全体表示

[ リスト ]

2時間ルールについて

,離僖拭璽

平成15年5月30日
厚生労働省老健局老人保険課
介護報酬に係るQ&A

より抜粋

Q11 「訪問介護を1日に複数回算定する場合にあっては、算定する時間の間隔は概ね2時間以上とする。」とされているが、その具体的な内容について。

利用者の事情により、短時間の間隔で複数回の訪問を行う場合は、それぞれの訪問介護の所要時間を合計して1回の訪問介護として算定できる。

身体介護50 分を行い、時間間隔30 分の後に、生活援助50 分を行う場合は、身体介護中心型(所要時間30 分以上1 時間未満)に生活援助(所要時間30 分×2)を加算する方式により算定する(身体介護+生活援助 所要時間1 時間30 分以上2 時間未満)。

身体介護中心型(所要時間30 分以上1 時間未満)と生活援助中心型(所要時間30 分以上1 時間未満)に分けて、それぞれ算定することはできない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

△離僖拭璽

指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準及び指定居宅介護支援に要する費用の額の算定に関する基準の制定に伴う実施上の留意事項について

より抜粋

1日において1人の利用者に対して行われる訪問介護が複数回にわたる場合であっても、それぞれの所要時間が所定の要件を満たさない場合には算定対象とならない。ただし、複数回にわたる訪問介護が一連のサービス行為とみなすことが可能な場合に限り、それぞれの訪問介護の所要時間を合計して1回の訪問介護として算定できる。

例えば、午前に訪問介護員等が診察券を窓口に提出し(所要時間30分未満)、昼に通院介助を行い、午後に薬を受け取りに行く(所要時間30分未満)とした場合には、それぞれの所要時間は30分未満であるため、生活援助(所要時間30分以上1時間未満)として算定できないが、一連のサービス行為(通院介助)とみなして合計して1回の訪問介護(身体介護中心型に引き続き生活援助を行う場合)として算定できる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2時間ルールについて、若干わかりにくい部分があります。

「概ね」というのも、時々掲示板等で話題になりますが、今回は、「一連のサービス行為」について取り上げます。


,離僖拭璽鵑砲蓮◆岼賚△離機璽咼更坩戞廚箸いκ幻世出てきません。

「利用者の事情により、短時間の間隔で複数回の訪問を行う場合は、それぞれの訪問介護の所要時間を合計して1回の訪問介護として算定できる。」という文言をそのまま受け取り、「一連のサービス行為」でなくても大丈夫だと認識しています。


△離僖拭璽鵑両豺隋◆屬修譴召譴僚衢彁間が所定の要件を満たさない場合」という条件の設定があります。

「一連のサービス行為」が当てはまるのは、△離僖拭璽鵑世韻世隼廚い泙后

時たま、掲示板で質問があり、さっき、ウェルでコメントを書きました。

「介護保険」書庫の記事一覧

閉じる コメント(0)

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

飲食店カテゴリの関連記事

※「練習用」カテゴリが登録されている場合は「飲食店」カテゴリを表示しています

もっと見る
Yahoo! Choctle

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 今日全体
訪問者25253979
ブログリンク0130
コメント011347
トラックバック068

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事