ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全78ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

この記事に

開くコメント(4)

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

70過ぎのチャンバー(母親)が乗る車なので… バリアフリーカスタムです。
「バリアフリーカスタム」て造語で高齢化社会とカスタム界に一石を投じたつもりw
 

イメージ 1
「サイドスカットル」とか言うフロントフェンダーの飾りパーツ。
素朴さが際立っています。悪い意味で。
 
 
イメージ 2
これも純正ですが、マイナー後の部品です。ウインカー付きで両側で7000円位。
(品番 63 13 7 260 201 / 63 13 7 260 202)

 
イメージ 3
スマホを純正オーディオと接続する、Logitecの Bluetoothレシーバー
普通にシガーソケットにつなぐけど…これはスマートじゃないなぁ。
 
 
イメージ 4
電源をソケットの下から直取り、on/off 出来るようスイッチを付けてスッキリ。

 
イメージ 5
コントローラー/マイクはステアコラム右側に取付けました。
 
 
イメージ 6
ミュージックモード!!
ワイヤレスでスマホ内の音楽を再生。
コラムのコントローラーから再生、停止、曲送り、戻しなど操作可能。
 
カーナビモード!!
スマホのナビを起動すれば、純正カーナビみたいにスピーカーから音声案内が出ます。
 
もちろん、いつでもハンズフリー通話OK。発信/着信もボタン 1つで。
ここまで出来るともう カーナビ要らないねぇ。。。

 
イメージ 7
ジョンクーパーワークスの純正ホイール、中古品を入手済み。ムフフ ( ´艸`)
そのうち履きましょか。
 

スマホとか、40偏平タイヤとか。全くバリアフリーじゃない。
結局、親孝行は出来てないな。

この記事に

開くコメント(3)

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

サニーもチビチビやってますョ。

前回、エンジンは掛かったものの、全く不調だったのでキャブを下ろして確認。
 
イメージ 1
フロート室。ダメだコリャ。
底にとろみの緑青がびっちり。ポンプノズル 4本中 1本しか噴射しない状態。
チョークを開かなきゃ始動しない訳だよな〜。
サンポールで除去しました。
 
 
イメージ 2
キッチンで熱湯と中性洗剤で洗浄、からのキャブクリ。これが一番安上がり!?

 
イメージ 3
1台のスロットルシャフトに渋りがあり、戻りが悪い。
バタフライを外し、入念にチェック&メンテ。

 
イメージ 4
補修用に取り寄せたパッキン。切れたものだけ、最小限です。

 
イメージ 5
ポンプのダイヤフラムを裏返しに組むと言うお約束のポカもやりつつ・・・
(画像が正解)

 
イメージ 6
アールズのパッキン(AN4 スタットOシール)がダメになる。
で、取り寄せ。いちいち時間掛かるんだよな。。。

 
イメージ 7
8年使ったパイパークロス。これも脆くなっていたので交換です。

 
イメージ 8
装着。
試走出来ないので何とも言えませんが、普通にはなった ^^
 

サニーつながりでお誘い頂き、11月の旧車イベントに強行エントリーしました。
自分のケツを蹴るには丁度イイ。
 
関係者各位、よろしくお願いしますネ〜

この記事に

開くコメント(4)

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

イメージ 1
水を完全吸収のソフトトップ。これを繰り返してると寿命を縮めるってね。
フッ素系の撥水剤で防水コーティングをやってみました。
 
 
イメージ 2
中性洗剤と毛長ブラシで良く洗い、一日乾燥します。
 
 
イメージ 3
撥水剤、防水剤 いろいろ出てます。
車のソフトトップ用として売ってるのは1万円/250mlとかも。
これはテント用(テムポ パラウェット)で、3000円/1L。おっ得ぅ〜〜
 
 
イメージ 4
溶剤はシンナーを含んでいるようなので、養生して刷毛塗り。
グビグビ飲み(染み)込むので 1回で700〜800ml消費、2度塗りしました。

 
イメージ 5
水滴コロコロ〜!
効果はどのくらい持つかな。
 
 
イメージ 6
ちょっと面倒だけど、普段 車庫では猫よけのマットを敷いています。
爪研ぎしたらぶっ殺す!!
 
100円ショップで16枚購入して連結。かなりの猫嫌いと思われただろう・・・
飼ってるからこそなんだけどネ。
 
リボンが付いてるのは、一度乗せたまま走って紛失したから。
これ 2セット目。。。

この記事に

開くコメント(4)

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

メーターのディスプレイに距離/年月で表示される整備等の警告のリセット方法。
 
以下 YouTubeより転載・・・(-人)(人-)感謝感謝
 
 
MINI(R56)のエンジン始動時に表示されるサービスインターバル機能をリセットしました。
通常はディーラーにてリセットしてもらうのですが、自分でも可能です。
(動画の車両は2009年式 Cooper S)

リセットの手順は以下の通りです。

1.キーを差し込み、クラッチorブレーキを踏まずにSTARTボタンを押します。
2.タコメーターの警告灯、サービスインターバル表示が消えるまで待ちます。
3.表示が消えたらトリップメーターのリセットボタンを長押し。
 タコメーター内のディスプレイにVINメニューが表示されるまで待ちます。
4.ボタンを一度放して再度長押し。
 VINメニューが消え、通常の表示になるまで待ちます。
5.ボタンを一度放して再度長押し。
 サービスインターバルの表示になるまで待ちます。
6.BCボタン(ウインカーレバーの先端のボタン)でリセットしたい機能を選択します ­。
7.リセットしたい機能が表示された状態で、RESETと表示されるまでBCボタンを長押し。
8.BCボタンを一度放し、再度長押しする。
 RESETの文字の右側に時計のマークが出て、サービスインターバルの表示に戻れば完了。
9.STARTボタンを押して電源OFF。

次にエンジン始動の時にはリセットされています。

この記事に

開くコメント(2)※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

全78ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事