顕正会を辞めて、自分らしく生きてます☆

顕正会を脱会し、日蓮正宗で信心してます。正しい信心の有り難さや、顕正会時代の思い出、指導の事後相違などをお伝えしていきます。

文房四宝

先日、御住職様から有り難いお話を聞きました。


現在は便利で様々な文房具がありますが、大聖人様の御在世は宝の様に貴重とされていた文具があったそうです。


4つの文房具…
何だろう…


考えてみて下さい



【文房四宝】

1、紙
2、筆
3、墨
4、すずり


大聖人様の御在世はモノがなくて、筆は楊子(ようじ)の木を細かく裂いて筆として使用していたそうで、その筆にて顕した「楊子御本尊」があるそうです。


また、当時は紙も非常に貴重でした。


大聖人様が残してくれた御書は膨大ですが、そのたくさんの御書を顕した紙は、何処から調達していたのでしょうか?


なんと、富木殿が送ってくれたそうですよ!



富木殿は千葉の文筆官僚(裁判の記録をする人)だったそうで、不要になった記録書を大聖人様に送り、その記録の裏に、御書を顕してくれてたんですね。



その御書は和紙なので、日本の技術で裂いて剥がすと昔の裁判記録が残っているので政治の歴史的にも貴重な資料となっているそうです。



大聖人様は鎌倉時代、この和紙に、たくさんの御書や御本尊様を顕してくれたんですね。



う〜!感激!



紙が自在に手に入る、その環境にお弟子さんが居る事がスゴイ!!



現在は再生紙から和紙まで色々な紙が安価で手にいれる事ができますね。



でも、その時代にしか作成されていない紙があります。



御本尊様を顕して下さった紙質…



これも、御本尊様が本物なのか、偽物なのかを見分けるのにとても有効です。



詳しくは桜梅桃李さんのブログをどうぞ!

http://kenshokai-hashaku.com/kenshokai-fake-idol/kind-of-paper/




モノがない時代、不思議にも紙が富木殿から送られ、大聖人様はたくさんの御書を私達に残して下さいました。


私は日蓮正宗で信心をして、御書の全てを拝する事ができます。


顕正会員が、都合良く一部分しか教えられてない御書もたくさんあります。



本物の御本尊様と仏法は顕正会には存在していません。


一日も早く顕正会から離れよう!

この記事に

開く コメント(2)

信心していない人でも、仕事で成功したり、災難や事故から運良く守られる事があります。

それは、その人が過去世に何らかの世間的な善業を作っていて、その果報が現世に顕れてくる為です。

だけど、過去世に作った善業という貯金は災難を免れたりして果報を受け終わればなくなっていくのです。


小さな善業ではとても通用しない大きな災いも起きてくるかもしれません。


これは、顕正会でも習いました。


福運がなくなれば、今幸せな人も不幸になると…


福運なんて、すぐなくなる。
バケツを逆さにした水のように、あっという間に福運は尽きると…


そして、自分達は正しい信心により、朝晩の勤行で福運を積んで、いざと言う時は必ず御守護頂けると…


信じていました。


この世で一番恐ろしいのは、謗法の罪。


現世で苦しんでいる原因は“過去世からの謗法の罪”ですよね。


だから顕正会員は、親の葬儀にも出席しないし、もちろん、神社仏閣にも行きません。


これ以上、罪を作りたくないから。


過去に作った罪を消そうと、一生懸命勧誘して、何年も頑張って、今の生活はどうですか???



幸せな人っているんでしょうか?



今、一番、可哀想に思う事は、罪を消そうと頑張って勧誘して、国を救おうと間違った宗教を国にばらまき、結果的に会員自身が謗法の重い罪を積み続けてる事です。


さらに偽物の本尊を拝み、朝晩、改変された勤行でも罪障を積み続けてる。


毎日、毎日、功徳を積めると頑張ってる勤行で、


毎日、毎日、罪障を積み続けてる。


鳥肌が立つくらい恐ろしいし、吐き気がする位気持ち悪くなります。

毒を毎日少しずつ飲み続けてるイメージです。


不幸の原因を自らが積んでいる。



同じお題目を唱えて、不幸になっていく顕正会員は、本当に可哀想です。

この記事に

開く コメント(0)

顕正会では、1名入信を叶えると、「組長」、そして後輩が1名入信を叶えると、「班長」になります。


班長が更に班長を生むと「副長」になります。

「副長」→「総班長」→「支区長補」→「区長」…


こうやって、細胞分裂していきます。


毎法戦の誓願は…


組長は1名
班長は2名


知ってましたか???


