久住高原 DAR VIDAから

大分県久住高原の週末と祝日オープンのアートスペースです。

日々あれこれ

すべて表示

先は長い

心地いい涼風で一日は始まり、美しい夕焼けで一日は終わり。暗い夜はおまけのようなもの。眠りにつけばまた新しい朝がやってきます。 午後、カメラマンのTさんの来訪。写真展もひと区切りついたようで、今回1冊だけ作った作品集の修正の打合せ。写真展に来られた中の20人ほどが高い本にもかかわらず欲しいとのことで再版を。お手伝いしたかいがあると言うもの。打合せはスムーズに。後は多岐に渡る話。それにしてもTさんのエネルギッシュなこと。まだいくつかのテーマが進行中。まだまだお互い元気にということ。先は長いのです。

その他の最新記事

すべて表示

竹内康訓写真展「内成物語」

2016/6/18(土) 午後 3:20

二三カ月前からちょっとお手伝いをしていた、カメラマンTさんの写真展。遅くなってしまった紹介ですが、明日まで大分市のアートプラザで。来週の24日金曜からは由布院駅アートホールで一カ月間の開催です。 カメラマンTさんこと竹内さんは、大分の写真界のボスとして、長く広告写真に携わって来ました。今でも現役ですが、プライベートでもいくつかのテーマを持って、時間を惜し ...すべて表示すべて表示

16万キロ

2016/5/11(水) 午後 9:43

キャトルとの暮らしも早いもので3年を過ぎ、7月には2回目の車検。初冬に気づいたクーラーの変調以外、これと言ってトラブルなし。薪を何度も運んだり、極寒の夜も薄いシート一枚で外で過ごすしかなかったり、暖気をそれほどしてもらえないまま走り出しったりと、文句のひとつも言いたいはずだと思いますが、過酷さにめげずに、足車として今日も元気に走っています。後100kmほどで ...すべて表示すべて表示

今年も薪作り終了

2016/5/5(木) 午後 11:39

いつもより遅くはなりましたが、何とか薪作り終了。屋外3カ所、室内2カ所の薪棚は、ほぼ満杯。無駄なく木っ端も集めて焚付け用に。外の2カ所の分はすでに乾燥したもの。来期はこれから使って行くことに。年内これで持ちこたえれば、遅くなってしまったことでの乾燥の遅れは何とかなるかと。今年の新規薪は、ほぼクヌギですから、いい薪になるはずです。 こうして今年も自力で作業 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事