Ddogのプログレッシブな日々

保守系サラリーマンによる保守主義者のブログ (消極的親米保守)

全体表示

[ リスト ]

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。


イメージ 1
  
(略)
 
神戸市立工業高専の一瀬昌嗣准教授(理論核物理学)

(略)

「核実験の時代にも日本には放射性物質が降ってきており、それによる健康被害は疫学的に確認されていないことも、知っておくべきだと思います」そう話す一瀬准教授によるレポートとは、冷戦時代に米ソなどが繰り返した核実験によって日本に降下した放射性物質と、今回の事故による被曝とを比べたもの。

要は、原爆を除いても、日本人が広範囲にわたり放射性物質による被曝を受けるのは、今回が初めてではないというのだ。
 
イメージ 2

一瀬准教授が続ける。「米ソの大気圏内核実験からの放射性降下物は、1949年から日本にも届き始めました。63年に米英ソの間で部分的核実験禁止条約が締結されると、地下を除く核実験が禁止されましたが、中国やフランスはそれに加わらず、70年代にかけても両国の核実験から放射性物質が降りました。が、やはり凄かったのは60年代前半で、日本人の体内セシウム137の量が大幅に増えたことも確認されています。今回の福島の事故で、関東地方でも放射性物質が雨とともに降下しましたが.必要な警戒さえすれば、核実験の際と比べ、内部被曝も健康への影響がない範囲で抑えられると思います

具体的な数値には少しずつ触れるとして、実は、こうした研究は一瀬氏のオリジナルではない。基礎になるデータを収集していたのは、気象庁気象研究所で、「米ソの核実験が盛んになった1950年代から、塵や雨に混じって地表に落ちてくる放射性降下物を、2m×1.2mの水盤で採取し、その量をーカ月ごとに計測してきました。計測地は東京の高円寺、80年代からは茨城県つくぱ市で、観測してきた降下物はセシウム、ストロンチウム、そしてプルトニウム。観測記録は世界最長です」と、同企画室の広報担当者は胸を張る。

ちなみに今回、各所で多く検出されている放射性ヨウ素は、半減期が8日と短いため、月単位のデータ収集には馴染まないそうだ。

話を続けると、「米ソが大気圏内の核実験を繰り返していた60年代までは、たしかに東京における放射性セシウムの降下量は、今回、福島の事故が起こる前までの1OOO倍以上の数値でした」それどころか、たとえば63年8月に東京都中野区で計測されたセシウム137は、1平方メートル当たり548ベクレルだったが、90年代には50ミリベクレルに満たない月がある。

ちなみに、ベクレルは放射性物質が1秒間に出す放射線の量。そこに”ミリ”が付くと数値は1000分の1になるので、両者の間には1万倍もの開きがある。つまり、高度経済成長真っ只中の東京であなたもまた、平時の1万倍にも上る放射能を浴びていたのである。

しかも、これらのデータを集めるに当たって、なんら作為はなかったようで、「放射能の危険性ではなく、大気や潮の流れを調べるために始まった調査で、特殊な物質をトレーサー(追跡子)にし、その動きを追って大気の流れや混ざり具合を調べていたのです。だから、身体への影響については、放射線医学総合研究所に聞いたほうがいいと思います。ただ、心配になって問い含わせて来られる方には"でも、あなたは癌になっていないでしょう"とお答えしています」(同)
奨められた通りに、放医研規制科学研究プログラムリーダーの米原英典氏にも語を聞いてみた。

「気象研究所のデータにおける、60年から65年頃のセシウムとストロンチウムの降下量を大雑把に捉えると、年間1000ベクレル/平方メートルといったところでしょう。すると、60-70年代における外部被曝は数十マイクロシーベルトに収まると考えられます」

補足すると、シーベルトは放射線が人体に及ぼす影響を表す。話を続けると、「内部被曝については、牛が食べた牧草から牛乳を通じての被曝や、穀物を通じての被曝など、さまざまな経路が考えられるため、すぐに計算するのは難しい。
ただ、それを含めて健康に影響が出る放射線量ではありません。また、当時と比較して今回の事故を見ると.セシウムに関しては数倍にのぼる線量が検出された場所もありますが、健康被害が及ぶほど高い数値ではないと思います」
そして、多くの場所で60年代のほうが、セシウムの線量は多かったのである
 