そして、誓願を背負う班長は浅井先生と同じ幹部だと言われます。

大聖人様から誓願を分けて頂けるので、本当に宿命転換できるのは、班長からだよ!

って当時の先輩に言われました…。
(組長は宿命転換できないのか?!)


顕正活動で一番苦しいのは、折伏と言う名の勧誘ノルマ達成の為、先輩からしつこく連絡が来たり、勧誘をせかされる事ではないでしょうか??



日曜日は、日曜勤行に行くのは当たり前。
(参加しないと1週間が御守護がないと言われる)


何曜日が休みなの?
(予定取り)

ビデオにいつ行く?
(結集)


集会は仕事より優先しないと、幸せになれない…等々…


プライベートな時間を全て聞かれ、嫌気がしてきますよね。


全て勧誘、結集の為…


追い詰められて、たくさんの方が苦しんでいます。


幸せになる為に信心してるのに、こんなに追い詰められて、幸せになるどころか、精神的な病気になったり、本来の明るさをなくし、人が変わってしまう人もいます。



中には、ノルマ達成の為に友人に頭を下げて入信してもらった方もいます。



そうやって、入信をさせて、その後は育成もしないでほったらかし。


そして、また、次のターゲットを探して勧誘。

 
その繰り返し…


御書は読めず、指導はワンパターン。


こんな事を繰り返していて、本当に広宣言流布するのだろうか…

顕正会を辞める頃、本当にそう思っていました。


本当に顕正会に、大聖人様の御命が引き継がれてると思いますか??


もし、そうならば、信心している会員達が幸せになっているはずです。


私は、病気や悩みが解決しても、その後また、再発し悩み続けてる会員しか見た事がありません。


金銭苦が解決し、お金持ちになった会員も一人も見た事がありません。


徳を感じる幹部や人格者も殆ど見かけた事がありません。


それって、もう顕正会が、間違った宗教団体である証明だと思います。



一生懸命に真面目に信心している会員が苦労して不幸になり、適当に信心したり、活動してない会員の方が生活が回ってるなんて、絶対におかしい!!


そう、思いませんか???

この記事に

開く コメント(6)

御書を心肝に染め極理を師伝せよって…


イメージ 1

(影が写って見にくくてゴメンなさい)


顕正会には御書がありせーーーん

心肝に染めれません
学べません


現役時代は、浅井先生が教えてくれる御書だけで成仏できるし、御書がないから、なんの問題があるの?!

って思ってましたけど…

大問題ですよね…。

御書を学び教学をつけていくのですから…

イメージ 2



着物の帯紐で御書カバーを作りました

大切に拝読して心肝に染めようと思います

この記事に

開く コメント(9)

2/25号の新聞は日興上人の御報恩勤行会の指導でしたね!

顕正会に居た時は気にならなかったけど、いくつか、気になる点が…


「富士大石寺」を冠して戦える有り難さ

イメージ 1



イメージ 2




点が…

富士と冨士の違いなんて、大したことないじゃん〜

なんて、思ってる現役さんっ!!!

これは、浅井マジックですよ


結局、どちらが本物のなの??

って、もちろん、【富士大石寺】に決まってます。


つけたり、とったり…

間違えるなら、全て統一させるはず。

意図的に使い分けてますよね


大聖人様から清流は【富士大石寺】に。

顕正会は破門されて【冨士大石寺】に。


なんか、偽物のブランド品みたいに、そっくりですね〜


揚げ足をとってる訳ではないんです。


こうやって、巧みに会員を騙して、健気な会員の時間とお金を搾取している事が許せないんです。


小さな事でもおかしいと感じたら調べよう❗


そこから、真実が見えるかもしれません

この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事