久住高原 DAR VIDAから

大分県久住高原の週末と祝日オープンのアートスペースです。

日々あれこれ

すべて表示

冷え込み

二日目にやって来る筋肉痛のピークはやはり年齢のせい。その痛みも昨日の湯治の効果もあってか、四日目にしてほぼ元に。一カ月ほどのブランクは、3時間半くらいの軽い登山でも誤摩化しようがなく、やはり日頃からの定期的な鍛錬が必要なようです。買い物と湯治から戻るとすでに薄暮。気温が下がってきたようでも、温泉はありがたいもの。体の芯に残る温かさが、寒さを感じなくさせます。 今朝の冷え込みは、また隣の放牧場を白くおおい、太陽が射しても日陰では冷気をため込んだまま。温度差が均一になるまでに少しの時間が必要です。空気は澄んですべてがクリア。空はどこまでも青く、少しくらい寒くても清々しい心地よさが勝ってしまいます。今日は一日いい天気のよう。残したあれこれを少しずつ前へ。気ままな身にもやることは、いくらでもあるようです。

その他の最新記事

すべて表示

クラッチ交換

2016/12/4(日) 午前 11:20

クラッチ交換で入院中のキャトル。すでにエンジン・ミッションは降ろされごらんの通り。クラッチと寿命がきていたエンジンマウントのパーツはすでにH自動車さんに到着したはず。これで済めばそう時間はかからず戻って来るはずでしたが、調べると負荷のかかかるカムシャフトもプーリーにブレが出ているとのことで交換、ウォーターポンプもヤバそうで、これも交換することに。カムシャフト ...すべて表示すべて表示

キャトルと過す秋

2016/11/10(木) 午前 11:45

車検を終えて、一度調子を壊したキャトルもデスビのポイント調整をしてからは、いたって元気。一昨日はマフラーがポッキリなんて思わぬことはありましたが、そこは古い車、交換などしなくても溶接ですませる簡単な治療で復活。昨日も秋を求めて山中を徘徊する足としてあちこちに。 キャトルと過す秋は、これで4回目。くじゅうの風景にすこしずつ馴染んできたようです。年齢から言っ ...すべて表示すべて表示

その後のキャトル

2016/10/14(金) 午後 9:13

再入院から退院してそろそろ10日が経過。あれからはいたって元気。毎日西へ東へ。セルもチョークを軽く引いて、燃料ポンプの音をを5秒ほど聞いて充分燃料を送ってから、キーをひねると一発でかかるように。時折アイドリングが少し不安定な感じもありますがエンストするようなことはなく、走り始めてからから数キロは持病のようにノッキングするのが常でしたが、それも完治。 治療 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事