イメージ 3

10年以上も高い被曝量が

ところで、気象研究所によるこのデータを見たことがある研究者は、なぜか少ない。大阪大学の宮崎慶次名誉教授(原子力工学)も、「そういうものが存在するのは知っていましたが」と、こう続ける。

「改めて聞き、たびたびの核実験で日本に放射性物質が降下していた記憶が蘇りました。私が住んでいる大阪では当時、浄水場の放射線レベルが許容範囲をはるかに超えたことが何度かあったのに、発表されなかった。ずいぶん後で、住民に不安感を与えないように発表を控えたと知らされました。当時、許容範囲を超えた放射線が降る下で暮らしていたのです。でも、今までに際立った被害はなかったと言える。今回の事故は反省すべきですが、放射線 を怖れているだけでは、正しい判断はできません

東京工業大学原子炉工学研究所の松本義久准教授も、初めて、データの数値を精査し、そのうえで、「気象研究所のデータを見ると、60年代のピーク時と今回の震災が起きる前では、放射怪降下物の量に1OOO〜1万倍もの開きがあることがわかりますね」と、こう解説する。
 
「ただし今回の事故後、3月20日9時から翌日9時までの間に、茨城県ひたちなか市でセシウム137が1万3000ベクレル/平方メートルも記録されました。これは気象研究所のデータにある、核実験時に計測された最大値の20倍を超えるので、私も最初は驚きました。が、翌々日には数百ベクレルに下がっていますから、降雨などによる一過性の数字でしょう」

では、60年代と原発事故が起きた現在の、それぞれの線量を、ベクレルから人体への影響を表すシーベルトに換算し、健康へのリスクを測ることはできるだろうか。松本准教授が統ける、「UNSCEAR(原子放射線の影響に関する国違科学委員会)の資料にある、セシウム137の経口摂取のデータが手がかりになります。核実験による放射性物質の降下量が最も多かった63年、世界の平均積算降下量は1560ベクレル/平方メートルがとあります。このとき外部被曝、内部被曝の合計は0.025ミリシーベルト程度。すべての核種を考慮すると0.14ミリシーベルト程度になります」

この年、東京でのセシウム137の積算値は1935ベクレル平方メートル。したがって健康へのリスクも、世界平均よりやや高かったようだ。

「一方、今回のセシウム137の3月19日から31日までの積算値をシーベルトに換算すると、ひたちなか市が0.43ミリシーベルト、東京がO.11ミリシーベルトになります。人体に影響が及ぶひとつの基準とされる100ミリシーベルトにはるかに及びません」

とはいえ、今回の数値は核実験が行われていた63年に比べても大きい。しかし、「今回の事故が収束に向かうと仮定して、ひたちなかなどで検出された高い値は、降雨などによる局所的なものです。一方、核実験が頻繁に行われていた半世紀前は、10年以上にわたって高い水準の被曝量でした。それでも、多くの人はその時代を健康に過ごしてきたわけで、注意は必要ですが、過度に心配する必要はないと思います」(同)

同様に、北海道大学大学院の奈良林直教授(原子炉工学)も言う。
60年代は今と状況が似ていますが、みな放射能の怖さを知らなかった。でも当時少年だった私も、未だに癌にもかかっていません

黄砂に乗って

ところで気象研究所のデータでは、近年も春には、放射性降下物がほかの季節より多く計測されていた。
「かつての核実験などで放出された微量の放射性物質が、中国の土壌中に含まれていて、春になると再浮遊し、黄砂に乗って飛んでくるのです」(企画室)

