となるとのこと。


押井監督曰く、
「ディレクターズ・カット版というと、
世間ではろくでもないものだということになっている」
とぶっちゃけながら、
「今回に関しては、27分退屈な時間が増えるのではなくて、
27分お得になっています。自信をもっております」と
アピールしたみたいですね・・・。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

【真野恵里菜】映画「パトレイバー首都決戦」初日舞台挨拶レポ2015.5.1

イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3



まのちゃんはとびっきり
凛々しくて美しく、
誰よりもコメントはしっかりしていて、
しかも最後まで涙をこらえていて、
泉野明を1年間背負ってきたことで、
大きく成長した姿を
見せてくれましたねえ。


昨日(5/1)、新宿ピカデリーで行われた
映画「THE NEXT GENERATION
パトレイバー 首都決戦」の
初日舞台挨拶の1回目に参戦しました。

舞台挨拶には、
主演の筧利夫をはじめ、
まのちゃん、福士誠治、太田莉菜、
堀本能礼、田尻茂一、
しおつかこうへい、藤木義勝、
千葉繁、森カンナ、高島礼子、
押井守監督の総勢12人が登壇し、
総決算の劇場長編映画にふさわしい
フルメンバーの登場になりましたね。


なお映画は、
第7章から繋がる謎解きで、
ややモタモタしていましたが、
特車二課の
解散が決まった以降の後半は、
ど迫力のバトルシーンの連続で
見応えがありました。

特にラストは、
イングラムとグレイ・ゴーストの
一騎打ちで、
まのちゃん演じる泉野明の頑張りに、
観ているこちらまで
胸が熱くなりましたね。


まのちゃんがシリーズから
積み上げてきた泉野明のキャラが
最大限に活かされていました。

劇場長編映画まで観れば、
泉野明はまのちゃんでなければと
思うようになると、
押井監督が最初から言っていましたが、
その意味が手に取るように
よく分かりましたね。


また、撮影から2年余りに渡って
泉野明を演じてきたまのちゃんは、
舞台挨拶で、
「寂しい思いもあります」と
本音を吐露。

「歴史が長いこの作品が
このタイミングで実写化されて
お話をいただくということに
運命や縁を感じていました。」
とのこと。

「最初は不安でいっぱいでしたが、
押井さんが選んでくださったからには、
自分にしかできない明を
やろうと思いました」
と語っていました。


さらにこの日は
久々に特車二課の面々が
勢揃いしましたが、
まのちゃんは、
「このメンバーは
いつまで経っても“戦友”です。
こみ上げてくるものがあります…」と
感慨を口にすると、
筧さんからは「泣け!」
という“指令”が。

でもまのちゃんは、
「今日は泣きません!」と
最後まで笑顔で貫き通しましたね。


う〜ん、
自分は第1章から全ての作品に
劇場に足を運んでいたので、
まのちゃんと同じように
感慨深いものがありました。

まのちゃんが泉野明を通して、
成長していく姿を
リアルタイムで見ることが出来て、
幸せを感じましたね。

そしてまたいつの日か、
まのちゃん演じる泉野明が、
復活することを願っています…。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全70ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2015 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事