ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全80ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

まぁ、暗いんス。サニーのシールドビームといい勝負じゃないの〜!?

で、ヘッドライトをHID化してみる。

CANって知ってますか?
最近の車は各デバイスとコンピューターの接続にLANみたいな規格が使われてるとか。
全然知らなかったしw …多分テム・レイも知らんでしょう。

だから電装品やバッテリーを純正品以外に替えると誤作動したり、球切れ警告が出る事があるみたいです。
車のコンピューターをコーディング(書き換え)するか、対応するパーツを使うなど対策が必要になります。


イメージ 2
対応のHIDキットはヤフオクでも売ってるんだけど、安売り業者は車両固体差で上手く動作しない事もある、とか言うんだよね。

とりあえず試してみるしかないな。


バラスト含め各ユニットがライトユニット内に全部入らないので、裏蓋に穴あけてグロメットを使い配線を通しました。

イメージ 3
ボンネットの隙間から雨が入るからしっかりコーキングもりもり。
スッキリ納得の出来 ^^


イメージ 4
左がHID、明るいね。
少ーしグレアもあるけど意外に?ロービームのカットラインも綺麗に出ます。



フォグランプも。

イメージ 5

インナーフェンダーをめくったバンパー裏の狭いスペースにユニットを仕込みます。

イメージ 6


イメージ 7
バルブを何度か脱着しているうちにプラの爪がポロっと、しかももう一つも… (;゚Д゚)
もう点かなくても交換してもらえないじゃん… これがチャイナリスクってか!

エポキシボンドで補修。


イメージ 8

無事完了。警告灯も点きません。電源リレーも無いし取付けに難しいことはないけど、手間はかかるよねー。

費用はヘッドライト、フォグ両方で12000円でお釣り。どんどん安くなりますね。
サンキューチャイナ!!


そういえば、MINIロードスターのコンセプトモデルを真似てグリルのルーバーを白にペイントしました。

この記事に

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

サニー、誰も気づかない所をちょこちょこ直していました。

イメージ 1

イメージ 2
内装のメッキモールを貼りなおしてみたり。


イメージ 3

窓周りの飾りモールも部分的にやり直し。


夜は大黒PAへ。サニーの日、ミニの日ですよね!
2009・2010年以来、5年振り3回目の参加であります。

イメージ 4

イメージ 5
ヨコもさんや他にも初めてお会いする方とお話し出来ました。


イメージ 6
こんなのエグいの見ちゃったらさぁ… サニーの楽しみは無限大です。

主催者TSUKUさん、参加者のみなさん、また来年もお会いしたいですね〜 ^^

この記事に

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

イメージ 1
カッティングマシンを購入しました。ローランド STIKA(ステカ)SV-8。
最大カットサイズが160mm×1000mmのシリーズ3機種で一番小さいやつ。
 
プリンターに比べたら構造も使い勝手もえらくシンプルです。
ベクターのデータがあればすぐカット出来ちゃうんだよね。
 
 
イメージ 2
不要部分の分離は手作業、細かい絵柄になるほど大変。でも楽しいネー。

 
イメージ 3
黒の反射シートを切ったステッカーをリアガラスに貼ってみました。
黒だから目立たない、ステルス
 
 
イメージ 4
フラッシュ撮影では浮かび上がります ( ̄ー ̄)

 
イメージ 5
 
フェンダーのDATSUNはガンメタのシートで。
2本ラインはサイズオーバーで結局ハンドメイドになっちった。。。

 
イメージ 6
そうそう、リアエンブレムを新しく取付けました。
左は「NISSAN」右が「DATSUN SUNNY」
フロントのDマークと併せてEU(UK)仕様がご愛嬌 ^^
 
 
 
他には気になってた部分の補修もね。
 
イメージ 7
ドアの内張り、クリップの周りがふやけてボソボソになり効きません。
こんな補強のプラ板を10枚ほど作って裏側に仕込む。ボンドで貼り付け。
で、しっかり付きました!
 
 
 
リクロームしてもらったドアノブ、裏側のメッキがプクプク浮いてきてた Σ(゚д゚lll)
もう!?!?
 
業者さんに問い合わせてみたけれど、2年経っているのでクレーム対応は出来ないと。
その間、ほぼ屋根付きガレージに置いて動かしてなかったんだけどさ。
 
裏だから適当にやるよ!
 
イメージ 8
2mmのドリルで浮いたメッキ被膜にいくつか穴開け、瞬間接着剤を流して抑える。
これで表まで剥離が広がらないと良いけどナ〜。
 
正月休みもサニーを触りたい気持ちが無くはないけど…寒くてかなわんよ。
 

アフィリエイト 私のおすすめ:
ローランドDG ステカ SV-8 STIKA カッティングマシン【メール便不可】

この記事に

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

9月の終わりのことですけど、DIYでキイロスズメバチの駆除です。
 
 
イメージ 1
 
弟宅の2階の軒先にボーリング球大のハチの巣が見付かる。
雨どいのパイプに絡み登った蔦の中に隠れてここまで育ってしまったのですよね。
 
駆除のプロに頼めば何万もするから…市役所で借りてきた防護服を着て挑みます。
ガレージには長らくサニーも置かせてもらってるしな〜 (;´∀`)
 

 
イメージ 2
 
不慣れな継ぎバシゴの上、ってだけで腰引けてるのに 1匹でもブワーーンと耳元に
寄って来たらそらもう ゾワゾワ〜〜
 
革手袋の指先にガッチリ噛みついて、お尻の針でズブズブ刺してくる。
アゴの力も羽の振動も思った以上。こんな気持ちの悪いバイブレーションは無いよ。
これが「バイブスやばい」てやつだろ。
 
巣に刺激が伝わればすぐにソルジャー100匹が飛び出し狂喜乱舞!
最初のうちはツルを5本も切ったら撤収、2〜3分待ってハチが落ち着いたら再開。
 
でも 1時間もやってれば恐怖にも慣れちゃうものです。
 
通気性のないスーツでパンツまで汗だく 頭がボーっとするし、視界が狭いのもあり、高所にもハチのガナリにも意識が薄れていく。
ひたすら唯一の武器 ハサミを振り回し、ツルもハチも切る・キル・KILL
 
ラッパが鳴ったぞ、銃剣 構えて突撃!!(トリップ中)
そして恐怖心を失くした最前線の兵士達は気づかぬ内に こめかみを撃ち抜かれ絶命するのだ。
泥水に突っ伏して目を見開いたまま動かない若い兵士は・・・オ、オレ!?
の所まで見えたw
 

現実には地道な作業で なんとか巣の取り外しに成功。
黒いビニール袋にくるんで直射日光に放置、蒸して根絶やしにしたった。
 
後で知ったけど、本物のプロは巣の出入口から殺虫剤で封殺するらしいね。。。
 
 
イメージ 3

この記事に

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

全80ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事