今や中国は、日本製品が”汚染”されているとボイコットを企む国である一方、福島産などを避けたいわが外食産業にとって、”安全”を旗印にした野菜の仕入先にもなっている。だが、「私がこれまで原水爆実験国を調査してきた結果、日本に最も悪影響を及ぼしたのは、東京オリンビックから文化大革命にかけて中国で行われた核実験です」と、札幌医科大学の高田純教授(放射線防護学)。放射能に汚染された土壊が、黄砂として日本まで飛んでくるわけだ。
 
また、3月末まで中国を訪れていた京都大の吉川榮和名誉教授(原子炉安全工学)が言うには、「一方で、中国人は日本の原発事故に驚き、我先に帰国しています。中国では国内の放射能のことを知らされていないからです。中国のテレビでは”日本の食品は心配要らない”と強調しているのですが、一般の中国人は日本のことばかり怖れてしまうのです」
 
今、日本人が中国野菜を喜んで食べるのも、中国人が日本の産物を避けるのも、謂われなき風評による国際的な"誤解"のなせるわざ、と言えそうだ。 

「米中などの核保有国は核実験の際に、自国民を時には意図的に被曝させながら、それを忘れたかのように日本を危険視し、汚染の危険性が少ない工業製品の輸入までを止めようという。アレルギー反応に近いものがあるように思います。旧ソ連はセミパラチンスクで、中国は新彊の砂漠地帯で、周囲の住民を避難させずに低高度での核実験を行い、悲惨な結果を生んでいるのです」(一瀬准教授)

結果、アメリカにもヨーロッパにも多くの放射性物質が降ったわけだが、その時、欧米人たちは、今回の事故後に日本から一目散に逃げたように、自国から逃げ出しただろうか。

「これまで100ミリシーベルト以下の被曝量で、遺伝的影響が観測されたことはなく、今回避難されている方で、その線量まで被曝された方はいないはず。そういう科学的知見を少しでも持ってもらうことが大事です。誰もが普段から環境放射線を受けつつ生きていて、今回避難されている方々が受けたのは、それを少し上回る程度にすぎません」むろん、今回の事故で放射線の影響が「ない」とは言えないし、半世紀前に降り注いだ放射性降下物によって、健康に影響をきたした人がいなか。ったとも言えない。(放医研の米原氏)
 
事実、放射線による影響とは、前出の金沢大の山本教授が言うとおり、「すぐに出ないからわかりづらい。個人差もあり、10年後、30年後にどうなるのか、軽々しくは言えない」そういうものだろう。だが、少なくとも、「人体に緊急の影響を及ぼすような事態ではない」と、山本教授は言う。

それに、今、風評に踊らされている人たち自身、かつて被曝しているのである。
そう思えば、少しは冷静になれるのではないか。「放射能は侮ってはいけないが、怖がりすぎてもいけない。注意が必要なことは間違いないが、放射線を過度に怖がることで、大きなものを失うこともある」とは松本准教授の弁だが、福島に対する暴力的なまでの風評をはじめ、我々の無知が時に、放射能を超える被害をもたらすことを肝に銘ずるベきだろう。
 
当記事について、調べているうちに下記リンクの動画を発見。
 
  
2006年製作のサイエンスチャンネルの動画(9:30〜注目)である。当にこの週刊新潮の記事そのものである。本文グラフは動画に登場するグラフを転記した。

文科省製作ではあるが、新潮の記事を裏づけている。

今回の原発事故で福島に降り注いだ放射能よりはるかに多い放射能を30〜50年前日本中で浴びていたのである。

当時、野菜や魚、牛乳から畜産物まで皆気にせず食べていたのである。
 
この記事が正しければ、現在日本で進行中の過剰な放射能アレルギーは空騒ぎに思えてくる。ネットやマスコミが垂れ流す過剰な放射能に対する無知でヒステリックな記事は風評被害を引き起こす元凶にしかならない。

デマではないにしても、ネット上にヒステリックに書き込まれる原発恐怖症の記事の数々に私は違和感を感じ続けていた。
が、新潮の記事とサイエンスチャンネルが突きつける衝撃の事実! 実に痛快である。原発事故からの放射能が安全というわけではないが、過剰な不安は無用である。

<追記>


この記事に

閉じる コメント(24)

顔アイコン

To るかさん
ブログには記事全文を載せていません。前半1Pをカットしていますのでご興味があるのなら週刊新潮を是非買って全文をお読み下さい。

今週号も新潮は、沢山興味を引く記事だらけですのでお買い得です。

ブログ記事では週刊誌の記事にないグラフまで挿入したのに1万倍の根拠が読み取れない???
『、たとえば63年8月に東京都中野区で計測されたセシウム137は、1平方メートル当たり548ベクレルだったが、90年代には50ミリベクレルに満たない月がある。 』と根拠が書かれてますよ。

記者がベクレルとシーベルト混同してるって???
『では、60年代と原発事故が起きた現在の、それぞれの線量を、ベクレルから人体への影響を表すシーベルトに換算し、健康へのリスクを測ることはできるだろうか。』 この記者さんはちゃんと理解して書かれていると思います。

もう少し、記事を熟読玩味されたほうが宜しいかと思います。

2011/4/10(日) 午前 8:37 Ddog 返信する

顔アイコン

つづき、

リンクの環境計測技術と放射線〜国立環境研究所/気象庁気象研究所〜は14〜15分ほどの動画を視て下さい。単位面積当たりの放射性塵の値はずっとつくばで計測していると言っています。また原子炉周辺で観測しているようです。

放射性物質拡散のシミュレーション資料は下記URLから閲覧できます。
http://www.jma.go.jp/jma/kokusai/kokusai_eer.html

空間線量などは
http://www.kantei.go.jp/saigai/monitoring/index.html
ですが、単位あたりの塵量はオンライン上では上記動画以外見つけることはできませんでした。

2011/4/10(日) 午前 8:38 Ddog 返信する

顔アイコン

1万倍というのは、降下してきたダストの中の放射線であり、空間放射線量や、土壌放射線量とは別物ですよね。「気象研における……」のグラフの縦軸は、ミリベクレル/平方メートル/月ですから、値としてはかなり小さいものです。今回の福島の事故では、桁違いに多い放射能が降っています。一度計算をしてみて下さい。60年代と比べて安心なレベルとは言えないのではないでしょうか?

2011/4/17(日) 午後 11:12 [ ken*yu*utek**itab* ] 返信する

顔アイコン

放射能対応 組織の検討事項

• 現状の概略的把握
– 概略汚染マップと深さ方向特性
– 影響域の土地の利用形態・産業構造・人口動態etc.

• 対応すべきことの見極め
– 土壌改良を含む環境修復計画と技術オプション
– 汚染レベル区分の考え方と対応規模・コストの概略評価
– 早急に実施すべき事項(調査、予備試験・・・)
– 長期モニタリング/住民健康管理方策etc.
– 避難解除への概略ロードマップ

• 国・自治体・事業者・住民の役割分担とそれをふまえた組織のあり方
– 関係者間協議・調整の場
– 計画・実行段階の司令塔
– 国の統括責任箇所
– 住民参加のメカニズム

• 必要とする規制・安全基準類の見極め
– 避難解除基準/農地利用基準/汚染土壌管理基準
• 財源確保・管理方針
• 法的側面

2011/5/27(金) 午後 8:33 [ 環境法令検定を学ぶ ] 返信する

顔アイコン

出すべきグラフは以下のものではないでしょうか?

http://p.tl/-eiB

また、低線量が安全だということにも疑いを持ちます。精密な内部被曝についてはようやく研究の端緒に着いたところです。放射性物質の体内における個別の振る舞いを調べて行かねばなりません。

http://p.tl/KvsK

↑は「チェルブイリ膀胱炎」が長期の低線量被曝による影響と見ることができる可能性を示しています。

2011/8/7(日) 午前 10:45 [ 群馬のクマ ] 返信する

顔アイコン

To kuma_370 さん
http://p.tl/-eiB のグラフは記事を書いたときにはそのグラフは5月のぶろぐではないですか、検索できませんでした。
今更沢山引用されているこの記事を訂正することはしません。

2011/8/8(月) 午前 6:08 Ddog 返信する

顔アイコン

週刊新潮の記事を読む人は、60年代に幼少期だった人が対象なんだね…1972年生まれの私には、何の説得力もない記事です。

2012/3/4(日) 午前 0:11 [ よゆよゆ ] 返信する

顔アイコン

To yas**i19*217さん

この記事の真の意味は多少の放射能では健康被害がないということを書いているんだよ。

放射能過剰反応症の馬鹿な人間が騒ぐので、福島県民は風評被害と言う放射能以上の被害を受けているんだ。

放射能を過剰に反応するバカ達に対するアンチ記事なわけだ。おそらく君も福島風評被害を増幅させることに加担しているのではないかね?

2012/3/4(日) 午前 8:31 Ddog 返信する

顔アイコン

放射線医学の最高権威の研究では、300mSv/hが発がん抑制にもっとも効果的。なぜわれわれが低線量被曝を恐れるかというと、ICRPが、ショウジョウバエの精子という自己修復能力のない細胞を用いて実験を行った1927年のマラーの研究に基づいているから。ソ連は放射能そのものよりも大量避難と言う社会的ストレスによってダメになった。ソ連から追い出したのと同じ人々が日本からの避難を勧告している。明らかに政治的意図がある。騙されてはなりませんね。 削除

2012/7/14(土) 午後 9:29 [ toyo ] 返信する

顔アイコン

To toyoさん

朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)はそりゃー壮絶です。

JOC東海工場被爆事故は酷かった。被爆量は8シーベルトだったそうです。

でも、根本的に福島原発事故の低線量被曝とは根本的に違う。

国会周辺に屯する単細胞動物にはたぶん低線量被爆も影響するのでしょうね。

単細胞生物にとっては低線量被爆も命に関わるのでしょね(笑)

2012/7/15(日) 午前 0:50 Ddog 返信する

顔アイコン

こんにちは 単位がm(ミリ)Bqですね
1ベクレルの千分の1です.
ですから1960年頃のセシウム137は,1平方mあたり
10ベクレル〜100ベクレルですね.

これに対して,昨年,福島県の郡山市〜福島市に降下したセシウム137は,1平方mあたり30万ベクレル.
原発付近に降下したセシウム137は,1平方mあたり
300万ベクレルをオーバーしています(文科省公表)
新潮の記事が昨年の4月で,大手メディアと省庁が一体になって情報隠蔽していた時期ですから,しかたありませんね. というわけで,1960年頃に比べて日本の今回の事故のほうが300倍以上ありますね.だから原発爆発事故は1回起こすと 元に戻れない汚染になりますね 削除

2012/10/20(土) 午後 4:27 [ BPたき ] 返信する

顔アイコン

63年8月に東京都中野区で計測されたセシウム137は、1平方メートル当たり548ベクレル
原発周辺はしかたがないにしても東京中野では、中国ソ連の核実験の方が福島原発事故による被害より大きかったと考えてはいけませんか?確かに原発事故の影響は大きいことは認めますが、過剰に騒ぐ人たちを私は軽蔑しています。

2012/10/20(土) 午後 5:38 Ddog 返信する

顔アイコン

「東日本大震災で生じた地盤環境問題への対応」
「放射性物質により汚染された土壌の挙動や処理に関わる課題」
「放射性セシウムによって汚染された土壌及びバイオマスの減容化処理」
こんな話を無料で聞きたい人は、12月20日に大阪南港のATCにきてください。

ただし、静かにしてくださいね!

2012/11/26(月) 午後 9:31 [ 中国韓国の原発リスク ] 返信する

顔アイコン

「東日本大震災から2年 震災復興・環境再生支援セミナー」
〜環境再生と放射性廃棄物対処の課題と展望・私達にできること〜

東日本大震災後2年が経過し、放射性廃棄物に対処することにより、一日も早い環境再生復興が期待されています。
放射性物質による健康リスク、除染作業状況、および放射性廃棄物の処理についての現状や課題を学び、多くの市民や土壌汚染の専門家たちが、一刻も早い震災復興に向け、あるべき方向を展望し、私達になにができるかを共に考えたく予告いたします。
http://blogs.yahoo.co.jp/atcmdk/55063609.html

2013/2/2(土) 午後 7:39 [ 環境法令検定を学ぶ ] 返信する

顔アイコン

後になってコッソリ

福島県(双葉郡)

I131:測定不能
CS134:3100000
CS137:3340000
Te-129*1:216000 (7/2)
Te-129m:1770000(7/2)
Cs-136:247000(7/2)
*1 これら特定の短半減期の核種については、長半減期核種の崩壊により徐々に生じるものであるため、減衰補正は出来ない。従って、その数値は測定値をそのまま記載している。なお、( )内に測定日を
示す。


もう色々異常が出始めてるのに無視する国が怖いですね 削除

2013/6/21(金) 午後 1:40 [ 名無し ] 返信する

To 名無しさん

私は福島県産の農作物が有ったら好んで買います。

> もう色々異常が出始めてるのに無視する 国が怖いですね

そういった、反原発派が大嫌い!
自分自身を可愛がり、福島の復興を妨げる、悪しき人間だと思う。

放射能は自然界に存在しています。無視していいものは無視すべきです。江戸川のうなぎ、喜んで食べます。廃棄するなら私に下さい!!
あなた方反原発派は自分達が加害者である認識に欠けている。

2013/6/21(金) 午後 4:16 Ddog 返信する

え?アレルギー疾患や癌患者は昔に比べて増えてない?もちろん、放射能との因果関係を証明することはできないけど、「放射能が降っても、みんな昔と同じように健康だろ?」とは言えないんちゃうの?

放射能の怖いとこは、なにに影響するのか定量的に判断できないところでしょ。因果関係が立証されたものだけしか見ないのは片手落ちだよ。

2013/11/21(木) 午前 10:05 [ lal*la*hehe**e ] 返信する

To lal*la*hehe**eさん

私の家内は昨年癌になったが、 前から病んでいた臓器が癌化しただけだ。3-11前から予兆はあったので 原発との因果関係はまるで無いと思う。

医者や看護婦に癌になった人は3-11前より増えたか聞いてみたが、特に増えた訳ではないという。

アレルギーやアトピー性皮膚炎は3-11前から多かった。

それが中国やソ連の核実験の影響なのかはわからない。

私が怒っているのは、反原発派がデマを流して放射能の恐怖を煽ることだ。

冷静な科学的な数字を無視して感情で反原発に走る愚かな人々に怒りを覚えるのです。

2013/11/21(木) 午後 8:19 Ddog 返信する

顔アイコン

私は1963年の生まれです。
子どもの頃、雨の日には外に出るな、とよく言われたものです。核実験による放射性降下物に対するものだったと覚えています。ハゲになるとも言われましたね。そうした雨を口で受け止めていたものです。つまり、私は放射能まみれの両親から生まれ、放射能に満ち溢れた時代に幼少期を過ごして現在に至りました。何の異常もありません。
気象研究所のデータは去年の初めごろ知りましたが、これほどの放射にまみれていたとは驚きでもありました。
にも拘らず、元気です(年の割に)笑
ですが、脱原発・反原発・卒原発運動と原子力規制帳による原発稼働不許可によって電気料金が上がっております。
脱原発を訴えて衆院議員になった山本太郎に投票した有権者に賠償してもらいたい。もし、そのような法案が出されるのであれば、諸手を上げて賛成したい。 削除

2014/5/16(金) 午前 9:23 [ 伊丹 ] 返信する

To 伊丹さん

わたしも1963年昭和38年生まれです。
私も血圧こそ高いが至って健康です。

子供の頃小学校の先生方が雨の日は帽子を被ること。雨に濡れるとハゲになるといってました。いま50をスギテモ髪はフサフサ精力絶倫です。精力絶倫は放射能の影響でパシフィックリム状態です!
(笑)

2014/5/16(金) 午後 7:04 Ddog 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事